2017年11月14日

ファミリーマートが日本の味を提供⑨

SHV32_1608舌の根も乾かぬうちに、第9弾にまでなったこのシリーズ(笑)。
今回は、富山から「ブラックラーメン」です。基本的には「富山ブラック」と呼ばれることの多いラーメンです。このブログでも過去何回か紹介しているので、ご存じの方も多いのではないかと。



その味はというと、一般的には、濃くてしょっぱい、かつこしょうの粗びき具合でこしょう辛いのですが、このラーメンはそこまでエッジの利いたものにはなっていません悪く言えば、物足りないですけど、よく言えば、誰もが楽しめるような味でもあります。それでも、普通のスープに比べたら濃いのかも。もちろん、粗びきこしょうが掛かっているので、噛んだらピリッと来ますよ(ニヤニヤ)。
そんなこともあり、しょっぱくも無く、濃くも無い。かといって薄いとも感じないので、平均的な味わいのラーメンになっております。先述の通り、物足りないと言えば物足りない、でも誰もが美味しく頂けるのなら、この妥協もやむなしなのかね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2017年11月12日

ファミリーマートが日本の味を提供⑧

SHV32_1606ファミリーマートがお届けする「ニッポン味わい探訪」。
今年の5月から始まって、半年がたった今も、絶賛継続中(笑)。過去、宮崎愛知石川新潟北海道(丼)・鹿児島・福岡北海道(麺)岡山の名物が紹介されました。
今回は、兵庫県から「そばめし」公式では「そばめしおむすび」として紹介されています。

そばめしは兵庫県神戸市長田区で生まれた下町の味です。元々は、刻んだ焼きそばの麺を米と一緒に炒めたものなんですね。今回はそれをおにぎりにしたものです。



これはまずいわけないでしょう(ニヤニヤ)。酸味のあるソースで炒められたご飯と焼きそばがどれだけ美味いのか。初見の人達には是非とも体験してもらいたいですわ。
で、やはり美味かった(笑)。
焼きそばの麺がもちもちしていて、ごはんはしっとり。そして酸味のあるソースが食欲をそそり、パンチの利いている味わいもいいアクセントになっています(これは酸味のあるソースの中にあるもの)
神戸のソースは、オリバーソースが有名なんですが、いわゆるどろソースと言われるもので、味が絡みやすいんですよね。それでいて、ソースの中に入っている下り物がパンチのある味わいに繋がっていて、たまりません
値段も130円(税込)と案外リーズナブル。ホントに食べたことない人は食べてみて下さい。美味いですよ、これ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2017年10月24日

ファミリーマートが日本の味を提供⑦

SHV32_1548ファミリーマートがお届けする「ニッポン味わい探訪」。只今エクストラステージ突入中(笑)。
また出てるかな・・・と思ってファミリーマートに行ったら、あった(爆)。というわけで買って参りました今回の商品は、「デミカツ丼」岡山県の名物料理ですね。
デミグラスソースの掛かったトンカツの下には、キャベツとご飯が敷かれております。
一見すると、濃そうなメニューなんですけど、いかに。



その味は、コク深いデミグラスソースがガツーンと最初に来ます。このインパクトがすごくて、ご飯とカツが美味く感じられるのよねぇ。キャベツの味わいは、レンチンしてしまう関係上、あまり感じられなかったのが残念と言えば残念。確か、店で食べる時はシャキシャキのを頂けたはず。
カツに関しては、デミグラスソースの影響なのか、使っている肉の部位の影響なのか、思った以上にしつこくない。揚げてあるのにあっさり目のテイストなので、もう少し肉は大きくても大丈夫だわ(笑)。
結論としては、デミグラスソースありきの丼に仕上がっていますコク深く少し酸味のある味わいながら、クドくも無くしつこくも無いので、1杯でも物足りなく感じてしまいます。もう1個くれ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2017年10月17日

ユニコがやっとファミマに対応

ユニーグループで発行されている電子マネーカード「ユニコ(uniko)」。一般的な電子マネーカードと同じく、200円で1ポイント貯まる仕組みになっています。
使用できるところは、ユニーグループのアピタ・ピアゴとサークルKサンクスの3か所。ところが、同じユニーグループの傘下に入った(正確にはユニーグループが傘下に入ったと言うべきか)ファミリーマートでは非対応だったのです。
ご存じの通り、サークルKサンクスは2018年2月をメドに全てのサークルKサンクスをファミリーマートに転換するとしています(ただ、いまだにサークルKサンクス名義で残っているところもあるので、本当にできるのか懐疑的だが)。その転換先でのファミリーマートでは対応していないため、元々サークルKサンクスで利用していたユーザーからは不便だというクレームが入っていたのだそうな。そりゃそうだわな。転換する時からそう思っていたもの。
そうなると問題になってくるのが、イオン系で取り扱っている電子マネーカードの「WAON」の立ち位置同じような特典が付いてくるサービスですが、ライバル系列のカードなんですよね。状況によっては「WAON」は提携解除して「ユニコ」に一本化します・・・とかだと、すごく不便になるんじゃないのかなと思う人々が増えるのではないかと。


既に、サークルKサンクスは、楽天が行っているポイントカード「楽天ポイントカード」からTSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)がメインで行っているポイントカード「Tポイントカード」への切り替えを行っています。こちらは、より便利な形になったとも言えるでしょう。それでも同じように不便になったと嘆く人も多いと思うのですが、利用者数を考えれば、「Tポイントカード」の方だよね・・・。


とりあえず、収まりのいい形にはなったのかな。その収まりのいい形を無理に推し進めないことだけを祈りたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2017年10月09日

ファミリーマートが日本の味を提供⑥

SHV32_1526前回できれいに終わったと思っていたファミリーマートがお届けする「ニッポン味わい探訪」。まだだ、まだ終わらんよ・・・と言わんばかりに、また出してきたよ(ギャハ)。
その商品とは、「海老塩ラーメン」北海道で人気の味を再現したものだそうな。
見た感じは、塩ラーメンというより、豚骨ラーメンな感じなんですが、いかに。



まずはスープ。脂が浮いているのは、海老オイルなんだって。だからなのか、香りとしての海老がしっかり。ただ、味わいとしての海老は、豚骨スープの味わいが強いゆえに、あまり感じられなかったんですね。
麺は縮れており、スープとの相性はバッチリ。具材もえび天かすは美味しかったですね。スープが絡まなければ、天かすの味わいは海老としょうがだった(苦笑)。ねぎのシャキシャキ感もよかったです。


スープの個性が強かったものの、決して美味くないわけではなく、麺と一緒に食べたら、そんなことを気にしなくなるくらい。具材はまぁまぁあり、かつ量は多めなので、満足感はあります。なかなかいいじゃないの。


・・・もう今回でおしまいかな。それともまだあるのかな。エクストラステージもいいけど、どこまで引っ張るんだろう(汗)。きれいに終われたと思ったのになぁ(苦笑)。でも、これはうれしい悲鳴ですよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2017年09月27日

ファミリーマートが日本の味を提供⑤

ファミリーマートが5月から行っている「ニッポン味わい探訪」。既に宮崎愛知石川新潟の名物料理が紹介されました。
恐らく今回が最後の展開になるのかなと思いますが、今回何と3種類出てきたよ(汗)。北海道だけだろうと思ったら、また九州に戻ってきた(苦笑)。


SHV32_1475というわけで、第5弾のその1、「帯広風豚丼」北海道・道央を中心とした地域で食べられている豚丼をアレンジしたものですね。
薄切りにした豚肉にたれを掛けてあぶり焼きしたものが、ぎっしりと乗っています。



こちら、豚肉は薄切りになっているものの、味はバッチリ。肉の旨味を感じられるばかりか、一緒に掛かったたれの香ばしさも相まって、ご飯も進む進むたれ単独でも甘辛のコク深い味なんですね。よく再現しているわ。
そのたれは、できればもっとご飯に掛けてほしかったかな。ただ掛け過ぎると味のバランスが崩れるというのなら、致し方なしですけど。


SHV32_1476そして第5弾のその2・その3
上が「手巻 黒豚みそ」。おにぎりで登場しています。鹿児島県名物黒豚味噌を使ったもので、黒豚(ミンチ肉)を麦味噌で和えたものだそうな。
下が「駅弁風かしわめしおむすび」。こちらもおにぎりで登場。福岡県を中心に九州ではメジャーな駅弁「かしわめし」をおにぎりにしたもので、中には鶏そぼろが入ってます



上の「手巻 黒豚みそ」は、パリパリののりの風味に麦味噌のふわっとした風味も合わさって、結構美味いなぁ。ちょっと味噌にアルコールのような風味があるけど、発酵で生まれたのか中にみりんが入っているのかなんだろうね。このクセがいいか悪いかで評価も割れるでしょう。

下の「駅弁風かしわめしおむすび」、確か福岡県内のファミリーマートでは「かしわめし」というおにぎりがあったはず。そのおにぎりよりも鶏の味が濃厚だったかと。錦糸玉子は申し訳程度なので味に関わらない(彩りレベルなんでしょうね)ものの、中に入っている鶏そぼろは濃い鶏の味の濃厚さはご飯部分だけじゃないとを再認識させてくれるわけです。


今回の品物は、どれもレベルの高い一品になっていました。有終の美とも言えるでしょう。これで終わってしまうのはもったいない。
できることなら第2クールもあってほしいです(笑)。まだやっていないところがありますよね?例えば東北とかね。あと関東や関西もやっていないはず。中国・四国も名物があるのに、やってないですね。そして何より沖縄美味しい品物がたくさんあるのですから、是非ともやってほしい。全国に店のあるファミリーマートならではの展開で、このシリーズをまたやってほしいなぁ。


なお、今回の品物の中で、「手巻 黒豚みそ」のみ北海道・宮崎・鹿児島では販売しないとのこと。鹿児島県の商品なのに、鹿児島県では販売しない矛盾(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2017年08月24日

ユニー、サンチョになる

ディスカウントストアの最大手ドンキホーテホールディングスがスーパーとコンビニを有する大手の一つユニー・ファミリーマートホールディングスと資本・業務提携を結ぶことになりました。


ドンキホーテホールディングスはディスカウントストアのドン・キホーテを中心に、スーパーの長崎屋、ホームセンターのドイトを子会社にして運営しています。AKB48の支援をしていたことで有名で、秋葉原店にAKB劇場があるのは、その名残でもあります。
対して、ユニー・ファミリーマートホールディングスは、スーパーのアピタ・ピアゴ・ピアゴラフーズコア(その昔は基本的にアピタがユニー系、ピアゴ・ピアゴラフーズコアはユニーの子会社だったユーストア系だった。なお、同じく基本的にアピタが大型複合店、ピアゴは中小スーパー店舗の扱い)、コンビニのファミリーマートやサークルKサンクスを運営しています。元々は、スーパーとコンビニを運営していたユニーグループ(ユニーとサークルKサンクス)、コンビニを運営していたファミリーマートが合併してできた会社で、双方と取引のあった伊藤忠商事が合併の仲介をしたと言われています。


今回の資本・業務提携により、ユニー・ファミリーマートホールディングスが扱っているスーパーの中にドン・キホーテが参入する形を採ったり、閉店するユニー・ファミリーマートホールディングスが扱っているスーパーにドン・キホーテが居抜きの形で参入することもあるとのこと。また既に出店しているドン・キホーテの中にファミリーマートが展開されるケースもあるとのことで、双方のメリットを生かした出店を行っていくのかなと思います。

ただ、今回の提携劇で、ドン・キホーテとアピタ・ピアゴが近い店舗もあるでしょうから、その店が統廃合する可能性も出てくることでしょう。まだ提携レベルなのでそれほど多くは無いでしょうが、将来もっと踏み込んだ(いわゆる合併話になった)場合、店舗リストラは進むことになるでしょう。例えば名古屋市内だと、今池という地区に、ドン・キホーテとピアゴが近接しているので、将来的にどちらかを選択することになるのでしょうね。


これまでドン・キホーテは長崎屋やダイシン百貨店(現在はドン・キホーテの店舗を運営する子会社になる)、ドイトを傘下に収めているものの、ドン・キホーテ側から見れば、それほど大きくない会社でしょう。しかし、今回は日本の三大コンビニの一角を担い、かつ日本の大手スーパーの一角を担っている会社との資本・業務提携になります。
同じ名前の付いた小説「ドン・キホーテ」によれば、主人公のドン・キホーテは気狂いを起こした自称騎士で、お供に学はないものの、現実的なアドバイスができ、かつ知的な言い回しのできるサンチョを付き添い人にして旅に出ています。もし、今のドン・キホーテが小説のそれになぞらえれるとすれば、同著の中に出てくるサンチョよりも素晴らしい人物がお供に付いたとも言えます。しかし、小説とは違い、ドン・キホーテの妄言に愛想を尽かせて離れるようなことにならないかという心配も無くはないです(販売戦略の違いが特にそう思わせる)ドン・キホーテが正気を取り戻して現実的な運営(つまりはサンチョの話をよく聞く)のか、はたまた振り回すのか、見ものではあります。ただ、前者の場合、ドン・キホーテはまもなく死んでしまうそうで・・・(汗)。


ドン・キホーテ 全6冊 (岩波文庫)
ドン・キホーテ 全6冊(岩波文庫)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2017年08月23日

ファミリーマートが日本の味を提供④

SHV32_1302ファミリーマートが5月から行っている「ニッポン味わい探訪」。既に宮崎愛知石川の名物料理が紹介されました。
第4弾の今回は、「タレカツ丼」新潟県の名物料理の一つですね。
実は、2013年にサークルKサンクスでも展開していたことがありました(その時の名前は、「たれかつ丼」)。なので、サークルKサンクスでは4年ぶりの復活となります。

だし・みりん・砂糖を加えたしょうゆダレにくぐらせたカツと特製ダレ(左記と同じものと思われ)が付いてくるのは、前のものと同じです。



早速頂いてみたところ、カツはそれほど厚くはないものの、ヒレカツなんでしょうね、脂のノリも丁度良く、かつ肉の味わいも楽しめるものになっていました。カツだけで食べていないので何とも言えませんが、タレの味と併せるとカツの脂っこさも感じにくくなりましたね。
何よりタレの甘みがご飯に合うカツと一緒に食べるのもよし、タレの掛かったご飯だけで食べても美味しい。これは前と変わってないかもしれないですね。そう考えると、ご飯は少ない(笑)。


総じて4年前の味によく似た、甘いたれの味わいでカツやご飯を楽しむというふうになっています。甘いと言っても甘ったるくはないので、甘いものが苦手な人でも大丈夫でしょう。新潟に行ったり、新潟の物産展で食べたわけではないので、具体的ではないのですが、いい出来だと思います。また食べてみたいです。


この企画もいよいよ次回あたりでフィナーレなのかな。北海道・十勝の豚丼が待っていることでしょう。そう思うと少し寂しいですねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)

2017年07月22日

ファミリーマートが日本の味を提供③

SHV32_1183これまで宮崎の「チキン南蛮弁当」・愛知の「味噌カツ弁当」が登場した「ニッポン味わい探訪」。
つい先日、第3弾が登場しました。3番目は石川県から、金沢名物の「金沢カレー」をベースにした「金沢風カレー」です。
ソースの掛かったカツと付け合わせとしてのキャベツが一緒の皿に乗った、ライスが見えないほどカレールーが掛かっているのが大きな特徴です。今から10年ほど前から全国区になってきたかなと。名古屋では、その少し前から金沢カレーを提供する店が出始めましたね。



『金沢風』と名乗っているのにもかかわらず、味はきちんと金沢カレーになっていました。濃厚かつフルーティーな味わい、ソース風味の付いたカツとの相性、付け合わせのキャベツのアクセントとしての役割、全てがいい具合に揃っていました。そんな文句を付けられそうなところは無いと個人的には思っております。
値段は少し高めなのかもしれませんが、美味しいので文句ないですよ。これは大盛で食いたかった、それくらいですよ、文句があるとしたら(笑)。


これ以外にもファミリーマートではカレーのレパートリーを増やしているので、「ニッポン味わい探訪」の商品であるこちらが無くとも、カレーは楽しめるようになっているのです。それはそれでいいかも(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2017年07月17日

ファミチキ、ド定番に手を出す

SHV32_1127先日、ファミリーマートとサークルKサンクスで発売されたファミチキの新味。それが今回紹介するカレー味です。
こちら、15種類のスパイスをまぶしたものだとのこと。確かに封を開けた瞬間から、カレーの香りがぷーんと(笑)。



実のところ、ファミチキはレッドチリ味という辛い味のファミチキが出ているわけです。その点から考えると、今回のカレー味は、丸かぶりになってしまうのではないかという懸念が沸いていたんですよ。だからこそ、今回の味がどういうふうになっているのか、楽しみでもあるわけですよ。まぁ、美味いのかがまず気掛かりですけど(ニヤニヤ)。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ふむ、まず辛さは無い思ったほど辛いというふうではない。むしろスパイシーさが際立っている感じドライカレーの味なのかなぁ。上手く言えないのですけど、少なくとも辛いカレーの味ではないです。ジューシーなファミチキに合っているので、これはこれでアリなんだなと。

そういえば、以前上田準二元会長の置き土産で「黒幕引き丼」を紹介したことがあったんですけど、そこで一緒に乗っていたザウアークラフトがカレー味だったのよね。あの味に近いなぁと。あれをノーマルの酢漬けにして、ファミチキのカレー味を乗せれば、それはそれで美味しいんじゃないかと予測。うん、もう1回上田元会長をお呼びしよう(ニヤニヤ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)

2017年06月18日

ファミマでもジャンバラヤ

SHV32_1039以前ミニストップでジャンバラヤが売られていましたが、今回はファミリーマートから「彩り弁当 ジャンバラヤ」として販売しています。出た当初は50円引きやってたのね。
ミニストップのそれと違うのは、ガッツリ感が無い(爆)。
・・・それだけじゃないの。トマトソースが掛かっている点と名前の通りアスパラガスやポテトなどの野菜類が豊富な点が違うの。






味はミニストップのものとほぼ同じ。スパイシー感があるご飯になっております。ただ、具がいろいろ入っているので、箸休め的な意味ではありがたいですね。後はトマトソースなので、同じスパイシー感でも、和らいだ印象を持てたかなと。トマトの酸味はいいね。


ちなみに、ジャンバラヤってカントリーソングの定番ナンバーなんだよ。<何だよ、そのうちの上司しか反応し無さそうな情報は。ってか、最後の部分再利用かよ!


【冷凍】【12個】 レストランユース ジャンバラヤベース 1kg ニチレイ
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月10日

ファミリーマートが日本の味を提供②

SHV32_0954「ニッポン味わい探訪」と題したキャンペーンを展開中のファミリーマート。この度、第2弾の商品が発表されました。
第2弾の商品は、何と地元愛知県の料理「味噌カツ」から、「味噌カツ弁当」です。
八丁味噌をベースにしたタレが掛かっており、タレはイチビキのものを使っている・・・ってことは、「イチビキ 献立いろいろみそ」だな、これは。
「チキン南蛮弁当」の時と同様、見た目は結構ボリューミーです。

この商品は、沖縄県(沖縄ファミリーマート)だけでなく、北海道でも販売していないとのこと。何で津軽海峡越えできないんだよ・・・。四国と九州は軽々越えたっていうのに。



この商品で一番気になるのは、味噌カツに掛かっている味噌だけなのよ。この味噌が美味しくなければ意味無しなので。
・・・と思って食べたら、あらまぁきちんとした味噌じゃないの。コクのある味わいながら甘みもしっかりあるどっしりとした味。ご飯に相性抜群のあの味をきちんと出せています。もちろん、付け合わせにあるソフト麺(のようなもの。ショートパスタなのかしら)に残った味噌を絡めて頂くと、もう美味い(泣)。温めすぎるとアルコール的な味わいが出てくるところまでそっくり(爆)。


というわけで、あの味噌の味が苦手でなければ、イケるのではないのでしょうか。カツが薄いとか気にしない(ギャハ)。


イチビキ 献立いろいろ みそ 450g
イチビキ 献立いろいろみそ 450g



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2017年06月06日

ファミチキ先輩、真っ赤っス(笑)!

SHV32_0953別に小バカにされて怒っているのではありません。商品なので仕方ないのです。


今回は、ファミリーマートで発売中の「ファミチキ(レッドチリ味)」の紹介です。こちらの商品、サークルKサンクスでも購入できます
こちら、フードジョロキアという唐辛子の入った香辛料を振り掛けております



食べてみてわかる、唐辛子の風味。しかもしっかりとまぶしている感のあるチキン(笑)。
確かに辛い。フードジョロキアですからね。でも、辛さが痛いというふうではなく、爽やかな感じに昇華してくれるのは何でだろう

これは辛いのが苦手な人でなければ、十分楽しめる味。辛さが爽やかに感じられる人なら、この商品ハマるでしょう。何でか知らないんですが、今日もう2つ食べてるんですけど(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月06日

ファミリーマートが日本の味を提供①

SHV32_0846ファミリーマートが「ニッポン味わい探訪」と題したキャンペーンを行っています。
第1弾は九州・宮崎の「チキン南蛮弁当」です。宮崎県の名物料理ですね。最近では全国でも食べられるようになっていますけど、美味いよねぇ・・・。
なお、この商品は、北海道は5/9から発売になりますが、沖縄(沖縄ファミリーマート)では販売されないとのこと。もったいない。なお、サークルKサンクスでも販売されています
この商品は、鶏肉(ムネ肉)九州醤油を配合した特製南蛮だれとタルタルソースがたっぷり掛かっております



いやはや、なかなかよくできた味で。もっと甘いらしいのですが、これでも丁度いいくらいの美味さです。

鶏肉は揚げているのにあっさり、それでいて掛かっているソースやタルタルとの相性抜群で、程よい酸味・甘味・コクを加えております。これで鶏肉が脂っこかったら、しつこいだけだったろうね。
この味わいでご飯に合うのと思った方、滅茶苦茶合いますよ(ニヤニヤ)。これは本当に美味しい。


今後、愛知・名古屋の味噌カツや北海道・十勝の豚丼など今回含め計5回行われる予定。うーん、早く頂きたいのぅ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月01日

サークルKサンクス終了が間近になってきた

ファミリーマートとの統合が進んでいるサークルKサンクス。まだ店舗としては残っているものの、徐々にのぼりやPOP類がファミリーマート色になり、店の看板などもファミリーマートに転換する店が現れ始めましたまだサークルKサンクスでオープンしたての店もあるので、完全転換は本当に2019年頃になるのかもしれませんが、今回の話を聞いていると、思った以上に早くなるのかもしれません


サークルKサンクスに卸すPB商品など独自商品がファミリーマートサイドに統合されたとファミリーマートから発表がありました。
サークルKサンクスにも、現在ファミリーマートで展開されていた無印良品の商品が置かれるようになりましたし、StyleOneの商品も現在ある在庫が切れ次第、FamilyMart Collectionシリーズに転換されています(StyleOneはアピタ・ピアゴのスーパー事業で継続)。ファストフーズに置かれている商品も既に統合が進んでおり、フライドチキンはファミチキシリーズに転換されています。
一方で、サークルKサンクスのメイン商品の一つだった焼き鳥も一部で廃止になっておりますし、ファミリーマートで残ったサークルKサンクスのスイーツブランドだったシェリエドルチェも「濃厚焼きチーズタルト」のみになりそうです(レシピを残して商品名を替えるものはあるそうだ。なお、「濃厚焼きチーズタルト」はファミリーマートとの共同開発という話もある)


いいものは残すべきだと思うのですが、資本力の差とか経営力の差とか統合の時の勢いの差とかで押し切られてしまうのよね・・・。今回はサークルKサンクスが押し切られる形になってしまったわけです。
またファミリーマートはグダグダに終わったサークルKとサンクスの統合を見ているから、こうも早急なんでしょう。4年も掛かって商品しか統合できなかったわけですから、できる限りスピーディーに行いたいと思っているのでしょう。今の社長もそのあたりは厳しそうですから。
でもね、ファミリーマートは自分の商品にないと思ったものは残してもよかったんじゃないの?今は真新しさで2割客が増えているけれども、同じだと思われた頃から飽きられ始めますよ。だからこそ、サークルKサンクスの商品でもよかったものは残してほしいです、はい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月04日

グラタンではない!チーズ焼きだ!

SHV32_0378腹に入れば一緒じゃん(爆)!


というわけで、今回はファミリーマートから発売されている「ポテトのチーズ焼き」です。ファミリーマート系列になったサークルKサンクスでも販売されています。
北海道産メークインがたっぷり入ったものです。チーズ以外はそれしか入っていない、ある意味潔い一品(笑)。

ちなみに、グラタンはたいていの場合、マカロニの入ったものを指すことが多いので、それ以外はグラタンとあまり言わないんでしょうね。でも、ポテトグラタンというのがあるんだよねぇ・・・。あ、ベシャメルソース入ってないとグラタンって言わんか(汗)。



味は、ベシャメルソースの入ってないグラタン(笑)。何の説明にもなっていない(苦笑)ので、もう少しだけ書くと、チーズの濃厚な風味とメークイン(じゃがいも)のほくほくとした中にもほんのり塩気の利いた、かつ芋の甘みのある味わいがマッチしておりましたよ。


やっぱり、これを頂くと、シンプル・イズ・ベストという結論は揺るぎない


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月15日

ライザップ、カップ麺にも進出する

SHV32_0327今回紹介するのは・・・、

【ブーッブーッブーッブーッ】
明星 RIZAP 辛味噌ラーメン
【テーレッテレレテーレッテレレテーレッテレレテーレッテレレ】


たぶんスマホとかケータイだと崩れているに違いない(爆)。

こちらは明星食品とRIZAPが手掛けたコラボ商品でもあり、ファミリーマート・サークルK・サンクスで展開されるPB商品でもあります。
最大の特徴は、この商品に関しては糖質50%オフ、279Kcalというカップ麺では驚異の数値を叩き出しています。ちなみに、RIZAPはパン・スイーツ・飲料にも進出しており、今後また出てくるのではないかと思います。また、カップ麺ももう1種類出しているのですが、今回はこちらで。



そんな美味いのかね・・・と思いながら頂きましたけど、美味かった(爆)。
最初後入れの粉スープを入れてみたら、まろやかな味噌の味わいがして、これだけでも十分美味い。そこに液だれのスープを入れると、コクと辛味が出て、味に複雑さが出てさらに美味くなる。それに、ノンフライ麺だからスープの邪魔しないんだよね。
これであのカロリーなんだから、夜食にピッタリだね!<こういうヤツが、本末転倒って言うんだよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月16日

あまりの早変わりにビックリ

9月にサークルKサンクス(ユニーグループ)とファミリーマートが合併されて1ヶ月が過ぎました。
まだサークルKやサンクスからファミリーマートに変わったという店舗は少ないものの、中では確実に変化が起こっています
ファストフードに関しては、既にファミチキの投入がクリスマス商戦前に投入が決定していますけれども、今日サークルKに寄ったら、何と無印良品の棚が作成され、「無印良品展開予定」なんて書かれておりました店舗の商品棚には、サークルKサンクス(ユニー系)のPB商品であるStyleONE(スタイルワン)などからファミリーマートのPB商品であるFamilyMart Collection(ファミリーマートコレクション)などに切り替わっています。そして中華まんにも、ファミマプレミアム肉まんがラインナップされており、ファストフードの類も早めの入れ替えを展開してくるのかもと思ってしまいましたよ。ただ、ファストフード類はフライヤーがないとできない類のものばかりのため、元々フライヤーの設備がない(はず)のサークルKサンクスではどうするのだろうと心配しております。これは改装するのに時間と手間が掛かるはずだから・・・。
それでも2017年に入れ替わる予定だと思っていたので、思った以上に早い展開にビックリすると共に、これがサークルKとサンクスの合併の時には見られなかったなぁと思った次第。店の商品はそれとなく進んでいたんだろうけど、看板の統合は最後までできなかったんだもんなぁ・・・。

このままのペースでいけば、在庫が残るという事態を除けば、年末までには看板はサークルKないしはサンクスでも、中の品物はファミリーマートの商品だらけになるのでしょうね。


悲しいかな、時代の流れを感じてしまいました。まぁ、StyleONEはアピタ・ピアゴなどで継続して購入可能ではあるものの、私の家の近所にはそれらがないので、少し遠くなる感が否めないですわ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 19:51Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月15日

クリスマスキャロルが流れる頃には・・・

サークルKサンクスでもファミチキ買えるだろう。


・・・と稲垣潤一さんの♪クリスマスキャロルの頃にはの歌詞に乗せて歌ってくれるCMができるんじゃないかと推測(ニヤニヤ)。<んなわけねーだろ!


今月経営統合を進めたファミリーマートとサークルKサンクス。現状、双方のコンビニでは統合されていないふう(つまり、ファミリーマートの製品はファミリーマートで、サークルKサンクスの製品はサークルKサンクスでだけでしか買えない)ですが、将来の店舗統合を待たずに、来年2月までに前倒しでファミリーマートの商品側に統合を進めていくことが明らかになりました。
というのも、過去にサークルKサンクスは店舗統合は進められたものの、店の名前をどうするかで最後まで統合できずにぐずぐずしていた苦い過去があったから。仮にそんなことが再び起これば、大きな機会損失に繋がりかねないとファミリーマート側が大ナタを振るってきたわけです。

第1段階は中食(弁当・惣菜)以外の商品で12月までを目標に一本化。そして第2段階は中食を中心にファミリーマートが現在進めている商品改革に併せて行っていくというふうになっています。この過程で、恐らくサークルKサンクスのPBブランド「スタイルワン」はサークルKサンクスからは姿を消すのかもしれません(アピタ・ピアゴでは残るのかは不明)
その中で、ファミリーマートで人気の商品「ファミチキ」だけは12月、つまりクリスマス商戦の頃にはサークルKサンクスでも買えるようにするという案内が出ており、同商品をかなり大事にしていることがわかります。


ただ、一足飛びに事を運べるかが大きな課題になってくることでしょう。
現在ファミリーマートとサークルKサンクスは、それぞれ別の工場で製造されているふう。サンドイッチを作るにしても、ファミリーマートの提携している工場ではパンが湿ったままでもカットできる機械があるものの、サークルKサンクスの工場にはそれがないといった具合に、細かな違いを残しているので、これを早急に統合させるのは大変だし時間もかかるし、何よりコストも掛かる。しかもファミリーマートの基準で事を進めると息巻いていることから、相当大変だぞ、これ。その過程でリストラ(契約打ち切りなど)される工場もあるでしょうし、現場は戦々恐々としていることでしょう。


はてさて、上手くいくのでしょうか。


クリスマスキャロルの頃には
♪クリスマスキャロルの頃には



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2016年08月25日

楽天カードからTポイントへ

9月から経営統合の決まったサークルKサンクスが入っているユニーグループ・ホールディングス(以下ユニー)は、これまで独自で扱っていたポイントを止め、ファミリーマートが扱っている「Tポイントカード」に切り替えることになりました。現状公式発表はないものの、ほぼ間違いないのではないかと思われます。


現在サークルKサンクスでは、楽天との提携で運用されている「+K 楽天ポイントカード」が使われています。それ以前は「カルワザカード」というのがあり、楽天Edyが関わっているカードが使われていました。現在使われている「+K 楽天ポイントカード」にほぼ移行した形とも取れるわけです。
このカードを使うと、楽天スーパーポイントが貯まる仕組みになっており、楽天ショッピングなどで使えるようになるわけです。

ただ、ファミリーマートの統合により、システムの統合などを図ることに迫られるサークルKサンクスサイドは、使いどころの少ない「+K 楽天ポイントカード」(楽天ポイントカード)よりも、TSUTAYAの親会社カルチュア・コンビニエンス・クラブが発行し、多くの店で使える「Tポイントカード」の方がメリットがあると判断したのでしょう。


しかしながら、このカード統合以外にも問題はいくつかあります。


まずは、ユニーグループで使っている電子マネー「ユニコ」の問題
「ユニコ」は、アピタ・ピアゴのユニーのスーパー部門で使え、サークルKサンクスでも使うことができます。統合後はファミリーマートでも使えるようになるのかがポイントになるでしょう。

もう一つは、同じ電子マネーである「WAON」の取り扱い
現状サークルKサンクスでは使えないのですが、ファミリーマートでは使えます。ご存じの通り、「WAON」はイオンが発行しているカードユニーにとってはライバル企業のカードを導入することになりかねないので、統合後はファミリーマートでは「ユニコ」を使える代わりに「WAON」を使えないようにすることも考えられます。ただ利便性を考えると、全国で様々な店舗で使える「WAON」の方がメリットが高いことも十分理解しているはず。そうなると併用で残すのかとも考えられるわけです。

さらに、「Tポイントカード」がユニーのスーパー部門でも使えるようになるのかというのも気になるところです。ポイントは稼げるだけ稼いだ方がオトクだという消費者も多くなった昨今、ユニーのスーパー部門でも使えるようになるのは避けられないのではと思います。


とにかく言えることは、消費者にとって不便を強いられるようなことは避けてほしいということ。ユニーという看板を立てたいがために、これまで普及していたサービスを削ってしまうのは、仕方のない部分もあるけれども、やりすぎれば消費者が離反することも考えてもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)TrackBack(0)