2017年01月03日

去年は最後の最後まで岐阜は・・・

いつもなら、年末年始は全くと言っていいほど動きのないFC岐阜。しかし、昨年末から今年初めは、DAZN(ダゾーン)マネーの影響か、なかなか決まらない事態が他のチームにも含めあったんですね。一応、主力となる選手は残留が決まりましたが、まだ一部の選手は決まっていないので、今後行われる背番号発表会までに決まってくれればいいのですが・・・。


そんな中、岐阜は「落ちないお守り」なるものを発売することになりました。
こちら、昨年の最終節だった東京ヴェルディ戦の半券をお札の中に入れたもの岐阜はJFL・J3の降格制度が始まった2012年から2014年を除き、常に入れ替え戦の憂き目に遭ったチームというのは、何回かも紹介しているので、ご存じなことでしょう。そして昨年もヤバかった(苦笑)。しかし、そんな中でも残留をしている(しかも2012・2013年はJFLに落ちかねなかった順位だったにもかかわらず、相手がJ2ライセンスを取得していなかったため、難を逃れている)のです。
そんな驚異の残留力を受験生などにあやかってもらおうと、今年初めてお守りにしたというわけ。約12000人の観客の半券がお守りになって販売されるわけだよ。そこまでして儲けるかと言わず、これにあやかってほしいよねと思うところですよ(ニヤニヤ)。
でも、この手の販売を始めると残留力が落ちて、降格するっていうジンクスがあるらしいから、そこが怖い(汗)。
あ、そういえば、いまだにあの時の半券残ってるわ(ニヤニヤ)。俺もあやかろう(ギャハ)!


そして、先程選手の話をしましたが、こちらは喜び半分悲しみ半分な話。

まずは、やっぱりというのか覚悟はしていたのですけど、レオミネイロ選手との期限付き移籍が満了になりました。とりあえずブラジルのリーグとの交渉中とのことですが、日本、同じカテゴリーのリーグにはならないよね・・・。
でも、本当に感謝しています残留できたのは、レオのおかげだと今でも思っていますよ。だから、新天地でも頑張ってくれ!またいつか岐阜に来ておくれ。

もう一つは意外な話題。2014年まで2年間岐阜で活躍したあのヘニキ選手が再びやって来たのです。これにはビックリ。
ミッドフィルダーは選手が多いので、ここで勝ち抜くのは大変だと思います。ネームバリューだけではスタメンを獲れないので、キャンプから頑張ってほしいものです。個人的には田中パウロ淳一選手とのツープラトンが見てみたい。だって、パウロはヘニキ選手の後継者だと思っておりましたから。あの2人が縦横無尽な動きをしたら、それはそれは怖い怖い。


最後2016年も終わりという時期に飛び込んできたのが、ラモス入院。いくら岐阜の元監督とはいえ、功罪あれども、岐阜のことに目を掛けてくれた方なのですから、心配ですわ。
ラモス瑠偉元監督が脳梗塞で入院したのだそうです。家のベッドで転げ落ちていたのを奥さんが発見して病院に担ぎ込まれたようです。
今のところ大事には至っていないとのこと。でも、1/4に再度検査があるようなので、無事であってほしいですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月28日

FC岐阜観戦記2015 アウェイ編 その3 観戦初勝利はJ2残留への大きな勝利に

SHL23_1900先日、FC岐阜はアウェイで水戸ホーリーホックとの一戦を迎えました。
写真は水戸駅南口にある応援横断幕。のぼりも無くはないですが、岐阜駅前や競技場にずらずらずら・・・っと並んでいる姿と比べると、よく言えば大人しい、悪く言えば浸透率が悪いようにも感じられます。これが商店街とかだと違うのでしょうかねぇ。



SHL23_1911こちらは、スタジアムまで行く特急バス(基本的にはホーリー号とガルパン号の2台で回している)で撮った1日乗車券水戸駅からスタジアムまで往復980円(税込)のところ、900円(税込)になるというもの。しかも水戸駅~大工町は乗降車自由という太っ腹。茨城交通やるな。
ちなみに、茨城交通もICカード導入を決めているようですが、どうも岐阜バスのayuca(アユカ)のようなふうになるらしい。平たく言うと、Suica・TOICA・IKOCA・PASMO・manacaなどのように全国で使えるようにはしないようで。
・・・ロイヤリティの問題もあるのかもしれないけれども、利便性を考えたら全国に対応できるようにしてほしいねぇ。特に茨城県は首都圏の一部なので、東京方面に行く機会も多いだろうし。



SHL23_1916水戸駅から特急バスに乗って30分。やって参りましたKsデンキスタジアム水戸(水戸市立競技場)
デカいので全部入り切りません(ギャハ)。



SHL23_1920で、こちらはスタジアム内。バック側から撮影したメイン席。
独特のデザインをした屋根が特徴的(「鳥人間コンテスト」で出てきそうな翼のような形をしている)ですが、やはりデカすぎて入っていない(爆)。



SHL23_1917スタジアム入口そばには、今回「アニ×サカ」ということもあり、そして舞台になった大洗町の日ということもあり、「ガールズ&パンツァー」(以下「ガルパン」)のキャラが水戸のユニフォームを着て登場。ちゃんと左端にはホーリー君(水戸のマスコットキャラ)が駆け付けております(笑)。



SHL23_1914「ガルパン」と言えば戦車・・・ということで、アキバでも展示された「Ⅳ号戦車D型(H型)仕様」が初お目見え
とは言われても、私は戦車には詳しくないので、いかんとも言い難し(苦笑)。



SHL23_1919こちらが、『本物』のホーリー君
試合前にメイン・バック席にやって来て、ファンやサポーター達を鼓舞しておりました。
ちゃんとしたマスコットがいるだけでもうらやましい。岐阜は『借り物』(ミナモはFC岐阜のマスコットではなく、岐阜県が管理しているマスコット。元々は2012年に開催された「ぎふ清流国体」のみ使用する予定だった)だからね。



SHL23_1922今回アウェイながらも東京や福岡の時に比べて大勢のファン・サポーターが駆け付けたと思います(意外なことに、アウェイ自由席のイス席サイドは半分くらい埋まった)。せいぜい100人レベルなんでしょうけど、以前に行った2試合よりかは確実に多かったと思う。
写真は痛ゲーフラの数々(笑)。さすが「アニ×サカ」。



SHL23_1918散々言っておりますが、この日の試合は、「アニ×サカ」ということで、ガルパン(水戸)とのうりん(岐阜)との対決になりました。
通称「戦車道」×「農林道」。すごいネーミングセンスだといつもながら思います(汗)。



SHL23_1923試合中、水戸サイドがコーナーキックを獲得すると、ガルパンの1シーンを利用したカットインが上映されました。写真では逆光になってわかりにくいですけどね(苦笑)。



SHL23_1926こちらは同じ状況でフリーキックになった場合。カットインしている1シーンがコーナーキックのそれと異なっています。



SHL23_1931試合はというと、前半は双方が決定的なチャンスを掴むことができず、こう着状態と言ってもいいふう。
しかし、後半数少ないチャンスを掴んだのは岐阜
後半9(54)分に益山選手のスローインから、一瞬の隙を突いた攻撃で、ヘニキ選手がほぼ無角度のシュートを放ち先制。そして後半20(65)分にはレオミネイロ選手がカウンターアタックで追加点終盤にも富士選手が3点目を得るチャンスを得ましたが、すんでのところで止められました(ちなみに、ごっつぁんゴールを決められなかったことに対し、ラモス監督は激怒している)。

水戸に関して言えば、点を取られて以降、焦りからなのかボールを誤って出してしまうなどの凡ミスが目立っていましたね。これをやってしまっては勝つのは厳しいのかなと思います。ただ地力のあるチームなので、立て直しは容易だと思いますよ。

いずれにしても、岐阜はアウェイで完勝私がアウェイ観戦し始めて4戦目でやっと勝利の瞬間を見届けることができたのです。
私が遠くから来てよかったと絶叫したところ、他のファン・サポーターからホントだよの一言が来たのが印象的でした。



SHL23_1939試合後、ファインセーブを連発した常澤(ときざわ)選手(左)、追加点を挙げたレオミネイロ選手(中央)、そして先制点を挙げたヘニキ選手(右)がファンとサポーターの前にやって来ました



SHL23_1940こちら、ヘニキ選手が拡声器をもって挨拶する姿を捉えたもの。長良川ではあまり拡声器を使うことがないため、貴重なシーンとも言えましょう。



SHL23_1945アウェイ連勝となり、勝利に浸る岐阜のファンとサポーター達。
ホントならもうちょっと残っていたかったんですけど、帰りの電車もあったので、この後すぐに出発しました(泣)。



いやぁ、コンサドーレ札幌戦も1-2で勝ち、今回も勝利で切り抜け、あれだけ難しかった連勝をアウェイでこなしてしまうなんて、今シーズン初め、特に6連敗していた頃には想像もできなかったです。これにより、水戸だけでなく引き分けに終わった京都サンガを抜いて18位に躍進ひとまず安全圏内への『脱出』に成功しました。
しかし、このまま気を抜いてしまえば、あっという間に降格圏に逆戻りとなることでしょう。堅守の誓いを今後も破ることなく、10/4にホーム(長良川)行われる徳島ヴォルティスで2度目の3連勝といきましょう。そして、ラモス体制ではまだ見ぬ4連勝への布石にしようじゃありませんか。


J2残り試合あと8。最下位との勝ち点差は7。入れ替え戦順位との勝ち点差は6。

  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月19日

FC岐阜観戦記2015 第4節 雨は止めども・・・

今日(4/19)、FC岐阜はホームの長良川競技場で栃木SCと対戦することとなりました。


SHL23_1345ここに来て、FC岐阜は5連敗。中でも前節になる東京ヴェルディ戦で悪夢の大逆転負けを喫し、選手ばかりでなく、ファンやサポーターにも危機感が募っておりました(横断幕には、「苦しい時こそ、俺達は共に闘う!!!」と書かれている)
というのも、今日負ければ球団タイ記録になる6連敗というふうなだけに、栃木との相性は悪い(ラモス監督時代に限ってみても、2戦2敗という体たらく)ものの、何とか最低でも引き分けに持ち込みたいところです。
対する栃木も3連敗中栃木も栃木で、これ以上引きずらないためにも負けられない試合でした。


ところで、今日もスタジアムの天候は雨。カマタマーレ讃岐戦以降晴れに恵まれていません。思えば、その讃岐戦以降負け続き。降りしきる雨が負けを呼ぶなんてことにならなければいいのですが・・・。



SHL23_1341そんなことを考えていても仕方ないので、スタジアム飯を頂くことにする。
今回は餃子道が珍しくどて煮を用意してくれました。ちなみに、味噌串カツも用意しておりましたこのどて煮の汁にジャブン・・・というふうなんでしょうね(ニヤニヤ)。
そういうわけなのか、汁が異常に少ない(苦笑)。何せ穴の開いたお玉で、これでもかこれでもかと汁を切っていたくらいでしたから。おいおい汁もしっかりおくれよ・・・(嘆)。



味に関しては、渋みと甘味のコントラストがきっかりと効いた赤味噌だしが利いていて、もつの臭みも見事に消えていますアクセントのごぼうもアクはあまり感じられなかったし、よく行き届いた調理だと思います。
それゆえに、丼飯で欲しかった(泣)。次は餃子丼よろしくどて煮丼でお願いします(ニヤニヤ)。
SHL23_1343今回は揖斐川町のホームタウンデーということで、美濃いび茶が販売しておりました。
えー、味の詳細は既刊の「茶ドゾー」でご確認下さい(ニヤニヤ)。<おい、まだ次の出展も決まって無いのにそんなこと書くんじゃねぇ。



SHL23_1349この試合、岐阜・栃木双方が負けたくないという気持ちを全面的に押し出していたせいか、硬い内容になっていました。途中で止んだものの、雨降りだったのもやりにくい要因になったのかもしれません。
守備に関しては、どちらも悪くないふうで、特に栃木の堅守は相変わらず破れなかったですね。

攻撃面に関しては徐々に栃木に主導権を握られつつありましたけど、紙一重のところで防ぐというふうでした。岐阜はいいところまで行くのだけれども、決定的なところで繋がらなかった。例え繋がっても、ゴールポストに嫌われるという有様でした。


そして悲劇は訪れます。
後半25(70)分、ヘニキ選手が不用意に攻めてしまったことで湯澤洋介選手にPKを与えてしまうことに。このPKを阪野(さかの)豊史選手に決められたのが唯一の失点。この失点を守り切られてしまい、悪夢の6連敗になってしまいました。



繰り返し言いますが、岐阜の試合内容はそんなに悪くなかったです。攻めが繋がらないという面は見えていたものの、栃木の堅守に阻まれたと見ることもできます。ヘニキ選手が試合を壊してしまったとも言えますが、その後必死になって取り返そうとしていた面も垣間見えましたし、この試合を総じて見ても、彼の縦横無尽さが再び輝きを見せるようにもなってきました
そして、最後の交代カードで登場したレオミネイロ選手、やっと試合に慣れてきたのかなと思えるいい動きをしていました。ロドリゴ選手が積極的に球を拾えない中、自分のやる役目をよくわかっていたのではないかと思います。

しかし、負けた事実は変わらないです。何かがまだ足らないのです。勝利への欠けた最後のピースは、勝つ意欲でも負けないように守備を磨き上げるだけではない領域に差し掛かりつつあるのかもしれません。もしかすると負けている意識を捨てるというメンタル面や野球でいうところの『投打の歯車が噛み合うこと』だけなのかもしれませんが、正直私達にはわからない領域になる何かしらの意識なのかもしれません。
もう一度言いますが、悪夢の敗戦になった東京ヴェルディ戦よりかはいい試合をやっています。実際には見ていないですが、ボロ負けになった大分トリニータ戦よりも前に向かっていこうという意識は伝わって来ています。それだけははっきりとわかりました。


さて、次節は4/25にアウェイでアビスパ福岡との対戦になります。この福岡との相性も(ラモス監督時代に限って見ると)あまりよろしくない。ただ、昇格初年度に大逆転勝利を挙げた相手でもあるので、何かの奇跡を求めるのなら、この福岡戦がぴったりと来るのかもしれません。
次のホーム戦は4/29のVファーレン長崎戦となります。福岡戦で記録的な敗戦になっていなければ、気楽に見られていいのですが・・・。


前に前に前に!今の岐阜にはそれしかない!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0)

2015年03月29日

FC岐阜観戦記2015 第2節 金沢ツエーゲン・・・

今日は長良川競技場でツエーゲン金沢との試合が行われました。


ツエーゲン金沢は北信越の地域リーグ・JFLで順調に実力を付けていたものの、スタジアムやクラブの資本金増資などを巡ってJリーグ準加盟にとまどり、準加盟したのは2013年。ただ、その後はトントン拍子に進み、その年の11月には2014年に始まったJ3のオリジナル11(U-22選抜も含めれば12)として承認され、2013年はJFL7位ということであまり高いとも言えない下馬評(その年のJ3の優勝候補は2013年にJFLを優勝していた長野パルセイロとされていた)の中で進撃を続け、J3初代王者に輝きましたその直後にJ2ライセンスも交付され、初めてJ2に上がることとなりました。しかし皮肉なことにその年J2で頑張っていたカターレ富山が入れ替わるかのようにJ3へ落ちることとなり、初の北陸対決とはならなかったのは残念な限りです。
ちなみにツエーゲンとは、チームとサポーターが一体となって応援するという意味が込められており、ドイツ語のZwei(2)とgehen(進む)の組み合わせた造語Zweigenとなりました。また金沢弁で「強いんだ!」という意味の「強ぇーげん!」からも採られているダブルミーニング色のあるチームネームでもあります。


さて、今日は朝から雨が降っていたこともあり、観客動員が低調(3934人)。しかしながら屋根がほとんどないため、屋根の上にはすし詰めの観客・・・といういびつな状態になるのも今まで通り。ホントに屋根のないところにはほとんどいないのよ(苦笑)。
そんな中、全く屋根のないアウェイスタンドで雨合羽着て声援を送る金沢のサポーターやファンには頭が下がるばかりです。もちろん岐阜のサポーターも雨の中応援していますけれども。

実は金沢、この岐阜戦を迎えるまで大善戦と言うべき状況でして、開幕戦と3戦目は落としていたものの、開幕戦となったJ1から降格してきた大宮アルティージャを苦しめ、3戦目となった横浜FCには逆転を許したものの、J2のチーム相手でも申し分ない実力を発揮しました。ある意味揚げ潮の状態で岐阜に挑むこととなりました。
対して岐阜は前節J1落ちてきた徳島に善戦したものの、終盤に崩れて惜敗守備力に関しては昨年から徐々に向上しているのに対し、攻撃力が昨年より徐々に落ちている気がしてなりませんね。この徳島戦のように、終盤スタミナ切れなどで崩れると一気に相手に付け込まれる・・・というふうになりかねないので、常に集中力とスタミナはキープしてほしいものです。


しかし、肝心の試合内容は見るに堪えないと言うべきか。
ほぼ終始金沢にペースを握られているというふうでした。前半の一時期何とか岐阜が持ち返し、後半いざ逆襲・・・と思ったところで、47(後半2)分に佐藤和弘選手からカウンターアタックを決められ、さらに68(後半23)分には清原翔太選手にPKを決められる始末
守備に関しては岐阜以上にしっかりしていると言ってもいいでしょう。岐阜の攻撃陣がしっかりしていないという点もあるものの、岐阜のパスを徹底的にカットする戦術がハマったようです。

まぁ、岐阜に関しては見どころなし。
ヘニキ選手が異常にエキサイトしていたのが印象的でした。相手選手への衝突がヘニキ選手に不利に働いてイエローカードをもらったのが響いたのか、精彩に欠いたプレーが目立った気がします。一番ひどかったのは、前半にボールが外に出ていたのにもかかわらず、思いっきり蹴り飛ばして観客席に放り込んでしまった点でしょうか。縦横無尽に動き回って相手の動きをかく乱するのが持ち味なのに、自軍をかく乱してどうするのよ。
フォワードもレオミネイロ選手が不振と見るやロドリゴ選手にスイッチするも、攻撃パターンが変わったようにも見えなかったですね。

結果は0-2で金沢快勝。試合結果を写真で撮る余裕さえくれなかったわ(苦笑)。あまりの負けっぷりに、会場からブーイングが起こる異常事態となっておりました。


チームコンディションが非常に心配なFC岐阜ですけれども、そんな泣きごとを言っていられる余裕はありません
4/1には大分で大分トリニータと戦います。その後4/5にはJ1から落ちてきたセレッソ大阪との対戦が控えています。大分はJ1在籍経験のある古豪、セレッソ大阪は日本代表もいる実力者揃いのチームです。こんなふがいない試合が続けば、一気に連敗街道まっしぐら・・・となりかねません。特にホーム戦はぎふチャン(岐阜放送)で中継してくれるのですから、スタジアムに来られない岐阜県民に対して奮起したいところです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)TrackBack(0)