2020年01月02日

レコゲー2020 1月②

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介に移ります。今回はPS4です。


最初は、龍が如く7 光と闇の行方(★)
人気作品の最新作ですけれども、今作は、これまでのアクションアドベンチャーだったのが、コマンド式のRPGに変更となっています。それに伴って主人公も変わり、シリーズの続編の位置付けも6の続編というより、PCやスマホで展開していた「龍が如く ONLINE」の続編(ただしパラレルワールドの位置付け)になっています。
戦闘システムも先述の通りコマンド式のRPGになったのですが、アクティブタイムバトルやディレクションバトルシステム(「英雄伝説Ⅲ」のバトルシステム)のような街中にある様々なものを利用して戦う仕組みになっています。例えば、看板やゴミ箱で相手を殴る、道路際の走ってくる車に向かって敵を追い込んではねてもらうなどなど。またハローワークでジョブチェンジというシステムもあり、用心棒・ホスト・ダンサーなどの『職業』の特色を生かした戦闘(用心棒なら刀を振るい、ホストならシャンパンファイトよろしくワインを吹っ掛け、ダンサーならブレイクダンスで敵をなぎ払うなど)を仕掛けます
基本的にはカネがモノを言う世界(助っ人を呼ぶのにもカネが必要(苦笑))なので、カネ集めが必須になりますけれども、金策は缶拾いから会社経営まで幅が広いので飽きの来ないシステムになっております。
横浜を舞台に繰り広げられる、成り上がりと復讐劇。新しいシステムにどう融合していくのか楽しみでもあります。

2番目は、神田川JET GIRLS(★)
昨年の秋アニメで登場した作品のゲーム化、というよりこの作品がアニメより先に展開されていたんですね。
作品としては、レースアクションがメインで、アドベンチャーはパートナーやライバルとの友情を深める添え物的扱いですね。レースアクションは、ストーリー以外でもフリーで行うこともでき、タイムアタックやオンライン対戦も可能です。なおレース会場は、アニメで出てきた神田川も含め8ヶ所あります。
レースは、シューターによる妨害も可能で、ダメージが蓄積されると機能を一時停止(スピードダウン)させることもできます。またE.P.Dゲージと呼ばれるゲージを貯めていく(試合進行やリングを通ったりトリックプレイを決めるなどをする)とブーストでスピードアップすることや必殺技を使用可能。ただし1回限りなので、使いどころが大事です。
アニメを見てプレイしたいと思ったら買いでしょう。「閃乱カグラ」とのコラボもあるそうなので、その作品が好きな人もオススメでしょう。

3番目は、Minecraft Starter Collection
人気の箱庭ゲームのスターターキット。既(昨年12月)にダウンロード版が展開されています。
今作では、「Minecraft」の他に、「リトルビッグプラネットマッシュアップパック」・「ギリシャ神話マッシュアップ」・「都会 テクスチャ パック」・「スキン パック 1」といったダウンロードコンテンツが併せて収録されているオトク版になっています。初めてこの作品に触れる人には、断然このソフトがオススメです。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)

2020年01月01日

レコゲー2020 1月①

あけましておめでとうございます。


ゲーム業界は、実質据え置き機のみになってしまった感がありますね。プレイステーション・ヴィータが生産終了となり、ニンテンドー3DSも実質終焉取って代わったNintendo SwitchはLiteが出たものの、基本は据え置き機ですからね・・・。携帯ゲーム機は、iPhoneやAndroidの積んだスマートフォンになってしまったわけですよ。ある意味寂しいけれども、携帯ゲーム機としてのスピリットだけは忘れないでほしいなぁ。課金のためのツールに成り下がってしまうことだけは避けてほしいなぁ・・・。

さて、ゲームの新作は1/10以降になり、それまでは年末商戦の作品をメインにしていかないといけないようです。約1/3の期間は、それで乗り切っていくことになるのか・・・(汗)。


では、その新作の注目作を見ていきましょう。今回はマルチ展開の作品からなんですが、1本だけ(苦笑)。
その作品は、「IxSHE Tell」PS4PS Vita(★)
2018年にPCで発売された同名の移植版。モテモテの主人公が恋愛の主導権を握っていく作品になっています。
基本的に追加要素は無い(逆に18禁的な要素が削られている)ので、遊びたくても遊べなかった人向けの作品ですね。しかしながら、大型画面で高精細な映像で楽しみたい人や手軽にプレイしたい人にも薦めやすいです。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)

2019年12月20日

仕事のことでイライラしていたので、つい買ってしまった

年末だというのに、やる担当が増えた。それに加えて、取引先の無茶な納期短縮が火を噴いた!今日なんか今日納品書類が出されて(いや、下手したら月曜に出されかねないところをすんでのところで発見して)月曜日に必ず下さいっていうのが来襲だぜ、来週だけに(ギャハ)!


もう、そんなことばっかりだったからさ・・・。


SHV39_6002ついイラッとしてきたので、買っちゃったよ!PS4(ニヤニヤ)!しかもまだ4Kテレビじゃないのに、4K対応版のPS4 Proだよ(ギャハ)!<あー、コイツ確信犯だ。
・・・違うぞ、赤文字。オイラは故意犯だ!<どっちにしても、悪いとわかっててやったのには間違いないんだな!

まぁ、ソフト無ければただの箱(と、昔はよく言ったものですが、今は本体だけでもダウンロードで買うこともできるし、NETFLIXやDAZNといったものも入っているので、困ることは無いんだよねぇ)なので、ソフトも買ってきたぞ。
左が、「A列車で行こう EXP+」で、右は「Cities: Skylines PLAYSTATION 4 EDITION」
左は、某YouTubeの動画を見ていて、久しぶりにやりたい(A列車はPS2版やDS版などを買っている人)と思えてきたので、ついカッとなり(以下略)。右は、Nintendo Switchで買ってプレイしているにもかかわらずだよ(ニヤニヤ)。<オマエ、ホームラン級のバカだろう?
・・・おいおい、PS4版はNintendo Switch版には入ってない要素が結構入ってるんだよ。クチの悪い人が言うには、Nintendo Switch版は劣化版だと宣う人もいるくらいだ。



いずれにしても、買っちまったんだ。早いこと本体に繋いで遊ぶんだ。そして、NETFLIXとDAZNを設定して、大きな画面で楽しむんだ・・・。<つ「うつつまくら」(ニヤニヤ)。


PlayStation 4 ジェット・ブラック 1TB (CUH-2200BB01)
PlayStation 4 ジェット・ブラック
500GB1TB



PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト 1TB (CUH-2200BB02)
PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト
500GB1TB



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)【特典】オリジナルカスタムテーマ (配信)
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB



PlayStation 4 Pro グレイシャー・ホワイト 1TB (CUH-7200BB02)【特典】オリジナルカスタムテーマ (配信)
PlayStation 4 Pro グレイシャー・ホワイト 1TB



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2019年12月03日

レコゲー2019 12月 据え置き機編③

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4の注目作の紹介です。


最初は、新サクラ大戦(★)
サクラ大戦シリーズしては、実に14年ぶり(外伝を含めたら11年ぶり)の新作になりますが、今作では開発に携わっていたレッドエンタテイメントやシリーズのクリエイター陣(広井王子さんやあかほりさとるさんなど)は関わらないことを明言しています。そもそもサクラ大戦というコンテンツは、2008年の歌謡ショウをもって終了の予定だったものの、存続を求める声が高まってきたため、上層部への説得で製作再開に漕ぎ着けた経緯があります。ゲーム制作は、それに加えて、セガフェス2016にて行われた総選挙で復活を望む声が高かったことが明確になった点が決め手になったようです。
作品としては、オーソドックスなアクションアドベンチャーで、帝国華撃団、巴里(パリ)華撃団、紐育(ニューヨーク)華撃団が降魔大戦で消滅してから10年後の世界を描いたものになります。シリーズお馴染みのLIPSはもちろん健在ですし、バトルシミュレーター・ナビゲート機能や通信機能の付いたスマートフォンのような装置などのサポート機能も充実しています。
セガの過去の作品が培ったこれまでのノウハウの詰まったものになっており、今までのサクラ大戦をスクラップ&ビルドで展開するとも述べていたため、ある意味社運を賭けた作品にもなっているようです。これは、週刊ヤングジャンプでの連載やテレビアニメ化などのマルチ展開でも窺えます。古参のファンにも新規ファンにも納得のいく作品を作るのは難しいですけれども、久しぶりの新シリーズということで、大きく盛り上がるのは間違いないでしょう。

2番目は、お姉チャンバラ ORIGIN(★)
2004年にPS2で発売された「SIMPLE2000シリーズVol.61 THE お姉チャンバラ」と2005年にPS2で発売された「SIMPLE2000シリーズVol.90 THE お姉チャンバラ2」を一本化したもの。フルプライス化での発売とも言えます。
HD映像による展開の他、新解釈を含めたシナリオの追加、システム面での変更(例えば、暴走時は体力の低下だったのを防御力の変化に変更された点)などが施されました。
15周年を機にリメイクされ、状況次第では新シリーズの展開もあるでしょう。この作品も盛り上がってほしいですね。

3番目は、シャドウ オブ ザ トゥームレイダー ディフィニティブエディション(★)
2018年に発売された「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」に加え、7種のダウンロードコンテンツと全てのコスチューム・武器・スキルのコンテンツが収録されたオトクな作品。本編を遊びたいけど、なかなか見つからないと思っていた人には、全てが遊べるようになっているので、こちらを購入したいところです。

4番目は、はつゆきさくら(★)
2012年にPCで発売された同作品の移植版。2017年にはPS Vitaにも移植されています。
PS Vita版同様に追加要素は無いものの、大画面でプレイできる点が大きなメリットとも言えるでしょう。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2019年12月02日

レコゲー2019 12月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回もマルチ展開の注目作の紹介です。
今回は、3本ともアトリエシリーズ(黄昏の世界シリーズ)の作品からになります。ピックアップして紹介していきましょう。


①アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ DX(PS4Nintendo Switch)(★)
2012年にPS3、2014年にPS Vitaから発売された「アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~」の移植版。任天堂系ハードでは初めての展開になります。
きれいになったグラフィックはもちろんのこと、テンポもよくなり、かつこれまでのダウンロードコンテンツが全て収録されています。

②エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ DX(PS4Nintendo Switch)(★)
2013年にPS3、2015年にPS Vitaから発売された「アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~」の移植版。任天堂系ハードでは初めての展開になります。
きれいになったグラフィックはもちろんのこと、テンポもよくなり、かつこれまでのダウンロードコンテンツが全て収録されています。
シリーズとしては珍しい2人の男女が織りなす物語です。これまでと違う展開にもなっているようですから、まだプレイしたことのない人にも薦めやすいかと。

③シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ DX(PS4Nintendo Switch)(★)
2014年にPS3、2016年にPS Vitaから発売された「アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~」の移植版。任天堂系ハードでは初めての展開になります。
きれいになったグラフィックはもちろんのこと、テンポもよくなり、かつこれまでのダウンロードコンテンツが全て収録されています。
シリーズの集大成として、過去2作のキャラも登場するとのことなので、是非とも過去2作もプレイした後にプレイしてほしいですね。また難易度設定も可能なので、難しいと思っている人にも遊んでほしいものです。


なお、3作品が収録されたプレミアムボックス(PS4Nintendo Switch)(ダウンロード版は単体3本セットで展開)も販売されます。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:46Comments(0)

2019年12月01日

レコゲー2019 12月 据え置き機編①

12月になりました。早くも今年が終わろうとしています。そして年末商戦も始まりました消費税増税の影響で、今年はあまり盛り上がらないんじゃないかなと思っていますが、はてさて。
ゲーム業界も年末商戦を見込んで、たくさんラインナップをさせています。ただ、既に年末商戦のパイを前に出し切っているので、それほど盛り上がってるように見えないんですね。恐らく今後は、その流れが強くなってくるでしょう。


では、見てきましょう。今回は、いつものようにマルチ展開の作品から。


最初は、「無双OROCHI3 Ultimate」(PS4Nintendo Switch)(★)
2018年に発売した「無双OROCHI3」のバージョンアップ版。
新キャラの追加・サイドシナリオの追加・ユーザーインターフェイスの改善はもちろん、これまで固定化されていた神器が新しい神器追加に伴って付け替え可能になりました。また「無双スイッチコンボ」と呼ばれる連携技の追加や転生の復活、「インフィニットモード」と呼ばれる3人パーティーで試練を乗り越えるモードも追加されます。また「チャレンジモード」にも追加が施されます
なお、「無双OROCHI3」を持っていれば、ダウンロードでも購入可能になっているので、いつでも遊べるようになりました。二の足を踏んでいた人にもオススメです。

続いては、「D.C.4 ~ダ・カーポ4~」(PS4Nintendo Switch)(★)
今年5月にPCで発売した同作品の移植版。早くもコンシューマー版が登場するんですね。
コンシューマー移植に際し、原作スタッフが関わるエピローグシーンが後日談として紹介されます。PC版でもアダルト要素が搭載されたバージョンは出ていないので、本当の意味での追加要素となります。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:12Comments(0)

2019年11月02日

レコゲー2019 11月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、2回目はPS4の注目作の紹介です。


最初は、シェンムーⅢ(★)
かつてドリームキャストで発売された「シェンムー」・「シェンムーⅡ」の18年ぶりの続編。オープンワールドの先駆者として評価されている作品でもあります。
のどかな山村から物語が始まり、いよいよ悪の組織の概要が垣間見えるようになるのでしょう。なお、今作もQTEやセガの往年のゲーム機で遊べるようになっています
18年ぶりの続編ということで、当時子供だった人も大きくなったことでしょう。あの頃と違った雰囲気でプレーすることになるのかもしれませんね。

2番目は、A列車で行こうExp.+(★)
2017年に発売した「A列車で行こうExp.」に追加要素を加えた物。
その追加要素とは、転車台・機回しが設置可能になった点、列車の連結と解除(例えば、東北新幹線の列車と山形・秋田新幹線の列車を繋いで出発し、途中駅でそれぞれの目的地に向かうために切り離すという運行の仕方がある)が行える点、以上2点の動画解説を加えた点になります。もちろん新車両(蒸気機関車や江ノ電など)・新規建物・新駅舎・新シナリオなどが追加されています。

3番目と4番目は、アイベヤ(★)アママネ(★)
どちらもPC作品からの移植で、ヒロインが1人のみという作りになっているシンプルな恋愛シミュレーションになっています。作りはよく似ているものの、アプローチは違ってくる(「アイベヤ」は幼馴染みの同棲生活、「アママネ」はマネージャーである後輩との関係)ので、どちらも楽しめるのではないかと思います。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2019年11月01日

レコゲー2019 11月 据え置き機編①

11月になりました。年末商戦が下旬にスタートすることになると思うので、注目作が目白押し・・・と思ったら、そうでもないぞ(汗)。まぁ、大本命がぶつかってくるので、それを避けたとも言えるでしょう。その大本命とは・・・後日紹介(ギャハ)。


では、見ていきましょう。最初はマルチ展開の作品の紹介からです。


最初は、「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」(PS4Nintendo Switch)(★)
ガンダムシリーズの中ではメインになってくる宇宙世紀ではなく、4つの世界(アフターコロニー、コズミック・イラ、西暦、P.D.)で構成された物語になっています。
原作の追体験ができるのはさることながら、様々な条件をいかにクリアしていくかを突き詰める作品にもなっています。
ガンダムシリーズの好きな人なら、「スーパーロボット大戦」同様に楽しむことができるのではないのでしょうか。

2番目は、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニット・コンバーテ」(PS4Nintendo SwitchPS Vita)(★)
テレビアニメになった「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」・「同Ⅱ」などを題材にしたアクションRPG。
各キャラとの触れ合いをメインにしたアドベンチャーモードと探索とアクションメインのRPGモードで構成され、基本的にはギルドからの依頼をこなして進めていくものになっています。ダンジョンには2人のサポーターを連れて行くことができ、それぞれ特性を持っています。またストーリーモードをクリアした後なら、自由な編成ができるエクストラダンジョンもチャレンジできます。それをクリアすると、オイシイ特典が・・・。
原作が好きには人、さらにアプリゲームも楽しんだ人なら、是非とも遊んでもらいたいですね。

3番目は、「ブレイブルー クロスタッグバトル スペシャルエディション」(PS4Nintendo Switch)(★)
2018年にPS4・Nintendo Switchで発売され、今年4月から稼働した「ブレイブルー クロスタッグバトル」のスペシャル版。
本編に加え、ダウンロードコンテンツとして展開された追加キャラとVer2.0のコンテンツ(9名の追加キャラと追加シナリオなど)が同梱されています。
アーケードから始めた人なら、このセットを買う方がオトクになるでしょう。


次回はPS4の注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2019年10月16日

秋の新アニメ2019 その13 神田川JET GIRLS

秋の新アニメ2019、13回目は2020年1月にPS4で発売されるゲームが原作の「神田川JET GIRLS」です。
マルチメディア展開で行われるということなので、この作品は宣伝も兼ねたものになってくるでしょうね。で、制作関係者が「閃乱カグラ」に関わっているので、それに近いものになってくるんじゃないかと思うのですが、これいかに。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


ジェットレース、それはマシンを操縦するジェッターと相手をウォーターガンで攻撃するシューターの2人1組で行われ、その競技は東京の神田川で繰り広げられていた。

主人公は、ジェットレースのチャンピオンにもなった亡き母の娘で、長崎の離島から上京してきた。浅草に着いた時、トラブルに見舞われた彼女を救ったのは、後にジェットレースのパートナーとなる女の子だった。



というふう。


えー、総じて薄っぺらいね(苦笑)。
主人公の母親が偉大なレーサーだったということはわかったし、その母に近付きたいと上京するまではわかった。ただ、それ以外はアホな子という点しか後はわからない(爆)。一方のパートナーも何でジェットレースを辞めていたのかがわからないまま、なし崩し的に主人公と一緒に果たし状に乗ってしまう点が浅はかというのか何というのか・・・。
あと一番に言っておきたいのは、この作品はおっぱいアニメだ(ギャハ)。終盤に謎の黒い光が入るんですけど、あれは見えてる(ニヤニヤ)。露骨にセクシーシーンばかり撮ったり流したりしているあたり、意図的だよね。あと攻撃が当たると衣装がはがれるなんて、それって何て「閃乱カグラ」ですか(ニヤニヤ)?


まぁ、エロ目的だったら、年齢制限のあるCSで見なさい(爆)。あとは、話は総じて薄味で、変に個性の強いキャラばかりなので、人によっては嫌になってくるかもしれません


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:53Comments(0)

2019年10月02日

レコゲー2019 10月 据え置き機編②

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4の注目作の紹介です。


最初は、 ペルソナ5 ザ・ロイヤル(★)
2016年にPS3で発売した「ペルソナ5」の移植版。
新要素として、キャラクター・ストーリー・スポットの追加、ダーツライブ(セガの関連会社で、ダーツマシン販売会社)のダーツマシン「DARTSLIVE3」とのコラボ、日常アシスト機能、グラフィックの強化(PS4 Proでの画質に対応)などが行われています。
「ペルソナ5」も今作も「日本ゲーム大賞 フューチャー部門」で受賞を果たしているだけに、多くのプレイヤーが来たいと評価を下している、安心して遊べる作品だと思います。

2番目は、Travis Strikes Again: No More Heroes Complete Edition(★)
2007年・2010年にWiiで発売した「NO MORE HEROES」のスピンオフ作品。後にPS3・XBOX360に過激化されて移植をしています。
今作では、主人公に襲い掛かり撃退した殺し屋の一人の親が復讐するためにやって来て、その死闘の末にゲーム機の世界に引きずり込まれるという設定になっています。
お馴染みのアクションモードに加え、アドベンチャーモードも追加。そのアドベンチャーモードは往年のPCゲームのようなグラフィックになっているので、おっさんもおじいちゃんも大喜び(爆)。

最後は、ゴーストリコン ブレイクポイント(★)
特殊部隊員の活躍を描いたシリーズ最新作。南太平洋の島を舞台に、嶋を占拠する敵との戦いを描いたものになります。
作中では、攻撃を全面に押し出した「アサルト」・ステルスプレイが得意な「パンサー」・狙撃で後方支援を行う「シャープシューター」・回復役の「フィールドメディック」の4クラスで構成されており、リアルな世界観の中でサバイバルを駆使して戦い抜きます。リアルな世界観に基づいていることから、疲労が蓄積したり、戦闘でケガをすれば、移動速度や戦闘能力に影響し、治療を施したくとも物資が無ければ、どうすることもできないというわけです。武器の管理や野営も行っていくことも大切になってきます。
これまで以上にリアルな作品なので、ミリタリーファンには満足な内容になっているばかりか、初心者のためのチュートリアルも充実しているので、難しい作品と思われがちな今作の敷居を下げてくれていると思います。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:35Comments(0)

2019年10月01日

レコゲー2019 10月 据え置き機編①

10月になりました。前々から言われていた消費税が遂に10%に上がりました飲食物など一部には軽減税率というものが適用され、これまでと同じ8%になりますけれども、ゲーム機・ソフトなどに関しては対象外となるので、10%上乗せでの販売になります。そのため、駆け込み的に本体を買ったとか欲しかったソフトを買ったとかいう人もいるのではないのでしょうか。かくいう私も、駆け込み的ではなく偶然にも、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」をプレーしたいがために本体(Nintendo Switch)を買いました(笑)。これからダウンロード販売の作品も手に入るようになると思いますから、色々な作品に手を出しそうです(苦笑)。


では、見て行きましょう。今回もマルチ展開の作品の紹介です。


一つは、「魔界戦記ディスガイア4 Return」(PS4 Nintendo Switch)(★)
2014年にPS Vitaでは発売した同作品の移植版。元々は2011年にPS3で発売された「魔界戦記ディスガイア4」およびダウンロードコンテンツかつアペンドディスクとして同じ年に発売された「魔界戦記ディスガイア4 フーカ&デスコ編はじめました。」をベースにしています。
基本的な部分はPS Vita版と同じになりますが、発売後からダウンロードコンテンツの充実を図っていくとのことなので、既にプレイしている人にもやり込みのできる作品になるのではないのでしょうか。

もう一つは、「たべごろ!スーパーモンキーボール」(PS4Nintendo Switch)(★)
元々はアーケード作品だったものを2001年からコンシューマーとして展開させたもの。実に7年ぶり(2012年にPS Vitaで発売以来)の新作になります。
傾きセンサーが付いているハードからの発売になることから、よりセンシティブな操作ができるようになっているので、程よい難易度になっているのではないかと。本編以外にもミニゲームが多数収録されており、オンラインランキングにも対応なのに2990円(税別)の太っ腹価格なので、1人でじっくりというやり込みゲームとしても皆でワイワイという接待ゲームとしても有益ではないのでしょうか。ちなみに、メインテーマがバナナフリッターズ(関俊彦さん・日高のり子さん・山寺宏一さんのユニットで1990年代前半に活動していた。2017年に復活)なのにもビックリ、曲調がジャズというのかスカっぽいというのか、今までのバナナフリッターズに無かったものだったので、なおのことビックリ(笑)。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)

2019年09月02日

レコゲー2019 9月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はPS4の作品から。


最初は、モンスターハンターワールド:アイスボーン(★)
2018年に発売した「モンスターハンターワールド」の超大型拡張コンテンツになるこの作品、様々な要素が追加されます。
今作では、下位・上位に加え、マスターが追加。さらに困難なコンテンツが用意されます。またスクリーンショットが撮りやすくなり、コミュニケーションの円滑化も図れるかもしれません。スクリーンショットでは、PS4のパッドボタンを押すと画面上の表示をオフにできるとのこと。さらに、サークルの機能も追加され、サークルの様々な情報を書き込めるサークルカードの配布、サブリーダーの任命、シンボルの再編集が可能になっています。
寒冷地の果てで調査隊の見たものは何なのか、気になりますね。

2番目は、イースⅨ -Monstrum NOX-(★)
シリーズ最新作で、ある事件の重要参考人として捕まってしまったアドル=クリスティンを救った怪人達と様々な謎を解いていくというもの。
本作では異能アクションという怪人達の持つ超常能力を使って難所を切り抜けるというものがあります。怪人達の協力を得ることで、多くの力を得ることもできるように。また怪人達と総力戦を戦い抜くことで、街中の探索エリアを広げることができるようにもなります。
これまでのイースとは違う異色作になりそうなほど、超常的な展開が多くなりそうです。

3番目は、eFootball ウイニングイレブン2020(★)
ヨーロッパ・南米・アジアの20リーグのライセンスを取得し、世界48クラブとのライセンスも交わしているので、よりリアルなサッカーを楽しめます。さらにヴィッセル神戸に所属するイニエスタ選手が監修して、キック・ディフェンス・ドリブルなどに新たなモーションを追加しています。また往年のサッカー選手だったジーコ・マラドーナなどが監督のアバターとして登場します。
eFootballと付いていることから、eスポーツを意識した作品にもなっています。今後国体の種目にもなっているので、腕を試してみたいと思ったら、購入してみてはいかがでしょうか。

最後は、トロピコ 6(★)
独裁者になって島を支配するシミュレーションゲーム。
今作では貿易が厳しくなっており、ライセンスが無いと輸出入できなくなっています。またスイス銀行の利用価値が上がっており、上手く活用すれば様々な利権を得ることができます。さらに複数の島を運営できるのも特徴になっています。
4つの時代を股に掛け、島を独立させることができるのか、それは独裁者となるあなたに掛かっています。


次回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2019年09月01日

レコゲー2019 9月 据え置き機編①

9月になり、翌日からはほとんどの学生が新学期に入ります昨今学校の通いづらさが指摘されています。子供達にとって、学校は楽しいところであってほしいと思います。でも、嫌なら無理して通うことは無いです。ただ、学ぶことだけは辞めないでほしい学校へ行かないから学ばなくていいというふうではなくて、学ぶことで学校の大切さも同時に噛み締めてほしいのです。そのために何ができるか、子供・親・教師・その他周囲の方々が一緒に考えて欲しいですね。

さて、9月は東京ゲームショウの時期にもなります。恐らく目玉になるのは、来年発売になる「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」ではないかなと。大規模なプレイアブル出展がなされるのは確実でしょう。もちろん今年の年末商戦~年始を占う上で重要な見本市でもあるので、注目作は他にもたくさん出てくるでしょうね。


では、見て行きましょう。今回も最初はマルチ展開の作品紹介です。


最初は、「ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」(PS4Nintendo Switch)(★)
アトリエシリーズの最新作で、今作は新規シリーズの1本目という位置付けになります。
湖に浮かぶ島を舞台に、禁忌とされている島の対岸に向かった主人公が錬金術に出会い、修行するという話になっており、同時に島に迫る驚異との対峙にも迫られるようです。
今作では、調合・採取・戦闘のシステムが一新されます。
このうち調合では、リンケージ調合という作りたいアイテムが持つ設計図に合わせて作成するというわかりやすいものになっています。それでも不安なら自動で調合も行えるので、そこでコツを掴むのもいいかもしれません。加えて、調合したものをさらに調合するリビルドという機能もあり、強い性能を引き出すことができるようにも。さらに調合によって採取地を生み出すこともできるという大掛かりなものも。戦闘では、リアルタイムタクティクスバトルというアクションゲージによって行動順の決まるものになっており、連携技も。ただ、難易度調整もできるのでアクションの苦手な人も安心です。

2番目は、「CONTRA ROUGE CORPS」(PS4Nintendo Switch)(★)
1987年にアーケードで展開されて以来、断続的に登場しているアクションゲーム。パッケージ版としては2008年にニンテンドーDSで発売した「魂斗羅デュアルスピリッツ」以来、実に11年ぶりになります。
エイリアン戦争終結から2年後を舞台に、決戦となった場所にできた街には謎のクリーチャーがうごめく事態に。そこに現れた5人のならず者達が様々な目的のために乗り込むというふう。
今作では最大4人の協力プレイ、同じく8人までの対戦プレイ、武器のカスタマイズなどができるベースキャンプ、やり込み要素も豊富で、かつ過去の作品を楽しんでいる人にはニヤリとできるキャラも登場するとのこと。

3番目は、「メルキス」(PS4PS Vita)(★)
2018年にPCから発売した同作品の移植作。イチャラブストーリーがメインの恋愛アドベンチャーです。
追加要素などは無いものの、コンシューマー化に伴って最適な映像比率になっていたりするのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2019年08月02日

レコゲー2019 8月 据え置き機編②

レコゲー据え置き機編、今回は各ハードの注目作の紹介です。最初はNintendo Switchから。


最初は、ソードアート・オンライン フェイタル・バレット COMPLETE EDITION(★)
今年1月にPS4などで発売された同作品の移植版。過去に収録されたダウンロードコンテンツが全て収録されています。今回Nintendo Switchに移植されたことで、ローカル通信に対応し、ジャイロ操作による直感的な操作にも対応しております。

2番目は、彩京 SHOOTING LIBRARY Vol.2
1990年代~2000年代に活動し、アーケードゲームをメインに展開していた彩京のシューティングゲーム作品を収録したオムニバス作品
「戦国エース」・「戦国ブレード」・「戦国キャノン」・「ガンバード」・「ガンバード2」・「ガンバリッチ」の6本が収録されます。
その他おすそわけプレイや縦画面でのプレイ、自由な設定(難易度や残機設定など)ができるようになっています。


一方、プレイステーション4で唯一の紹介になる作品は、アズールレーン クロスウェーブ(★)
2017年から展開している育成要素を含めた横スクロールシューティングで、「艦隊これくしょん」の影響を受けている中国系アプリであることから、「中国(中華)版艦これ」と称されることもあります。
今作は3Dアクションシューティングになっており、難易度も3段階設定されています。初めてプレイする人からアプリでのプレイに慣れている、手応えの欲しい人まで幅広く対応しているのかなと。ただアプリ版より簡素化されている要素もあるので、やりやすくはなっているのかもしれません。
なお、ストーリーモード以外にも、バトル専用モードやキャラを撮影できるモードもあります


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0)

2019年08月01日

レコゲー2019 8月 据え置き機編①

8月になりました。梅雨明けし、暑い夏・・・どころの騒ぎじゃない酷暑がやって来た。真夏日で済めばいいんですけど40゚Cなんて日が来ようものなら、大変ですわね。今年は寒暖差が激しいので、体調を崩しやすいと思います。水分補給・適正な冷房器具の使用を心掛けましょう。去年の猛暑もキツいけど、今年の寒暖差の大きい夏も嫌だよね・・・。

さて、8月はお盆休みもあり、学生以外も休みの時期に差し掛かります。例年任天堂の商品が頑張る時期でもあります。今月も任天堂の商品がどこまで出てくるのか見どころですね。


では見て行きましょう。今回も最初はマルチ展開の作品紹介から。


最初は、「Wolfenstein: Youngblood」(PS4・XBOX ONE・Nintendo Switch・PC)(★)
シリーズ最新作で、1980年代のナチス占領下のパリを舞台に繰り広げられる、前作までの主人公の双子の娘が、消息を絶った父である主人公を探すために奮闘するというものです。
今作は、終始協力プレイで進めるか相手をAIにしてソロプレイに徹するかを選択できます。どちらでも楽しくプレイできるとは思いますけど、本作の場合は協力プレイで進めるのが一番いいかもしれないですね。

ウルフェンシュタインからはもう一つ、「Wolfenstein: Cyberpilot」(PS4・PC)(★)も発売されます。
こちらはVR対応ソフトになっており、プレイステーション4はPS VRに対応しています。同じく1980年代のナチス占領下のパリを舞台に、名うてのハッカーがナチスの殺りく兵器を奪取してレジスタンスを支援するために戦うというものです。こちらも協力プレイが現実空間で起こっているかのようにプレイできます。

3番目は、「クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!」(PS4Nintendo Switch)(★)
1999年にPSで発売した「クラッシュ・バンディクー レーシング」のリマスター版ですが、海外版をベースにしており、マスターを使用できないということで、難易度調整を掛けるなどしてプレイしやすくなっています
なお、高画質になっているのとオンライン対戦(最高8人まで)が可能なので、過去に楽しんだ人もまた存分に楽しめるのではないかなと。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2019年07月02日

レコゲー2019 7月 据え置き機編②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品紹介です。


3番目は、「プロ野球スピリッツ2019」(PS4PS Vita)(★)
人気野球シリーズの最新作。リアルに造形された選手達の躍動を感じさせる作品でもあります。
2019年シーズンの成績と連動し、将来的にはクライマックスシリーズや日本シリーズなどのシナリオも登場する予定だとか。そのため今年から導入された申告敬遠にも対応しています。また、ワールド・ベースボール・クラシックや高校野球で取り入れられているタイブレーク制度も適応可能になっています。
今作では、作中にあるペナントレースでは、選手の年俸制が導入され、球団資金を上手く活用して球団を強化するための目安になります。また育成モード「甲子園スピリッツ」は高校野球を初採用し、スタープレイヤーモードは実名の野球選手で最大30年プロ生活を過ごすこともできます。さらに、監督モードでは自分だけの最強チームを作ってオンラインで采配を振るうこともできます。
丁度野球はオールスターゲームが行われ、その後後半戦に向かいます。優勝やポストシーズンに向かって盛り上がる時期でもあるので、自分の応援しているチームをせめてゲーム内で・・・という人は是非とも買ってほしいですね。

4番目は、「東京2020オリンピック The Official Video Game」(PS4Nintendo Switch)(★)
来年に控えた東京オリンピックの競技が楽しめる作品で、国際オリンピック委員会(IOC)公認作品でもあります。間もなく完成予定の新国立競技場(オリンピックスタジアム)など実際に行う競技会場も(既存施設・新規施設関係なく)再現・構成されます。
陸上(トラック&フィールド)・水泳・野球・サッカー・バスケットボール・BMXなど15競技が収録され、きめ細やかな設定ができるオリジナルアバターは80の国・地域から選ばれた選手として出場することができます。モードは1人でじっくりのトレーニングから2人(オンラインなら4人)まで対戦できるモードの他、1つの競技をオンラインを通じて極めていくランクゲームス(オンラインランキング)があります。

最後は、「Making*Lovers」(PS4PS Vita)(★)
2017年にPCで発売された同作品の移植作。
移植に際してのオリジナル要素は無さそうで、アペンドディスク(ファンディスク)の収録も無いようです。しかしながら、交際してから本当の恋物語の始まりという斬新なコンセプトは一度プレイしてもらいたいものです。


次回は、各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)

2019年07月01日

レコゲー2019 7月 据え置き機編①

7月になりました。今年も後半に突入です。
暑い夏が来る前に、大雨に警戒の必要な時期を迎え、大変な方もいらっしゃるかと思います。十分にお気を付け下さい。
それを過ぎれば、学生は夏休みに突入。今年は7月半ばに3連休もあり、ゆったりと過ごせる月になりそうです。
そんな中でゲーム業界もこの時期をターゲットにして様々仕掛けてくるのですけど、今年はいかに。


では見ていきましょう。今回も最初はマルチ展開の作品の紹介から。


最初は、「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ」(PS4PC)(★)
シリーズの最新バージョン(拡張ディスク)。今回も複数のジョブが追加されており、新種族も登場します。さらに、メインストーリーに登場するダンジョンをキーキャラクターと共に攻略できる「フェイスシステム」が搭載され、ソロプレイヤーにも優しい作品になっています。
同作品をベースにした劇場版(基本的にはテレビドラマ版とほぼ同じではあるものの、キャストが違う)やCGアニメも予定されているとのことなので、今後もオンラインゲームとしてのメインストリームを掴んでいくことでしょう。
なお、コンプリートパック(・PS4PC)も販売されるので、これから始める人も大丈夫。長い休みでじっくりプレイというのもいいかもしれません。

続いては、「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」(PS4Nintendo Switch)(★)
2014年に放送されたテレビアニメ「キルラキル」のゲーム化。原作アニメの質感を3Dセルルック技術で原作を再現するというもの。テレビ作品の通りの展開も可能(最初は皐月、クリア後に流子のストーリーが楽しめる)ではあるものの、ifストーリーに展開させることも可能とのこと。
作品そのものは、格闘アクションとなっていますが、格闘ゲームの苦手な人でも手軽に遊べるよう配慮されています。もちろんチュートリアルやトレーニングで鍛えることも可能です。
モードとしては、前述のチュートリアルとトレーニング以外に、勝ち抜きチャレンジ、ステージ上で大量発生するカバーズをなぎ倒していく1対多数の「カバーズチャレンジ」(1分間の撃退数を競うモード・100体倒すまでのタイムアタック・エンドレスの3つ)がプラクティスとして収録され、オフラインとして収録されているのは、フリー対戦のみとなります。そして、オンライン対戦に対応しており、フレンドと和気あいあいとプレイするプレイヤーマッチ、真剣勝負のランクマッチの2つがあります。なお、フリー対戦とプレイヤーマッチはハンデマッチ対戦も可能です。
原作を知っている人なら、作品の更なる秘密を知るいい機会になると思います。もちろん格闘ゲームとしてデキのいいふうなら、原作以外の人も買うかもしれません。丁度作品のBlu-ray Disk BOXも発売しているので、原作を知ったうえで楽しめるというすそ野広げのトリガーになるのかもしれません。


次回もマルチ展開の作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2019年06月25日

nasne終了へ

PS3・PS4・PS Vitaといったゲームハードやソニー製のケータイ(スマートフォン)や自他社含めたPCなどで地上波・BS・CSの録画した番組を再生できるハードディスク・レコーダー機能を搭載したネットワークストレージ「nasne」。ソニー・インタラクティブエンタテインメントより発売していたこの商品が、近々販売終了となりそうです。まだ販売終了になるということだけで、具体的にいつになるかは不明とのこと。
使い勝手のよさから根強いファンが多く、今回終了となることで後継機を切望する声もあるものの、基本的にはソニー製のブルーレイレコーダーを買ってほしいという流れになっているようで、後継機の予定は現状無いとのことです。

2012年に初期モデルが発売されてからマイナーチェンジとアップデートを繰り返して足掛け7年。移りゆくテレビ事情の中でこれほどまで支持された周辺機器はそうないかなと思います。
なお、スマートフォンの「torne」アプリやPC用のアプリ「PC TV Plus」については継続する方針とのことなので、ただちに見られなくなるというわけではなさそう。もちろんゲーム機を介して見られることも無くなるわけではないので、しばらくは安心できるのかなとも。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2019年06月04日

レコゲー2019 6月 据え置き機編③

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。最初はPS4から。
1本目は、みんなのGOLF VR(★)
VR(仮想現実)で楽しめる国民的ゴルフゲーム。本物のゴルフ場にいるかのような臨場感を得られるようになっております。簡単な操作で楽しめるのはもちろんのこと、PlayStation Move モーションコントローラを使えば、更なる臨場感を体感できるでしょう。
なお、ソフトとPSVRがセットになったエキサイティングパックも販売しますので、PSVRが欲しいという人には是非ともセット販売でどうぞ。

2番目は、SAMURAI SPIRITS(★)
シリーズ12作目で、2008年に稼働した「サムライスピリッツ閃」以来11年ぶりの新作になります。
ストーリー的には「サムライスピリッツ零」の1年後の話を描いたものになっており、AIがプレイヤーのプレイスタイルを学んで分身を作り出す「道場モード」や3人の新キャラ、オンライン対戦などを備えております。
なお、この作品は夏にアーケードとして稼働する予定があり、かつeスポーツサポートプログラム作品となっています。

3番目は、龍が如く5 夢、叶えし者(★)
2012年にPS3で発売した同作品のリマスター版。
高精細化と60fpsのフレームレートに対応しています。基本的にはそれ以外変更点は無いものの、5大都市(東京・大阪・名古屋・札幌・福岡)を舞台に繰り広げられる壮大な冒険が、お買い得な価格で楽しめるのはいいんじゃないかなと。


最後は、Nintendo Switchから。
その作品は、実況パワフルプロ野球(★)
パワプロシリーズ最新作で、任天堂系の据え置き機で見ると、Wiiで発売された「実況パワフルプロ野球NEXT」以来10年ぶりの新作になります。
2vs2での対戦や相手をコンピューターにして4人で一緒に1つのチームをプレイするスタイルが採用されています。その他、プロチームから勝って得たアイテムで強化していくトレジャー、今回は高校生編になるサクセス、入団から引退までを追い掛けるマイライフ(現役かオリジナルのどちらかでプレイ可能)などが収録されています。
選手は2019年の最新データをベースにした現役選手に加え、OB選手も収録。またamiiboカードでトレジャーのアイテムをよりよくすることも可能です。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2019年06月03日

レコゲー2019 6月 据え置き機編②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


4番目は、「your diary+」(PS4PS Vita)(★)
2011年にPCで発売した「your diary」の移植版。今回の移植は2013年に発売したPSP版をベースにしているようです。
PC版ではサブヒロインだったキャラがヒロインに昇格している点ではPSP版と同じなので、追加要素はほとんど無いのでしょうが、PS4・PS Vitaという高精細な表示のできるハードでの移植という点がウリになってくるのではないのでしょうか。

最後は、「ぷよぷよeスポーツ」(PS4Nintendo Switch
近年活発になってきたeスポーツ仕様にカスタマイズされた「ぷよぷよ」で、既(2018年)にダウンロード版が発売しています。
内容は「ぷよぷよ通」と「ぷよぷよフィーバー」のルールで行えるようになっており、オフラインで最大8人が楽しめるトーナメントモードとインターネット対戦が用意されています。実力差があっても、ハンデマッチにすることも可能。また先の試合に負けても、後の試合で有利に展開できるブースト機能も搭載されています。
この作品は、アーケード版も展開されているので、練習用としても最適です。また今年の国体のエントリーソフトにもなっているので、まだ地域によっては間に合うかもしれません。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:59Comments(0)