2017年12月26日

大木監督、来年大丈夫なの!?

個人的にはすごく動揺しています(泣)。
FC岐阜の2選手、シシーニョ選手と大本祐槻選手、が徳島ヴォルティスへと移籍することになりました。シシーニョ選手はある程度の覚悟は決めていたものの、大本選手は無かったわ・・・。移籍マーケットで候補には挙がっていたものの、入団初年度の選手が引っこ抜かれるのはまずないと言われていただけに、この不文律を破った徳島、絶対ぶっ飛ばす!<そう言っている時は、たいていできない(苦笑)。


で、現状はどうなのかというと・・・(この部分は敬称略。◎は契約更新、★は期限付き移籍、☆は新入団(移籍含む)、未は契約未更新)。


GK
ビクトル(◎)
原田祐輔(☆)
岡本享也(☆)

DF
阿部正紀(◎)
甲斐健太郎(未)
福村貴幸(★・未)
竹田忠嗣(☆)
藤谷匠(☆)

MF
青木翼(DF出場多し・◎)
田中パウロ淳一(FW出場多し・未)
庄司悦大(未)
風間宏矢(FW出場多し・未)
田森大己(DF出場多し・未)
小野悠斗(◎)
永島悠史(★・◎)
三島頌平(☆)
島村拓弥(☆・★)

FW
古橋亨梧(◎)
薮内健人(◎)
難波宏明(未)
石川大地(☆)


まぁ、GKはビクトル選手で決定でしょう。

DFはファジアーノ岡山から移籍した竹田選手が軸になって、阿部選手と福村選手がその次に来ると思います。まだ福村選手の去就が決まっていないので何とも言えないのですが、最後のマスは田森選手となり、ポジション的に決定なのではないかなと。
ただ福村選手がレンタルバックとなると、青木・甲斐・藤谷の3選手で争う感じになるのでしょう。
大本選手が抜けたので、福村選手の重要性が高まったのですけど、大本選手が抜けることを見越して竹田選手を入れたのならば、大木監督と編成の勘は冴えているなとも。

MFは大混戦になるでしょう。シシーニョ選手という核がいなくなるので、必然的に庄司選手と小野選手が核にならざるを得ないでしょう。ただ、庄司選手・シシーニョ選手がいなかった時に小野選手は上手く立ち回っていたので、問題ないのではと思います。
個人的には、ポストシシーニョは田中パウロ淳一選手だと思っています。元々MFの選手。かつ屈指のドリブラー。ドリブルで選手を抜く点ではピカイチの能力を持っています。そして今年1年FWをやってきたことで、得点力も増したと思っています。中距離からのシュートの正確性が増せば、彼は怖いMFになれると思いますよ。
ということで、庄司・小野・パウロの3選手でいかがでしょうか。

FWは古橋・風間両選手で左右を固め、中央は誰にするか。
たぶん現状のメンツなら難波選手なんでしょうけど、ここまで外国人が抜けてしまうのであれば、今年韓国に行ったレオミネイロ選手を呼び戻してもいいのではないかと思います。シシーニョ選手の代わり・・・というわけにはいかないものの、スピードがあり、2年の期限付き移籍の間に得点を決める力は徐々に養われていったと思っています。韓国に渡ってもKリーグで7点獲っている(その後Kリーグの下部に期限付き移籍)のは、それなりにいい動きをしている証左だと思います。得点源として中央にレオミネイロ選手、またはそのような選手を据えられないかと感じています。


ただ、まだ年内の営業はありますからね。あと1日で決まっていない選手が決まるのか、また大きな移籍の話が出てくるのか、戦々恐々で待つことにしよう(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:36Comments(0)

2017年04月28日

シシーニョはとんでもない選手だった

今シーズンからFC岐阜で活躍しているシシーニョ選手。元々スペインのU-17・U-21代表だったということですごい選手だったということは知っていたけれども、それ以上に(特に人柄で)すごい人だったことが、先日公開されたフットボールチャンネルの記事を見て思いましたね。


シシーニョ選手が昨年アビスパ福岡にツイッターを通じてオファーを出していたという話は有名ですけど、そのオファーを出すきっかけが、3年前にスペインリーグにいた時に日本人の友人が福岡のファンだったこと。それから彼は福岡の試合動向を追い掛け、日本行きを切望するようになったというそうな。
彼自身、U-17・U-21代表にまでなったものの、プロのキャリアはケガと病気との戦いで彩られていましたA型肝炎・腓骨の亀裂骨折・前十字靭帯断裂・・・。全治計600日以上という過酷な中、普通の人なら引退を決断してもおかしくないのに、彼はひたむきにサッカーを続け、スペインだけでなく、韓国・ポーランド・ギリシャのサッカーリーグに籍も置いています。そして念願の日本のサッカーリーグに入団できたものの、あこがれの福岡ではなく、岐阜だったのです。本人はあこがれの日本でサッカーができるということは言っていたものの、心中はいかほどだったんでしょう。だからこそ、彼には本当に岐阜に来てよかったと思ってくれるようになってもらいたいですね。

ちなみに、シシーニョ選手は福岡の城後寿選手が素晴らしいと絶賛。ミスターアビスパとも言えるベテラン選手じゃないの。素晴らしいフォワードですわ、確かに。そう言えば、田村ゆかりさんもお気に入りだったな(笑)。


そして、彼の素晴らしいのが順応性と適用能力の高さ、人脈構築の上手さです。
その人脈構築の面では、元チームメイトで現在V・ファーレン長崎に所属しているミゲル・パジャルド選手とは、来日する際に連絡を取り合い、東京ヴェルディの監督であるミゲル・アンヘル・ロティーナさんとも意気投合して電話番号を交換しているのだそうな。恐らく3/25の一戦の時に会ってるんだな。
順応性と適応能力の高さは、自身が日本語の勉強をしてひらがな・カタカナを覚えた点やファンミーティングの時に見せたけん玉への興味、既に多くの選手に慕われているところがそれを示しているでしょう。


シシーニョ選手は日本の選手は優れた人が多いと絶賛し、スタジアムが素晴らしく、人もよく、組織もしっかりしていると述べています。カネの面では他の海外リーグの方がいいとは述べているものの、個人的には気にしないし、上記の面で日本に来てほしいとも述べています。
日本でできるだけ長くプレーしたいとも述べているシシーニョ選手、これだけのポテンシャルを発揮し、チームの軸として動いてくれているのを見ると、今後の活躍も期待できますし、岐阜にずっといてほしい選手でもあります。是非とも、日本で長くプレーしてもらいたいです。これほど柔軟に対応できる選手は珍しいですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)TrackBack(0)