2020年06月19日

ドルアーガの塔を買ったつもりがワープマンになってた

すげーよ!別のゲームにワープしているよ!ホント、名前の通りになってるよ(ギャハ)!


・・・とまぁ、これはこれでうれしいと歓喜する人もいれば、ふざけるなとお怒りの人もいらっしゃったことでしょう。全ては昨日(6/18に)発売したあるゲーム作品の出来事です。


昨日発売した「ナムコットコレクション」。ファミコン時代に発売したナムコのゲームソフトを遊ぶことのできるオムニバス集になっております。この作品はパッケージ版とダウンロード版の2種類で展開されており、今回問題になったのは、ダウンロード版の方。

ダウンロード版の特徴として、今回第1弾として展開された10本をまとめて買うこともできれば、欲しいソフトだけを1本ずつ購入することもできるようになっています。そのため、お目当てのソフトだけ買うという人が解禁日早々に買ったら・・・おい、欲しいソフトと違うソフトがダウンロードされたぞ、となったわけです。
何と今回配信された第1弾の全作品(10作品)が、本来配信されるべき作品と違うものにすり替わっていたのです。これはいけない!しかし、本当に問題だったのが、10作品中8作品が、第1弾の収録作品ではなかったという点。その入れ替わってるリストが以下の通り。左が本来配信されるべき作品で、右が誤って配信された作品になります。


  • パックマン → ギャラクシアン(第2弾)

  • ギャラガ → マッピー(第2弾)

  • ドルアーガの塔 → ワープマン(第2弾)

  • バトルシティ → ドルアーガの塔

  • スターラスター → パックランド(第2弾)

  • ファミリージョッキー → ドラゴンバスター(第2弾)

  • 妖怪道中記 → ファミリーサーキット(第2弾)

  • ドラゴンスピリット → ファミリーピンボール(第3弾)

  • クインティ → ドラゴンスピリット

  • スプラッターハウス → ケルナグール(第2弾)

見て頂いてわかる通り、「ドルアーガの塔」と「ドラゴンスピリット」だけが、ダウンロードの中身が違えど、一応第1弾のタイトルとして配信されていますけれども、それ以外は第2弾(8月配信)ないしは第3弾(10月配信)の作品だったのです。
こう見ると、リンクを第2弾を軸にしたもので貼ってしまったのが原因なのかなと思うんですけど、そうなると何で第1弾や第3弾が混ざってしまったのかがわからん。いずれにしても、ケアレスミスの可能性はあるなぁ・・・。
そもそも、8月や10月配信予定のものが、もう完成形になっていたのもすごい(移すだけだから早いという見方もできるけど(苦笑))。ただ、それなら一度に配信すればいいんじゃないのとか思ったりするんだけど、これはマーケティングというのか小出し戦法というものなのかねぇ・・・。


冒頭にも書いた通り、本来と違う作品が遊べるようになっても、それはそれで遊べるのだからいいよねという意見もあれば、本来遊びたい作品が遊べないなんてふざけるなよという意見もあるわけです。思い入れのある作品ばかりなだけに、そう思うのもわかります。


もちろん公式は、こんな事態を放っておくわけにはいきません。その日の午前10時から配信を停止し、現在もダウンロード版の再販は未定(6/19現在)になっております。今回誤ってダウンロードされてしまった作品の対応も未定です。交換になるのか、誤ってもらった作品はそのままもらえるのか・・・。よもやもう1回お金出して買ってねというふうにはならないでしょうけど(苦笑)。


ナムコットコレクション -Switch
ナムコットコレクション



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:39Comments(0)

2018年02月16日

鉄道ICカードだってまとめられたんだ

ゲーム業界だってできないことはないんじゃないの・・・という無言のプレッシャーにさいなまれたんでしょうか。遂にゲーム業界も重い腰を上げました


アーケードゲームで大手のバンダイナムコエンターテインメント、セガ・インタラクティブ、コナミアミューズメントの3社は、これまで別々だったユーザー認証用のICカードの規格を統一化することで合意しました。
このICカードは、プレイヤーのデータ(ハイスコアや勝敗といった成績やキャラカスタマイズなど)をデータ化して管理しているもので、少なくとも2000年代前半から仕様化されていたと思います。恐らくですが、ネットゲームがアーケードで席巻した頃に歩調を合わせて普及したんじゃないかなと。そう、コナミアミューズメントから展開されている「クイズマジックアカデミー」や「麻雀格闘(ファイト)倶楽部」などですね。
ただ、このICカードの仕様は、独自性が発揮されていたのと、他社間の交流がなかったこともあり、普及はすれど統一されることはなかったんですね。開発に多大な費用が掛かっているのも大きな理由でしょうし、企業秘密も絡んでくるでしょうからね。またセガのように、コンシューマーハード(ドリームキャスト)時代の記録媒体の絡みで、カード化されていなかったこともありました。

大きく統一に舵を切った理由は、これも推測ですが、アーケードゲームの頭打ちにあるのではと思っています。
ゲームセンターは各社の筐体が置かれています。なのに、カードが統一化されていないばかりに、毎度毎度その会社のカードを懐から出してログインするというのは非常に面倒。ええと、これはセガの、これはコナミの、これはバンナムの・・・なんてやってたら、プレイ時間が削られてしまう。その間に1回分のインカムを稼ぎ損なうかもしれません。


今回3社が統一(実は、セガとバンダイナムコエンターテインメントはカードの統一化を図っているので、コナミがこの流れに合流するとも取れる)することで、他の会社もその流れに乗ろうとする動きも出てくるかもしれません。
ただ今回の一件で問題になってくるのは、カードの後継先をどうするかでしょう。3社共通のカードを作って、それを専用の機械でコピーするのか。スマホアプリで管理する形にするのか。はたまた今手持ちのカードに移す形になるのか。まだ詳細な発表がありません。煩わしい思いをするのはユーザーなので、できる限りわかりやすく優しい方法で移行を進めてもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:33Comments(0)

2016年05月23日

なぜ5年前に気付かなかった!?

2011年4月14日にPSPで発売された「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」。その中に「装甲騎兵ボトムズ」が登場しているのですけれども、その作中のキャラが入れ替わっている事実とあるツイッター利用者によって発覚しました。


その人は、この作品に登場する双子キャラのアロンとグランが大好きらしく、アイコンもアロンのイラストになっている他、それに関する同人誌も発行しているらしい。
しかも驚かされるのが、しっかりと見分けられるポイントを持っていることを熟知している点。その上で、これを間違えたのは、スパロボスタッフなのかサンライズ側なのかと思い悩み、その後気付いてしまった自分に動揺しながらも、登場時のワイプで袖の色が見えることで見分けられる(前述で書いた「見分け方を熟知している」というのは、この理由)ことから、サンライズ側が間違えて紹介しているのではないかという意地悪な推測に至るという、好きじゃなければここまで言えんわいなという結論に達してしまうというすごさ。そして、それを補完するかのように、このキャラの扱いの詳細を延々と書いてしまうのだよ、この方(いわく、スタッフでさえも間違えるキャラだったらしい(爆))。
極めつけは、なぜわかったのかという点。今回間違われたワイプの絵が、彼らの初登場シーンのイラストだったからということ。もう、おみそれしました(汗)。


じゃあ、こんだけ好きだったのなら発売当初に分かっていたのではないのかという疑問が沸いてくるのですが、そのことに関しては語られていません。少し疑問に思っているので、掲載した「ねとらぼ」さんに聞いてみようかと思います(苦笑)。


ここまでキャラ愛に目覚めた人はそうそういない。たまにテレビで紹介されることはあるものの、エキセントリックに感じるんですよね。でも、人間どこかにそういう部分はあって、それがあるから人間って進化できたのだろうと思っております。やり過ぎや度を過ぎるのはよくないけど、これは重要だと思うのよね。


ちなみに、バンダイナムコエンターテインメントの関係者は、この件について現状伝えられることはないとのこと。寺田さん(ニヤニヤ)!


第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 PSP the Best
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 PSP the Best



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)