2016年11月28日

第3のBRT始動?

名古屋市が市の中心部を回るバスをBRT(バス高速輸送システム)にする計画を明らかにしました。
BRTとはバス・ラピッド・トランジットと言い、高速かつ大量に運ぶことができる・低床化が図られているため、身体の不自由な人やベビーカーをひいて来ている女性などが乗りやすいなどのメリットがあるとされます。現在中心部は地下鉄や市バス(小型のループバスなど)で向かうことができるものの、輸送力という点では地下鉄は大量には運べても輸送力は限界に達しており、市バスはルートが様々あり不便さが際立っていました。かつ小型バスがメインなので、輸送力にも難がありました
そこで、名古屋市はリニア開業を見据え、専用のレーンを設けて、名古屋駅を起点に名古屋城・栄(テレビ塔)・大須を環状線状に繋ぐことで各繁華街の賑わい創生を図っていくためにBRTを企画したのです。


実は、名古屋市はバス事業では先進的とされ、BRTもこれまで3路線設けられているのです。

一つ目は基幹バス1982年に栄~笠寺駅・星崎・鳴尾車庫(2003年までは総合体育館のルートも存在した)で運行開始し、1985年には名鉄バスとの共用で名古屋駅・栄~猪子車庫・引山・四軒家に向かう路線も運行されました(名鉄バスは、さらに藤が丘・尾張旭・瀬戸・長久手などにも向かう路線がある)
特徴的なのは、2号系統と言われる新出来町線で、道路の中央にバスレーンとバス停が設けられています1号系統である東郊線にも設ける予定でしたが、都市高速(名古屋高速)が中央に設けられていたため実現できず、路線の端に専用レーンが設けられたという逸話があります。

二つ目はゆとりーとライン(名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線)
こちらは、2001年に運行開始。大曽根~砂田橋は地下鉄名城線と並行して走っています。
特徴的なのは、大曽根~小幡緑地で高架の専用路線が設けられており、バスから専用の車輪が飛び出し、モノレール(運転免許上はトロリーバス)のように運行され、そこから先は専用の車輪が引っ込んで、一般のバスと同じ走行をします


そして、今回の計画路線。バスは連節バスになるということで、千葉や岐阜などで走っているもののようなバスになるんでしょうね(ということは、必然的にメルセデス・ベンツのバスになる(笑))。
将来的には自動運転もできるようにしたいとのことなので、路面電車とかもよかったけど、潰しの利くバスなら、色々な転換も可能だと思うのよね。幸いなことに、広い道路が名古屋は多いので、大型のバスになる連節バスが走るのにも困らないでしょう。
できることなら、環境負荷の少ないバスを運行して、環境都市の仲間入りを果たしてほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月05日

東北へ。2015② 仙台空港から陸前高田まで

SHL23_1440仙台空港駅からは第三セクターである仙台空港アクセス線(名取以降はJR東日本(東北本線)に乗り入れ)で仙台駅まで向かい、そこからは東北新幹線で一ノ関駅に。

仙台から朝イチで出発の場合は、バスで行った方が時間は掛かっても、効率の面で見ると利便性が高く、少し安いという場合もあるが、今回のようなパターンで行くと、どうしても本数の少ないバスは不便になってしまう。だからといって石巻経由は現状(少し変わるかもしれないあたりは後々語っていくかも)まだ不便なので、鉄道で行ってなおかつ石巻ではなく一ノ関で経由した方がまだマシなようです。新幹線というショートカットアイテムもあるので。
ただ、今回に関して言えば、在来線乗り継ぎでも十二分に対応可能だったと後悔しております。
写真は、一ノ関駅に置かれているポケモン像の一つ。



ここで2時間以上待ちぼうけを食らうことになる。在来線経由ならば、そこまで待たされることはなかったかと。


SHL23_1441その元凶(爆)が、この「ポケモントレイン号」一ノ関駅から気仙沼駅まで走るディーゼル車です。
前にも書いた通り、全席指定であり、かつ指定席券が無いと乗れないという完璧なまでのイベント列車でしたよ(泣)。



SHL23_1442仕方ないので、後から来た電車も暇潰しとネタのためにパチリ。

こちらは「ジパング号」というものだそうな。平泉などに行く時(その際は、「平泉ジパング号」など)にもこの列車が使用されています。こちらは指定席と自由席の混合列車(全席指定の場合もあり)



さすがに2時間以上待たされるので、ここでお昼を・・・と思い、(駅から)出られるのか尋ねたところ、100km以内なので、途中下車可能とのことらしい。でもねぇ、1時間以上待たされるのなら、そんなケチくさいこと言わずに途中下車ありにしてほしいけどねぇ。できない事情もわかりますけどね。


SHL23_1444そこで、駅中にある茶屋「芽吹き屋」一ノ関駅店に行ってきました。

「芽吹き屋」は岩手県花巻市に本店を構える食事処と和菓子屋を兼ねた店で、関東(東京など)にもあるそうですね。
その中で、東北らしい(?)ものとして、納豆おろしそばをまずチョイス。



味は、かつお節から採ったキレのあるだしに、納豆の風味がマッチしてるばかりか、大根おろしが入っているので、味をそれ以上濃く(前面に出)させない役割も果たしていますね。納豆のおかげか、そばのおかげか、ただお腹が空いているだけなのか(苦笑)、さらりと入っていきました。


SHL23_1445そして、「人気爆発」と書いてあったため、迷った揚句一緒に注文した「餅グラタン」なるものを頂くことに。頼む際には時間に注意(混んでいない時でも10分以上掛かる場合あり)。
餅の入ったうどん・そばは聞いたことあるけど、まさかグラタンって・・・。ドリアじゃないんだから合うのかねぇ?



その疑問を挟んだこと事態が間違っておりました(汗)。非常に絶妙な味でした。うへー。
クリームソースに餅って合うのね。米と違いベトっとした感覚がないので、この組み合わせはもっと流行らせるべき。正月に残った餅の有効活用としてもOKな気がする。
なお、一緒に写っているタバスコを掛けると、味が薄いなと感じた人にいいかもしれません。実は珍しくタバスコを瓶の中身が無くなるまで掛けていないんですわ(しかも全く)。クリームソースそのものは薄いわけではなかったのと、マッチしすぎてあっという間に食ったというのもあるんですが(ニヤニヤ)。
そんなことをしていたら、次の電車(正確にはディーゼル車なので汽車なのだが、面倒くさいので電車で統一)の時間がやって参りました。ここから気仙沼駅まで80分くらい掛けて向かいます。皮肉なことに、飛行機で名古屋(中部国際空港)から仙台まで向かうのとほとんど同じなのよね。


SHL23_1475そして気仙沼駅に到着
本来大船渡線は、その先にある岩手県大船渡市にある盛(さかり)駅まで伸びているのですが、震災の津波により路線および駅舎・ホームの一部が流失。それでも鉄道復興を望む付近住民の声は強く、何とかBRT(バス・ラピッド・トランジット)で盛駅までの区間を復興させました



SHL23_14751そして、これがBRT専用バス見た目は普通の路線バスと変わらないと言ってもいい。運行は岩手県交通とミヤコーバス(宮城県内を走る場合)が代行しております(車両はJR東日本所有)
このバスでは、ICカード(Suicaとodecaという専門のカード)が利用できます。一部のICカードであれば、区間内で利用可能になっています。



BRTは一部の区間で大船渡線のレールを引き剥がし、その上にアスファルトを敷いて専用線にしています。ただし、一般道に合流する区間もあり、専用道の出入口には車が進入しないようにポールが据えられております。また元々単線だったこともあり、信号機付の待避線も用意されています。一定時間停車すると対向車がいない場合は、青になるという感知式のようです。車載コンピューターが積んであるものと思われます。


バスに揺られて30分ほど。今回最初の目的地、陸前高田に向かいます。次回はその目的地の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)