2016年12月09日

衝撃的な引退

俳優の成宮寛貴さんが、今日付で芸能界を引退すると発表しました。
その際に公開されたFAXが結構衝撃的で、精神的に追い詰められているのではないかと感じさせるような文面になってました。

文中では、全ての原因は自分自身が作ったものとした上で、「心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠」にハマったと述べています。それ以外にも、「これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません」・「今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい」・「少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません」熟考したというよりも先述したように精神的に追い詰められているのではないかと感じさせる気持ちが走ってしまったような文面が並んでいます。


どうして成宮さんが芸能界引退まで決意したのかというと、先日発売された講談社の写真週刊誌フライデーの記事に端を発しています。
その中で、成宮さんが薬物(コカイン)を吸引しているというタレコミが同誌にあり、その模様とされる写真を公開しました。その後も続報として薬物取引の音声データがあったと報じられたばかりか、成宮さんが「絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップ(先述のFAX内にある文言より)」し、その叩きっぷりがヒートアップした矢先の出来事だったのです。
当初は成宮さんも彼の所属する事務所も完全否定し、薬物に関しては検査の結果陰性だったというコメントも発表しています。法的処置も辞さないというコメントも出ていたので、近々講談社に訴訟を起こす構えだったのでしょう。


ここまで否定するということは、薬物に関してはシロの可能性も含んでいたのだと個人的には思っています(ただ性的な部分に関しては、本人の部面を見る限り、事実なのかもしれませんが)。しかしながら、今回引退までするというふうになると、それがシロだったとしても、精神的に追い詰められているとしても、世間的には認めてしまったかのように感じられてしまうのです。苦しくても事務所と共に争って、その結果を見守ってから辞めるという手もあったのではないかと思います。それなら、世間もよほど参っていたのだなというふうに思って、より同情的になったのではないかと。
講談社(フライデー)側も、ここまで追い詰めているということは、確信が持てる証拠だったからなのだと思うのですが、これで間違ってましたとなれば、ただ事じゃない事案になるわけで。フライデーどころか会社も吹き飛びかねないところにまでやってしまった感があり、結末がどうなるのか動向が気になるところです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)TrackBack(0)