2015年10月13日

秋の新アニメ2015 その14 おそ松さん

秋の新アニメ2015、14回目は赤塚不二夫さん原作の漫画「おそ松くん」がベースになっている「おそ松さん」です。元々は小学館の少年サンデーで連載していたんですね。
この作品は、赤塚不二夫生誕80周年記念ということで始められたもので、これ以外にも復刻版コミックとして赤塚作品が展開されています。しかし、この作品が選ばれたことに対し、正直大丈夫なのかという意見も出ていただけに、そのあたりは気になるところではあります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


ある街に、おそ松・カラ松・チョロ松・一松・十四松・トド松という名の6つ子の兄弟がいました。その6つ子は特に何もないままそのまま大きくなり、どうしたものかいなという毎日を送っていました


というふう。


記念すべき初回は、各方面でも言われたほどトンチキな方向に進んでおりまして(苦笑)。いきなりモノクロで6つ子とイヤミ・チビ太などのサブキャラが登場し、この作品の方向性をどういようかと議論していたら、これまたいきなり今時のファン獲得のためにBL要素たっぷりの学園モノにシフトチェンジ(爆)。これがメインを張ったかと思ったら、あっという間に『崩壊』し、最後は赤塚先生の遺影が落ちてきて6つ子謝罪。そして大きくなった6つ子が登場というふうになりました。

正直大丈夫かいなという雰囲気にはなりましたね。面白いか否かという面では前者の方にはなっていくんでしょうけど、パロディ要素をガンガンと放り込み過ぎて大丈夫なのかと。今時の潮流を入れていくのがこの作品の醍醐味なんでしょうけど、ここまであざとくやるのも心配な要素なんですよね。というのも、作品の核が無くなるんじゃないのかと思えてならないんですね。


ともあれ、この作品は、もう少し見続けないと本質がわからないので、化けるのかコケるのか見極められないですね。少なくとも初回だけでは。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月08日

秋の新アニメ2015 その8 ゆるゆり さん☆ハイ!

秋の新アニメ2015、8回目は一迅社から刊行されている4コママンガが原作の「ゆるゆり」の第3シリーズ「ゆるゆり さん☆ハイ!」です。
思えば、この作品も3期ですか。よく続いてますね。それでも時代の流れともいうのか、変わった部分もいくつか。
それはというと、製作スタッフの変更もさることながら、アニメーション制作が動画工房からTYOアニメーションズに切り替わった他、今期から作品の舞台とされる富山でも放送されることになりました。同時にテレビ東京系以外での初めての放送にもなります(CS除く)。


あらすじは続きものなのでなし。今日も「ごらく部」にいつものメンバーが揃ったのですが、何やら怪しい展開になってきて・・・というふうですね。


まぁこの作品は安心して見られるんですわ。百合チックな要素も無くはないけれども、そこまで酷く嫌悪しそうな展開はなく、極めてソフトなんですね。そして3期でもそれなりに各登場人物の位置付けを教えてくれましたね。ただ、少しキャラが多いこともあって詰め込み過ぎた感も否めません。2話くらいに分けて・・・とも思いましたけど、全12話くらいでしょうから、ここまでが限界なんでしょう。
でも、一つだけよかった(?)ことが。あかりがアッカリーンじゃなかった(笑)。あまりあのアッカリーンネタは時にねぇかわいそうに思えてくるのよ・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月16日

遂に民放が動いた

かねてから言われていた、番組を見逃した時のアフターフォローとも言える配信がついに実現しそうです。


民放キー5局(日本テレビ・TBSテレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)はドガッチを運営するプレゼントキャスト運営の下で、見逃した番組を広告付無料動画で配信するキャッチアップサービス「TVer(ティーバー)」を立ち上げると発表しました。
対象となるのは、キー局が放送するドラマ・バラエティなどで、配信期間は放送終了後から次回放送までの1週間ほどになるとのこと。今年の10月から開始予定で、スタート時には10番組が配信される予定とのことだそうです(つまり、可能性として各局2番組ほど)。これを多いと見るのかまだまだと見るのかで、この配信サービスの評価が分かれるところですね。


放送終了後から次回放送までの1週間ほどとはいえ、PC・スマホ・タブレット関係なく観賞可能になっているので、いつでもどこでも見られるのは大きいと思っています。何より、地域格差が無くなるというメリットがあり、特にテレビ東京の番組が全国で見られることになるので、これまで遅れネットや放送されなかった人気番組もすぐに見られるようになります。
今のところ在京キー局の番組のみになりそうですけど、これが将来的に在阪・在名など地方局をキー局にする番組にも対象が広がってくればと思っております。配信期間もニコニコチャンネルのように、放送終了後から次回放送までの1週間ほどは無料、それ以外で見たい場合は有料というふうでも十分採算は取れるのではないかと思います。違法動画の撲滅のためにも、各局が素早い対応をできるようにしてほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月10日

夏の新アニメ2015 その10 実は私は

夏の新アニメ2015、10回目は秋田書店から刊行されている週刊少年チャンピオンで連載中の作品が原作の「実は私は」です。
どうしても、チャンピオンという雑誌はジャンプ・マガジン・サンデーから見るとマイナー感がぬぐえないのですけれども、実は名作も多く、多くの作品がアニメ化されております。今回もその名作として名を知られるようになるのか、楽しみなところでもあります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公の黒峰朝陽は、ウソや隠しごとをしても顔(表情)に出てしまうため、友人達から『アナザル(穴の空いたザル)』と称されるほど。しかし、彼にはたった一つだけ隠し通してきた(と思っていたが、やはり『アナザル』だった(笑))ことが一つだけあった。それは、クラスメイトの白神葉子のことが好きであるということ。


ある日、その気持ちを告白するためにラブレターを携えて教室にやって来た。しかし、そこで見たものは、普段の姿とは程遠い葉子だった。しかも、背中から羽が生え、口には牙が生えている。そう、実は彼女は吸血鬼だったのだ。
吸血鬼出会ったことがバレ、狼狽する葉子。それでも朝陽は彼女のことを受け入れ、友達として一緒に過ごすことになるのだが、果たして朝陽は彼女への想いを告白できるのだろうか



というふう。


この作品、結構ハイテンションなギャグコメディで、コンプレックスも明るくポジティブに乗り越えてしまうのではないかと思えるほど。そんな中でも主人公の葉子への想いが本気で、告白するしないで葛藤する姿が年相応の姿を見せていて、見ている私も口の中が酸っぱくなってきましたよ(笑)。
導入回としてもデキが良く、主人公のアナザルっぷりや葉子の普段の姿と文字通り羽を伸ばした時のギャップがまたかわいい。そしてテンポが良く思った以上に面白い。よくできているなと感じました。


今後このテンポとテンションが保てれば、すごくいい作品になるかもしれないですが、はてさてどうなるのでしょうか。ただ、エンディングの曲がすごく地味だなぁ・・・。ヒルクライムは知っていたけれど、ここまで作風に合わないというのか、合わせないというのか・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月07日

夏の新アニメ2015 その7 のんのんびより りぴーと

夏の新アニメ2015、7回目はKADOKAWA所有のレーベルの一つメディアファクトリーから刊行されている月刊コミックアライブで連載中の4コママンガが原作になっている「のんのんびより」の第2期「のんのんびより りぴーと」です。
第1期は田舎への郷愁を誘ったことでブレイクし、原作の本は重版が掛かり、聖地巡礼も起こるようになり、れんげのあいさつ「にゃんぱすー」も流行語になるなど様々な意味で席巻しました。ただ、基本的にCSと動画配信以外は東名阪のみになってしまったので、そのあたりが残念だったとも思いましたね。さて、今期はどういう展開になるのでしょう。


あらすじは続きモノなのでなし。バスが2時間に1本しか来ない田舎にも春がやって来ました。今日も旭丘分校に通う子供達は元気いっぱいです。


で、期待していた人も多い第2期でしたが、何かおかしいなぁ第1期の間に1年経過したはずなのに、兄ちゃん(卓)が再び中3になったままだし、れんげがなぜか小学校入学とか言ってるし、ちょっと何が起こっているのかわからない・・・と思っていたところ、蛍の引っ越しシーンを見て驚愕の事実が発覚タイトルにある「りぴーと」の通り、また第1期の1話から戻ったかのような話になっているのです。
これはちょっといただけないなと。いい作品ですよ。もっと多くの人にもてもらいたいと思えるような作品ですよ。それなのに、また1からやり直しのような展開なのは、第1期を見てくれていた人達への裏切りになってしまっていないかなと。個人的には第1期の続きだと思っていたので、これはとてもがっかり。実にもったいないなとも。
今後、第1期では行われなかったエピソードを中心に行っていくのでしょうけど、何かきつねにつままれたような感じで見ることになるんでしょうね。うーん、どうしてこうなった。・・・そうか、これから見る熊本の人に配慮したんだね(苦笑)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月08日

ガルパン、茨城県で放送決定!

2012年10月に地上波ではTOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)・テレビ愛知・テレビ大阪、BS・CSではBS11(日本BS放送)とAT-X(アニメシアターX)で放送された「ガールズ&パンツァー」。本放送終了後も人気を誇り、2013年10月にはTOKYO MX、2014年1月にはBS11、2014年4月にはAT-Xでそれぞれ再放送され、その後キッズステーション(2014年6月)、ABCテレビ(朝日放送。2015年1月。大阪府以外は初放送)で再放送4月からは、とちテレ(とちぎテレビ)で放送開始となりました。
しかし、地元で水戸ホーリーホックのスポンサーにまでなっている茨城県ではいまだに放送されていなかったんです。というのも、茨城県には地元民放テレビ局がなく、放送をお願いするとなるとNHK水戸放送局になってしまうという事情があったからです。ただ、「Free! -Eternal Summer-」の例もあるので、全くないというわけではないんですけどね。

まぁ、そんな「ガールズ&パンツァー」の放送が遂に茨城県でも決まりました
そうかNHKが動いたか・・・と思ったら、意外なところから挙手があったのです。その放送局とはテレビ東京。そうです、テレビ東京は関東圏で見られる放送局だってことを他のテレビ東京系の人達は知らない人が多いんですよね(ニヤニヤ)。
そのテレビ東京を介して茨城県の方は見ることになります。もちろん他の地域でも映るので、過去に放送した東京都と栃木県以外の地域の人達も初放送になります。
このテレビ東京以外でも同じテレビ東京系のテレビ北海道・TVQ九州放送、そしてアニメ不毛の地とされる静岡県でも、SBSテレビ(静岡放送)で放送されることが決まりました。なお、それ以外でもBS11で3回目の放送が決定しています。ホント、ガルパン好きやな、BS11。


また、インターネットラジオ音泉で放送されている「ガールズ&パンツァーRADIO ウサギさんチーム、訓練中!」も7月から毎週更新に切り替えられるのに合わせて、7/4より茨城放送でネットされることになりました。そうなんですね、茨城県はテレビとFMはないけどAMはあるんです
なお、茨城放送はradikoプレミアム加入局なので、全国で聞くことができます。音泉で聞くからいいやというかもしれませんが、よろしければ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月25日

本物のお天気お姉さんに

声優の豊崎愛生(あき)さんが4/1より始まるテレビ東京系の情報番組「チャージ730!」の火曜日の気象情報担当になるのだそうな。
この「チャージ730!」はテレビ東京が本格的に取り組む情報番組で、テレビ東京お得意の経済ニュースを軸に、政治・エンタメ・芸能など硬軟取り揃える番組になるとのこと。放送時間は毎週(月~金)7:30~8:15(テレビ東京以外は8:00まで)とのことなので、通勤・通学前に見られるような構成になりそうです。

番組MCは大橋未歩・林克征の両アナウンサーで、チャージガール!という気象情報担当は豊崎さん以外では、アップアップガールズ(仮)の森咲樹さん(月)、PASSPO☆の根岸愛さん(水)、アンジュルムの和田彩花さん(木)、フリーアナウンサーの松本あゆ美さん(金)となっています。このうち、松本さんのみが気象情報を担当した経緯がありますね。
・・・え、豊崎さんもやってたじゃんと思う方、あれですね、「ニュースウオッチ9」の春ちゃんのことでしょう?あれは『中の人』の担当ではありますが、正確には気象情報に関わっていないですからね。


しかし、気象予報士の資格が無くてもやれるんですね、気象予報って。結構うるさいものだと思っていたわ。それと、松本さんと豊崎さん以外はレポーターの経験があるのかどうか少々怪しいとも(個人的な推測で申し訳ないですが)思っております。豊崎さんだってそうじゃないのと思う方もいらっしゃるかと思いますけれども、豊崎さんは声優業としてのキャリアを始める、つまり上京前に地元の徳島(四国放送)でレポーターを務めた経緯があり、生放送にはそれなりに対応できると思っております。


朝の番組は、今のところ個人的な推論で見立てると、フジテレビ×日テレ×NHKの3強だと思っていますので、この中に強烈な個性を発揮できれば、面白くなるでしょう。是非ともその個性を発揮してもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月17日

冬の新アニメ2015 その9 聖剣使いの禁呪詠唱

冬の新アニメ2015、9回目はSBクリエイティブのGA文庫から刊行されているライトノベルが原作の「聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)」です。
この作品、見ようか否か迷っていて、とりあえず1回目見てみるかという感覚で見ている作品です。テレビ東京系のアニメなので、それなりによくは作っているだろうと思っております。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


前世の記憶を持つ者達が通う亜鐘学園高校。そこでは、異型の怪物『異端者』を倒すことのできる救世主(セイヴァー)が育成されていた。
救世主には、自らの身体から通力(プラーナ)を汲み出し、武器と体術で敵を倒す白鉄(しろがね)物理を越えた異能(マーナ)を自在に操り、この世ならざる魔術の業で敵を倒す黒魔に分かれる。

しかし、主人公灰村諸葉は2つの記憶を持ち合わせていたために、白鉄と黒魔両方の特技を使うことのできる特異な体質を持つものとなっていた。そして、それぞれの前世の記憶に残る女性とも再会し、共に学園生活を送ることになる。



というふう。


・・・うーん、この作品ですけど、あまりに展開が早過ぎて付いていけない(苦笑)。
いきなり戦闘シーンかと思ったら、半年前に巻き戻り、そこから前世の記憶と思しきシーンが挿入され、それがほぼ全くと言っていいほど情報が開示されないので、全くわからない。初見殺しですな、これ。ただ、その前半の半分が過ぎると落ち付いてきて、そこからはツッコミどころ満載の作品に早変わり。もう言葉にできません(汗)。
まぁ、次回以降は落ち着いてくれるんだと思います。というか、次回以降もこれならちょっと問題だぞ。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月21日

秋の新アニメ2014 その17 ガールフレンド(仮)

秋の新アニメ2014、最終回となる17回目は、ameba(アメーバ)で展開されているソーシャルゲームが原作の「ガールフレンド(仮)」です。
元々、この作品自身がアニメ化を基に構成されたもので、足掛け2年を掛けてやっと実現したとも言えます。ただ、放送開始まで長かったなぁ・・・既に他の作品が始まっている中、まだ開始前特番でお茶を濁しているふうでしたね。しかも、関東圏とニコニコ生放送の放送より1週間遅れで展開という地方軽視も甚だしい。さらに中途半端な地域ネット。何で奈良が入っとんねん!?ホントによくわからん・・・。
ちなみに、ファミリーマートがかなり力を入れているようで、宣伝ポスターが貼ってありましたねぇ。


この作品はオムニバス形式になっているのと、キャストが総出演している関係上あらすじがまとめられません(爆)。ゆえに書かないでおきます。今回は新体操部に所属する椎名心実にまつわるお話でした。


この作品、キャスト総出演ということもあって覚えれんわ(ギャハ)。ターゲットを絞ってくれてはいるものの、何らかの形で絡ませられると話がごちゃごちゃしてわかりにくくさせる・・・という悪循環。
そして、ゲームとは違い恋愛を軸にしていなくて百合っぽい展開を見せるんじゃないかという不安感を抱かせる展開も、人によっては面白みを欠かすこととなる結果に繋がっているようです。私はそう気にならないのですけど、誰かを好きになる結末を望む人にはキツいですわね・・・。まぁ、ほのぼの系が好きな人にはいいんかいのぉ。


この作品も待たされた揚句肩透かし。あまつさえ作画も悪いという批評もよく流れているため、もしかすると地雷作品なんて後世に語られるのかもしれません。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月19日

民放での見逃し視聴機能実施へ

今日、民放連の井上弘会長が、民放5局で見逃し視聴(リマインド)機能を導入することが決まったと発表しました。視聴環境の変化が大きな要因になったようです。既にNHKがインターネットを通じて一部の番組だけですが行っています
今回どういう方式で行われ、いつから開始するのかというのはまだ決まっていません。恐らくインターネットで視聴する方式になるのでしょう。ただ視聴は無料で行われ、CMは一緒に流されることは決まっているようです。(リマインド)
今回導入に同意したのは、在京5局(日本テレビ・TBSテレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)のみ。同じ在京局の一つである独立局のTOKYO MXは同意していませんし、地方局は一切関与していません

今後、地方局がどういうふうに動くのかが気になるところです。できれば、全国ネットの番組はキー局・ネット局問わずリマインド機能が生かせるようにしてほしいですね。


ラジオは既にradikoなどIPサイマル放送で有料ながらも全国で聞けるようになっています。テレビでも有料でも構わないので、見られるように環境を整えてほしいですね。そうすれば地方も含め切磋琢磨することになるのではと期待しております


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月11日

夏の新アニメ2014 その8 ハナヤマタ

夏の新アニメ、8回目は芳文社から刊行されている「まんがタイムきららフォワード」で連載中のマンガが原作の「ハナヤマタ」です。
この「ハナヤマタ」というタイトルは、作品に登場する人物の名前の頭文字をアナグラムにしたものだそうです。そして、この作品はYOSAKOI(よさこい踊り)を題材にした作品だそうで、このYOSAKOIは高知県のよさこい祭りや北海道のYOSAKOIソーラン祭りを中心に全国に広まっている総踊り(または創作ダンスの一種)のことを指します。かつて「3年B組金八先生」の中でもYOSAKOIを踊るシーンがありましたね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


関谷なるはごくごく普通の中学2年生。本当は幼い頃に見たシンデレラのようにヒロインになる日を夢見ながらも、自分には無理とたかをくくり、自ら殻に閉じこもったかのように普通の日々を選んでしまっていた


しかし、始業式のあった日の夜、お使いの帰りになるは月光の下に和服姿で踊る外国人の少女を見掛ける。彼女から一緒に踊らないかと詰め寄られるものの、最初はそれを拒んでいた。

翌日、その少女が転校生で、ハナ・N・フォンテーンスタンドという名のアメリカ出身の少女だった。彼女はよさこい部というYOSAKOIを踊るための部活を作ろうと一人で活動していたのだった。彼女のことが気になったなるは、自分を変えようと思い、彼女が創設したよさこい部に入部することになる



というふう。


まずこの作品、思った以上に映像がきれいだなと思いましたね。最近は地デジのおかげできれいな作品は多いんですけど、今作はとりわけきれいな映像でしたね。特にハナが踊っているシーンはなかなかです。登場人物に関しては、初回でじっくりと紹介されており、引っ込み思案ななると積極的で快活なハナ、そしてなるの友人で心配性(ともすれば保護者面っぽい一面を持つ)のヤヤの性格がよくわかりましたね。
ちなみに、ハナのテンションがかなり高めで、かわいいと思うかちょっとうっとうしい(苦笑)と思うか、このあたりで評価が分かれるんじゃないかなと思っております


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月26日

名古屋と大阪は妥当

何で東京はテレビ朝日じゃなくてテレビ東京なんや・・・。


何を嘆いているのかというと、ガンダムシリーズの一つで、最新作にもなる「機動戦士ガンダムUC」のepisode1~6までが地上波で放送されることが決まったからです。


「機動戦士ガンダムUC」は、第二次ネオ・ジオン抗争の直後を描いたもので、新たなるニュータイプの少年とネオ・ジオンに所属していたかつてのジオン公国の血筋を引く娘を軸に描かれる物語です。
実に4年掛かって続けられたシリーズの最終作がもうすぐ劇場公開となるのですけど、そのおさらいも兼ねてなのか、これまでの話が地上波で初めて放送されることになったわけです(既にテレビ初放送はアニマックスでオンエア済み)

その地上波初放送となる「地上波初!機動戦士ガンダムUC 完結記念 3週連続スペシャル」が、東名阪の3局で放送されることとなりました。
詳しい放送日時と時間は「続きを読む」でお話するとして、その放送局は、関東圏ではテレビ東京、東海3県はメ~テレ(名古屋テレビ)、関西圏はMBSテレビ(毎日放送)になります。
メ~テレはわかります。元祖のガンダム3部作(いわゆるファーストガンダム・Z・ZZ)が放送されたところです。MBSテレビもわかります。「機動戦士ガンダムSEED」をはじめとした最近のガンダムを放送してくれている放送局ですから。
でも、何でテレビ東京なんだ?と、疑問を抱いてたら、そうだった。「ガンダムビルドファイターズ」が最近まで放送されていましたわ(苦笑)。ゆえにテレビ東京だったのか。テレビ朝日にすべきと思ったのは、いわゆる平成ガンダムと言われるシリーズ(主に「機動武闘伝Gガンダム」・「新機動戦記ガンダムW」)をやってたからですね。ちなみに、「∀(ターンエー)ガンダム」はフジテレビの放送になります。


まぁ、そうなら仕方ないか(ギャハ)。一番最近だしねぇ。<これでお前はガンダムシリーズを見てないことがわかるな(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月11日

冬の新アニメ2014 その6 Wake Up, Girls!

冬の新アニメ、6回目はオリジナル作品になる「Wake Up, Girls!」です。この作品は、山本寛さんが監督を務め、メインキャストのWake Up, Girls!の7人はavex entertainment(プロデュースは子会社のDIVE Ⅱ ENTERTAINMENTが行う)と81プロデュースとの共同オーディションで選出されています。この選出された7人をモデルにキャラが描かれ、仙台市を中心にロケを行って製作されたというふうです。

また関東圏のテレビ東京と愛知県のテレビ愛知の第1回放送当日である1/10から劇場版「Wake Up, Girls!七人のアイドル」が公開されています。この作品は結成に至る過程を描いたもので、こちらも少し触れていきたいと思います。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。劇場版のあらすじも第1話を見る関係上一緒に記載しておきます。


2013年7月、所属タレントがいなくなったグリーンリーヴス・エンタテインメントで、社長の丹下と後にWake Up, Girls!のマネージャーになる松田は焦燥感に浸っていた。この状況を何とかするためにも、丹下はアイドルグループ結成に動くことになる。


必死のスカウト活動とオーディションを経て、6人のメンバーが集まった。しかし、核がないという丹下は、核になるメンバーを探すよう松田に命じる。しかしながらあてもないため途方に暮れることに。その時公園で出会ったのが人気絶頂のアイドルI-1クラブに所属していた元アイドル島田真夢だった。
過去の経緯もあり、Wake Up, Girls!に参加することを拒んでいた真夢だったが、松田の説得と同級生でWake Up, Girls!のメンバーになった林田藍里がする活動報告や一緒に行った先で行われる彼女達のダンスレッスンを見て、心を動かされることになる。


何とかデビューまでの道筋は決まるものの、とにかく泣かず飛ばずで苦戦続き。彼女達のデビュー曲もなかなかできずにいたが、何とか丹下に懇意のあったTwinkleに頼むことで曲もでき、インディーズデビューすることが決まった直前に、丹下が突如蒸発してしまう
突然の蒸発に困惑する松田とメンバー一同。今後の活動も見えてこない中、学生ライブの飛び入り参加と自身の過去のライブDVDを見て感銘を受けた島田の加入が決まることになる。


無事にクリスマスに行われた飛び入りイベントも終わり、新しい年を迎えた中、松田は今後の活動方針について頭を悩ませることになる。そこに新しいクライアントが現れるのだが・・・。



というふう。


この作品、正直劇場版を見る見ないで大きく違ってくるなと感じています一応劇場版を見なくても、大まかな流れを示してくれてはいるのですが、やはり詳細を知っていると第1話の流れがよくわかりますし、彼女達とマネージャーの苦労がよくわかります(苦笑)。

第1話そのものは極めて平坦というのか、ヤマのない作品になってしまっていますが、それでも彼女達の個性というのはかぎ分けられる作りにはなっています。その証左として事務所でクライアントを迎える際にメンバーが楽天的なのと懐疑的な人達と分かれて座っているというはっきりとよくわかるよう演出されていて、キャラ掴みはOKというふうにも感じ取れます。

しかし、この作品はとてもグイグイと引き込まれる素晴らしい作品になると確信しています。というのも、劇場版あってのこのアニメ・・・という部分が強いからです。
先述の通り、Wake Up, Girls!の結成までの課程を描いた作品なのですが、そこで各メンバー(特に真夢の心の動きをフィーチャーしたもの)の個性や性格が色濃く出ており、かつ事務所の2人の動向もよく現れています。そこで丹下演じる日高さん、あなたのアイドル時代の黒歴史(笑)に触れているかのような演技でしたなぁ(ニヤニヤ)。さもわかっているかのような(以下略)。


正直、期待以上の作品になっています。ヤマカン(山本寛さん)だからと二の足を踏んでいる人、見とけ(爆)。で、劇場版を見られるのなら絶対見ておけ。没入感が違うぞ。


放送局・放送時間などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月08日

冬の新アニメ2014 その4 ディーふらぐ!

冬の新アニメ2014、4回目はKADOKAWA / メディアファクトリーから発売されている月刊コミックアライブで連載中のマンガが原作の「ディーふらぐ!」です。
この作品は前から気にしていた作品で、個人的には気に掛けていた作品でもあります。ゆえに、この放送がどうなるのか期待したいところです。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


府上高校一番の不良として知られる風間堅次。彼はひょんなことをきっかけにして、風間一派という不良仲間達と共にゲーム製作部の部室を覗いてしまう。すると部室内で花火をしていたためにカーテンに火が燃え移ってあわや大災害に。堅次達風間一派の必死の行動で事なきを得たが、元々部員が集まらず廃部の危機に陥った状態のゲーム製作部にとって、今回の失態が外部に漏れてしまったら、すわ一大事。部員達は今回の一件のもみ消しのために、仲間達の記憶を飛ばし、堅次には半ば強引に入部させる策を練る。

その強引な勧誘の果てに結局は部長である柴崎芦花が助けてくれたことで入部を決めるのだが、部員+顧問のアグレッシブともエキセントリックとも言える活動に堅次は呆れるのを通り越してしまうのだった。



というふう。


肝心の内容なんですが、ギャグアニメということなので、面白さがキモになるのですが、その面白さが何ともはや滑ってる感があり、総じてあまり面白くないというふう。笑えるシーンもなくはないのですが、あまり期待しすぎたせいか面白みは半減してますね。
今後次第かなというふうですけど、個人的にはこのまま低空飛行・・・なのかなといぶかしがっているくらいです。残念。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月27日

遂にこの番組までもがDVD化されるのか

テレビ東京系で放送されている「土曜スペシャル」(地域によって放送時間が異なる。独立局やテレビ東京系のない放送局へもネットあり。ただし放送内容によっては差し替えあり)。毎回様々な独創的なテーマで放送されるわけですが、テレビ東京制作という関係上関東ローカル的なものも多く、非常にムラのある番組でもあります。


その中でも、キラーコンテンツとして注目を浴びているのが、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」
太川陽介さんと蛭子能収(よしかつ)さん、そしてマドンナと呼ばれる女性ゲストがパーソナリティによる旅番組で、3泊4日で路線バスだけ(ルートがない場合は歩く)で目的地に向かうというもの。その際、ケータイなどで情報を仕入れず、地元住民の聞き込みと自分の足や地図で調べることのみでしか旅を進められないという過酷な旅でもあります。しかも名所・名物・名産品の紹介は全くと言っていいほどないです(爆)。蛭子さんが皆目興味無さげですから(笑)。
しかし、その苛酷さとは裏腹に、太川さんのリーダー感あふれる行動とその対極に位置する蛭子さんのフリーダムすぎる行動(逆に太川さん達には迷惑を掛けっ放し(笑))が番組の大きな魅力となり、ここ数回は10%以上の高視聴率となり、テレビ東京が元気な放送局である証拠の一つとして見られることもあります。


その「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」がDVD化されることが決まりました

今回DVD化されるのは、放送第8弾になる「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 京都~出雲大社編」(2011年3月26日放送。ゲストは川上麻衣子さん)と放送第12弾で初の2時間半スペシャルになった(現在は定期放送が2時間半になっている)「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 松阪~松本城編」(2012年9月1日。ゲストは加藤紀子さん)の2本。どちらもなかなかドラスティックな展開をしている魅力あふれる回でもあり、この番組の面白さが凝縮されているいい回ですね・・・と思わず納得のセレクトでもあります。
見たことのない人の方が多い番組ではあるんですけど、一度見ると、旅好きの人もバラエティ好きな人も面白くてついつい二度見三度見してしまうやもしれません


なお、最新作は2014年1月4日、「館山~会津若松 ローカル路線バスの旅 ふれあい珍道中」として放送されます。お楽しみに。


ローカル路線バス乗り継ぎの旅 京都~出雲大社編 [DVD]
ローカル路線バス乗り継ぎの旅 京都~出雲大社編



ローカル路線バス乗り継ぎの旅 松阪~松本城編 [DVD]
ローカル路線バス乗り継ぎの旅 松阪~松本城編



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月07日

夏の新アニメ2012 その4 トータル・イクリプス

夏の新アニメ、4回目はPCゲーム「マブラヴ」・「マブラヴ オルタネイティブ トータル・イクリプス」からのスピンオフ作品である「トータル・イクリプス」です。
このスピンオフ、元々は雑誌のコーナー(小説)から展開されたものですが、マンガやラジオ放送(文化放送で放送されている「ラジオ トータル・イクリプス」(現在は「Super a-hour」の一つ))でも展開され、マルチに広がっています。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


1958年火星で発見された地球外生命体BETA(Beings of the Extra Terrestrial origin which is Adversary of human race、つまり「人類に敵対的な地球外起源生命」)は、1967年に月で初接触して以来、人類との戦争が継続的に行われており、人類は防戦一方かつ多大な犠牲者が出ていた
BETAの侵攻は止まらず、1973年には地球降下を許してしまう。1998年には日本に侵攻、2001年にはユーラシア大陸のほぼすべてを掌握されるに至った。

京都の衛士(戦術機のパイロット)養成学校生だった篁(たかむら)唯衣は、帝国斯衛軍の一員としてアラスカの基地に新計画の遂行責任者として派遣されることになった。



というふう。


今回は篁の衛士養成学校生時代の話。世界の情勢を語りながらの進行だったため、それほど大きなヤマはない。でも、この後の凄惨な場面が流れる(恐らく次回になると思われ)前の嵐の前の静けさかと思えば、ヤマのない展開は造作もないのかもしれない。

メインストリームになるアラスカでの話はこれから先になりそうなので、今この段階での判断は難しいものの、今のところは平穏で平坦な感じですね。


放送局などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

夏の新アニメ2012 その3 ゆるゆり♪♪

夏の新アニメ、3回目はコミック百合姫(一迅社)で連載中の4コママンガが原作の「ゆるゆり♪♪」です。
2011年(丁度1年前)に第1期が放送され、ブレイクポスト「けいおん!」を模索していた業界側にとってはまさしく『宝の山』だったに違いありません(皮肉にも、その金鉱脈を当てたのが、「けいおん!」のディスクを販売しているポニーキャニオンだったりする)
前期は後半(終盤)ちょっと食傷気味かつ失速感を否めなかったのですが、今回はどうでしょう。


あらすじは続きモノなので割愛。


気になった第1話の感想ですが、かなりぶっ飛ばしてたな(笑)。初っ端からロボットアッカリーンって(ニヤニヤ)。まるで小●幸●さんみたいやないか。<やりすぎると、事務所の社長と揉めるよ(ニヤニヤ)。
前半はアッカリーンの夢で終始(しかもかなりのご都合主義(笑))しているし、前期を見ていない人にも馴染みやすいようにはなっていましたね。後半は温泉旅行ネタということで、よくも悪くも安定していましたね。


このデキであれば、今期も十分に期待できるのではないのでしょうか。あとは食傷気味になりかねないネタのしつこい振りを抑制してくれれば、結構面白くなるんじゃないかと思いますね。
放送局の詳細は「続きを読む」にて。


ゆるゆりvol.1(OPテーマ生徒会ver+音声ドラマ入りCD&ピンコレ第1弾:あかりPIN、ちなつPIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray]ゆるゆり(第1期)1234クチコミを見る
56



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:26Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月13日

春の新アニメ2012 その3 戦国コレクション

春の新アニメ2012、3回目はコナミが展開しているソーシャルゲームが原作の「戦国コレクション」です。
2012年3月現在300万人が遊んでいるとのことで、近日ブラウザ版が配信されるとのことです。この「戦国コレクション」はイケメン(男)武将と女体化武将の2パターン(?)が用意されているようで、今回は後者の女体化された武将が活躍するというお話になっています。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


我々とは全く違う時間軸にある異世界の戦国時代。そこでは我々のよく知る戦国武将達が女性になって活躍し、群雄割拠の時代を生き抜いていた
しかし、その群雄割拠の時代で活躍していた戦国武将達、そして同じ異世界の文化人達もが突然異世界(つまりは我々の世界)に飛ばされてしまう
自分達の世界にない物ばかりで戸惑いながらも、徐々に順応していく彼女達ではあったが、自分の世界に戻るために自身の体に埋め込まれている宝玉を集めるために、一緒に飛ばされた彼女達を探すのであった。



というふう。


実はこの作品、全くのノーマーク。面白いんかしらといぶかしながら見ていたわけです。
しかし、まぁ予想より面白かったなと。よくある異世界に来た人が驚いて戸惑いながらも順応していくというありふれたものながらも、丁寧に描かれていたのは好感触。
ただ、イラストがもさいというのか何と言うのか・・・この点でかなり損をしているんじゃないかと思います。キャストも若手中心ということで正直訴求点が難しい作品でもありますが、上手くやれば化けるんじゃないのでしょうか。こういうところは、その昔やっていた、コナミ提供のアニメ作品である「セイントオクトーバー」にも言えたことですが・・・。


これから転がり方次第では面白くなりそうですけれども、ヤマのないまま迎えると厳しいのかもしれません


放送局・放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月30日

イカ娘がミニストップを再び侵略したでゲソ!

10/25~11/13まで、東名阪のミニストップで「侵略!?イカ娘」のコラボキャンペーンが行われています。
以前にも行われていたので、今回は2度目の侵略です(笑)。


PA0_0590対象メニューはいくつかあるので、この中で代表的なものと公式でも紹介していないものを。

左から、海老マヨ塩やきそば・エビとブロッコリーのサラダ・まんまるエビチャーハン(おにぎりタイプ)
ちなみに、エビの入ったものは対象商品という大雑把な考えで行けば、たいていのものが買えます(苦笑)。イカ娘らしい(爆)。



PA0_0617対象品のもう一つ、お菓子。
こちらはミニストップのPB商品「おやつラボ」から。左から、えびポテト・えび揚げせん
これ以外にも、お菓子なら、ブロマイド入りよっちゃんイカ食品以外なら、「海の家れもん」のペーパークラフトも対象になっています。中はペーパークラフトだけでなく、よっちゃんイカが入ったものになっていますよ。



味は、海老マヨ塩やきそばはマヨネーズをかけなくても濃い味がするので、マヨネーズはなくても十分美味しいですよ(ニヤニヤ)。<あるの忘れて掛け損ねたというツッコミはなしよ(ニヤニヤ)。
エビとブロッコリーのサラダは、まぁ普通。まんまるエビチャーハンはまぁまぁの味。少々薄味でしたね。
というわけで、この中では海老マヨ塩やきそばがオススメ。

一方で、お菓子の方は、どちらも美味しいかと。105円にしては十分すぎる内容です。
えびポテトは軽い口当たりとほどよい酸味が後を引くものになってますし、えび揚げせんはエビの濃厚さが伝わるサクサク味になってます。


なお、今回のキャンペーンは対象商品を買ったうえで、500円以上のレシートを専用応募ハガキに貼り付け、欲しい商品に○を付け、住所氏名等を書いて送るものになっています(要50円切手)基本的に必要なレシートは1枚(ただし、デジタルフォトフレームは2枚)なので、簡単に集められるのではないのでしょうか。<それだけ、抽選の確率は跳ね上がるがな(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(2)TrackBack(0)

2011年10月14日

秋の新アニメ2011 その9 侵略!?イカ娘

秋の新アニメ2011、8回目は週刊少年チャンピオンで連載中、昨年秋にはテレビアニメ化もされた「侵略!イカ娘」の第2期「侵略!?イカ娘」です。第2期ということで、タイトルに『?』が入りました。
「WORKING!!」と同様、第1期は予想以上の大人気で、関連セールも好調。満を持して2期が制作されました。


あらすじは、前期の続きというふうなので割愛。今回も海の家れもんを中心に繰り広げられるギャグアニメであることは変わりません。

で、普通2期を始めた場合、新規の人にもわかるような1話を改めて作るか、新規お断りな1話のどちらかを作るのですが、今回は前者の方を選択しています。それでも、作品の流れはぶった切るふうではなく、自然と(かついかにもそういうシーンを作った感じではなく)各登場人物がどういう人なのかを説明しているので、すごく流れがよくてわかりやすいですいい2期の始め方の一例として挙げられるくらい素晴らしいです。
それでいて、前期よりもテンポがよくてノリがよくなっていますね。これなら作品をしっかり見ていない人でも付いていけるかと思いますし、1期の内容も見てみたいと思わせるだけの力もあるかと思います。

これはオススメです。見たことない人もぜひとも見てほしいと言いたくなるくらいいい作品です。


今回2期を組む作品は悪くないですね。普通は2期になると視野が狭くなったり最悪グダグダになるんですけど、これはいいですよ。


あとは、2期になってからスポンサーが深夜帯なのに増えたねぇ(感涙)。
キャンペーンだけなのもしれないけど、ナムコとミニストップが独自のCM組んでるし。ミニストップがCM出すなんてスポットCMも入れたら数年ぶりだろうけど、スポンサードになるとどれくらいぶりなんだ(苦笑)?
そして、よっちゃんイカことよっちゃん食品工業イカ娘で大フィーチャーだよ(笑)。その他、これまた最近影の薄いタイトー(現スクウェア・エニックスの傘下)ともう1社、そこにポニーキャニオンも入って、まるでゴールデンタイム並(爆)。
いや一昔前ならこれくらい入ってたんだよねぇ・・・。ラジオだと「オールナイトニッポン」とかでも。


放送局の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)TrackBack(0)