2018年10月03日

秋の新アニメ2018 その2 DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

秋の新アニメ2018、2回目はオリジナルアニメでサンライズが製作している「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」です。
この作品は、バディシリーズとして展開されています。このバディシリーズというのは、2011年に放送された「TIGER & BUNNY」を祖とするものです。なので、今回もその時の香りが漂っているように、キービジュアルを見る限りでは感じられますね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


2つの太陽が昇る街に、致死性の高い薬物「アンセム」が横行していて、その副作用にも問題が出ていた。
その薬物を取り締まるために結成されたのが、特殊捜査係「SEVEN-O」2人1組で行動するのがセオリーになっているこの組織は、日々活動していた。

ある日、若い巡査が「SEVEN-O」に転属してきたヒーローになりたいがために、行動するものの、いつも空回りで終わる妄想バカ彼を強く推薦したひょうひょうとしたベテラン刑事との奇妙なやり取りは、誰が見ても大丈夫かいなと思うのだが・・・。



というふう。


初回は作品の世界観の内容の紹介がメインになっていたのですが、ところどころに挿し込まれるキャラ(「SEVEN-O」の登場人物)が中々コミカルで癖のある人材ばかり。特に主人公は底抜けのバカだろうと言いたくなるほど。お人よしだし妄想癖が強いし、それでいて行動力は無いし・・・。まるで国民的人気マンガに出てくるメガネの少年を思い出す(ニヤニヤ)。青ダヌキになるのが、今後コンビを組むベテラン刑事なのだろうけど、そいつもそいつで大丈夫かいなと(苦笑)。


作品そのものは、ポップでノリのいいものになっていて、コミカルな部分も備えているんですよね。アメコミを装っているのでしょうけど、いい意味でアメコミっぽくない。
次が気になる作品に仕上がっていますね。あとは主人公がどこまで成長できるのかも楽しみです(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2014年10月10日

秋の新アニメ2014 その8 クロスアンジュ 天使と竜の輪舞

秋の新アニメ2014、8回目はキングレコードとサンライズが共同で製作するオリジナルアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」です。
えーと、サンライズ?うっ・・・「バディコンプレックス」のことを思い出して頭が(ギャハ)。<それは黙ってあげてて。
とまぁ、先行きが不安でならないのですが、キングレコードがいるから大丈夫か(苦笑)。<ホントにそう思って言ってるのか。
・・・オマエ、敵をこれ以上作るなよ(汗)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


人類が進化の果てに得たとされる万能物質マナを操れることになったことで、世界には平穏な日々が訪れていた。しかしながら、そのマナを操れない人類(それは女性にしか現れない特殊な現象でもあった)はノーマという蔑称により人ならざる者として扱われ、遂にはノーマ管理法という法律によって、赤子でさえも例外なく社会から隔離されてしまうのだった。

そんな世界の大国お一つ、ミスルギ皇国の第一皇女アンジュリーゼ・斑鳩・ミスルギ(以下アンジュ)もまたその世界を是として生きてきた。彼女は民衆の絶大的な支持を得ており、将来も保証されていたと言ってもいいほど安穏とした生活を送っていた。彼女もまたノーマのいる世界に憂いを覚え、ノーマ根絶が最大の目標と言ってはばからなかった。実際、ノーマの赤子を接収されるシーンを見ても、おめこぼしを懇願する赤子の母にあきらめろと諭したほどだ。


しかし、16歳になって行われた洗礼の儀の執行時に彼女の運命は暗転する今まで両親によってひた隠しにされていた、自身がノーマであるという事実を突き付けられてしまうのだ。このことで兄は事実上のクーデターを起こし、皇帝である父を拘束。アンジュを助けようとした母もアンジュ拘束時に射殺されてしまう


拘束されたアンジュは、全ての物を失ったばかりでなく、辱めを受けることとなる。そして彼女はアンジュとして新たな生活を送ることとなったのである。



というふう。


しかし、この作品キャスト豪華だわ。主役もさることながら脇もキングレコードに関係する人物(以下敬称略で上坂すみれ・田村ゆかり・喜多村英梨などなど)で固めちゃってるもの。ただ、これは『水樹奈々の水樹奈々による水樹奈々のための作品』と言ってもいいくらい、水樹奈々さんが異常なまでに目立ってる、彼女のキャリアにとっては非常に重要になるのではという作品になるかもしれません。ただし、「バディコンプレックス」(以下略)
ちなみに、キャストの中にはアンジュの母親役で林原めぐみさんも登場しますけど、1話で殺しちゃったよ(汗)。実にもったいない(苦笑)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月09日

春の新アニメ2014 その3 ラブライブ!

春の新アニメ2014、3回目は2013年に放送し、好評を得ていた「ラブライブ!」です。
当初は(読者企画がベースなものの)オリジナル作品ということで、期待と不安半分だったのですが、蓋を開けてみたら高評価となり、人気コンテンツになっていきました。今回は前期で描かれなかった『ラブライブ!』への道のりが描かれるわけですから、彼女達がどういうふうに成長していくのかが楽しみですね。


あらすじは、続きモノなのでなし。廃校の危機に陥った音ノ木坂学院を救ったスクールアイドルユニットμ's(ミューズ)のメンバーは、様々な紆余曲折を経て、音ノ木坂学院のスクールアイドルユニットとして期待されるようになっていき、ますます成長をしていこうとするところから始まります。


で、だ。
いきなり生徒会長が穂乃果にはワロタ。お前は一番向いてへんやろう(笑)!案の定、壇上でやらかしたみたいですし。何で穂乃果を推薦しちまったのかのぉ、前生徒会は。ハラショー(爆)。
そして、オープニング(笑)。今回だけなんだろうけど、1期のあらすじをミュージカルにしてしまったよ。これは想像の斜め上行ってやがる。さらに学院の生徒がノリノリである。何だろうこの雰囲気(ニヤニヤ)。
あとは作中の遊びが前期の1回と同じ素晴らしいですね。それでいてシリアスなところはきちんと締めているし、相変わらずにこの腹はドス黒いし(爆)。


前期を見ている人は、今期も面白く見られることでしょう。まだ前期を見ていない人は、この機会にぜひ一挙に見て頂いて、メンバーのパーソナリティあふれる姿を目に焼き付けてから鑑賞して頂ければ、この作品の面白さが何十倍にも伝わってくると思います。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月07日

冬の新アニメ2014 その1 バディ・コンプレックス

いよいよ新年が明け、本格的に新アニメが始まりました。
今回最初の作品は、サンライズが手掛けるオリジナル作品「バディ・コンプレックス」です。え、サンライズのオリジナル・・・うっ、頭が(爆)。<ルーン(人の記憶)を原動力に動くロボットアニメのことですね、わかります。その部分の記憶が(以下自主規制(笑))。

この作品はアニメ以外にもバンダイナムコゲームスでスマートフォンのアプリでゲーム化・KADOKAWA / アスキー・メディアワークスから発売される月刊コミック電撃大王のマンガ連載がされることも決まってます。
またこの作品は12/29にTOKYO MXとバンダイチャンネルで先行放送されているんですね。丁度その日東京にいたんですけど、コミケ疲れ等々で見てねーわ(ギャハ)。新聞買ってテレビ欄確認しているのにね・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


都内の高校に通う渡瀬青葉はごく普通の高校生。夏休みの明けた最初の日も、クラスメイト達と過ごすたわいもない日になるはずだった。ところが、帰国子女として転校してきた隼鷹(じゅんよう)・ディオ・ウェインバーグとの出会いが彼の運命を大きく変えることになる彼女は未来から来た子で、後に八丈島に落ちてきた紫色の謎の機体と同じような機体を操っていたのだ。

謎の機体との戦闘の末、青葉が未来に向かったところ、隼鷹は突如姿を消し、気が付けば謎の機体、ルクシオンに搭乗していた。一体彼は未来で何を行っていくのだろう・・・。



というふう。


若手メンバー中心で作っているということもあってエネルギッシュさは感じられます。設定的に破綻はないのでしょうが、まだ1話なので何とも言えないのですけれども、少々説明不足な感がありますね。もう少し相手が何者で、かつ主人公が未来で何を行っていたのかがわかれば面白くなるのかなと思います。今でも何かしらの含みがあるので悪くはないのですが、少々目覚めが悪いですね。


まだこれからの作品だと思ってます。もうしばらく期待をして見ていてもいいかもしれません。


放送局・放送時間などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月14日

春の新アニメ2013 その14 革命機ヴァルヴレイヴ

春の新アニメ2013、14回目はMBS制作のアニメアワー「アニメイズム」で放送されているオリジナル作品「革命機ヴァルヴレイヴ」です。
この作品はサンライズ制作、分割2クール、オープニング主題歌はT.M.Revolutionと水樹奈々さんとのコラボ等々放送前から数多くの話題を振りまいております


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


真暦71年、宇宙都市ダイソンスフィアの開発によって、人類の宇宙進出が加速し、人類の7割が宇宙で生活する時代になった。その過程で勢力は大きく2つに分裂し、軍事同盟から発展した国家連合ドルシア軍事盟約連邦と貿易協定から拡大した環大西洋合衆国(ARUS)という国家によって統治されていった。
その2つの国家の間にある宇宙都市国家ジオールはどちらの勢力にも付かず、中立の立場に立っていた。しかし、その中立は互いの国家のいいなりとも言える状況で、カネで物事を解決するという有様だった。


その平和も、突如襲いかかってきた(正確には、ジオールで建造されていたメカの強奪作戦のサポートのために襲来した)ドルシア軍によってもろくも崩れ去り、ジオールのモジュール77地区に住む高校生時縞ハルトもその中に巻き込まれていくハルトは想いを寄せていた指南(さしなみ)ショーコが巻き込まれたことで激高し、謎のメカに乗り込み、討伐しようとするのだが・・・。



というふう。


何気ない平和な日常がこれほどまでもろくも崩れ去るという過程が、たった30分の中で丁寧に描かれていて、かつ戦闘シーンの熱さに素晴らしいものを感じましたね。映像のきれいさもともかく、キャラの詳細がかなり多かったにもかかわらずキチンと描かれていたのには好感触。生存不明(MIA)状態になったショーコも少しの登場ながらも結構な存在感を出していましたね。
主人公のハルトは、ガンダムシリーズのアムロやキラみたく内向的で心優しい少年なんですけど、キレると途端におかしくなるという性格(苦笑)は知ってる人が見るとよく似てるなと。

そして、ヴァルヴレイヴの存在が第1話から謎めいていますね。「ニンゲンヤメマスカ」という文言と半ば不死化したハルトの関係が不気味で大きなキーワードになるのではないかと思います。そういえば、半ば不死化するのは他のアニメでもあったような(作品失念)。

あとはハルト×エルエルフの薄い本ができそうな予感(爆)。


期待はそれなり、むしろノーマークに近かった作品ですけど、ここまでアツい作品だったとは・・・。次回以降もじっくり見ていきたい作品に仕上がっていると思います。ロボットアニメ好きには特にオススメです。


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:10Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月08日

冬の新アニメ2013 その4 ラブライブ!

冬の新アニメ、4回目はアスキー・メディアワークス刊行の「電撃G's magazine」・ランティス・サンライズの合同プロジェクトが原作になっている「ラブライブ!」です。読者参加型企画として2010年からこのプロジェクトは展開されているとのこと。
「電撃G's magazine」はこういった系統のモノが大好きらしく、過去には「女神天国(パラダイス)」・「シスター・プリンセス」・「HAPPY★LESSON」・「双恋(フタコイ)」などが読者参加型企画として行われた経緯があります(いずれも後にアニメ化されている)。

今作はランティスとサンライズが企画に参加しているだけでなく、将来的にはブシロードがブシモ名義でスマートフォンでのゲーム化を計るとのことなので、ますます盛り上がるのではないのかなと思います。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


東京都千代田区、秋葉原・神田・神保町の間に挟まれたエアーポケットのような地域に、伝統ある国立音ノ木坂学院はあった。しかし近年、志望する生徒数の減少により廃校の危機に陥ったのだ。
この事態を打破したいと思った主人公の高坂穂乃果はある妙案を思い付く。それは学校内でアイドルグループを結成し、アピールを兼ねて活動することで新しい生徒を呼び込もうと。

まだまだ周囲の理解を得るには難しい状況なものの、そのひたむきな心がやがて学校中を動かし、スクールアイドルグループとしての活動がスタートすることになる・・・



というふう。


正直あまり期待していなかった作品ではありました。読者参加型企画から派生した作品は応援してくれた人達向けに作られるもので云々かんぬん・・・と思っていたのですが、初っ端から飛ばしてましたね(笑)。現実を直視できない主人公へ「廃校のお知らせ」の張り紙をこれでもかと貼っているあたりに一種の非現実的な悪意(あり得ない事象なのに、現実を無理にでも見させようとしているという意味)を感じましたね(苦笑)。
とにかく、主人公のおバカっぽいかつ天然なキャラ、それでいて一途なところを見るにつけ、ああこれは人気投票でトップに立つはずだし、人気が出てくるはずだわと思いましたね

蛇足になりますが、この作品、読者参加型企画ゆえに、某アイドルグループのように総選挙と称した人気投票が行われており、その中で主人公の高坂穂乃果はトップを維持していることが多いんですよ(第4回総選挙のみ1位から転落している)。

で、作品としては意外にもしっかりしているものの、平たく見ると「ア●ド●マ●ター」やね・・・と言ってしまいたくなるのはなぜだろう(ニヤニヤ)。挿入歌のダンスパートがコンピューターで作った感じがバレバレだったりと少々粗のある部分があったものの、今後の展開次第で化ける可能性が高い作品でもありますね。


今期の中でダークホースになる可能性が大きく、本気で新規の顧客を獲っていきたいという意気込みを感じられる作品です。某アイドルアニメが好きな人に特にオススメ。


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


ラブライブ!  μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 通常盤】ラブライブ! μ's Best Album Best Live! collection 【Blu-ray Disc付 通常盤】
ニコニコ生放送放映時に流れた楽曲を集めたもの。彼女達の腕前を知るには丁度いいと思われる。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月07日

夏の新アニメ2011 その2 セイクリッドセブン

夏の新アニメ、2回目は今年高評価の多いオリジナル作品から「セイクリッドセブン」です。
サンライズとバンダイビジュアルがタッグを組んで展開するこの番組、オリジナルの評価が高い中どう評価されるのか、また同じような展開をしている「TIGER&BUNNY」のある中、どう評価されるのか気になるところです。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表示)。


関東のとある町。謎の力を持ち、その力で高校生18人を病院送りにしたことから保護観察処分に遭い、孤独な生活を送る丹童子アルマが住んでいた。

ところが、ある日そんな町に「悪石(あし)」という謎の物体が出現した。
悪石を止めるにはアルマの持つ力「セイクリッドセブン」しかないということを知っていた藍羽ルリは、彼に戦ってもらうように懇願する。結局アルマはその力を戦ったものの、その力を制御できずにいた。しかし、ルリの意思を詰めた宝石を受け取ることに、力の制御ができるようになり、彼女とそのしもべ達と共に悪石と戦うことになっていく



というふう。


序盤ということで、ストレートな展開になっていましたが、ストレートになった分、細かい部分がわかりにくい(各キャラの紹介がほぼ省かれてしまった点など)のと単調になってしまっていて、思った以上に面白いなと感じない作りになってしまっているなと思っています。何となく空回りしているなとも。
しかもこの作品12話の予定ということなので、かなり詰め込んでいくんだろうなぁと。設定で残された謎がそのままになってしまわないか心配ですね。回収できるのか(苦笑)。


※放送局などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2011年04月14日

春の新アニメ2011 その13 TIGER & BUNNY

春の新アニメ、13回目は深夜枠では珍しい全くのオリジナル作品「TIGER & BUNNY」です。
実は、書くのを忘れていて、今頃書いているのは内緒(苦笑)。

キャラ原画を「ウイングマン」・「電影少女(ビデオガール)」・「I"s(アイズ)」・「ZETMAN(ゼットマン)」でおなじみの桂正和さん、アニメ制作をロボットアニメなどを手掛けるサンライズが行うというある意味豪華な作品。
そしてもう一つの特徴は、出てくるヒーロー達の着るスーツにスポンサーが付いているという点ソフトバンクや牛角、ペプシNEX(サントリー)などこれまた豪華。この先インターネットショップ最大手のamazon.co.jp(アマゾン)も加わるというのだから気合入りまくりだよ、おい(汗)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


特殊能力を持つ突然変異体『NEXT』が現れて45年。彼らはその能力を利用して生活していた。
中には、その能力を利用して生計を立てる者もいる。ニューヨークに似た大都市シュテルンビルトは、そんな能力を持った彼らがヒーローになって活躍している街。その模様は「HERO TV」として生中継されている。まるで犯人逮捕の瞬間をショーのように楽しんでさえいるかのように。ゆえに、テレビで活躍するヒーローはキャラグッズなども飛ぶように売れる。

そんなヒーロー達の中の一人、ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹もう10年この番組でヒーローを演じるベテランだが、独尊的な行動が仇となり、人気もいま一つ。遂にはスポンサーが企業合併から失ってしまい、新スポンサーの下に再出発する。相棒を付けることを条件に。
その相棒とは、彼を助けた謎のヒーローだったバーナビー・ブルックスJr.



というふう。


一見アメコミ風なこの作品。桂さんの原画のクオリティの高さも相まって、CGに描き直されても遜色ないものになっています。そして実にカッコいい。さらにアツい。もっと言うと、キャラ一人一人に個性と影がありそうなんですよね。

想像以上に面白い。見た目はクールなアメコミ風なんですけど、その中身は熱血スパロボ風アニメになっていますね。


言い方を悪くすれば、濃い作品なんですけど、見ていくとその濃さもやがて快感になっていきますよ
だから放送している局が少ないのは誠に残念。何とかインターネットで見てほしいです。それだけオススメです。


※放送局の詳細は「続きを読む」にて。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)TrackBack(0)