2017年09月30日

ミルクティーの味のする天然水

SHV32_1486サントリー天然水シリーズの中に、味付きの天然水がありますけど、レモンティーに続いて、ミルクティーの味付き天然水が登場することになりました。
その商品が、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA ミルク」
アッサム茶葉を使用し、ミルクティーのコクの強さと芳醇な香りを全面に押し出しているとのことだそうです。でも一見すると、ただの水にしか見えないコップに注がれて出されたら、目で見ただけだったらわからんぞ(爆)。



早速買って飲んでみたんですが、飲んだら驚くほどミルクティー(笑)。ミルクの風味と茶葉の味わいが透明な水にこれでもかと染み込んでおりますわ。このインパクトは絶大。特に初めて飲む人には衝撃でしょうね。
あと、ミントの風味が結構強いので、この風味の苦手な人には厳しいかな気にならない人には、いいアクセントになるかなと思っております。

これは水ということもあるので、価格もリーズナブル。それでいて紅茶の味わいが残っているので、爽やかさもある朝と言わずにリラックスしたい時にもいいと思うよ。オススメです。


なお、東海地方で展開しているベルマート(JR東海のコンビニ)では期間限定で安売りをしているので、乗車時のお供にいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2017年08月18日

スパークリングで、ひゅーひゅー

SHV32_1297以前、セブンイレブン限定ながらサントリーが「桃の天然水」をリリースしましたけど、今年になって「桃の天然水 Sparkling」が新商品として発売されました。
炭酸水の桃天なわけですが、スパークリングなものになっても美味しいのか、JT時代には無かったかと思ったので、気になるところです。



最初に飲んで、桃の天然水が炭酸入りになっても美味かった爽やかな甘みと酸味が、炭酸の爽快感と相まって、美味いと叫びたくなるほど。炭酸も若干強めなので、炭酸が苦手な人じゃなければ本当にさっぱりとした感覚を楽しめるでしょうね。


何かと食べる時に飲むよりも、それ単体で飲んだ方がいいのかもしれないです。ほっと一息つきたい時にオススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2016年09月27日

【セブン&アイ】桃の天然水、PB商品で復活【ひゅーひゅー】

SHV32_0075華原朋美さんのテレビCMで一世風靡した「桃の天然水」。当時販売していたJT(ジェイティ飲料)ではコーヒー飲料の「Roots」・緑茶飲料の「辻利」と共にロングヒット商品となりました。しかし、JTが撤退すると2015年に発表したことで販売終了飲料事業は自動販売機の事業と共にサントリーフーズに売却されました。

あれから約1年、セブンイレブン・イトーヨーカドーなどのセブン&アイグループのPB(プライベートブランド)商品として復活することになりました。
量が550mlに増量され、使用している水もサントリーということで、「サントリーの天然水」を使用。なお、果汁は10%未満とのこと。



昔の味をそう覚えていないのですが、確か薄かったなという印象だけはあります。復刻版を飲んでいるからなんでしょうね。で、今の「桃の天然水」はというと、逆に少し甘くなっているのかなと。糖類がそれなりに入っているからでしょうね。あとは、桃の風味が強まったように感じました。桃果汁のせいなんでしょうかねぇ。香料はそう入ってないのにねぇ。


総じて前よりかは美味くなっております。個人的には好きな味です。
ただ、飲み合わせが難しいご飯には合わんだろうし、パン類や麺類にも苦しい(汗)。お茶のようにリラックスしたい時に飲むというふうになるのでしょう。


tumblin’ dice
♪tumblin’ dice



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:17Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月26日

セット販売でサントリー傘下に

「桃の天然水」・「Roots」のブランドでおなじみのJTのソフトドリンク(販売はジェイティ飲料)。今年2月に飲料事業から撤退することが明らかになって以来、残念がる人がいる一方で、今後ブランドはどうなるんだろうとやきもきしていた人がいたかと思います。


その飲料部門がサントリー傘下のサントリー食品インターナショナル(以下サントリー食品)に買収されることが決まりました。
一応、サントリー食品は「桃の天然水」・「Roots」は買収後も展開していくことを明らかにしています。前者はともかく、後者は「BOSS」との共存をどう図っていくのかが今後のカギを握るでしょうね。

それと同時に、自販機のオペレーター会社であるジャパンビバレッジも買収しています。もちろんサントリー食品自身も自販機のオペレーションを行っているのですが、買収をしたのにはわけがあります。

日本中どこにでもあると言っても過言ではない自販機。全国で250万台ほどのうちジャパンビバレッジが持っている自販機の数が26万4000台で約10%ほどあると言われており、サントリー食品・アサヒ飲料・伊藤園の3社で過半数という飲料業界の中で、この10%の自販機シェアを握れば、販売の面で有利になると見ているわけです。そこで、サントリー食品が手を挙げた・・・ということですね。
それゆえに、サントリー食品はブランドよりもその先にぶら下がっている自販機(のシェア)が欲しかったと言えるでしょう。その実利に釣り合うと判断したのが、たまたまサントリー食品だったというわけです。コカコーラもアサヒ飲料も「桃の天然水」・「Roots」とはバッティングする部分が多いですからね。


とにかく、相手先が見つかったので、今後は新しい会社で更なる躍進を遂げてほしいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月06日

ヨーグリーナ売っとった(爆)

SHL23_1520今日、家の近所で何気なく自販機を見たら、絶賛売り切れ中の「サントリー 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」が売ってるではないか!
・・・コンビニとかスーパーでは絶賛売り切れ中で、帰る途中に立ち寄ったコンビニかどこかで「ヨーグリーナなかったね」という親子の会話さえ聞いたほどなのに。
今その親子に言いたい。ここにあるよと(ニヤニヤ)。

・・・ええ、有無を言わさずコインいっこ投入しポチっとしたのは言うまでもありません(ギャハ)。<釣りは持って帰れよ、というより釣れたクマー?
・・・そう言うだろうと思って、証拠を兼ねて買った時間を時計で示したぞ。見にくいかもしれんけれども。



サントリー 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ 515ml×24本
サントリー 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ 515ml×24本



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月22日

たまには煽られてもいいのかもしれない、そう思う一品

サントリー 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ 515ml×24本
最近サントリーから発売されている「贅沢ヨーグリーナ&南アルプスの天然水」(クリックすると24本入りが購入できます)が一時品薄状態になり、生産調整による一時出荷停止に入ったとのことで、話題になっております。ただ、実際のところはスーパーを中心に安売りが行われているので、「レモンジーナ」の時と同様、飢餓商法(煽り商法)ではないかとも言われていますし、こうも何回もやらかすのは企業としてどうなのという批判も寄せられ、商品の善し悪しよりも売り方の善し悪しで言われてしまっているという、少々不遇なところがあるわけです。
それに、ただの水なら、「レモンジーナ」のように飲める飲めないということは基本的にないと思う(ただ、レモン味とかだとダメなのよね、私(苦笑))ので、買ってきました。ちなみに、スーパーでは80円~98円程度コンビニでは118円前後での販売のようです。



で、肝心の味は、うっすーいヨーグルトドリンクを飲まされているよう(笑)。
それもそのはず、中にホエイ(ホエー)という乳酸菌発酵させたものを加えているからカルピスみたいだとも言う人がいますけれども、まさしくその通りだとも言えますね。ゆえに、普通の水ではなく甘みと酸味のある『味付け水』というふうでしょう。まるでオードリーの春日さんが持っているアメを溶かした水のような感じ(爆)。


ただ、まずいふうではなくむしろ美味しいと思うので、これだけ安いのならアリなんじゃないかと思います。また見掛けたら買おうっと。煽られに煽られてやる(ギャハ)。  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月31日

「は~っちみつレモン」12年ぶり復活

サントリーから発売された「はちみつレモン」が12年ぶりの復活を遂げるそうです。
この商品、1989年に発売して、美味しかったことから大ブレイクこれを機に商標登録をしようと思ったものの、一般名詞化された物同士を掛け合わせたものだったため登録商標することを拒まれてしまい、その後他社からも次々と同名製品として発売あっという間にブームが終わり、細々と続けていたサントリーも1999年に販売を終了してしまいました

この一連の出来事は、「ビートたけしのTVタックル」で、軽妙なCM(♪は~っちみっつレモンという歌うCM)と共に紹介されていたのが印象的ですね。
また粗雑乱造の典型的パターンとしてもこれは取り上げられているんじゃないのでしょうか。特に経営学や特許関係では格好の題材になっているはずです。


その「はちみつレモン」、レギュラー(はちみつとレモンを水で割ったもの)と炭酸との2種類、500mlのペットボトル入りながら、当時のパッケージと当時に近い味で発売されるそうです。


・・・しかし、昔一回も買ったことないんだよなぁ(苦笑)。私自身、レモンが好きじゃないという理由で買ってないんですよ。
ただ、いい機会なので今回1回だけ買ってみて、美味しかったら続けて飲んでみようと


ところで、最近の飲料業界はリバイバル販売が大ウケですな。
「メローイエロー」・「スプライト」に始まり、今度は「はちみつレモン」ですか。
「スプライト」の場合は原点回帰になっただけで、リバイバルとは少々毛色は違うものの、それでもよく売れる商品に様変わりしているのだから、リバイバル販売の凄さを改めて思い知った次第。
このままいくと、「タブクリア」(俵光太郎さんがCMキャラを務めた透明なコーラ)とか復活しかねんな。個人的にはコーラ嫌いの私でも何とか飲めたレベル。
・・・ああ、ホワイトコーラみたいなので売ってる(苦笑)?そうですか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)TrackBack(0)