2017年11月20日

サラダチキンの定義を覆した!

SHV32_1607こちら、ファミリーマートで販売しているサラダチキン。ここ最近、鶏ムネ肉が大ウケなのですけど、ここまで来ると驚愕の域。
それが、「国産鶏サラダチキン カラムーチョ ホットチリ味」湖池屋のポテトチップス「カラムーチョ」とのコラボ商品です。
見るからに辛そうな・・・。まぁ、「カラムーチョ」だし(汗)。



封を開けてまず思ったのが、強烈なにんにくの香り「カラムーチョ」ってここまでにんにく使ってたっけと思えるほど強烈な香りです。初見でこの香りを食らうと、かなり面食らうのではないのでしょうか。
で、頂いてみてもにんにくの風味抜群辛いのも大概だけど、にんにくの味わいも結構だわ。ほんの少しだけ酸味もあるのかな。その点では、「スッパムーチョ」とのコラボも可能なのかな。


確かに辛い。でもにんにくの風味もあって辛味よりも香りが抜群に引き立つものになっています。残っている汁もまま辛いのに、すごいにんにくの香り。でも、あっさり味の鶏ムネ肉を食べるには、これくらいのインパクトが欲しいね。実にわかります。


臭いが気にならなければ、この商品を頂いてみるといいのかなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)

2017年11月14日

ファミリーマートが日本の味を提供⑨

SHV32_1608舌の根も乾かぬうちに、第9弾にまでなったこのシリーズ(笑)。
今回は、富山から「ブラックラーメン」です。基本的には「富山ブラック」と呼ばれることの多いラーメンです。このブログでも過去何回か紹介しているので、ご存じの方も多いのではないかと。



その味はというと、一般的には、濃くてしょっぱい、かつこしょうの粗びき具合でこしょう辛いのですが、このラーメンはそこまでエッジの利いたものにはなっていません悪く言えば、物足りないですけど、よく言えば、誰もが楽しめるような味でもあります。それでも、普通のスープに比べたら濃いのかも。もちろん、粗びきこしょうが掛かっているので、噛んだらピリッと来ますよ(ニヤニヤ)。
そんなこともあり、しょっぱくも無く、濃くも無い。かといって薄いとも感じないので、平均的な味わいのラーメンになっております。先述の通り、物足りないと言えば物足りない、でも誰もが美味しく頂けるのなら、この妥協もやむなしなのかね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2017年11月12日

ファミリーマートが日本の味を提供⑧

SHV32_1606ファミリーマートがお届けする「ニッポン味わい探訪」。
今年の5月から始まって、半年がたった今も、絶賛継続中(笑)。過去、宮崎愛知石川新潟北海道(丼)・鹿児島・福岡北海道(麺)岡山の名物が紹介されました。
今回は、兵庫県から「そばめし」公式では「そばめしおむすび」として紹介されています。

そばめしは兵庫県神戸市長田区で生まれた下町の味です。元々は、刻んだ焼きそばの麺を米と一緒に炒めたものなんですね。今回はそれをおにぎりにしたものです。



これはまずいわけないでしょう(ニヤニヤ)。酸味のあるソースで炒められたご飯と焼きそばがどれだけ美味いのか。初見の人達には是非とも体験してもらいたいですわ。
で、やはり美味かった(笑)。
焼きそばの麺がもちもちしていて、ごはんはしっとり。そして酸味のあるソースが食欲をそそり、パンチの利いている味わいもいいアクセントになっています(これは酸味のあるソースの中にあるもの)
神戸のソースは、オリバーソースが有名なんですが、いわゆるどろソースと言われるもので、味が絡みやすいんですよね。それでいて、ソースの中に入っている下り物がパンチのある味わいに繋がっていて、たまりません
値段も130円(税込)と案外リーズナブル。ホントに食べたことない人は食べてみて下さい。美味いですよ、これ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2017年11月11日

みーそとーんちゃーん!

SHV32_1565というわけで、ファミリーマートで発売している「味噌とんちゃん」の紹介です。
恐らく東海限定の商品のはず。「お母さん食堂」のラインナップの一つなんですけど、載ってないんだよなぁ(泣)。
「味噌とんちゃん」とは、赤味噌でからめた豚もつのことを指します。いかにも東海地方の料理だ(苦笑)。



そんなお味は、いわずもがな。赤味噌の味だ(爆)。それでもコク深いその味は、ご飯のおかずにもお酒のおつまみにも合う定番の味なのだ。何だよ、結局それを言いたいだけなのか・・・と思われるのも癪(しゃく)だけど、それが一番当てはまってしまうのだから仕方ない。これを手軽にコンビニで買えるだけでもよしとしないと。スーパーのお惣菜コーナーにはあまり置かれないのよね。どて煮はよくあるんだけど。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2017年11月04日

そこにシビれる、あこがれるゥ!

今回も、NETFLIXで放送されるオリジナルドラマ「炎の転校生RETURN」とファミリーマートのコラボ企画「炎のグルメフェア」商品を紹介していこうと思います。


SHV32_1569最初は、「炎の麻婆飯(炒飯&白飯)」
豆板醤と花椒(ホアジャオ)の辛さが特徴の麻婆豆腐と白飯と炒飯が入った麻婆飯になっています。



これねぇ、食べた時に花椒の風味がガツーンと来て、豆板醤の辛味もあって、結構しびれる。それでいてスーッと引いていく引きの早さは、辛党でなくとも魅力になるのでは。
また、ご飯がいい白飯はただの白い飯ではなく、アクセントで炒りごまを散らせているので、ご飯に香ばしさがまとわれて、麻婆豆腐の旨味を引き立てます炒飯は薄味ながらもしっかりとしており、こちらも麻婆豆腐を引き立てております。
ちなみに、一緒に付いているラー油を掛けると、辛味が和らぐような感じになるという不思議(爆)。これはこれで美味しいわ。


SHV32_1572お次は、「韓国風味付海苔 炎の明太キムチ」
おにぎりの中身にキムチと明太子が入っているのですが、そこにハバネロパウダーを掛けちゃった(苦笑)。巻いている海苔は韓国海苔になっています。



こちらも2/5の段階ながら、辛いことは辛い。しかし、キムチの味が引き立ち過ぎて、明太子の味はどこへ(汗)。韓国海苔の風味はあるので、美味いんだけどね。ハバネロパウダーも辛味を引き立てるためなんだろうけど、もう少し何とかできなかったのかな。惜しい。


ジョジョの奇妙な冒険(第1・2部) ファントムブラッド・戦闘潮流 文庫版 コミック 1-7巻セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)
ジョジョの奇妙な冒険(第1・2部) ファントムブラッド・戦闘潮流 文庫版 コミック 1~7巻セット (化粧ケース入り)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:11Comments(0)

2017年11月02日

その辛さ、天と地

SHV32_1566以前、NETFLIXで放送されるオリジナルドラマ「炎の転校生RETURN」とファミリーマートのコラボ企画「炎のグルメフェア」商品の一つを紹介しましたが、今回もその中から。

上が「炎のピザトースト ~チョリソー&赤唐辛子入り~」で、下が「炎の激辛麻婆肉まん」
確かに見た感じ辛そうで、「炎の激辛麻婆肉まん」には『辛』の焼き印が。これはなかなかに。



まずは、「炎のピザトースト ~チョリソー&赤唐辛子入り~」から。こちらはチョリソーと赤唐辛子パウダーで辛さを強調しているそうな。
その辛さは、じわじわ来るというふうで、辛さ1段階の割には結構いい具合じゃないのと。
中はピザトーストなので、チョリソー以外にもチーズ・玉ねぎなどがふんだんに入っております。そのために辛さを感じずに食べ終わるかも。


そして、「炎の激辛麻婆肉まん」へ。見た感じは辛そうですが、いかに。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


これは、確かに辛いしびれるような辛さは花椒(ホアジャオ)が入っているからだな。すごくしびれる感じの辛さが来ます。もちろん、唐辛子辛いのも感じられ、マックスな辛さの評価もうなづける。それでもすぐに辛さが引くのはさすが辛さというのは後引きもよくなければ、次食べようと思わなくなるのよね。その点では後引きもいい。


この辛さは、大きく差は開いているのは間違いないですけど、どちらも辛さのフェードアウトの上手さが光る一品です。


天と地 [DVD]
天と地



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2017年11月01日

これで3/5だと・・・!

SHV32_1564今日ファミリーマートに寄ったら、こんなものが。それが今回紹介する「炎のレッド味噌スープ」
こちらは、NETFLIXで放送されるオリジナルドラマ「炎の転校生RETURN」とのコラボ企画「炎のグルメフェア」商品の一つです。
見た目は真っ赤でいかにも辛そう。中にはたくさんの具材が入っているのもわかります。



では、いただきます。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ぐぁーーーーーー!!!!!!



これ、案外辛いぞ!ホントに苦手な人は食わん方がいいレベル。だのに、辛さの段階は5段階中3。ウソだ!

でも、味はいい豆板醤ベースのだしには辛い一辺倒ではなく、コクとほのかな甘みを感じられるんです。この味はクセになる。
具も豚肉・きくらげ・キャベツ・にんじん・にら・もやしとこの手の商品にしては結構豊富で、野菜類はシャキシャキしております。特にきくらげはまるごと入っているので、豚肉以上の存在感を感じるかもしれません。
辛いのが苦手な人は絶対ダメ。しかし、辛いのは問題ないと感じている人なら、辛い中にある複雑な味わいの虜になるかもしれません。


これはホントに美味い。辛くないバージョンで作ってもいいくらいですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2017年10月31日

せっかくのり弁が出たんだから

SHV32_1550先日、ファミリーマートから「海苔弁当」が新発売されました(写真左)。正確には、「海苔1枚・ごはん約20g増量・白身魚フライとコロッケの添加物を削減」というリニューアル販売のようですね。
ならばと、同じく先日発売した「海苔弁風おむすび」(写真右)と味の比較をして見ようじゃないかと思った次第
果たして本家が美味いのか、コンパクト仕様が美味いのか、対決です!



まず本家。
色々具材が入っておりますなぁ。「海苔弁風おむすび」には入っていないコロッケ・焼きそば・きんぴらが入っております。具の豊富さは、やっぱり本家に軍配が上がってしまう。
じゃあ味はどうなんだと。おかず類はそつがない、飽きの来ない味になっております。焼きそばの味が濃過ぎなかったのはよかった。ともすれば、ソースの味が強すぎるきらいがあるのよね・・・。ところが、肝心のご飯がねぇ。平たく言えば、おかかの味が薄い。冷蔵庫に長いこと入れていたからとか言うレベルじゃなく、根本的に味が薄いんでしょうね。

そう考えると、コンパクト仕様の「海苔弁風おむすび」は、おかずの味わいは本家と変わらないものの、ご飯の中に入っているおかかの味が濃いめの味付けになっています。やはりおにぎりとして食べるということを想定しているからでしょうか、中はきちんと味が付いているふうにしてるんでしょうね。


そう考えると、やはり「海苔弁風おむすび」が本家よりも本家らしい構えを持っているなと。それでもおかずの多さは本家が勝っているので、お腹いっぱい食べたい人には本家が一番でしょう。ご飯の味が薄いと思ったら、おかずと一緒に食べることを心掛けるか、少しだけ醤油を掛けてあげるといいのかなと。おかか味のふりかけでもいいかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)

2017年10月24日

ファミリーマートが日本の味を提供⑦

SHV32_1548ファミリーマートがお届けする「ニッポン味わい探訪」。只今エクストラステージ突入中(笑)。
また出てるかな・・・と思ってファミリーマートに行ったら、あった(爆)。というわけで買って参りました今回の商品は、「デミカツ丼」岡山県の名物料理ですね。
デミグラスソースの掛かったトンカツの下には、キャベツとご飯が敷かれております。
一見すると、濃そうなメニューなんですけど、いかに。



その味は、コク深いデミグラスソースがガツーンと最初に来ます。このインパクトがすごくて、ご飯とカツが美味く感じられるのよねぇ。キャベツの味わいは、レンチンしてしまう関係上、あまり感じられなかったのが残念と言えば残念。確か、店で食べる時はシャキシャキのを頂けたはず。
カツに関しては、デミグラスソースの影響なのか、使っている肉の部位の影響なのか、思った以上にしつこくない。揚げてあるのにあっさり目のテイストなので、もう少し肉は大きくても大丈夫だわ(笑)。
結論としては、デミグラスソースありきの丼に仕上がっていますコク深く少し酸味のある味わいながら、クドくも無くしつこくも無いので、1杯でも物足りなく感じてしまいます。もう1個くれ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2017年10月23日

ワンハンドなのり弁

SHV32_1547まーたファミリーマートがおかしなものを売り出した。
よくコンビニでも売られている「のり弁当」をおむすびにしやがった(ゲラゲラゲラ)!その名も「海苔弁風おむすび おかか入り」
「のり弁当」の定番である白身(ホキという魚を使用)フライと磯部揚げしたちくわをのりで巻いたある意味斬新なビジュアル(笑)。しかも中にはおかか(かつお節)が入って、紛うことなきのり弁だった(爆)!



そんな味は、油っこいかなと思ったんですけど、そうでもなかった白身フライにはソースが掛かっていて、磯部揚げのちくわにはタルタルソースが掛かっており、その2つが混然一体になって、のり弁とは思えない味わいに。でもそれが美味しくないわけではなくイケると思ってしまい、さらに中に入ったおかかと合わさると、絶妙なバランスを発揮して美味い
惜しむらくは白身フライの味わいが薄いかなと思うくらいで、おかか入りのご飯が特に美味しいのですよ。これは値段は高いがいい味でした。


イロモノと思うなかれ。ふざけてると思うなかれ。ワンハンドで食べられる新感覚のり弁なのだぞ。そう思って食べたら、ますますすごいと思ってしまった。
3週間限定の販売とのことなので見掛けたら買え・・・と言いたいのですが、宮崎と鹿児島では販売していないとのこと。北海道と沖縄でも販売していないとのことですけど、公式サイトでは宮崎と鹿児島のみしか記載されていないのよね。そんなことはどうでもいい、見掛けたら買え!以上!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2017年10月17日

ユニコがやっとファミマに対応

ユニーグループで発行されている電子マネーカード「ユニコ(uniko)」。一般的な電子マネーカードと同じく、200円で1ポイント貯まる仕組みになっています。
使用できるところは、ユニーグループのアピタ・ピアゴとサークルKサンクスの3か所。ところが、同じユニーグループの傘下に入った(正確にはユニーグループが傘下に入ったと言うべきか)ファミリーマートでは非対応だったのです。
ご存じの通り、サークルKサンクスは2018年2月をメドに全てのサークルKサンクスをファミリーマートに転換するとしています(ただ、いまだにサークルKサンクス名義で残っているところもあるので、本当にできるのか懐疑的だが)。その転換先でのファミリーマートでは対応していないため、元々サークルKサンクスで利用していたユーザーからは不便だというクレームが入っていたのだそうな。そりゃそうだわな。転換する時からそう思っていたもの。
そうなると問題になってくるのが、イオン系で取り扱っている電子マネーカードの「WAON」の立ち位置同じような特典が付いてくるサービスですが、ライバル系列のカードなんですよね。状況によっては「WAON」は提携解除して「ユニコ」に一本化します・・・とかだと、すごく不便になるんじゃないのかなと思う人々が増えるのではないかと。


既に、サークルKサンクスは、楽天が行っているポイントカード「楽天ポイントカード」からTSUTAYA(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)がメインで行っているポイントカード「Tポイントカード」への切り替えを行っています。こちらは、より便利な形になったとも言えるでしょう。それでも同じように不便になったと嘆く人も多いと思うのですが、利用者数を考えれば、「Tポイントカード」の方だよね・・・。


とりあえず、収まりのいい形にはなったのかな。その収まりのいい形を無理に推し進めないことだけを祈りたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2017年10月09日

ファミリーマートが日本の味を提供⑥

SHV32_1526前回できれいに終わったと思っていたファミリーマートがお届けする「ニッポン味わい探訪」。まだだ、まだ終わらんよ・・・と言わんばかりに、また出してきたよ(ギャハ)。
その商品とは、「海老塩ラーメン」北海道で人気の味を再現したものだそうな。
見た感じは、塩ラーメンというより、豚骨ラーメンな感じなんですが、いかに。



まずはスープ。脂が浮いているのは、海老オイルなんだって。だからなのか、香りとしての海老がしっかり。ただ、味わいとしての海老は、豚骨スープの味わいが強いゆえに、あまり感じられなかったんですね。
麺は縮れており、スープとの相性はバッチリ。具材もえび天かすは美味しかったですね。スープが絡まなければ、天かすの味わいは海老としょうがだった(苦笑)。ねぎのシャキシャキ感もよかったです。


スープの個性が強かったものの、決して美味くないわけではなく、麺と一緒に食べたら、そんなことを気にしなくなるくらい。具材はまぁまぁあり、かつ量は多めなので、満足感はあります。なかなかいいじゃないの。


・・・もう今回でおしまいかな。それともまだあるのかな。エクストラステージもいいけど、どこまで引っ張るんだろう(汗)。きれいに終われたと思ったのになぁ(苦笑)。でも、これはうれしい悲鳴ですよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2017年09月27日

ファミリーマートが日本の味を提供⑤

ファミリーマートが5月から行っている「ニッポン味わい探訪」。既に宮崎愛知石川新潟の名物料理が紹介されました。
恐らく今回が最後の展開になるのかなと思いますが、今回何と3種類出てきたよ(汗)。北海道だけだろうと思ったら、また九州に戻ってきた(苦笑)。


SHV32_1475というわけで、第5弾のその1、「帯広風豚丼」北海道・道央を中心とした地域で食べられている豚丼をアレンジしたものですね。
薄切りにした豚肉にたれを掛けてあぶり焼きしたものが、ぎっしりと乗っています。



こちら、豚肉は薄切りになっているものの、味はバッチリ。肉の旨味を感じられるばかりか、一緒に掛かったたれの香ばしさも相まって、ご飯も進む進むたれ単独でも甘辛のコク深い味なんですね。よく再現しているわ。
そのたれは、できればもっとご飯に掛けてほしかったかな。ただ掛け過ぎると味のバランスが崩れるというのなら、致し方なしですけど。


SHV32_1476そして第5弾のその2・その3
上が「手巻 黒豚みそ」。おにぎりで登場しています。鹿児島県名物黒豚味噌を使ったもので、黒豚(ミンチ肉)を麦味噌で和えたものだそうな。
下が「駅弁風かしわめしおむすび」。こちらもおにぎりで登場。福岡県を中心に九州ではメジャーな駅弁「かしわめし」をおにぎりにしたもので、中には鶏そぼろが入ってます



上の「手巻 黒豚みそ」は、パリパリののりの風味に麦味噌のふわっとした風味も合わさって、結構美味いなぁ。ちょっと味噌にアルコールのような風味があるけど、発酵で生まれたのか中にみりんが入っているのかなんだろうね。このクセがいいか悪いかで評価も割れるでしょう。

下の「駅弁風かしわめしおむすび」、確か福岡県内のファミリーマートでは「かしわめし」というおにぎりがあったはず。そのおにぎりよりも鶏の味が濃厚だったかと。錦糸玉子は申し訳程度なので味に関わらない(彩りレベルなんでしょうね)ものの、中に入っている鶏そぼろは濃い鶏の味の濃厚さはご飯部分だけじゃないとを再認識させてくれるわけです。


今回の品物は、どれもレベルの高い一品になっていました。有終の美とも言えるでしょう。これで終わってしまうのはもったいない。
できることなら第2クールもあってほしいです(笑)。まだやっていないところがありますよね?例えば東北とかね。あと関東や関西もやっていないはず。中国・四国も名物があるのに、やってないですね。そして何より沖縄美味しい品物がたくさんあるのですから、是非ともやってほしい。全国に店のあるファミリーマートならではの展開で、このシリーズをまたやってほしいなぁ。


なお、今回の品物の中で、「手巻 黒豚みそ」のみ北海道・宮崎・鹿児島では販売しないとのこと。鹿児島県の商品なのに、鹿児島県では販売しない矛盾(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2017年09月13日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その14 おまけ 後編 ひたちなかと帰りの水戸

SHV32_1358水戸駅前のセブンイレブンで朝ご飯を食らいながら、どうしようかなと悩んでいたら、時刻が午前9時を回っていた(苦笑)。
それでも水戸駅辺りをふらついて、悩んだ末に向かうことにしたのは、隣町のひたちなか市水戸駅の隣の駅になる勝田駅にやって来ました。
ここに来た理由。勝田→勝った→勝ったー!と言えるようになりたいなと(ニヤニヤ)。<どうでもいい理由で行ったんかい!
・・・いやいや、本当はひたちなか海浜鉄道に乗って、那珂湊駅に向かう予定を立てていたから。いかにもローカル列車って感じの列車が走っておりました。
なお、写真には収めていませんが、車窓から見える風景は秋を連想させるような黄金色に輝く田んぼや稲刈りの風景が見られました日工前駅と金上駅の間だったかその次の駅だったかの森を抜ける車窓も素晴らしかったですね。だからなのか、そこかしこに撮り鉄がいっぱいおりました(笑)。



SHV32_1359那珂湊駅に着いて、歩いて10分のところにあるのが、那珂湊おさかな市場。那珂湊漁港にある飲食店・鮮魚店・お土産物屋などが集まった市場になっています。
その中にある「スーパージャンボ 回転寿司森田」でお昼ご飯。美味い寿司が食いたかったのよ。
写真はマグロ3点盛り。赤身と中トロと大トロが乗っているのですが、これで840円(税込)なのはオイシイ部類だと。
なお、クレジットカードが使えないので、手持ちに不安のある場合は、港の前(駅から歩いて8分)にあるファミリーマートでお金を下ろしておきましょう。



SHV32_1361こちらは、駅の自動販売機で売っていた「メロメロソーダ」。そういう名前のメロンソーダです。メロメロはXOXOと書き、英語でキス&ハグの意味を持っているのだとか。レディー・ガガさんのツイート名も『XOXO GaGa』となってますね。
こちら、ひたちなか市にある那珂湊高校の生徒達が考えた飲み物の一つ。ちなみに、彼らが作ったもう一つの飲み物は、「POTENTIA(ポテンティア)」というエナジードリンクの一種です。



SHV32_1360この那珂湊高校は、ひたちなか市準公認のキャラクターであるみなとちゃんも作成したそうで。彼女も今回の飲み物の開発に携わったそうです。



味はというと、少し薄い感じのメロンソーダかなというふう。炭酸は少しキツめなので、味の薄さをそれで補っている感じですな。


SHV32_1363那珂湊駅に停まっていたガルパンのコラボバス。
この後、大洗を経由して水戸駅に向かっていったようです。その気になればバスで水戸まで行けるのか!



SHV32_1383試合後、再び水戸駅前。

まだまだ帰りのバスまで時間のある中、腹ごなしと思って買ったのは、ファミリーマートで買ってきた「けんちんうどん」
茨城県で食べたかった食べ物の一つがけんちんうどんないしはけんちんそば。けんちん汁のように具材が豊富で、そこにうどんやそばが入っているという感覚なんでしょうけど、地元の人から言わせたら、それは違うと言われそう(苦笑)。
なお、ファミリーマート秋の収穫祭の一つとして売られていました。恐らく地域限定でしょう。



具材が豊富でヘルシーですよ。汁の味わいも優しいし、うどんも硬すぎずやわすぎない。お昼でも夜食でもOKな一品でした。オススメ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2017年08月31日

トンチキ?<トンチミ!

SHV32_1322ついでにとんちんかん?<また人が困るようなネタを!しかもオマエのこと!
・・・というわけで、先日買ってきた「韓国風冷麺」。ファミリーマートで販売しております。
その中に出てくるトンチミというのが何じゃらほい・・・と思い、調べてみると、大根の水キムチというものだそうで、ピョンヤン冷麺には欠かせないものなのだそうな。汁を入れることで辛味や旨味を増させるのでしょうなぁ。



その汁は、キムチの風味もさることながら、柔らかい味わいなのよね。どうも果物の味(梨と桃の果汁)が加わっているからなのかね。ただ辛いだけではないし、その辛味も抑え目なので、辛いのが苦手な人でも食べられるかと思います。
あと具材が豊富キムチ・焼豚・もやし・わかめ・きゅうり・ねぎが入っており、キムチはスープの辛味を増してくれるように。さっきの味わいはそれもあるかな。
そして、具材と汁が絡むとスープの旨味がよくわかって美味しい麺も淡白ながらもスープの相性はバッチリ。たぶんジャガイモから作ったでんぷん麺じゃない(たぶん普通のでんぷん麺)と思うものの、美味けりゃいいのよ(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2017年08月27日

【2017年】おでんシーズン開幕!【食べ比べ】

SHV32_1318今年もおでんのシーズンがやって来ました。
通年販売しているセブンイレブンを除いて、お盆の前後辺りから、ローソンとファミリーマートが展開を始めていますね。しかも、今週は70円セール(ローソンは8/22~8/28まで。ファミリーマートは8/25~8/27まで)開催中。これはいい機会ですね。
というわけで、今回は今年のおでんを楽しむことにしました。左がローソン、右がファミリーマートのものです。
今回は、大根と牛すじで味比べ。あとは、ローソンがぼんじりとさつま揚げを、ファミリーマートはしゅうまい揚げと熟成あらびきソーセージにしましたホントはソーセージも比較対象にしたかったけど、ローソンでは売り切れだったのよ・・・。

ちなみに、ローソンのおでんだしは、焼津産のかつお節・北海道産真昆布・たまり醤油・むろあじ節を使ったものになっています(ローソンは地域によって違い、今回のものは東海地方のだし)ファミリーマートのおでんだしは、かつおと昆布ベースをベースにむろあじを利かせたものになっているそうです(ファミリーマートも地域によって違い、今回は中部・東海地方のだし)。味わい的にはほぼ同じですね。



そのおでんの味、先述の通り、おでんの味わい的にはほぼ同じ。なのに、醤油の風味があるか無いかで重みが違ってくるのね。
ローソンのは、醤油の味わいがあることでシャープな感じになり、だしの味わいよりもどちらかというと醤油の風味が生きたものになっています。
対してファミリーマートのは、だしがメインに据えられているからなのか、かつおだしが強いですね。恐らく魚節の味わいを強調したかったんだと思います。薬味の中に一味があるのも、だしの味わいを損なわない工夫なんでしょうね。味噌もあるけど、味噌だと味が味噌寄りになっちゃうのよね。それはそれで名古屋の人間は悪くないんだけど、それ以外の地域の人には厳しいわね。


で、大根の味
ローソンのは専用の農場で育てられた安心・安全なものを使っております。ファミリーマートのは特に記載はないのですが、二次加熱製法で作られており、厚切りでも火がきちんと通っているそうです。
ローソンの大根は、だしをよく吸ってその濃い味が堪能できるようになっています。地域によって違うのでしょうけど、大根の旨味も十分に味わえます。
ファミリーマートの大根は、確かに厚みがあるのに柔らかい。ローソンのは時折り芯が残っている場合があるんですけど、ファミリーマートのにはそれが無いんですね。なお味は薄め。大根の素材の風味が強い感があります。

牛すじに関しては、どちらも臭みは無く、味わい深い。ローソンのは肉の旨味を感じやすく、ファミリーマートのは柔らかめの煮込まれ具合。
おでんの出来具合は状況にもよるので、何とも言えませんが。どちらも甲乙つけがたいです。ただ、濃い味で食べたいならローソンかなと。味噌に合うのもローソンですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2017年08月24日

ユニー、サンチョになる

ディスカウントストアの最大手ドンキホーテホールディングスがスーパーとコンビニを有する大手の一つユニー・ファミリーマートホールディングスと資本・業務提携を結ぶことになりました。


ドンキホーテホールディングスはディスカウントストアのドン・キホーテを中心に、スーパーの長崎屋、ホームセンターのドイトを子会社にして運営しています。AKB48の支援をしていたことで有名で、秋葉原店にAKB劇場があるのは、その名残でもあります。
対して、ユニー・ファミリーマートホールディングスは、スーパーのアピタ・ピアゴ・ピアゴラフーズコア(その昔は基本的にアピタがユニー系、ピアゴ・ピアゴラフーズコアはユニーの子会社だったユーストア系だった。なお、同じく基本的にアピタが大型複合店、ピアゴは中小スーパー店舗の扱い)、コンビニのファミリーマートやサークルKサンクスを運営しています。元々は、スーパーとコンビニを運営していたユニーグループ(ユニーとサークルKサンクス)、コンビニを運営していたファミリーマートが合併してできた会社で、双方と取引のあった伊藤忠商事が合併の仲介をしたと言われています。


今回の資本・業務提携により、ユニー・ファミリーマートホールディングスが扱っているスーパーの中にドン・キホーテが参入する形を採ったり、閉店するユニー・ファミリーマートホールディングスが扱っているスーパーにドン・キホーテが居抜きの形で参入することもあるとのこと。また既に出店しているドン・キホーテの中にファミリーマートが展開されるケースもあるとのことで、双方のメリットを生かした出店を行っていくのかなと思います。

ただ、今回の提携劇で、ドン・キホーテとアピタ・ピアゴが近い店舗もあるでしょうから、その店が統廃合する可能性も出てくることでしょう。まだ提携レベルなのでそれほど多くは無いでしょうが、将来もっと踏み込んだ(いわゆる合併話になった)場合、店舗リストラは進むことになるでしょう。例えば名古屋市内だと、今池という地区に、ドン・キホーテとピアゴが近接しているので、将来的にどちらかを選択することになるのでしょうね。


これまでドン・キホーテは長崎屋やダイシン百貨店(現在はドン・キホーテの店舗を運営する子会社になる)、ドイトを傘下に収めているものの、ドン・キホーテ側から見れば、それほど大きくない会社でしょう。しかし、今回は日本の三大コンビニの一角を担い、かつ日本の大手スーパーの一角を担っている会社との資本・業務提携になります。
同じ名前の付いた小説「ドン・キホーテ」によれば、主人公のドン・キホーテは気狂いを起こした自称騎士で、お供に学はないものの、現実的なアドバイスができ、かつ知的な言い回しのできるサンチョを付き添い人にして旅に出ています。もし、今のドン・キホーテが小説のそれになぞらえれるとすれば、同著の中に出てくるサンチョよりも素晴らしい人物がお供に付いたとも言えます。しかし、小説とは違い、ドン・キホーテの妄言に愛想を尽かせて離れるようなことにならないかという心配も無くはないです(販売戦略の違いが特にそう思わせる)ドン・キホーテが正気を取り戻して現実的な運営(つまりはサンチョの話をよく聞く)のか、はたまた振り回すのか、見ものではあります。ただ、前者の場合、ドン・キホーテはまもなく死んでしまうそうで・・・(汗)。


ドン・キホーテ 全6冊 (岩波文庫)
ドン・キホーテ 全6冊(岩波文庫)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2017年08月23日

ファミリーマートが日本の味を提供④

SHV32_1302ファミリーマートが5月から行っている「ニッポン味わい探訪」。既に宮崎愛知石川の名物料理が紹介されました。
第4弾の今回は、「タレカツ丼」新潟県の名物料理の一つですね。
実は、2013年にサークルKサンクスでも展開していたことがありました(その時の名前は、「たれかつ丼」)。なので、サークルKサンクスでは4年ぶりの復活となります。

だし・みりん・砂糖を加えたしょうゆダレにくぐらせたカツと特製ダレ(左記と同じものと思われ)が付いてくるのは、前のものと同じです。



早速頂いてみたところ、カツはそれほど厚くはないものの、ヒレカツなんでしょうね、脂のノリも丁度良く、かつ肉の味わいも楽しめるものになっていました。カツだけで食べていないので何とも言えませんが、タレの味と併せるとカツの脂っこさも感じにくくなりましたね。
何よりタレの甘みがご飯に合うカツと一緒に食べるのもよし、タレの掛かったご飯だけで食べても美味しい。これは前と変わってないかもしれないですね。そう考えると、ご飯は少ない(笑)。


総じて4年前の味によく似た、甘いたれの味わいでカツやご飯を楽しむというふうになっています。甘いと言っても甘ったるくはないので、甘いものが苦手な人でも大丈夫でしょう。新潟に行ったり、新潟の物産展で食べたわけではないので、具体的ではないのですが、いい出来だと思います。また食べてみたいです。


この企画もいよいよ次回あたりでフィナーレなのかな。北海道・十勝の豚丼が待っていることでしょう。そう思うと少し寂しいですねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)

2017年08月17日

これは絶対に美味いヤツだわ

うん、コイツは美味いわ。間違いない。


SHV32_1296ファミリーマートに行ったら、突如として新発売になっていた「いももち(みたらし味)」。
過去「いももち」は、ピザ味が出るなどバリエーションは豊かなんですが、突然販売終了になったりするのよね。美味いのに。継続して出して定番化すればいいのに。100円(税込)で買えるんだからさ、スナック感覚でいいじゃんよー!


というわけで、みたらしの入ったいももちです(笑)。写真のように、中からトロリとしたみたらしがこんにちわ。そう形容するしかないじゃん(泣)!
ちなみに、何度も説明しているのでわかるかと思いますが、いももちそのものは北海道の名物です。ジャガイモを突くとグルテンが出て粘り気が出てくるんです。それを丸めて揚げると、まるでもちのような感じになるのです。



味は文句なし。甘辛のみたらしと揚げているのに脂っこくなくモチモチとしたいももちと実にマッチして美味い。食べればわかるとしか言えないくらい美味い。もう一度言う、100円(税込)だから、ワンコインで買えるから、買って食べて!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2017年08月15日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その11 おまけ③ 横浜で食べたのは、こんなもんか

で、あの日横浜で食べた物って何だろうと思い返すと、このくらいだったのかもしれない。今回はスタメシで紹介した以外のものをここで。ちなみに、写真には収めていないが、新幹線で崎陽軒のシウマイだけは食べて帰った(笑)。


SHV32_1128最初は、行きの電車。熱海駅で乗り換えた時
少し時間があったので、駅ナカコンビニのNewDaysで買ったおにぎり2種。丁度「北海道&青森フェア」が開催していたのもあり、今回は「NewDaysサンドおにぎり ザンギ(キャベツマヨネーズ和え)」(左)と「大間産本鮪入り ねぎとろ」(右)をチョイス



「NewDaysサンドおにぎり ザンギ(キャベツマヨネーズ和え)」は、濃い唐揚げ(正確には『ザンギ=唐揚げ』ではないのだが、敢えてこう書く)の味わいに、マヨネーズのコクが加わって美味かったです。

「大間産本鮪入り ねぎとろ」(右)は、本鮪なんてほんのちょっとしか入ってない(苦笑)ものの、まぐろの中落ち部分を使っているのは間違いなく、トロリとしたマグロの味わいを楽しめるのは言うまでもないのよね。基本おにぎりにねぎとろのような生物を使っているモノは買わないようにしているのですが、今回は買ってよかったと思った。


SHV32_1145そして中華街。
中華街では何も食べられず、横浜スタジアムでも見て行こうかと思った時に、飲み物欲しさに立ち寄ったファミリーマートで買ってきたのが、「揚げパン」3種。偶然3種類あったので買った。関東圏のファミマでしか買えないものらしい。
左から、ピザ・カレー・ピロシキになっています。



ピザは濃いトマトソースの味わいが楽しめる定番の味で、カレーはスパイシーではないものの、カレーの味わいは楽しめる味。そしてピロシキは普段味合わないからなのか薄味に感じたのは気のせいか?なお、衣は揚げているせいもあるのか、結構甘い。ゆえに、中の具にコントラストがあってもいいんですけどねぇ・・・。


やっぱり、崎陽軒は偉大だった(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(2)