2015年01月05日

IN:マックフライポテト / OUT:チキンマックナゲット

今日からマックフライポテトが全サイズ販売を再開ということは、以前紹介した通り。人によってはポテトが食える喜びに浸っていたのではないのでしょうか。
せっかくだから、バリューセットや昼マックにもう一品・・・というふうに考えて、チキンマックナゲットをチョイスしようと考えている人もいることでしょう。しかし、この『復活の日』を狙っていたのか、チキンマックナゲットから新たな火種が起こったのです。


青森県三沢市でチキンマックナゲットを3パック買った男性客の中からビニール状のものが出てきたというのです。当然ながら、マックサイドは男性客に謝罪し購入代金を返金。同時に同じ日に工場で出荷されたチキンマックナゲット全品を回収するとしたのです。
ただ、この騒動は大みそかにも東京都内の店であったということなので、なぜその際に回収を始めなかったのか疑問ですね。仮にマックフライポテトがSサイズしかなかったこともあって売る物がないという危機的状況を避けたいと考えていたのなら、食の安全というのをマックはいかに考えているんでしょうかと言いたくはなります。

で、このチキンマックナゲットは、2014年7月に中国の工場で起こった事件をきっかけに全てタイ産に切り替えたと報じられました。この際、タイの3工場で生産されていることも明らかになりましたけれども、舌の根の乾かぬうちに起こったわけです。しかもかなり徹底管理された工場で起こったというのですから、信頼も揺らぎかねない印象を持ってしまいましたね。本当にきちんとやっていたのかと。VTRにまで撮影して公開までしていたというのに・・・。


ここ最近マクドナルドは2ケタでのマイナス成長が続いているということなので、今回の一件がまた更なる負のスパイラルを引き起こすことにならないか心配ではあります
「無くてもいい」と言い切るのはたやすいことではありますが、本当に無くなった時にまた食べたいと思ってもないわけですから、そうならないためにも、マクドナルドは今一度お客が望む食の安全と信頼を考えるべき時に差し掛かっているのではないのでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月22日

主に中国国内だけじゃなかったのか・・・

まーた中国か・・・とさえ、呆れてものが言えないですわ。


中国にある上海福喜食品有限公司で加工されていた鶏肉の中に品質期限切れのものを混入し出荷していたという問題が明らかになりました。上海のテレビ番組がその模様を伝えており、実際見たのですが、落ちたものを平気で入れるわ、カビの生えた肉を「食べたって死にゃあしない」とのたまって混ぜてしまうわ、本当に食べ物を何だと思っているのかと怒りたくなるような所作が幾数多ありました

当初は主に中国国内(マクドナルドやケンタッキー)に出荷とされていたので、大丈夫なのかなと思ったら、事態は急展開。何と日本やアメリカにも出回っていたというのだからさぁ大変。

アメリカでは、上海福喜食品有限公司から仕入れていたマクドナルド、ケンタッキー、ピザチェーンのパパ・ジョンズ・ピザの他にも、コーヒーショップのスターバックスコーヒーでも上海福喜食品有限公司の関連会社を通じて仕入れていたために問題の加工品が出回っていたことが発覚しました。
日本では、マクドナルドで販売しているチキンマックナゲットの総生産量の2割が対象となり、ファミリーマートでも「ガーリックナゲット」と「ポップコーンチキン」(後者は関東圏限定で試験販売中)が同社製ということがわかり、回収されることとなりました。マクドナルドのチキンマックナゲットに関しては、他の業者から間に合わせる形で対応するということなので、一時欠品になっていた店舗でも順次再販できるようになるとのことだそうです。

いやぁ、「ガーリックナゲット」は知らずに食べてるわ。にんにくの風味が利いて美味かったなぁ・・・と思っていたのに。チキンマックナゲットだって、何かしらで食べているのにねぇ・・・。
しかも大手がここまでズブズブにやられるのも困ったものです。それだけコストカットに躍起になった結果なのかもしれないですが・・・。


ただ、今回の一番の責任は、中国の上海福喜食品有限公司だと言い切りたいです。
食べ物というのを何だと思っているのかということは先述しましたけれども、自分達の作った加工品が世界にどれだけ影響を与えているのかを今一度考えてほしいと思います。中国は「世界の工場」とまで言われるようになったのですから、それだけ自分達の作ったものに対していましばらく考えてほしいのです。
中国政府も言論統制や弾圧に躍起になる余裕があるのなら、もっと食や環境に気を配る政策を行うべきです。厳粛に行うことで、世界からの信頼も取り戻せますし、国内の不満を解消できる手立てにもなるのかもしれないのに・・・。
とにかく、自分の作ったものがどういうふうに流れるのかを自覚してくれ。それだけだ。もうこの手の話題はたくさんだ。嫌でも私達は口にしなければならないのだから。逃げたくても避けたくても100%防げる手立てはないんですから余計にです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月16日

サ、サイドメニューのクセに生意気だぞ!

先日、マクドナルドに行った時のこと。かねてから食べようと思っていた「15ピース チキンマックナゲット」を買った。<br>

ISW11F_20121007_144910これが、その「15ピース チキンマックナゲット」。
15個ナゲットが入っているからとはいえ、結構大きい(笑)。
なお、ソースを3個付けてもらえます。付けてもらえるのは、今ならバーベキューソースかマスタード。ケチャップにしてくれと言おうかと思ったが、小心者だからそんなこと言えなかったわい(爆)。



ISW11F_20121007_144927意を決してパカリと開けてみる。
・・・おおお、見事なまでにナゲットの山(笑)。



味は当然ながらいつものナゲットの味。外はサクサクで中はふんわりとしているあのナゲットの味がいつまでもいつまでも・・・。

この「15ピース チキンマックナゲット」は650円(一部地域除く)5個入りが260円(一部地域除く)なので、100円ほどオトクになるという計算になっています。そこに250円払えば、ポテトとドリンクのMサイズが一緒に付いてくる仕組み。
・・・こいつ、できる(苦笑)。マックでハンバーガー食べる予定のない人でも取り込みたいのか。
個人的には、これだけでお腹いっぱいになるわ。お昼ご飯に使えそうだ。少々高いけど(ギャハ)。


ISW11F_20121007_144938おまけ。
一緒に「マックフルーリー キットカット&ストロベリー」も買って来た。
キットカットの甘みとストロベリーの酸味、アイスのコクが混然一体になって美味い。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月27日

カジノチックなハンバーガー

7299d15a.jpgさぁ、ケニー・ロギンスの♪フットルースに(以下略(笑))
というわけで、Season3を迎えたBig Americaが(私の中で)本格始動です。

今日(1/27)からは、ネバダ州にあるカジノの都のハンバーガー、ラスベガスバーガーが登場です。Viva Las Vegas(謎)!



87a3089c.jpg中はこんな感じ。
・・・大急ぎで作ったのか、開けた時にレタスが散乱したぜ、Oh Yeah(謎)!<今回こんなのばっかだな。
このハンバーガー、チーズクリームソース(見た時マヨネーズかと思った(笑))の掛った1/4ポンドビーフパティにスパイシーなビーフとオニオンを絡めたとのこと。



味に関しては、甘い思った以上に甘い味のするハンバーガーです。
『スパイシーな』とサイトの説明では書かれているものの、正直辛さは全くない。でも、甘いからといって酷い味ではなく、ビーフパティの旨味と合わさって、意外とイケる味に仕上がっています。
918c41d9.jpgむしろ辛いといえばこっちの方。
別の店で販売していたスパイシーバッファローソースのチキンマックナゲット
丁度昨日までチキンマックナゲットが100円で販売していたので、せっかくだからと寄ったら、偶然にもスパイシーバッファローソースが先行販売していたようだ。

このソースはニューヨーク生まれとのこと。ということは、次のブロードウェイバーガー発売の際には展開されるかもしれないです。

ちなみに、2月上旬展開開始予定で、ブロードウェイバーガーは2月中旬展開開始予定。若干のタイムラグがあります。



こちらは、本当に辛いハバネロソースを使っていますからね。ただ、ほんの少し酸味も効いていて後味は案外爽やか。これはクセになるわ。レギュラー化希望(爆)。


ラスベガスバーガーは今後しばらくの間販売されていると思うので、ボリュームのある食事をと思ったら、ぜひともお試しあれ。なお、チキンマックナゲットとセットで頼むと、チキンマックナゲットが150円で頂けます(たぶんセットメニューで頼んだ場合に限られると思われ)。


フットルースフットルース



エッセンシャル・ケニー・ロギンスエッセンシャル・ケニー・ロギンス
こんなヒゲもじゃのおっさんが歌ってますが(笑)。<非常に失礼。
この人こそ、「フットルース」や「トップガン」(♪デンジャーゾーン)を歌っていた張本人。また1970年代からポップス界をけん引している大御所でもあります。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:59Comments(0)TrackBack(0)