2019年10月08日

秋の新アニメ2019 その6 ゾイドワイルド ZERO

秋の新アニメ2019、6回目は小学館・タカラトミーのメディアミックス展開で進められている玩具(アクションキットプラモデル)のゾイドをモチーフにして作られた「ゾイドワイルド ZERO」です。
テレビ東京系でゾイドシリーズを放送するのは、13年半ぶりとのこと。もっとも、今年6月に1期目にあたる「ゾイドワイルド」が終わったばかりなのに、放送局を代えども行われるのは異例じゃないのかなと。しかも1期と違い、かなりシリアス路線(1期もシリアスな部分はあったけど、そこまで熱いものではなかったはず)になっています。夕方の、しかも子供向け作品として大丈夫なのか(汗)?


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


21世紀の地球。そこに銀河の遥か彼方から戦う意思を持った金属生命体ゾイドが降ってきた
その際に、ゾイド因子の暴走により、彼らが暴れ出したばかりか、彼らが引き起こしたとされる地殻変動が何度も起こったため、地球文明は滅んだと言っていいレベルにまで崩壊する。


それから何年か経った復興の進む世界を舞台に、一人の運び屋が帝国軍に終われる謎の少女を救ったことで、物語が始まる



というふう。


結論から言うと、子供向け作品なんだけども、肝心の低学年向けというより高学年より先の作品なのかなとも。ゾイドシリーズで言えば、「ゾイドジェネシス」とかの系統になるのかな。あれもテレビ東京系か(苦笑)。

個人的には、文明の崩壊から再興までが短い時間ながらわかりやすく描かれており、運び屋としての主人公と相棒の仕事っぷりとかも見られて、登場人物の人となりはわかりましたね。ヒロインは、まだまだ謎だらけですけど、どうやら自分達より先代の人物だということがわかるだけ
わかる部分は少なく、まだこれからなのかなとも。でも、少年マンガのような熱血漢とは違うアツさは持っているのかなとも思います。しばらく見てみないとわからんな(苦笑)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2018年07月10日

夏の新アニメ2018 その5 ゾイドワイルド

夏の新アニメ、5回目はタカラトミーのプラモデルが原作の「ゾイドワイルド」です。
「ゾイド」というアクションキットプラモデルとも言われるプラモデルは、1983年に第1シリーズが、1998年に第2位シリーズが展開されました。そして、今年第3シリーズとなるシリーズが展開開始され、予想以上の売り上げになったと言われています。丁度第1シリーズの世代が親になり、子供に買い与えるという流れもあるのでしょうし、当時直球世代だった人が、再び買ったという流れもあったんでしょうね。

今回テレビアニメは5回目になり、キー局のMBSテレビ(毎日放送)製作となると、「ゾイド新世紀スラッシュゼロ」以来17年ぶりの作品になるのだそうだ。ただ、今回のターゲットは子供層だけでなく、20~30代の若年層も狙っているとのこと。そうなると、この作品よりも少し後、「ゾイドフューザーズ」や「ゾイドジェネシス」といったテレビ東京系で製作された方を指すんじゃなかろうかと。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


ゾイド、それは金属の肉体と動物の本能・闘争心を持ち、生態系の頂点に君臨している生命体。そんなゾイドの狩人、ゾイドハンターになろうと思った主人公は、父親が残した本を日々読みながら、今日も危険地帯で相棒を捜していた


ある日、デスメタル帝国から逃げ出したゾイドが危険地帯で見つかった。そのゾイドの叫び声を聞いた主人公は、居ても立っても居られずそこに向かい、見つけるのだが・・・。



というふう。


見ていて、随所に子供向けの作品なんだなと思わせるところがちらほらすごく熱血漢あふれる主人公は、その最たるものなのだと。あとはルビ付きの歌詞が付いた主題歌とかね(笑)。敵もものすごくわかりやすい(ニヤニヤ)。ただ、敵がお笑い寄りなのは気のせいか。何か戦闘がおちゃらけなければいいんだが・・・。


主人公のキャストが大丈夫かなと思える節があるものの、全体的にはまぁまぁかなと。これからゾイドや敵のデスメタル帝国の秘密、仲間達が登場するんだと思います。そこまでは少し様子見かな。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)

2011年08月09日

シャリシャリ君を作る以外能がなかった

先日、「おかしなかき氷 ガリガリ君」を買ってきました。


PA0_0112買ってきた色はソーダ(青)色。他にイチゴ(ピンク)色があるものの、内容が変わるわけではなく、ごく普通の手動製氷機である。
使い方は実に簡単で、組み立てる → ガリガリ君をセットする → 左右に回す(一方向でないのがポイント)。これだけ。



PA0_0120しかし、できたガリガリ君かき氷は写真の通り。
元が少ないだけに、実にお粗末(泣)。
ボリューミー(笑)にするためには、7個入りの箱モノを買ってこないといけないのではなかろうかとも。



ちなみに、箱の注意書きには「ガリガリ君アイス以外のものを削ろうとすると、本体を破損する恐れがあります。絶対に使用しないで下さい(原文ママ)」という文言があるのですが・・・。
・・・そんなの気にせずに「あずきバー」のかき氷作りたくなっちゃた(テヘ)!<テヘじゃない。
・・・しかし、その目論見はもろくも崩れ去り、ただカラカラと空回りするばかりだった(嘆)。
もう一個実験用で買ってきた「ブラックサンダーアイス」は入りさえもしなかったじゃん(ギャハ)!
おまけに、あれだけあった他のガリガリ君シリーズが見事になくなって、ソーダと(箱入りの)グレープ味しかないって、いじめですか、新手の(号泣)。
というわけで、今回ここで紹介することになったわけです。
・・・え、何に使おうとしたのかって?まぁ、ボツ企画だったということで勘弁して下さい(苦笑)。
コイツの結論に関しては、まるで一発芸の芸人を見てるかのよう多方面に生かせれるおろし金で下ろした方が吉(汗)。


ガリガリ君 おかしなカキ氷 ソーダ色ガリガリ君 おかしなカキ氷 ソーダ色



ガリガリ君 おかしなカキ氷 イチゴ色ガリガリ君 おかしなカキ氷 イチゴ色



パール金属  Catering スムースおろし C-743パール金属 Catering スムースおろし C-743



板前さん 両面おろし板前さん 両面おろし



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:34Comments(0)TrackBack(0)