2015年07月25日

何とも何とももったいない

先日、台湾でキハダマグロに覚せい剤を仕込んだ事件のことを書きましたけど、今度は自然災害でマグロが再び受難という話。しかも、今回はさらに貴重なクロマグロですよ、奥さん。


これまた先日襲った台風11号の影響で、和歌山県が大きな被害を受けたのですが、その時にマグロの養殖場も被害を受けたようで、串本町にあった養殖場で飼われていたクロマグロ約11,000匹が死んでしまったのだそうな。被害総額は約12億円にのぼりました。これ、成魚ばかりじゃなく幼魚も含めての金額だと思うので、下手をしたらそれ以上の価値が死んでしまったのではないかと思いますよ。


どうしてこんなに死んでしまったのかというと、マグロの生態が大きく関わっているからです。
マグロは回遊魚なのですが、非常に繊細な生き物とも言われ、ちょっとした環境の変化ですぐ死んでしまうわけです。葛西臨海水族園でのマグロの大量死もウイルスが原因とも言われていますけれども、ちょっとした環境の変化で、大量死になってしまうほどですもの。
で、今回の台風襲来で、マグロの身体には傷が付き、そこから細菌が入って死んでしまったのが主な原因とのこと。もちろんマグロ同士がぶつかったことによる死亡波に揉まれて死んだというケースもあるそうで、外部環境の変化にもろいという側面を裏付ける話でもあります。

これ以外にも、和歌山県では、今回のマグロ以外にも主だったところで、同じ串本町で養殖業者のいけすが、有田川町でミカン農家がそれぞれ被害を受け、和歌山県全体の被害総額は約24億円になるとのことだそうです。


台風め、マグロだけでなく様々なものを傷めつけやがって・・・。頼むから実りの秋のシーズンには来ないでくれよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月25日

イカちゃん「暑くて死にそうでゲソ・・・orz」

異常な暑さは陸だけではなく、海の中でも起こっているというのは、南米の海水温が異常に高いエルニーニョ現象や同じ地域で異常に低いラニーニャ現象で証明されている通りです。
その異常な海水温度が漁業にも深刻な影響を与えています。


北海道南西部、函館のある道南地方では、イカの水揚げが最盛期(旬)を迎えるそうで、生きたままのイカを関東圏などへ直送するために、にぎわっている時期でもあります。
ところが、今年は海水温の異常な高さ(8月の水温は平年より3゚C高いとのこと)で漁場で獲ったイカが陸に上がる前に漁船のいけすで死ぬ事態が相次ぎ、新鮮なイカが提供しにくい状況に追い込まれています。もちろん、死んだイカも提供できないわけではないですが、調理法が限られてしまうのは言わずもがな。状況によってはアンモニアを発生させるため、食に適さない時間がすぐに来てしまうわけです。

いけすに入れたイカの死亡率は今年は最大で3~4割に達する事態にもあり、新鮮なイカを確保できないと判断した函館市の漁協は9月から行っている人気商品「いけすイカ」の提供を10月からにすると発表しました。しかしながら、今後も異常な海水温の上昇が続けば、10月でさえも危ないわけで、関係者は気を揉んでいることでしょう。

ちなみに、こういったイカ捕獲後の異常海水温での死亡というのは、去年も起こっていたのですが、ここまで大事になる事態は初めてとのこと。いかに今年の猛暑が酷いというのがわかります。


この異常海水温は釧路を中心とした北海道の東部、道東地方でも起こっています。
ここでは例年夏には滅多に獲れないはずのクロマグロが、ここ数ヶ月で150匹以上獲れるという異常事態漁業関係者は悲喜こもごもな状況になっているとのことだそうです。まぁ、獲れるべきものが獲れない(注:この時期はサンマが獲れ始める)のに、思ってもないものが獲れるわけですからねぇ・・・。


今後もこの事態が続けば、旬を大事にする日本人の味覚にも大きな影響を与えるんじゃないかと思えて残念でなりません。旬を味わうことは季節を味わうことという日本人の美的感覚にも影響をもたらしかねない今回の事態。温暖化の解決方法がいまだ確立されていないので、早く事が過ぎ去るのみ・・・というふうでしかないのが至極悔しいですね。






侵略!? イカ娘 (完全初回限定版) 全6巻セット [マーケットプレイス Blu-rayセット]
侵略!?イカ娘 全6巻セット
マーケットプレイス Blu-rayセット




人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)TrackBack(0)
このページの上へ▲