2014年07月31日

夏の新アニメ2014 ランキング ベスト

今回の夏作品のランク付けをしていこうかと思います。
夏に関しては、続きモノが多かったせいもあり、続きモノの作品が上位に食い込むんじゃないかなと思っていましたが、蓋を開けてみると結構秀作揃い。どうしようかなと思ってしまったほどです(苦笑)。なお、今回もベスト3・ワースト3で見ていこうかと。


今回のベストは、「月刊少女野崎くん」
毎回新キャラが登場するような感じで現在進行していますけれども、既に出てきたキャラにも新たな魅力がにじみ出て来て、それが面白いんですね。第1話の自転車のシーンしかり、ベタ塗りの回しかり、どこかずれているんだけども、それが嫌味に感じられないどころか更なる面白みを含ませてくれていて、常に爆笑ですね。久しぶりに何回も見たいと思わせる作品になっております。

2位は、「ハナヤマタ」
とかく、ハナの底抜けの明るさとポジティブさが見ている人間の心に透きますね。まだよさこいとしての活動は見えてこないものの、主人公のなるの心は、徐々にそのネガティブな面を溶かしてくれていますね。

3位は、「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」
この作品は、ほんわかしていながらも要所は締めていますね。雨が降るイベントの中で少しでも客の意識を繋ぎ止めようと水着になる姿勢とかは、なかなかできないですよ。ちょっとずつですけど、主人公の奈々子の成長が垣間見えます。

次点は、「モモキュンソード」
「RAIL WARS!」・「ソードアートオンラインⅡ」・「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!」と悩んだ中で、この作品をば。
最初ダメかなと思ってたんですが、毎回毎回楽しみに見ている作品となりました(笑)。頭の中を空っぽにして見られるバカアニメですけど、これが実に楽しい。ベタな展開や内輪ネタとかが絡んでいるのですけど、それが出て来ても妙にうなづけてしまうのが怖い(爆)。エログロナンセンスが好きな人にもオススメです。


次回はワースト3の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月11日

夏の新アニメ2014 その8 ハナヤマタ

夏の新アニメ、8回目は芳文社から刊行されている「まんがタイムきららフォワード」で連載中のマンガが原作の「ハナヤマタ」です。
この「ハナヤマタ」というタイトルは、作品に登場する人物の名前の頭文字をアナグラムにしたものだそうです。そして、この作品はYOSAKOI(よさこい踊り)を題材にした作品だそうで、このYOSAKOIは高知県のよさこい祭りや北海道のYOSAKOIソーラン祭りを中心に全国に広まっている総踊り(または創作ダンスの一種)のことを指します。かつて「3年B組金八先生」の中でもYOSAKOIを踊るシーンがありましたね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


関谷なるはごくごく普通の中学2年生。本当は幼い頃に見たシンデレラのようにヒロインになる日を夢見ながらも、自分には無理とたかをくくり、自ら殻に閉じこもったかのように普通の日々を選んでしまっていた


しかし、始業式のあった日の夜、お使いの帰りになるは月光の下に和服姿で踊る外国人の少女を見掛ける。彼女から一緒に踊らないかと詰め寄られるものの、最初はそれを拒んでいた。

翌日、その少女が転校生で、ハナ・N・フォンテーンスタンドという名のアメリカ出身の少女だった。彼女はよさこい部というYOSAKOIを踊るための部活を作ろうと一人で活動していたのだった。彼女のことが気になったなるは、自分を変えようと思い、彼女が創設したよさこい部に入部することになる



というふう。


まずこの作品、思った以上に映像がきれいだなと思いましたね。最近は地デジのおかげできれいな作品は多いんですけど、今作はとりわけきれいな映像でしたね。特にハナが踊っているシーンはなかなかです。登場人物に関しては、初回でじっくりと紹介されており、引っ込み思案ななると積極的で快活なハナ、そしてなるの友人で心配性(ともすれば保護者面っぽい一面を持つ)のヤヤの性格がよくわかりましたね。
ちなみに、ハナのテンションがかなり高めで、かわいいと思うかちょっとうっとうしい(苦笑)と思うか、このあたりで評価が分かれるんじゃないかなと思っております


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)TrackBack(0)