2018年12月08日

【磐田】最後に笑うのは誰だ?【東京V】

いよいよ大詰めになったJリーグ、J1参入プレーオフの最終決戦、事実上のJ1・J2入れ替え戦になるジュビロ磐田×東京ヴェルディが行われました。


磐田は、J1最終節にまさかの敗戦。しかもオウンゴールで負けるという屈辱も味わい、選手および監督の精神状態が大丈夫かと思われました。いやね、名波浩監督自身が、あの試合後、「敗戦の後に話すほど、まだまだ人間ができていないので。今は、この残酷な結果を受け止めるのに必死で」とコメントしてしまうほどでしたからね。ホントは監督として、あのコメントはマズいなぁと思ったものの、本音だと思えば致し方なしだとも。
そして、磐田が本気だと感じたのは、普段名波監督は練習をオープンフリーにするそうなんですが、それを全く行わなかったこと選手を落ち着かせる目的もあったんでしょうけど、それだけかなり焦っていたのもあるのかもしれません。

一方で東京Vは破竹の勢いというのがぴったりな勝ちっぷり紙一重というのもあるのかもしれないけど、大宮アルディージャ・横浜FCを一気に破ってやって来ました。1-0というロースコアなんですけど、それだけ攻守のバランスが保たれているのかなと推測しています。


(判官びいきな部分を含め)東京Vが優勢ではないかと言われていたこの試合、蓋を開けてみたら磐田の圧勝とも言える展開になりました。東京Vに仕事をさせないほど、磐田は早い動きを見せ、攻めに攻めていました。J1も下位チームは団子レースでしたからねぇ・・・。


磐田は何とかJ1で生き残り。名波監督が負けたら辞めるとまで思っていた試合を収めました。恐らく来年も指揮を執るものと思われますが、何とか勝ったで終わったら、来年も同じことになりかねんで・・・。

東京Vはレギュレーションで泣かされたのかなと。去年ならストレートで昇格だったので、その点はかわいそうだなと思います。ただ、昇格して終わりじゃなくて、昇格してからが本番なので、また6位から昇格して1年で降格なのかと言われるよりかはよかったと思うし、J1とJ2の実力差はあるんだなと思わせるものにもなりました
今後一番の心配はロティーナ監督の去就。セレッソ大阪がオファーを出しているとのことなので、昇格できたら残ったとも噂されているだけに、J2残留がどう作用するのか気になるところです。


あとは、レギュレーションで思ったんですけど、あまりにJ1チームに有利な査定だよなと。既にこの試合が組まれた時からわかってはいたんですけど、ホームでやらせてもらってかつ引き分けでもJ1残留できるのは、有利過ぎるよね。
さすがに、この時期にホーム&アウェイは厳しいと思うので、J1チームのホームは残して、90分で決着が付かなかったら、天皇杯と同じように延長+PKにするか、PKのみで決着を付けるふうにしたらどうなのかと。そうすれば、少しJ1チームの有利が薄まると思うんですけど、どうなのかねぇ?


RUSSIAN ROULETTE
♪RUSSIAN ROULETTE



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2018年12月01日

【2018年】運命の最終節【J1】

今日、J1が最終節を迎えました。例年以上に過酷なシーズンになった2018年のJ1。特に残留争いが過酷で、勝ち点40あっても生き残れないという壮絶さ。順位を見てみたら一目瞭然です。


12位 横 浜(41) +1
13位 磐 田(41) -12
14位 湘 南(40) -5
15位 鳥 栖(40) -5
--- プレーオフライン ---
16位 名古屋(40) -7
--- 降格ライン ---
※17・18位は決定したので略。


既にV・ファーレン長崎と柏レイソルが降格決定。特に柏は、まさかの降格とも言われるほどの急降下。だって去年はACL(アジア・チャンピオンズリーグ)に出られる順位(4位)だったんだよ。こんなの絶対おかしいよ。

そして、最終節まで残ってしまったのは、横浜・F・マリノス、ジュビロ磐田、湘南ベルマーレ、サガン鳥栖、名古屋グランパス。中でも名古屋は同じ勝ち点40の中でも失点が2つ多い。しかも相手は上にいる湘南名古屋のみ基本的に勝たなければ残留できないという厳しいミッションに置かれていました。
一方で横浜FMだけは勝ち点をプラスにしているため、大敗しない限り残留ということなので、事実上残留争いは横浜FM以外の4チームと言えるでしょう。
その他3チームは相手次第ですが、中でも鳥栖はACL出場権を掛けていた鹿島アントラーズとの一戦になったため、勝てるのかないしは引き分けに持ち込めるのか心配する声も挙がっていました磐田も川崎フロンターレとの一戦。川崎のホームなので、勝って終焉したいと思っているでしょう。ゆえに、気さえ抜かなければ大丈夫なんでしょうけど、最終節という独特の雰囲気に呑まれなければいいのですが・・・。


運命の最終節は、14時すぎにほぼ同時にキックオフ。鹿島×鳥栖がNHK総合、名古屋×湘南がNHK BS1で中継されました。私もアクティブGで行われたFC岐阜のクリスマスイベントが終わったら急いで名古屋に帰ってBSの生中継を見ておりました(見えない時のためにダ・ゾーンもあったけどね)。
名古屋×湘南の試合は、徐々に湘南がペースを掴み、前半で0-2に。よっしゃ名古屋プレーオフじゃ・・・と思ってはいたものの、『2-0は危険なスコア』と言われるほど追い付かれたり大逆転の可能性があるので、何とかこのまま行ってほしいと思っておりました。

後半、定期的に入ってくる途中経過とNHK総合の試合をザッピングしながら試合観戦後半も湘南はいい動きをしていると思ったら、少しずつ『危険なスコア』が顔を出す。何と名古屋に2つのファウル(PK)を与える結果になってしまい、追い付かれてしまうのだ。アカンやん、アカンたれやん、湘南・・・。
でも、湘南は残留をほぼ手中。あとは湘南が1点を入れてくれれば確実なのですが、無情にも時間は過ぎていき、タイムアップ。それでも2-2の引き分けで終わってくれた。たぶん、名古屋はプレーオフ行きだ、そうに違いない。
スタジアムの雰囲気も引き分けでよかったではなく、引き分けに終わったという悲しい雰囲気。いわゆる『お通夜』と呼ばれるものですね。


各地の試合終了の報が入ってくる。鹿島×鳥栖は何とドロー。よしよし最大の関門だと思われた鳥栖が残留してくれた。まぁ、鳥栖がJ2に来ても歓迎したんだけどね(ニヤニヤ)。岐阜とアニ×サカできるもんね(爆)。でも、鳥栖はJ1で1年でも長く奮闘してほしいよ。おカネが無くともやっていけることを示してくれた地方クラブの希望であり星なんだからさ(今はサイゲマネーで潤ってるから、サガン鳥栖を許さない(ギャハ))

そして、残ったのは川崎×磐田磐田が先制して逃げ切っているようだったのですが、何と終盤に追い付かれた。でも、磐田さんだから・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


実況「何と磐田、逆転されました!」



・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


バカー!!!



まるで、「チコちゃんに叱られる」に出てくる江戸川の黒い鳥であるキョエちゃんばりに叫んじゃったよ!磐田のバカー!!!BS劇場ここに極まれり!
思ったよ、確かに磐田も東海地方のチームだけど、オイラが望んでいるのは、東海地方は東海地方でも東海3県にあるチームがプレーオフに行くことだから。青じゃなくて赤のチーム!


バーデンバーデンでオリンピックを逃した名古屋の人達のような呆然とした姿でテレビを見続けてた私ですが、現実をきちんと見つめ直さなければ来年同じことになったら困る(苦笑)。


12位 横 浜(41) ±0
13位 湘 南(41) -5
14位 鳥 栖(41) -5
15位 名古屋(41) -7
--- プレーオフライン ---
16位 磐 田(41) -13
--- 降格ライン ---
※17・18位は決定したので略。


どうしてこうなったのかというと、鳥栖・湘南・名古屋は引き分けたけど横浜FMと磐田は負けた。これにより、得失点差での順位争いになった。
既に残留を決めたような横浜FMは1-2で負けたため、得失点差0で終了のため残留決定湘南・鳥栖は引き分けのため-5のままで残留決定。で、名古屋も引き分けたため-7のままで残留決定。一方で41の勝ち点を持っていて絶対的に有利だったはずの磐田はオウンゴールでするりと勝ち点を逃してしまい、かつ元々-12と大量の得失点差も足かせとなって、プレーオフ行きになってしまったという悪夢の積み重ね。どうしてこうなった!<説明のところまで戻ります(ニヤニヤ)。
ともあれ、磐田は急転直下と想定外の展開で明日行われる横浜FCと東京ヴェルディとの勝者とのプレーオフ(12/8)に回ることになります。一応J1チームにアドバンテージを持っているのだから、まだ残留のチャンスはある。でもJ2に落ちて来たら・・・。湘南のように無双するようなチームのイメージは無いけど、強いからね。でも、お客が呼べるチームだったっけ?確かに岐阜の時は集客トップ5に入る試合だったんですけど、うーむ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2015年07月22日

何でよりによってこんな日に・・・ 前編

今日は平日でありながらJ2の試合(J1の試合も1試合)がありました。今日FC岐阜はジュビロ磐田との対戦だったのですけど、仕事が立て込んでいたのと雨だったのと着いても午後8時過ぎになって後半戦が始まってるんじゃないかと思ったので、泣く泣く諦めていたんですよ。さすがに今日は本気で掛かってくるだろうから勝てないんじゃないかと正直舐めて見ておりましたよ(汗)。

じゃあテレビで見ればいいじゃんと思ったでしょうけど、ぎふチャンに関しては名古屋ではどう頑張っても見られない(ぎふチャンはラジオは名古屋でも頑張れば聞くことはできるものの、テレビだけは少なくとも一宮まで行かないと見られない)。しかも地上波の放送はディレイ放送なんですよね。スカパーは入ってないし(苦笑)。まぁ、いずれにしてもやってくれるだけよきことかなですが。


そんなふうだったので、Yahoo!ニュース経由で試合の結果を探ってみたら、「磐田、雨中のアウェーで最下位岐阜に手痛い連敗」(日刊スポーツの記事)という見出しが・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


な、なんですとー!



慌てて、ゲキサカの記事をひも解くと、「岐阜が磐田に2連勝!! ラモス監督「やればできる」」とか書いてある!


・・・これって、 マ ジ で す か ! ?



というわけで、試合内容を書いてある記事の内容からひも解いてみると、大方の予想通り、雨が降りしきりスリッピーなグラウンドコンディションの中での開催になったようで。そんな中でも守備陣が磐田の猛攻に耐えしのんだんでしょうねぇ。
この苦しい中で岐阜イレブンに勝利の女神はほほ笑んでくれたようで、後半18(63)分にヘニキ選手がコーナーキックで蹴り出された球にヘディングを決め得点
決まった後も気持ちを切らさず徹底的に磐田イレブンを抑え、更なる抑えとして後半33(78)・36(81)分に岡根直哉選手とコンサドーレ札幌から期限付き移籍してきた砂川誠選手を投入。それが生きたのは後半42(87)分、後半開始時から投入されていた高地系治選手のフリーキックをきっかけに砂川選手のトラップが磐田の伊野波雅彦選手のミスを誘い、オウンゴールに。

90分気持ちを切らさず、雨の中の天候を見越して守備重視で挑んだことが功を奏し、アウェイだけでなくホームでも2-0で勝利しました。勝ちだけでなく無失点でしのいだことはすごく大きいですね。先日のツエーゲン金沢戦で青息吐息の中で何とか引き分けに持ち込み、連戦で挑んだ今日、胸突き八丁で苦しい中で勝ったわけですから、ホント大きいですよ。


この試合を生かして、『ラスボス』大宮アルティージャ戦に挑んでほしいものです。今回のような試合をすれば、アウェイでも十分渡り合えるはずです。更なる勝ち点を積み重ね、再びJ3降格&入れ替え戦圏内を脱しましょうぞ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月14日

FC岐阜総力戦

今日、FC岐阜はホームでジュビロ磐田を迎えました。
磐田は言わずも知れたJリーグの雄。1994年にJリーグに昇格。以降J1で何回も優勝を飾るなど、オリジナル10(Jリーグ開始当時の10チーム。鹿島・浦和・市原(現市原・千葉)・川崎(現東京ヴェルディ)・横浜マリノス(現横浜・F・マリノス)・横浜フリューゲルス(現在は解散し、横浜マリノスと合併)・清水・名古屋・ガンバ大阪・広島を指す)クラスの伝統あるチームとも言えます。サッカーファンの間では、なぜJ2に落ちたのかわからないとさえ言われております。

そんな強いチームと相手をするわけですが、チームの調子は何とも微妙な模様で、京都に勝ったのはよかったのに、アウェーの大分で自滅的な負け(スコア的には惜敗のようにも見えるが)を遂げ迎えるというふうになりました。


しかし、岐阜にはぶざまな負けは許されない日でもあります。
というのも、今日は総力戦。丁度ワールドカップが行われている中、そして日本代表が明日試合を迎える中で行われ、かつての日本代表が勢揃いというある種レジェンドマッチとも言える一戦なのです。
ちなみに、J2で唯一日本代表となった伊野波選手はこの磐田出身の選手です。


SHL23_0341そんな中、今日の試合は、先述の通り日本代表との対戦相手であるコートジボワールがフィーチャーされておりました
コートジボワールは西アフリカにある国で、英語名はアイボリーコースト、日本語名は象牙海岸というふうになっておますが、現在は同国の公用語であるフランス語の名称であるコートジボワールが国際的に認知された正式名称になっております。

その国の料理が出展されておりました。食べて勝つ・・・か。
最初は、アチャケ・スカヤアチャケというのはキャッサバのことを指し、クスクスのように炊いたものです。下処理が結構大変で手間が掛かるそうです(そのままでは毒があるため、食用に適さないため)。一緒に鶏肉とサラダが添えられています。



味は、アチャケは酸味が加えられていて、少々すっぱいのですが、鶏肉やサラダとの相性は悪くないですね。
個人的に、この味は好きです。


SHL23_0342もう一つのコートジボワールの料理は、リグラ
コートジボワール風の炊き込みご飯だそうです。



お米に関しては、日本で一般的なジャポニカ米でも縦長なインディカ米でもないパサつき気味の米で炊きあげられています。でも、そんな米がまずいのかというとさにあらず。あっさりとした米なので食べやすいですし、他の味の邪魔をしないんですね。
今回の場合だとケチャップ風味の味わいと鶏肉やにんじんなどの風味がアクセントになって美味いですね。
これも日本人ウケがいいんじゃないかなと。これも私大好きになれそう。


SHL23_0340こちらは、湧水ギョーザと牛肉ギョーザ。黄色っぽいのが牛肉ギョーザです。
この料理は今回フィーチャーされた大垣市の名物とのこと。大垣市は水のきれいな街ですからねぇ。個人的には水ようかんも食いたかった(笑)。

湧水ギョーザは、キクラゲなど野菜中心のあんに大垣の水で練った皮を使っております。牛肉ギョーザは飛騨牛をあんにして、卵黄を一緒に入れた皮で包んでおります。



まぁ湧水ギョーザは普通のギョーザとも言えるのですけど、唯一大きく違うのは、キクラゲのシャキシャキ感がギョーザに合うんですなぁと。
牛肉ギョーザは牛肉の風味がほのかに伝わってくるものになっています。皮は卵黄が練ってあっても味は普通でしたね。


SHL23_0360今日の試合は先述の通り総力戦。ゆえに、FC岐阜の運営会社岐阜フットボールクラブの社長も来場しておりました。
実はJリーグで最も若い社長なのだそうな。若い活力とアイデアで岐阜を盛り上げてほしいものですなぁ。



SHL23_0345今日は演出面でサポーターの方々も頑張っておりました。



SHL23_0346こちらも岐阜サポーターが用意したもののようです。観客数が伸び悩んだ時代も選手と共に耐え忍んだ苦悩がこのフラッグに伝わってきます。



SHL23_0347こちらはアウェーである磐田スペース。
・・・京都の時も驚いたが、磐田もすごく来たなぁ。
京都に関しては日曜夜という条件であれ。今回は土曜昼という条件でこれですから、一概には言い切れないですけど、京都も磐田もすげーなーと。でも次の長崎ではこうもいかんだろうな(ニヤニヤ)。



SHL23_0348今回の観客動員目標は15,000人とのこと。過去にガンバ大阪戦で11,719人を集めたのが最高だったのですけど、今回はそれを大きく上回る観客動員数(15,138人)になりました。
その瞬間うわーっとなったのは言うまでもない。私自身2000人弱の時代を知ってるだけに、感慨深かったですね。



SHL23_0354しかし、そんな中の試合は何とも言えない結果になってしまいました。

完敗です。何とも言えません。
だってJ1クラスの選手がゴロゴロいるんですもの。特に初得点を食らったチームはJ2降格行きがほぼ確実とまで言われた、通称「前田の呪い」でおなじみの前田選手が大活躍。前半だけで2点取ってるもの。
まず何より動きが違う
岐阜イレブンもよく頑張ってるんだけども、決定的に違うのは運動量が落ちないキレのある動きが最後まで落ちず、最後まで攻め立てる。これこそこれからの岐阜に必要な動きなんでしょうね。
ふがいないと言うのは、あまりにかわいそうなくらいなワンサイドゲームでした。反省はもちろんすべきですけど、これでラモス監督や今日初めて試合を見た方々は酷評してあげないでほしいなぁ。今の実力では仕方ない面が多すぎる。



この敗戦のショックを引きずらすに、来週の長崎戦を頑張ってほしいですね。実力面では少し上ですけど、今の岐阜なら勝てなくはないと思いますよ。
そして、その試合は岐阜市民総力戦とのことで、岐阜市民は無料観戦(バック自由席。詳細は公式サイトにて)できるそうです。岐阜市民の方々は是非に。
私も行きたいんですが、プロ野球交流戦がデーゲームで行われているので、間に合うか、それとも前半までには行けるかな・・・とも(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)TrackBack(0)