2018年02月18日

『不具合』で低評価無双

日本ではPS4で販売された「真・三國無双8」。海外ではPS4以外にもPC版(Steam)でも販売されております。そのことから、PC版は日本語の対応は基本的にしていない(字幕やインターフェイスでの対応は無く、音声のみの対応)だったのですけど、発売当初は中国語と共に日本語がフル対応になっていたのです。
ところが、発売2日後にアップデートが施され、非公式でフル対応になっていた日本語と中国語が不具合扱いで対応不可になってしまったのです。それに伴い、日本語は基本的に非対応、中国語に至っては全て非対応になってしまいました
この一件で、日本および中国ユーザーの怒りを買い、レビュー・コミュニティ共に炎上、「おすすめしない」が9割に達する事態になりました。


一番不遇なのは、中国を題材にしているゲームなのに、(元々サポートしていないとはいえ)中国語が一切非対応になってしまったことでしょう。地元の史実をベースにしているのに自国語で遊べないのは辛いでしょうねぇ。ただ、中国でどのくらい遊べるのかが不確かなところでもあるわけですわ。ご存じの通り、中国は社会主義体制で国家の統制が厳しいところそこをかいくぐって遊ぶのであれば、いくら不満を挙げてもSteamやコーエーテクモゲームスの耳に届きにくくなるでしょうね。

日本語の一件に関しては、お怒りはごもっとも。日本で作っている作品なんだから、日本で展開されるのは当然という考えもわからなくはないです。ただ、元々Steamでは海外展開のみとしているので、致し方なしなところも。中国語の一件と同率に考えるべきなのでしょうが、日本ではPS4で遊べるという点で事情は異なってくるでしょう。日本でのPCでの普及率も頭に入れなければならないでしょう。ただ、コーエーテクモゲームスの前身であるコーエー(光栄)がPCメーカーのパイオニアとして、この扱いもどうかとは思いますが・・・。


もっとも、日本語・中国語を不具合扱いで処理したコーエーテクモゲームスの対応が一番まずかった返金の認められる購入から14日以内ないしはプレイ時間が2時間未満の間にやるべき処置だったのに、それを怠ったのは不具合の扱いと同様にまずいですわねぇ・・・。
一番行うべきは、元々対応していなかったのに入れてしまったことを謝罪することであり、非対応にするのであれば、条件に関わらず返金すべきだと思うのです。それか公式に日本語と中国語で対応しますとアナウンスすることでしょう。


自分達の利益を追い掛ける結果がこの対応ならば、コーエーテクモゲームスも酷い企業になったなと思えてならず、残念でなりません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 21:44Comments(0)

2017年11月15日

またこの時期になってやらかしたのか、コーエーテクモ!

今日から始まった、DMM.comのサービスの一つDMM Gamesで展開されている「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」。もう遊んだという人もいらっしゃるのかもしれません。
そのサービスでバグが発生したというのです。どうやらテクスチャが崩壊してしまったとのこと。実際の映像も見たのですが、顔や身体がとろけちゃってる(苦笑)。まるで「風の谷のナウシカ」に登場した巨神兵のようよ!<ダメだ!腐ってやがる!早すぎたんだ!


・・・そういえば、昔もこんなことなかったかなと思って調べたら、あったよ。
今から3年前の今頃(11/20)に「真・三國無双7 Empires」で同じようなことが起こっていたのね。この時も阿鼻叫喚の地獄絵図になったユーザーが崩れる様を見て驚きを隠せなかったですね。しかもデータが壊れる可能性もあったからなおのこと。今回もそうならなければいいのですけどねぇ・・・。


そんな影響もあってか、現在「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」のサイトが繋がらなくなっていますメンテナンスに入ったのか、単なるトラフィック状態なのか、詳細はわからないものの、何らかの影響があったんでしょうね。原因も不明なので、わかるまでは触れない方がいい・・・というのは過去の教訓から。データがぶっ壊れたら、始まったばかりとはいえ、辛いですから。


風の谷のナウシカ [Blu-ray]
風の谷のナウシカ(Blu-ray)



風の谷のナウシカ [DVD]
風の谷のナウシカ(DVD)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2016年03月28日

6/26にゲームミュージックのコンサートが東京で開催

先日、東方projectのコンサートが行われることを書きましたが、今回は別の作品のゲームミュージックを使ったコンサートが行われるようです。


6/26に東京都北区にある北とぴあ・つつじホールで「NJBP Live! #5 “Enhancement”」が開催されます。このコンサートは新日本BGMフィルハーモニー交響楽団が主催するもので、今回で5回目になります。

かつては、日本BGMフィルハーモニー交響楽団という名称で活動していたのですが、諸事情により解散昨年(2015年)から現在の名前で再開し、位置付けとしてはアマチュアでもプロでもない在籍者の自主運営によるインディーズ楽団として活動しています。そのため少人数での活動になっていますが、それでもわずか1年で数多くのコンサートをこなしているのですから、これは相当立派なことですよ。


さて、今回のコンサートは前後半2部構成になっていて、前半は「コーエーテクモゲームス特集」となっており、「スターフォース」・「スーパースターフォース」・「ソロモンの鍵」・「マイティボンジャック」・「アルゴスの戦士」(AC版)・「忍者龍剣伝」(AC版)の中から演奏されます。後半は菊田裕樹さんをゲストに迎え、代表曲のある「聖剣伝説2」・「聖剣伝説3」の中から演奏されます。


なお、既にチケットが販売されており、4/10までは早割で安く買えるので、東京近郊の方でゲーム好きな人は是非いかがかなと。今回からクレジットカード払いも対応できるとのことなので、スムーズな決済も可能になりますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:21Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月30日

別の意味で無双状態

11/20に発売された「真・三國無双7 Empires」。PS4やXBOX ONE版では、高精細なグラフィックでプレイできるだけでなく、PS4版ではシェア機能でプレイを配信できたり体験を共有できるなど新しい無双を作り上げられるようになりました。
・・・と、いいふうに盛り上がってくれればよかったのに、やらかしたよ(ニヤニヤ)。


キャラ同士が結婚したり、子孫に引き継いだりするなどの際、特定の操作を施したキャラを出すと女性の顔が崩壊した(丁度一点透視図法で描かれたような顔。もしくは顔が引っ張られたような)状態になるのです。動画を見ると、ポンと変わってしまっていたので、これは怖い。まるで、「寄生獣」の再来だとか「スターウォーズ」に出てくるジャージャー・ビンクスや「ピクミン」のチャッピーみたいだとか酷い言われ様。かつこの一件で同作のサウンドディレクターが嘆くツイートを発するまでに至りました

まぁこれだけならば笑って済むのですけど、さらにひどい症状が現れたというのだから困ったもので。
というのも、「一部エディット武将が不正なデータと認識され、戦闘中に遭遇すると停止する」ケース(「オプション>来訪武将受入」 にて、来訪武将および軍団受入を 「なし」 に設定すれば軽減可能)「争覇モード内でセーブすると、システムデータが壊れることがある」ケース(争覇モードでセーブして終了した後、ゲームを終了させないで、メインメニューの 「オプション>セーブ/ロード>セーブ」 にてシステムデータを上書きすることで回避可能)が散発しているのだとか。
うーん、ハードディスククラッシュとか笑えんわなぁ。人によっては長い積み重ねをしたデータもあっただろうに・・・。


コーエーテクモゲームスとしては、来週(12月)のアップデートで対処するとのことですが、ホントに大丈夫かねぇ・・・。表立ってない(ゲーム上に多大な影響を与えない意味で)バグも散見しているようですし。ここまで来るとKOTY(クソゲーオブザイヤー)ノミネートの可能性もあるのかしら?すごいゲームになったものだ。


真・三國無双7 Empires
真・三國無双7 Empires
PS4PS3XBOX ONE



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月24日

東京ゲームショウ2014ハイライト 後編

SHL23_0765ゲームショウハイライトの後編、最初はコーエーテクモブースののぶにゃがから。
一時のヤツかと思ったら、今でも大活躍。子供ウケがよかったんだろうなぁ・・・。



SHL23_0770こちらはSCEブースに展示されていたPS4本体。カラーリングでの紹介は初になるんじゃなかろうか。
前に紹介したメタルスライムバージョンはここでも登場。



SHL23_0771こちらは同所で掲載されていたソニーストア限定のPS4本体とハードディスクドライブベイカバー。PS4本体の左右に写っているのはPS Vita(左)とPS Vita TV(右)。どちらも「ダンガンロンパ」仕様になっています。



SHL23_0769こちらは、マイクロソフトのXBOX ONE。毎度そうだが、マイクロソフトは本体よりそばにいるねーちゃんを撮らせたい傾向があるようで・・・。全く困ったもんだ。



SHL23_0774今回遊んだのが、マイクロソフトから発売予定の「SUNSET OVERDRIVE」。変なエナジードリンクを飲んだ人間のなれの果てをやっつけるというものだそうで。イラストがいかにもアメリカナイズ。そしてアタリ臭い(爆)。

遊んでみた感想は、操作感覚に慣れるのが大変だなと。右スティック(視点移動)がラジコンのような操作なので、走りにくいし、武器の取り換えも少々難アリ。まぁ慣れれば快適でしょうね。もちろん爽快感は抜群



SHL23_0767で、腹が空いたので、飲食ブースがある9ホールへ。今年は飲食ブースが隔離されていたので、案外快適。特に午前中に行けば食べたい物はあるし席は結構空いてるしでよかったですね。


で、最初に頂いたのが、「ホルモンカレー」。広島の名物ということでやって来ていました。



味はカレーのスパイシーかつフルーティーな風味とホルモンがきちんと処理されているので臭みもない。そして柔らかいので食べやすかったですね。


SHL23_0768もう一つは、「仙台味噌仕立て 炙り牛焼肉重」
仙台味噌を使ったタンではない牛肉を焼いて乗せた丼物。『重』とあるけど、二層重ねではない(苦笑)。



味は、味噌の香ばしさと美味さが引き立ってなかなか


SHL23_0776最後は、「牛ホルモン焼うどん」
これと言って特には無いのですが、美味そうだったので買ってきた。



こちらも味噌の香ばしさが引き立っていて美味かった。ホルモンもプリプリでよかったですよ。


SHL23_0793ちなみに、この9ホールではくじ引きもできました。2日目の朝イチ、9ホールからしか入れない関係でせっかくだから・・・と引いてみた。どうせハズレだろうと思ってたら、当たっちまいやがった(ギャハ)。
もらえるのは、配布物がほとんど。しかし中にはポーチやTシャツ類などもあり、特定の作品・メーカーのファンなら欲しいと思えるものもあったんではないかと。



総じて、ブース内の混み具合は相変わらず動けないところもあるのも相変わらずですな。

ゲームショウではスクエニブースでドラクエⅩの新発表を見に行ったのですが、会場が細い通路側にあったので、開始直前に入場(閲覧)制限が掛かるなどあったので、もう少し広い場所を確保してあげたらと思いましたね。
あと、カプコンの「大逆転裁判」のムービー紹介も見に行ってきましたが、共同推理が面白そうですね。謎の掛け合いじゃないですが、推理のし合いが彼らの話のやり取りと相まって面白くなってます。


さて、来年のゲームショウはどうなるのでしょうか。新ハードがないので行くのかどうかは微妙なところですが、もしかするとドラクエの最新作の発表とかも出てくるかもしれないので、また行くのかしら。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月30日

東京ゲームショウ2013リポート④

ゲームショウレポート、最後は小ネタ的に紹介。時間軸は無視していますが、気にしない(ギャハ)。


ISW11F_0041マイクロソフトブースにいった後、次に向かったのはセガブース。
PSO2に関する謝罪会見および『債権者集会』(アップデートをやってしまったがためにPCのデータがおかしくなった人達の会)を見に行こうかと思ったのですが、悪趣味すぎるので、普通に見に行くことに。
写真は入り口にいたラッピー。敵キャラなのにここまでカワイイとは・・・。



ISW11F_0042「今回の一件で旅に出ます」(byラッピー)
・・・違う違う(苦笑)。
しかし、このラッピー、何とも愛くるしい。



ISW11F_0044こちらは「インフィニット・ストラトス」の痛車および痛自転車。何やら新しいトレーディングカードが出るということで特別にブースが設けられていたらしい。
ちなみに、描かれているキャラは篠ノ之箒(痛車)とラウラ・ボードウィング(痛自転車)だと思う(苦笑)。シャルルのトレカ(あのシーン(笑))もあったよ。



ISW11F_0045なぜかいたドコモダケ(笑)。
東京ゲームショウにはドコモも出展しており、充電器と休息コーナーを提供していました。機種の出展はなかった模様。
ちなみに、ヤツの頭は超フカフカ(爆)。



ISW11F_0046こちらはコーエーテクモブースに展開されていた「信長の野望」初代パッケージと全国版パッケージ。同社の歴史(特に旧コーエー)を語る上で非常に重要な作品です。
同シリーズ30周年だか何かで展開されていた中の一つ。



ISW11F_0047最後は、別枠で作る予定だったものの、写真がこれしかなかったのでここで紹介(爆)。
お昼に食べたホルモンカレー。ゲームショウ恒例の飲食ブースから。

今回のゲームショウの飲食ブースはそれなりに豊富だったのですが、さすがに初音ミクシール1枚(しかも薄っぺらい(爆))のために1000円なんて払えなかったので、これで落ち着きました(汗)。



ホルモンの柔らかさはなかなかで、カレーに案外染み込んでましたね。途中から入れたというふうではなく、最初からとまでは言わないまでも最後に入れたというふうではないからだと思うの。思った以上に美味かったよ。


で、お昼を食べた後に、QVCマリンフィールドに行って野球見に行こうかと思ったのですが、夜行で東京に向かっていた途中のサービスエリアでペットボトルのお茶を買っていたのが仇となり、見に行けず(泣)。しまった、あそこは持ち込み厳禁だったんだっけ・・・。
その試合、ロッテ×ソフトバンクは、里崎選手のソロアーチで1-0というしびれる試合だったとのこと。あーあ丁度いたんだよなぁ、見たかったなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月31日

3月30日は「信長の野望」の日

日本のシミュレーションゲームのさきがけと言えるのが、光栄(現:コーエーテクモゲームス)から発売された「信長の野望」。現在まで数多くのシリーズが発売され、単純に織田信長という武将の生きざまだけを楽しめるだけでなく、戦国時代の武将を知ることのできる数少ない作品と言ってもいいでしょう。
この作品、元々は光栄の経営の一助になるようにと、本業の染物業の片隅で始めたもの制作したシブサワ・コウさんも奥さん(現在のコーエーテクモゲームスの社長)と共に舞い込む注文に必死になって対応していた(当時はカセットテープでの発売だったため)といいます。

そんなこの作品の発売日である3/30に、日本記念日協会によって記念日登録されました丁度30周年という節目ということもあって、申請が認可された時にはうれしかったことでしょう。
これからは、単純にゲームの枠を超えて、国民的に知られた作品として長く語り継がれるのかもしれません


それを記念してなのか、偶然だったのか、岐阜県関市にある関鍛冶伝承館で「信長の野望 春の陣 日本刀の世界展」が開催されています。この展示会は、信長の野望30周年と関鍛冶伝承館開館10周年ということで企画されたもので、戦国武将が愛してやまなかった日本刀が見られるとのこと。

こちらは5/6まで開かれております。岐阜にお越しの際は、よしなに。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月27日

Team NINJA解体?

コーエーテクモゲームスの中にある制作チームとして有名な物の中に、Team NINJAというのがあります。この制作チームは、「デッド オア アライブ」シリーズや「NINJA GAIDEN」シリーズなどを手掛けたところとして有名で、かつては板垣伴信さんを中心にして制作されていましたが、2008年に当時のテクモとの間で起こった賃金問題などで解雇されて以降は、紆余曲折を経て早矢仕洋介さんが長となって運営されていました。

そのTeam NINJAが解体されるのではないかという憶測が飛びました。
きっかけはコーエーテクモの事業再編4月から行われる事業再編で組織・人事の変更が行われることになり、Team NINJAも市ヶ谷開発1部・市ヶ谷開発2部という位置付けに変更となって、Team NINJA部長の早矢仕さんが新しくできる市ヶ谷開発1部部長に移るということが決定していたからです。
しかしながら、Team NINJAの公式ツイッターでは、組織変更等が行われるのは事実としているものの、Team NINJAが無くなるわけではなく、同チーム名での制作は引き続き行われていくとのことだそうです。


個人的には、硬派(難易度の高いという意味)ながらも良質なアクションゲームが遊べるため、コアゲーマーからの支持が厚いのではないかとも思っていたので、この制作チームが解体されてしまうのは何とも惜しいなと思っていました。そう思った人が多かったからこそ、公式ツイッターからの発信のように、火消しに躍起になったんでしょうね。
今後も制作されるということで、まずは一安心すると同時に、新体制の下でさらにすばらしい作品が製作されることを願いたいと思っております。


NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge 【CEROレーティング「Z」】 (初回特典「追加コスチューム(リュウ・あやね・紅葉・かすみ)」 同梱)NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge
PS3版。Z指定です。
3月末までの体制で出される最後の作品。



NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge 【CEROレーティング「Z」】 (初回特典「追加コスチューム(リュウ・あやね・紅葉・かすみ)」 同梱)NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge
X様版。同じくZ指定なので注意。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:45Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月17日

中古なら可能性もあるけど・・・

中古ソフトを買った際、誤って別の作品のソフトが入っていたのを買ってしまったということはないでしょうか?
これはどう考えても店のミスなわけですけれども、シリーズものの場合、それを気付かずにやってしまう・・・というバイト店員(まれに社員もいるけれども(苦笑))がいるわけです。

ところが、新品でそれをやっちゃったというある意味前代未聞な話が浮かび上がってきたんですよ、これがまた。


コーエーテクモゲームスが先日発売した、いわゆるベスト版にあたる「コーエーテクモ定番シリーズ 三國志Ⅷ」(以下ベスト版)。そのベスト版が一時販売停止という事態に陥りました。その理由は、ベスト版の中に入っていたデータが、前作にあたる「三國志Ⅶ」だったため。
・・・どう考えても、そのミスはおかしいんじゃないのかと。特にベスト版を販売するのだから、既にデータができた状態なわけだし、それをマスターとして工場に持って行ってUMDに書き込ませる・・・という極めて単純な作業でしかないわけですよ。それなのに、前作のデータを入れてしまっただなんて、制作関係者は何やってんだと(ニヤニヤ)。ちゃんとタイトルを確認すればわかるイージーかつケアレスミスですよねぇ。いくら安価なベスト版(1890円)とはいえ、会社の信頼に関わる問題になりますな。

既に買った人には交換対応になるらしいのですが、それなら中古探して買った方がよかった・・・とつぶやかれているに違いないですね。


コーエーテクモ定番シリーズ 三國志VIIIコーエーテクモ定番シリーズ 三國志Ⅷ



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

2011年03月13日

今回の地震のゲーム業界の反応

今回の地震で、ゲーム会社やクリエイター達は主にツイッターで様々な反応を示していました


一番立派な対応を示したのはサイバーコネクトツー
東京にあるスタジオを帰宅困難者のために開放したことをツイッター上で発表しました。
サイバーコネクトツーや松山さん自身、福岡出身ということで、過去に福岡西方沖地震を体験しているからこういった手段を採ったのだろうと思います。いずれにせよ、理由は何であれ、とても素晴らしい行動だと思います。

今わかっている中で、企業で一番深刻と思われるのが、コーエーテクモゲームス
イベントの中止もさることながら、旧コーエーのメインスタジオだった日吉スタジオが停電オンラインゲームのサーバーもシャットダウンになったといいます。先述のイベントの中止告知も公式サイトでは発信できないため、ツイッター上での発表になっています。よかったのはスタジオ内にケガ人がいなかったことでしょうか。

これ以外にも、様々な会社のクリエイターが社員・スタジオの無事を話しています。また地震の起こった東京都内の様子をつぶやく人もいました


いずれにしても、無事で何よりです。本当に無事であること、ただそれだけが一番ですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:20Comments(0)TrackBack(0)