2019年07月18日

夏の新アニメ2019 その14 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ

夏の新アニメ2019、14回目はSBクリエイティブのGA文庫から刊行されているライトノベルが原作の「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の続編「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ」です。
このシリーズは、外伝がアニメ化され、シリーズの劇場版が公開されています。劇場版は見ていないものの、外伝があまりデキのよいものとは言えず、このおかげで劇場版を見に行っていないとも言えます。


あらすじは続きものなので無し。レベル3にまでなった主人公が、とあるファミリアとの騒動をきっかけに、遂には窮地に陥るところから始まります。
やはり本編の続編ということなので、作中のキャラ紹介というのは省かれる格好になってしまいましたね。前回から数年経過しているので、もう少しあらすじを教えてくれてもよかったんじゃないのかなとも。冒頭に少しだけ紹介されましたけど、話の流れで出てきただけなので、わかりにくいわね。
主人公に厄介ごとが舞い込んできて、ファミリアも窮地に陥ることになるわけなんですけど、そのあたりの経緯はしっかりと描かれていたので、本編は外伝のようなデキの悪いということは無さそうかなと。作品そのものは面白いので、期待して見ていこうかなと。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2017年04月22日

春の新アニメ2017 その17 ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝

春の新アニメ2017、17回目はSBクリエイティブのレーベルGA文庫から刊行されているライトノベル「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の外伝「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア」が原作の「ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝」です。
これまた実に長ったらしいタイトルですが、いわゆる「ダンまち」の外伝ですね。今回は主人公と時折一緒に冒険する、主人公のあこがれの人でもあるアイズ・ヴァレンシュタイン(アイズ某(なにがし))さんがメインになるのだそうな。彼女がどういう人なのかを知ることができるいい機会の作品になりそうですね。


あらすじは外伝ものなのでなし。アイズ・ヴァレンシュタインの所属するロキ・ファミリアでの日常を描いたものになっています。


今回は、先述の通り、彼女の人となりを知る回になったのですが、当然ながらその流れで、彼女の所属するロキ・ファミリアの人達も紹介されることになるわけです。本編では、それほど出てこなかった人達なので、実際どんな人たちなんだろうと思った方も多かったのではないのでしょうか。
一番に感じたのは、皆様お強い方々ばかりで(苦笑)。毒液を吐くモンスターに素手で向かうヤツは正直すごかったわ。身体が溶けかねないというのに(汗)。
そんな中で、一人浮いているのが、アイズ・ヴァレンシュタインを慕う今作のヒロインになると思しきエルフの少女(レフィーヤ)こんなピュアで心優しい少女が後にベル君を嫉妬の炎で焼き尽くすような感じで見るとは、女ってコワい(ニヤニヤ)。

ちなみに、この回で起こった出来事が、後々本編の第1話に繋がるような多重構造になっており、今回の終盤が、まさにこれなんですよ(ミノタウルスがベルの下にやって来て、成す術なしのところにアイズが討伐するというアレ)


過去の作品を見ておくことを強くオススメしますが、今回のように、ところどころ過去のワンシーンを挟んでくれるなら、見てなくても大丈夫かもしれませんね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか Blu-ray BOX(OVA付き)(初回仕様版)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか Blu-ray BOX



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 20:39Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月01日

春の新アニメ2015 ベスト

今回の春作品をランク付けしていこうかと思います。
思った以上によかったというのが正直な感想。2期モノに代表されるように、続きモノが増えている中、面白い作品が残っているいい傾向なんだなと納得させながら見ております。そうじゃない作品もよかったですしねぇ。それゆえに、今回選ぶベスト作品はどれを選ぼうか迷ったほど。混戦でした。なお、今回もベスト3・ワースト3で見ていこうかと。


栄えある混戦を制したのは、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」。ダンまちでございますね。
これは主人公よりもヘスティア様の『例の紐』効果ということで(ニヤニヤ)。
いや、正直な話毎回きちんと話の起承転結を付けてくれていたのと、各キャラの個性が生きている点で評価が高いです。主人公とヘスティア様のやり取りは何度見ても面白いです。
今後新キャラとの絡みの際、どうヘスティア様が嫉妬していくのかが注目です(笑)。

第2位は、「食戟のソーマ」
これは「幸腹グラフィティ」に続く食テロ番組爆誕ですな(ニヤニヤ)。
この作品もきちんと話の起承転結ができているばかりか、美味いという表現にこだわっているのがよくわかる作品。それでいて緩急もきちんと付けているので、見ていて肩肘張って見なきゃ・・・というふうにもならないから、話がわかりやすいんですね。
この作品は2クールになるということなので、じっくりやって下さい。

第3位は、「えとたま」
ツッコミどころ満載(爆)。主人公が疑問を挟んでも、各キャラがさらりと流すあたりプロだな(ニヤリ)。とまぁ、時に視聴者の疑問をもやり過ごすその力は、一種のコメディとして取ることのできるくらい強烈でインパクトがありました
それでいてテンポもよく、2D・3D(CG)はほぼシームレス感があるので、見ていて違和感がないですね。
第3話でシリアスチックなシーンが登場しましたけれども、何だかしれっと再登場しそうで怖い(汗)。そんなことはないんだろうけどね(恐らく「魔法少女 まどか☆マギカ」のオマージュに違いない)。

次点は、「プラスティック・メモリーズ」
「グリザイアの迷宮・グリザイアの楽園」・「ニセコイ:」などがあった中、オリジナル作品で続きモノではないということで、この作品をセレクト。
毎回感動的な終わり方をしていて、涙腺崩壊アニメですな。ただ、それが安売りになっていないかどうかが気になってはいるものの、そのアプローチの時に主人公とアイラや会社の仲間達とのやり取りが面白いです。個性があることもさることながら、主人公のダメっぷりがもう、ね(苦笑)。


次回はワースト作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月10日

春の新アニメ2015 その5 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

春の新アニメ2015、5回目はSBクリエイティブのから刊行されているライトノベルであるGA文庫が原作の「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」です。
最近のライトノベルにある傾向ですが、現在有名になっている作品のほとんとがその文庫が行っている文学賞で賞をもらってデビューするという流れができていますね。今回の作品もその流れで有名になっております。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


巨大な地下迷宮(通称ダンジョン)のある街オラリオ。主人公のベル・クラネルは駆け出しの冒険者として日夜ダンジョンに潜入していた。英雄譚にあるように、異性との出会いを求めて。

ある時、ベルのいる層には似つかわしくないモンスターのミノタウロスが現れた。到底かないっこない中、一人の女性がベルの窮地を救うこととなる。アイズ・ヴァレンシュタイン、冒険者界の中でトップクラスの人に。
その時彼女に一目ぼれしたベルは、彼女とつりあう男とならんとして身を粉にして『修業』に明け暮れるのだった。



というふう。


とにかくテンポがいい。特に主人公と主人公の所属しているファミリアで神様でもあるヘスティアのやり取りは兄妹のそれとよく似て面白いですね。実はヘスティアは主人公に想いを寄せているものの、いつも空回りしているんだなと感じ取れるようなシーンも見受けられ、これまた見ていて面白いですわ。
何より主人公の愚直さが涙を誘いますわ。助けられたアイズに対し、これほどまでにほれ込んだのに、彼女の所属していたファミリアのメンバーから小馬鹿にされたかのような物言いを(いたのを知らずに)されたので、もっと強くなって・・・と無茶をするあたり何かホントにすごい子だわと思いましたよ。


登場人物は序盤から多いものの、簡潔にどういう人かが伝えられているので、わかりやすくかつ頭にも入りやすいです。それでいて面白いので、今後どういうふうになるのかが楽しみですね。
なお、ヘスティア様への好感度急上昇中彼女の着こなし(いわゆる例の紐(ひも))がブレイクし、関連イラストや考察が雨後のタケノコのように出てきております。さすがロリ神様と言われるだけのことはある(笑)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 20:34Comments(0)TrackBack(0)