2017年09月26日

セブンのファストフーズの中でもレアものを紹介する

SHV32_1459やれれば不定期でやっていこうかなと思う「セブンイレブンのレアものファストフーズ」。ご存じの方も多いかもしれませんが、セブンイレブンは、地域によって色々売っているものを変えているからできる企画かなと。


今回紹介するのは、「大判焼き」東海3県でもごく一部の地域でしか売っていないという代物です。この商品は、岐阜県で見つけています。丁度長良川競技場そばにあるセブンイレブンで売ってたんですよ。
ちなみに、価格は100円(税込)とまぁまぁの値段。関西を拠点に、北海道・東海と関東・中国・四国の一部に店のある「御座候」(「大判焼き」の商品名が「御座候」という)のは確か80円(税込)だから、頑張っている方といえば頑張っている方か。そもそもコンビニで「大判焼き」を売っていることがないし(冷凍食品でならあるけどね)。



味は至ってオーソドックスな、あんこの甘みあふれる味わい。ただ、皮(生地)の部分が少し厚ぼったいと言えば厚ぼったいそこをいいじゃんと捉えるかケチだなと捉えるかで、この商品の評価は大きく変わることでしょう。
あんこの甘みも抑え目。クドくないと言えばクドくないのかな。「御座候」の物より甘くないかも。あそこのは、結構甘いのよ。それでいて薄皮(言い換えるなら、あんこぎっしり目)だし。


個人的には、アリっちゃアリですね。皮が厚ぼったいのもあんこの甘みを抑えるためなのなら仕方ない。でも元々あんこは甘味は抑え目なので、薄いと思われるかもね・・・。ともかく、チャレンジしたことは誉めるべきですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:13Comments(0)

2017年09月21日

これは手軽に頂ける最強のなごやめしになりそうだ

SHV32_1444こちら、セブンイレブンで販売している「一口味噌カツ」先週発売された新商品です。恐らく東海地方限定の商品だろうと思う(笑)。
なお、一口サイズになっているので、口を汚しにくいですから、女性でも安心して頂けるのかなとも。結構味噌カツって口汚すもんねぇ。


最大の特徴は、赤味噌が一口カツにドバー(爆)。あまりの掛かりように他の地方から来た人はビックリするだろうね。それ以外は何の小細工もしていません(苦笑)。



それゆえに、味は当然赤味噌の味(笑)。それでもみりんの甘い味わいが味噌の辛味を和らげてくれています。しかし、食べてわかるでしょうけど、濃い(ギャハ)。名古屋人なら納得の濃さ、他地方の人達には濃過ぎてかなわんと言われかねないあの味を再現したのは、英断です(ニヤニヤ)。いやぁ、前者だから言うよ。これは最高に美味いでかんわ
ご飯のおかずにぴったりだし、お酒のおつまみにも十分対応できるくらい美味しい味付けです。本当に濃い味付けなので、ご飯なら2・3杯平気で食べられると思います。

そうそう、味噌でくったくたの衣とカツの味わいもなかなか。私は基本衣はサクサクが好きなんですけど、この味わいなら許す。


もう超の付くくらいにオススメ!もう名古屋に住んでいる人なら、すぐにでもセブンイレブンに直行して買って来いレベルですよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)

2017年09月20日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その15 おまけ③ 山口観光の一コマ 後編

今回も、先日行ってきたレノファ山口×FC岐阜の試合前、山口県に着いてからの一コマをば。


SHV32_1416湯田温泉駅からひと駅で、山口駅に到着。
まだまだ時間はあったので、どこか行こうと思い、市内にあるサビエル記念聖堂に行くことにしました1.2kmで行けるという文言に、軽く時間潰しの間隔で行けると思ったからです。
なお、こちらは案内看板。「サビエル記念聖堂」と書かれていません。いやはや「ザビエル」の4文字が輝かしい(爆)。



SHV32_1417こちらが、サビエル記念聖堂
フランシスコ・ザビエルが山口に来てから400年の年に建立された教会です。旧教会は1991年に焼失し、今建っているものは1998年に再建されたものです。白亜の建物が、信者達の潔白さを訴えているように感じられました。
この隣にある山口天使幼稚園は、柔道の大野将平選手や卓球の石川佳純選手が卒園生なのだそうな。すげーなー。

なお、この教会、1.2kmで行けるからそう時間はかからないだろうと思ったら、思った以上に距離がある(汗)。特に市役所からぐるっと回るような感じで行かないといけないばかりか、丘の上に建つ教会なので結構時間が掛かる往復で40分くらい掛かるものと踏んで行きましょう。列車の間隔も結構あるので大丈夫とは思うものの、状況次第ではかなりのタイムロスになりかねませんよ・・・。



SHV32_1418教会のそばにあるフランシスコ・ザビエルの銅像。
ザビエルという人物が何者なのかは、日本史などで習っていると思うので、詳細は省きますが・・、確か名古屋グランパスエイトにいる選手ですよね(ニヤニヤ)。<それはシャビエル!つづり一緒だけど違うから!



SHV32_1441話は一気に試合が終わった後までジャンプ(笑)。

ホテルのそばにはポプラというコンビニがあった。まだローソンにもローソンとの共同店舗になっていないポプラだった。来年来た時は、ポプラはポプラのままだろうか。「ちっちゃくないよ!」ネタがまだ生きるのだろうか(笑)。

そんなことを思いながら買ったのは、「親子肉シュウマイ弁当」
肉が違うのかなと思ったら、蒸し焼売と焼き焼売の違いらしい。
でも、ここで紹介したいのは、ポプラ最大の特徴であるお弁当にご飯を盛ってくれるサービス普通盛りまでなら無料なんです(大盛りなら50円増しだったかな)。温めたご飯ではなく、炊きたて(ないしは炊いた状態でキープされた)ご飯が食えるのは、他のコンビニではできないサービスですね。それに一緒にふりかけが付いてくるのも好印象。近所にあったら、通うかもしれない。



弁当の味そのものは、可もなく不可もない味わいなのですけど、前述の通りご飯が最高。ポプラが近くにあったなら、必ずチョイスしましょう。


SHV32_1442翌日。朝ご飯代わりに買ったのは、セブンイレブンの「広島風お好み焼き」
海老・イカ・いか天にそば入りと具材は豊富です。



こちらも可もなく不可もないといったふう。美味しいことは美味しいんだけど、もう少しソースとマヨネーズが欲しかったかなと。キャベツに味が欲しい時に困るのよね。それ以外の文句はないです。


SHV32_1443そして「わさび昆布と広島菜」(上)と「しそわかめ」(下)
下の物は山口県限定という触れ込みで売られていました。



上のおにぎりは、わさび入りなので辛い(笑)。わさびの味わいがメインになっている感がありました。
下のおにぎりは、しその風味が絶妙。つぼ漬けが入っているとのことでしたけど、ポリポリ・・・あれどこ行った(ギャハ)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2017年09月12日

濃いのが欲しい・・・

SHV32_1349意味深なタイトルですけど、何も出ませんよ(ゲラゲラゲラ)!


というわけで、先日からセブンイレブンなどをはじめセブン&アイ限定で売られている「スコール 濃いめ」(右)。どう違うんだろうなと思って、一般的なもの(左)と比較することにしました。



・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


うーん、どう違うんだ(汗)?


濃さの差がわからない。それに同じような味しかしない(苦笑)。ちょっとだけ甘みが濃いのが違うのかな・・・というふうなので、舌の上ではわからないわ。ホントに微妙なところなんでしょうね。

ちなみに、飲み比べていくうちに、飲みやすいのが案外普段から飲んでいる方のだったという事実(汗)。減り具合でわかるのよね。


というわけで、濃いのがいいってわけじゃないんだぞ!薄いのは薄いなりに(以下自主規制)。


南日本酪農協同 スコールホワイト 500mlPET×24本入
南日本酪農協同 スコールホワイト(500mlPET×24本)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その14 おまけ 前編 守谷と行きの水戸

SHV32_1351今回は、先日行われた水戸ホーリーホック×FC岐阜の試合開始前(当日の朝)、守谷サービスエリアから始まります
サービスエリア内にある商業施設パサール守谷にて。オープンしてもう2年になるのね。



SHV32_1352朝早く着いたのですが、以前やっていたパン屋はまだ開いていなかった(オープンが午前6時だったため)。飲食店も一部は開いているものの、時間的に無理なので、やはりお世話になるのは、ローソンのようなコンビニエンスストアになってしまうわけで。

そこで買ってきた「からあげクン タルタルソース味」北海道・東北・関東地域限定商品のものです。
埼玉県にある「からあげ専門店鶏笑」監修の商品になっております。



これがなかなかのもので、甘酢というよりも、コショウのスパイシー目な風味が先走っておりました。タルタルソースではなかったな(苦笑)。それでも先程書いたスパイシー目な味が後を引くので、美味かったです。


SHV32_1353守谷サービスエリアから茨城県内の停車場を経由しておよそ2時間。水戸市に着きました。


やっぱり最初は、水戸の応援団幕
今年のは、なかなかシャレたものになっておりますな。



SHV32_1356水戸に来たと思うもの、それは納豆関連のもの(笑)。
写真には収めていないのですが、一部のバスには「祝!納豆消費量日本一奪還」なんてのが貼ってあったほど。どこまで納豆好きやねん!



SHV32_1357水戸駅前には、こんなものも貼られておりました。
それは、プロバスケットボールであるBリーグ2部(B2)に所属する茨城ロボッツの応援団幕。去年は見たことがなかったと思うので、今年からか去年水戸に来た後に貼られ始めたんでしょうね。



SHV32_1354まだ朝7時半過ぎたばかりなので、どこも開いているわけではない。朝ご飯を食べることを兼ねて、時間潰しかつスタジアムの開場時間までの観光を考えないといかんわけです。
そこで訪れたのは、水戸駅北口にあるセブンイレブンイートインスペースがある駅前では唯一のコンビニなのではないのでしょうか。といっても、午前7時から午後9時までしか開いていないのですが・・・。

せっかく来たのなら、地域限定のものを頂いた方がいい。そう思って探していると、色々あるわ(ニヤニヤ)。
その中からセレクトしたのは、「国産モツ大盛り! もつ煮ライス」!
・・・ってグンマー帝国のものやないかーい(ギャハ)!



で、味は大きなモツがゴロゴロ入っているので食べ応え満点。かつ味噌の味わいが最高なので、ご飯足らない(笑)。


SHV32_1355こちら一緒に買ってきた「大きなおむすび 鶏五目ごはん」



濃い鶏肉の味わいのする五目御飯になっておりました・・・とそのまんまですが、普段食べてるものと同じでありながら、大きいので食べ応えもあるものに仕上がっています。何で地域限定なんだろう?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2017年09月05日

セブンが再び台湾ラーメンを手掛ける

SHV32_1347今から2年ほど前にセブンイレブンは台湾ラーメンを発売しました。その時の評価は、「味仙の監修なくここまで再現してしまうセブンイレブンの商品開発力の高さに脱帽」となかなかのものに。

そして今回、「コクと旨みのスープ!台湾ラーメン」として再び登場しました。今回も高評価となるのでしょうか。



まずはスープ。鶏がらベースのもので、牛肉と豚肉の旨味が入っているとのことですが、鶏がらのあっさりだしに醤油の味わいが広がるスープって感じでしたね。で、最初はそんなに辛くないなと思ってたら、じわじわと辛味がやって来た(汗)。
麺との絡みは悪くない。いつもの中太麺なんでしょうけど、万能な麺だということを再認識。ラーメンならこの麺で決まりだわ。
惜しむらくは、具材が貧弱な点だけ。もう少しニラやもやしを入れてもよかったかなと思ったけど、肉そぼろが多かったので許す(苦笑)。


前と同じくらい、いや下手したら前よりブラッシュアップされているのかもしれない。これは素晴らしい。また買って食べようかしら。


なお、この商品は東海3県と静岡県内のセブンイレブンで購入可能です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:32Comments(0)

2017年08月30日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その13 おまけ 安孫子のそばと帰路のメシ

SHV32_1303先日見に行ったジェフユナイテッド市原・千葉×FC岐阜との試合前、「青春18きっぷ」で直行すると、試合開始5時間くらい前に着いてしまうので、だったらどこか寄っていこうと思い、千葉県だからと行ったのは、我孫子駅
いくつかの乗り換えを経て、我孫子駅に着いたのは午後1時過ぎだったかなぁ。駅ナカにあるそば屋の「弥生軒」に行って参りました。
店の外観を撮ってこなかったのは、目的の「弥生軒」(「弥生軒」は駅に2つ店を構えている)は改装工事中だったから。その改装工事中の方は、かの画家山下清さんが道中立ち寄り、アルバイトをしていたという店で、そのことを記した看板もあるのですが、工事中で撮れないのなら仕方ない。それで目的のそばも食えないんじゃ本末転倒だな・・・と思ったら、もう一方の店はちゃんとやってた。よかった、「唐揚げそば」が食えるわ(ニヤニヤ)。
名前の通り、デカい唐揚げ(鶏もも肉と思われ)がデーンと乗ったそばで、写真は2枚入り1枚の注文も、単品での注文も可能ですが、単品の場合は、つゆの無い状態で出され、かつ掛けてくれないので注意



まぁ、正直唐揚げは硬い作り置きしているので、そうものすごく美味しいというものでもない。ただ、べちゃっとはしておらず、カチカチに揚がっているという感じ脂っこいのは事実だが、嫌な脂っこさではないかなと。
じゃあ、どうするのか。簡単です。つゆに浸せ(爆)。かつおだしの利いたシャープなつゆに浸すと、これがまたいい味わいになるんです。不思議(笑)。普通のかけそばだったら、シャープな味わいのそばですね、で終わるんでしょうね。

かけそばだけなら普通の味。唐揚げだけなら硬いなぁという印象。しかし、この両者が合わさると、確かに美味しいなぁとなるんですよね。ホント不思議(ニヤリ)。


SHV32_1315で、帰り。
新幹線で帰れば、午前様ながらも名古屋には帰れたのですが、大変なので新宿まで出てクラマー湯のお世話に風呂に入って一泊する形になりましたが、新幹線で帰るよりよかったかなと。

その帰りの電車で何か食べようと思って買ったのが、「クラマー湯」そばのセブンイレブンで買ってきたおにぎり「高菜明太子」(上)と「ジャンバラヤおむすび」(下)
下のは後に全国展開したようで、近所のセブンイレブンでも見掛けました。
上のは恐らく関東圏の地域限定商品の模様。新型おにぎりで、中だけでなく上からも中身がわかるような仕組みになっています。うどん屋とかお惣菜屋とかにこういったタイプのがありますよね。



上のは、高菜の辛さと明太子の辛さがマッチする・・・というか、よくある設定ですよね(ニヤニヤ)。九州の人ならもう皆まで言わなくとも美味いと思われる味かと。
下のは、スパイシーなんだけどもう一味欲しいなぁと。あとソーセージが薄っぺらい(苦笑)。


SHV32_1317そして、もう一つ買ってきた。こちらはNewDaysの「ゴーヤチャンプルー風炒飯」
8/31が野菜の日ということもあり、もっと野菜を摂ろうという意味合いで初音ミクがイメージキャラになって宣伝しておりました



あっさり味の炒飯に仕上がっているものの、ゴーヤはどこー(汗)?美味いんだけどね。ゴーヤがどこなの(苦笑)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2017年08月19日

セブンのレジ前ショーケースに新商品登場

SHV32_1276セブンイレブンで販売している「のり塩チキン(あおさ使用)」。
鶏のムネ肉にあおさ(あおさのり。焼きそばとかに掛かっているアレ)を振り掛けて揚げたものです。今回の商品は、セブンイレブンの中でも東海地方をはじめ首都圏(東京・新潟除く)・中国地方・四国地方で展開されている地域限定商品の要素もあります。



この商品、油で揚げてはいるものの、油っこさやしつこさは無く、思った以上にあっさりと頂けました。恐らく最大の要因は、使われている肉が鶏ムネ肉だからだと思われ。だからさっぱりしているんだなと。あおさはどうなのというと、そこまで深くは感じられず。その代わり、塩気の付いた衣の味とのコンビネーションは最高です。


ともすればパサパサになりかねない鶏ムネ肉ですが、衣の味付けや揚げ方でここまで美味くできるんですよ。ただ、後者は店の人間のテクニックが問われる(苦笑)。ただ、バイト風情が・・・とか言ってあげないでね。一生懸命やってるんだから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2017年08月18日

スパークリングで、ひゅーひゅー

SHV32_1297以前、セブンイレブン限定ながらサントリーが「桃の天然水」をリリースしましたけど、今年になって「桃の天然水 Sparkling」が新商品として発売されました。
炭酸水の桃天なわけですが、スパークリングなものになっても美味しいのか、JT時代には無かったかと思ったので、気になるところです。



最初に飲んで、桃の天然水が炭酸入りになっても美味かった爽やかな甘みと酸味が、炭酸の爽快感と相まって、美味いと叫びたくなるほど。炭酸も若干強めなので、炭酸が苦手な人じゃなければ本当にさっぱりとした感覚を楽しめるでしょうね。


何かと食べる時に飲むよりも、それ単体で飲んだ方がいいのかもしれないです。ほっと一息つきたい時にオススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2017年07月21日

だから、沖縄にセブンが来るのは数年後だというのに・・・

SHV32_1165「ハイサイ!沖縄フェア」開催中のセブンイレブン。まだ色々あるんですけど、その中で異彩を放っているのが、オリオンビール沖縄では、おじいちゃんのお家には必ずと言っていいほどあるらしい。<フェイクニュース(笑)!

今回店頭に並んでいる「オリオンドラフトビール(アサヒオリオンドラフト)」名護市にある名護工場で製造されたものなのだそうで、このパッケージはセブンイレブンオリジナルのもの(裏面にあたる部分は、通常のもの)。ええ、まだ沖縄にセブンイレブンが無いにもかかわらず、もう沖縄にあるかのような店構え(笑)。気が早いっちゅーねん!
ちなみに、350mlと500mlと両方あるのですけど、沖縄の空は高いイメージがあったので、思い切って500mlにしました。あと、オリオンビールという会社は、アサヒ飲料と業務提携しているんですね。県外で売り出す時は、アサヒ飲料として販売されます(その対価として、アサヒ飲料の「スーパードライ」は一部オリオンビールの工場で生産されているそうな)



まず飲んで思ったのは、薄味なのよね。でも、すごく飲みやすい暑い地域での販売ということもあって、それほど濃厚に仕上げていないんでしょう。それゆえに何杯でも美味しい飲みやすい味に仕上がっています。他の会社でもライトな仕上がりのものはあるんでしょうけど、オリオンビールのライトさはそうないでしょう。特に「スーパードライ」のような辛口系の味わいに慣れている人には、新鮮さを感じると同時に少し物足りなさを感じるのかもしれません。後者の場合は、少しおつまみでも食らいなさいな(ギャハ)。いやね、そうすると味が丁度いいってわかるのよ。濃い味のつまみにはオリオンビールのようなライトさが丁度いいんです。


普段酒を飲まない人間でも美味しいと感じられる味。濃いビールが苦手・辛口系のビールが苦手な人にオススメです。


オジー自慢のオリオンビール(エイサー・バージョン)
♪オジー自慢のオリオンビール(エイサー・バージョン)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2017年07月20日

沖縄にセブンが来るのは数年後だというのに

もう勢い余って、セブンイレブンは「ハイサイ!沖縄フェア」を行っています。毎度行っているのですが、先日発表した沖縄出店もあって、今年は否が応でも盛り上がることでしょう。
ちなみに、セブンイレブンが出店するのは2019年度の予定で、現地法人を設立して展開する予定だそうです。もちろん、日本国内では最後の出店になります。セブンイレブンが沖縄県に出店することで、ローソン・ファミリーマートに次いで、3番目の全国展開のコンビニになり、これで大手三大コンビニが日本全国に出店することにもなります。恐らく、今後の日本社会を考えると、この大手三大コンビニ以外で全国展開するコンビニはもう無いでしょうね。


SHV32_1163そんな「ハイサイ!沖縄フェア」の商品を紹介。


最初は、沖縄の飯ということで、「ゴーヤチャンプルー丼」(左)と「タコライス」(右)をば。

「ゴーヤチャンプルー丼」は、沖縄県産のゴーヤを使用しています。「タコライス」は地元沖縄県の食品メーカーの沖縄ハムが手掛けたHOTソースが付いています。



「ゴーヤチャンプルー丼」は、ゴーヤのほのかな苦みとスパム(ポークランチョンミートともポークハムとも)の塩気がマッチしていて美味い。薄味なんだけど、ご飯にしっかりと合うのは、先述のゴーヤとスパムのおかげなんだろうね。なお、おかずで売っているゴーヤチャンプルー乗っけりゃいいじゃんと言うのは言わない約束(笑)。

「タコライス」は、HOTソースを掛けなければ、無難にまとまった丼飯になります。元々美味いんですよね。しかし、HOTソースを掛けると、途端に辛味を増す(笑)。とはいっても、ちょびっと程度なので、辛いのが苦手な人でも大丈夫でしょう。肉そぼろが、ご飯にとても合います。野菜やチーズが乗っていてもご飯と合うのがホント不思議。


SHV32_1164そして、おにぎりは「ポーク玉子」(上)と「ポーク玉子ツナマヨネーズ」(下)の2種類が展開。
見た感じは全く一緒(ギャハ)。



味に関しては、スパムと厚焼きの玉子の一体感がすごい。特にスパムは塩気と旨味が詰まっているので、主役にピッタリ。しかし、あまりにスパムと玉子の主張が強すぎるので、ツナマヨネーズはどこへ消えた(爆)?


いやぁ、沖縄の食べ物は、本当に個性の強い食べ物が多いわ。それでいてどれも美味しいので、見掛けたら早めにゲットしてしまいしょう。だって、どこ行っても売ってなかったもの(泣)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2017年05月25日

セブン&アイ限定のカップ麺な小ネタ

今回は、セブン&アイホールディングス(セブンイレブン・イトーヨーカドーなど)で販売されていると思われるカップ麺を紹介。入れ替わりが激しいので、既に販売終了しているものもあるかもしれませんが、そのあたりはよしなに。


SHV32_0898まず最初は、エースコックの「三河屋製菓監修 えび満月味 焼うどん」
三河屋製菓のえび菓子「えび満月」とのコラボ商品。さすがに「えび満月」は入れられなかったようで、乾燥えびとあおさ、そして調味たれなどを入れて、「えび満月」の風味に仕立ててますね。



最初、えびの風味が楽しめるのかなと思っていたものの、食べてみてその期待は肩透かし乾燥えび・あおさや調味たれは味がしっかりあるものの、麺に振り掛けて混ぜてみると、その味わいが見事に薄まってしまうというのか消えてしまう。何だかなぁ。
「えび満月」そのものは、それなりに濃い味だったと思うので、それが「えび満月」じゃないと言われても、少なくとも調味たれの味わいを濃くしてもよかったんじゃないのかなと。そのためには麺を細くするとか馴染みやすくするとか色々あるんでしょうけど・・・。実に惜しい、もったいない。


SHV32_0912もう一つは、日清食品の「一風堂 とんこつまぜそば」一風堂とのコラボ商品で、セブンプレミアム10周年記念商品にもなっています。
こちらは、一風堂のとんこつラーメン(SHIROMARU BASE)をまぜそば風にアレンジしたものです。なので、具材がどう見てもとんこつラーメンのそれ(笑)。



これ味どうなるのかなと思ったら、思った以上に美味い。
とんこつの味がガツンと来て、麺によく絡んでくれるんですね。元々濃い味の設定なんでしょうけど、いい方向に転んでくれています。具材も豊富で食べ応え満点。滅茶苦茶美味い。濃い味でも飽きの来ない味ですから、脂っこいのが苦手という人以外は、十分に美味しく頂けると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月23日

東北へ行く2017⑦ 福島は待つことと見つけたり 後編

SHV32_0833上三寄からバスに乗ること1時間ほど。再び会津若松駅まで戻ってきました。
最初の写真は、駅前にある会津藩士と大河ドラマ「八重の桜」で有名になった会津藩の訓示。現在では「あいづっこ宣言」という形で残っています「ならぬものは、ならぬものです」の一言はあまりに有名になりましたね。



SHV32_0834こちらは、同じく駅前にある「赤べこくん」。なぜかガキんちょが何度も押して楽しんでいた(笑)。



さて、ここからどうしようと思い、駅の時刻表を見ても、それなりに待たされることがわかり、ネットで調べた高速バスはどうなのかと思い、近くにあるバスセンターに行ってみると、あと数分で福島行きが出るというではないか!まるで路線バスの旅のような大急ぎでバスに飛び乗り、ギリギリで間に合ったわけです。これ逃していたら、とんでもないロスを味わうところだった・・・。

こちらも乗って1時間ほどで福島駅前に到着。昨日、その時は真っ暗だったからよくわからなかったけど、駅前は穏やかなところですね。
にしても暑かった。既に30゚C近くにまでなってたもんなぁ・・・。
ここでは、昨日食べ損ねた福島餃子を食おうと思い、駅前にある「照井」で予約を入れる。予約といっても、入口の掲示板に名前を書き込むだけなのだが(爆)。しかし、そこは牛乳屋食堂で培った経験が生きた。早く並んでササッと書いたので、早く入れそう。

それでもまだ時間がある。ならば・・・と駅前を散策していると、飯坂線で飯坂温泉まで行けそうな時間があるか。ということで、飯坂線に乗って、終点の飯坂温泉駅まで向かうことにしました


SHV32_0840福島駅から電車に揺られても30分ほどで、この飯坂温泉駅にまで向かえます。ちょっと乗っただけで、これだけひなびた温泉街に行けるのですから、福島っていいねぇ。



SHV32_0835飯坂には、かの松尾芭蕉が訪れたのだそうです。随所に松尾芭蕉が尋ねたところがあるらしいです。
そして、日本で初めてラジウムが発見された場所なのだそうな。ラジウム温泉なのね、このあたりは。



SHV32_0841飯坂温泉はJ3の福島ユナイテッドとのコラボを行っているようです。駅前には、このようなのぼりや福島ユナイテッドのポスターが貼られていました。
ちなみに、福島駅前のNewDays(コンビニエンスストア)には、福島ユナイテッドの応援グッズも販売していました。こういった地道な努力って大事ですよね。



SHV32_0839「照井」は午後5時に開店なので、そんなに長居はできない。せめて足湯でも・・・と思って来たのが、旧堀切邸。昔の武家屋敷だったようです。
そこには足湯があったので、少し浸かっておりました。少しだけでしたけど、気持ちよかったですね。
ちなみに、「照井」の本店は、この飯坂温泉にあるらしい。なら、ここでよかったじゃん(ギャハ)!



SHV32_0842飯坂温泉から福島市内まで戻り、「照井」が開店する時間になりました。開いて数分で席に着け、餃子ができるまで時間が掛かるとのことなので、お通し代わりのいかにんじんとスーパードライを。私滅多に酒は飲まないんですけど、福島餃子はご飯のおかずではなく、酒のおつまみという関係なので、お酒・・・という運びになったわけです。



いかにんじんは、にんじんといかが細切りになっているだけで、味付けは非常にシンプル。にんじんのザクザク感がよかったですね。
ちなみに、いかにんじんは冬の定番料理。この時期まで食べられるのは珍しいなぁ。


SHV32_0843待つこと数十分。いよいよ福島餃子が登場



こちら、皮はパリパリながら、中はしっとり肉よりも野菜メインな感じなので、全然重たくない。写真の1周でも全然足りなかったわ。もう1枚・・・と思ったのですが、できるのに時間が掛かるので、下手に頼むとヤバいわ。
というわけで、泣く泣く今回はここまでにする。


SHV32_0844電車に乗って、夜行バスへ乗るために再び郡山まで。
それでもまだ時間はあった(笑)。そして、まだお腹が空いている。酒のせいだ(爆)。
そこで、以前に寄ったセブンイレブンで、「福島限定! 味めし弁当」を買ってきた
福島県の名物が詰まったお弁当です。



味めしも美味いけど、ソースかつもよかったし、煮物やえび天やお浸しもよかった。
でも何よりよかったのが、味噌かんぷら。味噌の甘みと小粒のじゃがいもの旨味が最高。1個しか入ってなかったけど、郡山のホテルの朝ご飯でも出てきたので、また食べられると思うと、じーんとしましたね。

待つこと1時間ほど。やっと夜行バスが来た。本当なら福島からでもよかったんですけど、郡山で指定してしまったので、ここまで行って待つしかなかったのね。ちょっと考えればよかったけど、下手に乗れないのも怖いしねぇ・・・。


SHV32_0845郡山から約9時間、名古屋に帰って参りました。今回は栄で降りました。こっちの方が便利なんですわ。
丁度一緒に来ていたバスがラッピングバスだったので、パチリ。


来年もまた福島に行きたいですね。さようなら福島。また来年!



福島県はまだまだ寄りたいところがありますね。特に浜通りは行きたいです。福島第一原発(のそば)まで行くかはまだわかりませんが、少なくともいわきには行ってみたいですね。あとは三春町にある福島ガイナックス運営の施設も行けたら行きたい。他には桜の名所もあるんですよね。5月だと、もう散ってるかもしれないですが、話のタネに見に行こうかいなぁ・・・。


とりあえず、今回で被災地と言われる東北3県は回りました。それでもまだ行ってないところもあるので、来年は、いや来年こそは・・・と思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月22日

FC岐阜観戦記2017 第8節 アディショナルタイム

ここからは、先日行われたFC岐阜×V・ファーレン長崎の一コマをば。まぁ、いつもなら本編で書いているんだけど、試合があまりにすごかったために、切り離した・・・と言うのも前に書いたか(ニヤニヤ)。


SHV32_0900試合開始前、打倒長崎を思い買ってきたのが、先日からセブンイレブンで「ご当地の味!」として売られていた「ご当地の味! トルコライス」。その日の朝ご飯で頂きました。

トルコライスとは、長崎県(特に長崎市)ではメジャーな料理で、お皿の上にナポリタンスパゲティ・ご飯(ピラフないしはドライカレー。セブンイレブンの場合は後者)・デミグラスソースの掛かったトンカツが盛られたもの。ただし、トルコはイスラム教徒の国なので、豚肉を扱った料理そのものがNGで、大皿に炭水化物と炭水化物のコラボもあり得ないとのことらしい。
じゃあ、なぜトルコなのか?トルコ料理から来た以外にも、アジアとヨーロッパの懸け橋な料理なので間を取ってトルコの名を使った、ナポリタン・ライス・カツをトリコロールに見え略称のトリコが転じた、鶏肉ないしは牛肉のスープで炊いたご飯をバターで炒めた「土耳古飯(とるこめし)」から来た、トルコ風呂(現在のソープランド)に行く時の精力付けからなど様々あります。いずれにしても、当のトルコは、このトルコライスの名称にはいい顔していないのは事実らしい。



長々と説明を書きましたけど、美味いからいいか(ギャハ)。
どこから食べても濃い味になっていないので、見た目以上にあっさりとしていて食べやすいんですよ。もっとゴテゴテしているんだと思っていたので、これは意外。少しだけデミグラスソースが濃いかなと思う程度で、さじ加減の差だけなので、大丈夫だと思います。


SHV32_0907スタジアムに着いた時には、晩御飯も兼ねて、「鶏ちゃん焼きそば」を頂きました。
前にも書いているから詳細は省きますけど、下呂市のグルメということで販売していました。



SHV32_0906今回のメモリアルデーは多治見市も絡んでいたので、うながっぱのラッピングカーが登場。多治見市役所以外での公式でのお披露目は初めてだったらしい。
ピンクにカラーリングされているのは、ピンクのうながっぱが幸せを運ぶというコンセプトを持っているため。



SHV32_0908いつものところで行われたファンクラブ会員用のサイン会会場にて。
今回は岩瀬剛選手と何と出場停止中のヘニキ選手がプレゼンターだったようで。
すげーなぁ。うらやましいなぁ・・・。
そしてヘニキ選手、お務めご苦労様です(ニヤニヤ)!<やめろ!意味が変わってくる!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:08Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月20日

東北へ行く2017⑥ 福島は待つことと見つけたり 前編

福島に着いたのは、5/4の夜。宿泊のために郡山にやって来ました。
色々動き回っていたから、午後9時頃のチェックインは、ある意味正しかったとも(苦笑)。誤算だったのは、飯時を逸したということくらい。とりあえず、ホテルにチェックインしてから探すこと数分、駅前にセブンイレブンがあった(笑)。ローソンもあったけど、とりあえず、地域限定商品の多いのは、セブンイレブンだと信じ、駅前のセブンイレブンへ。


SHV32_0823あったよ(爆)。
東北地方限定の商品と思しき商品。選びきれずに2種類買ってきた。

上は「ビーフタルタル丼」。牛肉にタルタルソースだなんて、ある意味斬新。
下は「期間限定! 蟹ピラフ」。ホントに期間限定に弱いな(汗)。こちらは、福島限定の商品らしい。



「ビーフタルタル丼」は、肉の甘く煮付けた味わいにご飯が合う。タルタルソースは、マヨネーズを使っているのに、なぜかあっさりと感じてしまうほど(笑)。こりゃ肉の濃さが相当やなぁ・・・。玉子があったのは知ってたけど、存在感は薄い(爆)。これは地域限定商品なのがもったいない。全国で展開しようよ。斬新で素晴らしいよ。

「期間限定! 蟹ピラフ」は、薄味だけど、ちゃんと味が付いているんですよ。矛盾した言い方してるけど、事実なのだから仕方ない(笑)。スープ(ブイヨン)のコクと蟹の旨味がいいバランス。これは確かにチャーハンのような濃さだと、蟹の味が活きないかもしれない。
今は売ってないかもしれないですが、他でも展開してほしいと思わせました。

なお、写真に収めていませんが、「新たまねぎとツナのサラダ」も買っています玉ねぎのシャキシャキ感にツナの味わいがドレッシングに合っておりました。何でこれも全国展開しない。わしゃゆずポン酢が嫌いなんじゃ、こっちにせい(ギャハ)!<おじいちゃん、もう寝なさい(ニヤニヤ)。


SHV32_0824というわけで、次の日。
朝早くにホテルで食事を済まし、郡山駅から会津若松市に向かいました。
郡山市を拠点にしたのは、ここから福島の浜通りも会津地方もどちらも行けるから福島の移動の拠点だと思ったからです。郡山市は福島県の中では最大の都市のようですし。
郡山から1時間ほど揺られ、終点の会津若松に着いた後は、会津鉄道に乗り換え、最初の目的地、芦ノ牧温泉駅に向かうのでした。その時に乗ったのが、こちらのお座トロ展望列車
お座敷とトロッコ列車に展望席が組み合わさった観光列車の類でもあり、生活列車の類でもあります。まぁ、急行ないしは特急扱いですわね。



このお座トロ展望列車というのが厄介な扱いで、乗車券に整理券が必要なんですね。しかもそれは指定席券ではなく、ただの乗れるという権利しかない『紙切れ』ですわ。要は早い者勝ちなんですよ。
で、「トロッコ整理券」という正式名称も厄介極まりないトロッコ席だけに必要な券だと思われてしまうんですよね。実は、列車全体で必要な券なんだそうですよ。私は、乗る際に欲しいと駅の改札で伺ったら、車内で買って下さいと言われたので、車内で待ってたんですよ。でも、他の業務に忙殺されてるのか、なかなか買えない席だけ先に座るのも気が引けるものの、長い時間整理券を持ってて立たされるのは、結構癪(しゃく)だなとも感じたので、たまたま空いてた席に座っておりましたよ。事前にみどりの窓口で買えるとはいえ、売り方が煩雑だし、券の名称も考えた方がいい。しかも立ってる人まで整理券を・・・というのは、赤字に苦しむローカル線だからとはいえ、少々あこぎじゃありませんかと。ダイヤのやりくり次第では、この時期だけ増発するとかできなくはないと思うんですが・・・。


SHV32_0829そんな複雑な思いに駆られつつ、やって来ました芦ノ牧温泉駅
駅舎は古風ですね。



SHV32_0826そして、こちらにもおりました「鉄道むすめ」(笑)。名前は大川まあや大川ダム公園駅とあまや駅から採ったものだそうな。

で、一緒にいる猫というのが、この鉄道およびこの駅のシンボルでもあり駅長でもあるのです。
この駅は、かなり長い間猫が駅に住み着いていた経緯があり、初代駅長になった猫も駅住み猫としては3代目だったのだそうな。現在は2代目に引き継がれ、イベントなどに参加するのだそうな。
なお、猫の撮影は禁止になっているとのことなので要注意



SHV32_0830でも、私がこの駅にやって来た目的は猫ではない(キリッ)。
今回の目的は、こちら。牛乳屋食堂でございます。この時間なら開店前で並ぶことも無いだろうと踏んだんですよ。
ところが、さにあらず。既に何人か来ていたのと、大丈夫と踏んでも店の前にあるリストに名前を書いておけというルールがあるのを知らんかったんですよ。てっきり並んで待ってりゃいいと思ったもの。ぬかった、出遅れた!



SHV32_0831それでも、そんなに遅くはならず、損傷は軽微でありました(笑)。
早速頼んだのが、「ミルクみそラーメン」(右)と「手造り餃子」(左)
以前にも書いたので、詳細は省きますが、牛乳屋という特徴を生かした味噌ラーメンになっております。
餃子は、中国出身の4代目(店主は代々女性が就任している全国的にも珍しい店)が家族や親戚に作っていたものが評判になって、販売に至ったのだそうです。



「ミルクみそラーメン」、予想以上に美味かったです。味噌がまろやかになるんですね、当たり前ですけど(ニヤニヤ)。
今回は極太手打麺にしております。そのため、麺のコシがすごい。この味噌に合うんですよ。まろやかなのにコクのある味噌味が食べたいと思ったら、これを頂いてほしいものです。普通の味噌も美味しいと思うんだけどね。

「手造り餃子」は、皮がモチモチで、中の餡(あん)は、あっさり気味。にんにくの味がきつくないので、普通に食べてもいいんじゃないのかな。皮の厚みがあるので、おかずとしては十分すぎるくらいで、人によってはお腹いっぱいになるんじゃなかろうかと。味が物足りないと感じたら、ラー油とかあってもいいのかな。
とにかく、今年の初めに思ったリベンジを果たした!次回はここでソースカツ丼食おうかしら(ニヤニヤ)。


SHV32_0832ご飯を食い終わったのはいいけど、電車は行ってしまった後。時間が読めないだけに、ここでロスするのは痛い。
何とかならんものかいなと思ったら、近くに会津バスが走ってるそうで。少し待てば来るみたいなので、数時間待ちぼうけよりマシと判断して、バスを待つことに。

予定時刻よりか数分遅れながらも、きちんとバスは来た。もちろん、電車より時間もカネもかかるものの、行きの電車で特別料金払わされたと思えば、安いものよ。
それに、見て下さいよ、この景色。晴れていたこともあって、素晴らしい景色ではございませんか。電車でも見られるけど、バスなら正面で見られますわ。遠くに見える雪化粧の山は何だろう。

ちなみに、最初バスに乗った時は、私ともう1人しか乗ってなかった(汗)。会津若松市内になってから少し人が乗ったけど、昼間でこれだと大赤字じゃないのか・・・。



お昼過ぎに会津若松駅に戻り、この後どうしようというところから、次回に続く。


あ、郡山に泊まっていた、やけに派手な格好の若い女性、やたらとパチンコかパチスロの話していたけど、本人ないしは相手の人がプロだったのかしら?近くでテレビを見ながら何気に聞いておりましたが、一体・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月17日

九州の味がセブンイレブンから襲来

SHV32_0896「ご当地の味!」と題して、九州3県(福岡・長崎・熊本)の商品が並び始めています。すわ全国展開かなと思ったら、東海地方限定のものらしい。既に他の地方では行っていたのかしら?

というわけで、今回は「ご当地の味! 博多豚骨ラーメン(辛味だれ付)」の紹介です。
見た目は、本格的な豚骨ラーメンよろしく、濃厚そうなスープに細麺・チャーシュー・ねぎ・きくらげが入っております



最初は付属の辛味だれ無しでスープをすすってみると、少し寝ぼけた味で、豚骨のコクはそんなにない感じでした。もう一味欲しい感じと言ったらいいのでしょうか。そこで、辛味だれを加えると、一気に辛味が増して、豚骨のコクもわかったかのように思えてきます。それくらい引き立てているのが、今回付属されている辛味だれなのです。
麺は細いので、温めているうちに柔くなってしまいます。堅麺が欲しいという人には物足りなく感じてしまうかもしれませんね。まぁ、こういうのは、雰囲気を味わえれば最高なわけで(ニヤニヤ)。


値段の割にはよく頑張っていると思います。豚骨ラーメンは定番になっているので、手を変え品を変え登場することでしょう。だから紹介してるじゃないのかなと思うのですが、なぜか引っ掛からない(爆)。

ちなみに、もう一つの商品も紹介したいのですが、まだ買ってきていないのと後日にしたい理由がないわけではないので、もう少しお待ち下さい。
・・・と言って、ネタを腐らせそうな予感(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月13日

滞在時間は約10時間

あっという間に徳島から名古屋に帰ります。バスの滞在時間の方が長いんじゃないかと思うと、本当に何の(以下略)。
観光めいたこともせず、名物を頂いた訳でもないので、また来る機会があったら、その辺りを何とか攻めたいとは思うものの、昼の便で行けて、夜行で帰れるメリットは捨てがたい(ギャハ)。

今日は何も言うことは無いや。気持ちの整理が付かんとよ(泣)。とりま、セブンイレブンで買ってきた地域限定と思しきおにぎりの美味さに浸ることにする。写真は無いのであしからず(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:40Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月11日

ザクッとモチっと

SHV32_0864今回紹介するのは、セブンイレブンの「ザクチキ」
クラッカー入りのパン粉が降り掛かった鶏むね肉を使った揚げ物のようです。地域限定だってさ。だから載ってないのか、公式サイトに。



味は、まず言えるのは文句なくサクサクしているザクザクしているとも言えるこの味わい。クリスピーさと粉に着いている味わいで、中の鶏肉の淡白さを打ち消してくれます。
鶏肉は、店によって揚げ方が違うのか、揚げた後どれだけ置いているかによって違うのか、はたまた部位の大きさで違うんでしょうけど、さっぱりしているところもあれば、ジューシーさを持ってモチっとしているところもあります。こればかりは当たりハズレレベルということで。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月30日

セブンの名を冠したからには・・・

SHV32_0652先日セブンイレブンから発売され、全国でも展開中の「THE セブンチャーハン」。
見た感じは以前のチャーハンと変わらない気がするのですが、果たしてどうなんでしょうか?



・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


食べてみた感じ、前より少し薄いかな?東海地区の場合、「THEチャーハン」という身も蓋もないシンプルな名前のアレ(後に「ど~んと400g香ばし炒飯」になり、味が切り替わる)でしたが(笑)。アレはアレで少々薄いとか述べてますけど、美味しかった印象があります今回は全国展開になっていたので、地域に関係なく美味いものを作らないといけないので、味の調整がなされたんでしょうね。
ただ、まずくはなっていないので、感覚的には平均点の味わいになっただけかと。それを上手く調整できたと捉えるか個性が無くなったと捉えるべきかで評価が分かれるのではないかと思います。


・・・麻婆豆腐でも掛けるか(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月22日

からみそう

SHV32_0406先日セブンイレブンで買ってきた「豚肉の辛味噌鍋」
豚肉はバラ肉の部分だけでなく、ホルモンも入っており、かつ野菜や豆腐もたっぷり入ってとても具だくさんな鍋になっております。



まずは、この鍋、書いた通りに具だくさん。豚バラ肉・豚ホルモン・白菜(キムチになっているものもあり)・ニラ・豆腐などが入っており、コチュジャンの入ったスープの旨味もあって、なかなかのもの。辛さも程よく、これはものすごく美味かった。
個人的には、残った汁の中にご飯を放り込んで、ズルズルと雑炊風にするもよしで。ただご飯を多く入れ過ぎると水っぽくなっちゃって味が薄くなるので注意。水っぽくなるのが嫌で、具材との一体感や楽しみが欲しいという人は、ご飯は一緒に食べる方がいいのかね。


豚肉の旨味と野菜の美味さがいい塩梅な一品でした。オススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)