2016年11月21日

いまだにすごいスーパーマリオブラザーズ

恐らく世界的なゲームとして数えられるだろう「スーパーマリオブラザーズ」
ネットが普及する前から、タイムアタックをするという風習があったのではないかと思います。それだけ、いち早くクリアすることに情熱を燃やせるゲームでもあったのです。
そんな「スーパーマリオブラザーズ」のタイムアタックには、最短コース(1-2から4-1へワープし、4-2で8-1にワープするのが最短とされる)とワープなしの2つの部門があるのですけれども、今回はワープなしの部門普通にプレイしていても1時間くらい、ノーミスでも30分以上は掛かるとされます。

ところが、今回新記録を叩き出した男性は、19分4秒38という驚異的なタイムを叩き出したのです。元々の世界記録が19分7秒16とすごいんですけどね(汗)。それを3分以上縮めたのはもっとすごいよ(汗)。
その時の動画がアップされているんですけれども、ステージ最初は早いんだけれども、世界記録との差は無い状況。しかし、ステージが進むにしたがって、驚異的なテクニックでタイムを縮め、ステージ中盤以降はほとんど世界新記録のタイムを叩き出すほど。そして、最後まで突っ走り、見事に世界新記録と相成ったわけです。


彼のテクニックとしては、ステージ序盤でファイアマリオ(1-3でスーパーマリオ、1-4でファイアマリオの2段階)になり、それを維持するというふう。またファイアマリオになってからは、ファイアの扱いが上手かった8-4以外は全てクッパを倒しているのですが、最初に2発放ってからそれを追いかけ、クッパに当てた後は一気にファイアを投げることで時間の短縮を図っています。また、敵を倒す倒さないの切り替えも上手かった倒さないと抜けられないところで確実にファイアで敵を倒して、ショートカットを無難にできるようにしていますね。なかなかできる芸当じゃないです。
そして、当たり判定を十分に把握し、それを華麗なジャンプテクニックで切り抜けています要所要所でもそれをやってのけているのですが、これもなかなかできないですね。やり慣れている人でも一発でそれができる人はそういません。

ちなみに、心拍数も一緒に掲示していたのですけれども、終盤に向かうに従って、心拍数がすごく上がってきていますすごく緊張した中でやってたのに、そこから新記録をバンバン叩き出したのですから、緊張した中で最高のパフォーマンスをしたってことか。


では、最後にその華麗なテクニックをご覧頂きましょう。





人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月20日

HAEEEEEEE!!!!!!!

ゲームの遊び方の一つとして、タイムアタック(作品によってはスピードラン)というのがあります。もちろんモードとして設けられているものもありますけれども、そういったふうに設けられていない作品でも、投稿動画サイトの普及でタイムアタックが成立する作品も出てきています有名なのは「F-ZERO」(スーパーファミコン)のミュートシティですが、「スーパーマリオブラザーズ」のスタートからステージクリアまでのタイムアタックも有名です。

今回、その「スーパーマリオブラザーズ」のタイムアタックが1年4ケ月ぶりにコンマ4秒更新されました。この更新は、TASと呼ばれるフレーム単位で操作するツールを使用しないでの記録なだけに、まるで100mの記録を更新するかのような高揚感に包まれたのではないのかなと思います。



こちらがその動画。見ているだけでハラハラドキドキの連続なシーン続出です。過去にこの系統を見た人でも、どこがどう違うのか、どこがタイムの短縮になっているのか皆目見当つかないでしょう。


この記録、どこまで縮められるのか楽しみな一方、人間の能力の限界が底知れぬことを感じさせるものになっておりますね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)TrackBack(0)