2018年05月25日

サンドおむすびから、まさかの一品!

JR東海にあるコンビニ(ベルマート)や売店(キオスク)で販売している「サンドおむすび」。シリーズ化されており、「チキン南蛮」とかもあるんですね。色々種類があるんだけど、公式サイトとかで紹介が無いのよね・・・。


SHV39_3265そんな中、奇抜なものが登場していた。それが、「サンドおむすび 明太子海苔弁風」
・・・まさかの明太子入りの海苔弁当だった(汗)。約半年前、ファミリーマートから「海苔弁風おむすび おかか入り」という商品を発売していたが、まさかこんなローカルストアで同じようなことをやろうとは



食べてみたら、結構具だくさん。
白身魚フライ・ちくわ(磯部揚げ)・辛子明太子・きんぴらごぼうと写真に載っている具材は入っている。驚かされたのはレタスで、普通海苔弁当に入れないだろうと思しきものなのに、なぜか入ってるんですよ。しかもゴロっと(苦笑)。しかもたまたまなのか、芯の辺りなんだよね。硬くは無かったのでよかったけど、普通おにぎりにレタスは入れない(ギャハ)。
ちくわにはタレが付けられていて、そのタレのおかげで、量が多くても食べやすかったです。もちろん、味付けの濃いきんぴらごぼうや白身魚フライにも味が付いていたからというのもあるわけで。


250円(税込)と、一般的なおにぎりに比べると割高ですが、ボリュームは満点で、1個でお腹いっぱいになるかも。もちろん話のタネとしては十分にオイシイ(笑)。


なお、5/28まで20円割引中。これはチャンスだ!話のタネが20円引きで得られるならオイシイぞ(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)

2018年01月28日

私の好物(笑)

SHV32_1738先日岐阜に向かった時に買ってきた「海苔佃煮」(左)と「だし香るおむすび 菜めし」(右)。どちらもJR東海の売店(ベルマートやキオスク)で販売しています。


関係無い話ですけど、「菜めし」って「Vegitable rice」って英語で書くのね。「菜めし」の『菜』って基本的に大根の葉(カブや菜の花の場合もあるそうな)のことなのにね(ニヤニヤ)。ちなみに英語では「Japanese white radish」が基本で、通じなさそうな場合は、「Daikon」と言ってもいいそうで。それの葉っぱ(「greens」)と言えばいいようです。



個人的に菜めしが好きなこともあって、今回食べた菜めしは少々しょっぱいものの、この位の味付けが丁度いいとも。塩気が薄いと菜っ葉の青臭さが出てしまうことがあるんですよねぇ。きちんと塩漬けをしてかつご飯にも程よく塩気があれば、すごく美味しい菜めしになるんですよ。そういった点では、かなり理想的。ごまのアクセントもいいですね。

その後で食べたせいか、「海苔佃煮」の味が薄い(苦笑)。いや、普通に食べたら、塩気が丁度いい塩梅で、甘辛さも十二分だと思うの。しかも海苔と一緒に食べるので、海苔の風味をいかんなく感じられるJR東海のおにぎりは時にイマイチなところがあるんですけど、このおにぎりは完成度が高い。でも、「菜めし」にやられた(爆)。


これは見掛けたら、何回も買いそうだ。特に「菜めし」、税込で108円だもの(ギャハ)。ほぼワンコインで買えるなら買っちゃう(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)

2018年01月03日

オムすび勝負!

「オムすび」とも呼ばれることのあるオムライスのおにぎり。チキンライスにケチャップかデミグラスソースを掛け、薄焼き玉子でくるんだもの。毎年数回出ることがあるのですけど、ほぼ同じ時期に同じような「オムすび」出すんですよねぇ。


というわけで、年末に東京・横浜に行った時、しこたま「オムすび」ばかり買ってきました(笑)。名古屋へ帰る時に買ってきたのですが、なかなか集まらずに苦労しました(泣)。


SHV32_1706で、その戦果(笑)。天下のローソン様が出してないとは何事だ!
・・・と思って調べたら、売ってもいなかった(爆)。


左側はケチャップを掛けたもの。
セブンイレブンの「自家製ふんわり玉子のオムライス」(左上)とJR東日本のコンビニであるNewDaysの「オムすび」(左下)。
右側はデミグラスソースを掛けたもの。思ったよりこっちの方が多い(汗)。
ファミリーマートの「ふわとろ玉子のデミオムライス」(右上)、JR東海が運営している売店ベルマートの「おむすび デミグラスソースのオムライス」(右中央)、デイリーヤマザキの「洋風おむすび デミグラスソースのオムライス」(右下)になります。



その味はというと・・・。まずケチャップ味から。
セブンイレブンのは、そんなに具材は入ってないんだけど、中のケチャップの味わいがいいね。ケチャップライスも美味いけど、中のケチャップとの塩梅もなかなか。バランスのいい味わいになっています。
ところが、NewDaysはそれを上回っていたケチャップライスは薄味なものの、ケチャップが濃厚。甘酸っぱい味がご飯を引き立てます。個人的には好きな味です。

対してデミグラスはというと、ファミリーマートのはオムライスがメインでデミグラスは薄め。具材もあまり無い感じですわ。
ベルマートのは、ファミリーマートのものをさらに薄くさせた感じ。値段も一番高いのに、いいところがないのはいかに。
それに対して、デイリーヤマザキのは、オムライスの味は薄め、デミグラスは若干濃いかなと思ってたら、鶏肉がゴロっと入ってた。案外大きい肉が入っているのよ。食べ応えならこの「オムすび」が一番かも。


結論として、一番美味しかったのは、NewDaysかな。その次はセブンイレブンかデイリーヤマザキかもしれない。個人的には味の差が付いているケチャップ味の方が美味しいかな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)

2017年09月30日

ミルクティーの味のする天然水

SHV32_1486サントリー天然水シリーズの中に、味付きの天然水がありますけど、レモンティーに続いて、ミルクティーの味付き天然水が登場することになりました。
その商品が、「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA ミルク」
アッサム茶葉を使用し、ミルクティーのコクの強さと芳醇な香りを全面に押し出しているとのことだそうです。でも一見すると、ただの水にしか見えないコップに注がれて出されたら、目で見ただけだったらわからんぞ(爆)。



早速買って飲んでみたんですが、飲んだら驚くほどミルクティー(笑)。ミルクの風味と茶葉の味わいが透明な水にこれでもかと染み込んでおりますわ。このインパクトは絶大。特に初めて飲む人には衝撃でしょうね。
あと、ミントの風味が結構強いので、この風味の苦手な人には厳しいかな気にならない人には、いいアクセントになるかなと思っております。

これは水ということもあるので、価格もリーズナブル。それでいて紅茶の味わいが残っているので、爽やかさもある朝と言わずにリラックスしたい時にもいいと思うよ。オススメです。


なお、東海地方で展開しているベルマート(JR東海のコンビニ)では期間限定で安売りをしているので、乗車時のお供にいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2015年12月19日

JR東海グループの運営する畑で作ったスープ

SHL23_208611/4の発売から1ヶ月ほど経ったJR東海の関連会社ジェイアール東海商事から発売している「のぞみ畑のトマトスープ」フリーズドライで販売されており、10袋入りですが、小袋入りではなくジッパー付の大袋に入れられて販売しております。

同社の運営している「のぞみ畑」で採れたトマトやにんじんを使ったものです。「のぞみ畑」では化学肥料や化学合成農薬を極力使わないようにしている畑になっており、農場によってはJR東海グループで排出された生ごみやJR東海の沿線で生えていた枯草を肥料にしたものを使っているのだそうです。
ちなみに、「のぞみ畑」で栽培された食材は既にJR東海の飲食品(主にサンドウィッチ)に使われており、高級スーパーや即売会などでも販売されているのだそうです。



お湯に入れてすぐ飲めるのはいいもので、急に寒くなってきた時に身体を温めたいと思ったらこういうのがいいわけで。

さて、味は結構トマトの風味が強いものになっていて、酸味もあるものの程よく飲みやすいものになっております。そして野菜が豊富です。またトマトも多いだけでなくキャベツが多いんですよねぇ。なので、食べ応えも満点1080円(税込)と高目なものの、そのまま飲んでもいいし、販売会社が推奨しているリゾットやパスタに一緒に入れるのもいいのかもしれません。


この商品、JR東海駅構内にあるキヨスク・ベルマートや同駅構内の土産物店などで販売しております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月24日

今話題のコンビニドーナツ徹底比較!

今年の春頃から、なぜかドーナツがコンビニで盛んに売られ始めました。
理由として一番考えられるのが、コーヒーの販売コーヒーが値下げ合戦に晒されたため、新たな利益確保をもくろみ、ドーナツ販売にシフトしたのではないかと考えております。そう考えると、唯一コーヒーを展開していながら売っていないファミリーマートはある意味孤高の存在なんでしょうね。
関東圏ではほとんどのセブンイレブン・ローソンで展開しているとのことみたいですけれども、東海3県ではまだまだというふうで、最近やっとセブンイレブン・ローソンが積極展開を始めました。ところが、東海3県(愛知県)ではJR東海の関連会社である東海キオスク(ベルマート)でも一部店舗でドーナツを既に販売しており、ジョージアのコーヒーサーバーのある店では、コンビニよりも存在感が増しているようにも感じます。ちなみに、東海キオスクのドーナツは、東京・静岡・岐阜でも味わえます(東京では東京駅構内、静岡では御殿場・静岡・浜松の駅構内、岐阜では多治見駅構内で販売)


そこで、今回どのコンビニが美味しいのか比較してみることにしました。


SHL23_1761では、実際の商品の紹介です。今回はシンプルながら味わい深く、かつどの店にも置いてあるであろう定番商品オールドファッションに絞って比較してみました。


左上はセブンイレブンの「チョコオールドファッション」。右上はローソンの「オールドファッションドーナツチョコ」。左下は東海キオスク(ベルマート)の「オールドファッションドーナツ」。右下はミスタードーナツの「チョコファッション」
オールドファッションといえども、チョコが掛かったものしかなく、ミスタードーナツのようにチョコの掛かっていないものと掛かっているもの両方は用意されていないようです。
ちなみに、価格はミスタードーナツを除き100円(税込)ミスタードーナツのみ151円(税込)ですが、セールを行っている場合は100円(税込)になるので、価格面では横一線なのかもしれません



さて味はというと・・・。


まずセブンイレブン。4つの中ではもっとも硬い生地(表面ザクザク)に仕上がっております。生地の味は甘くなく食感を味わうというふうでしょうか。
一緒に掛かっているチョコに関しては、少々甘めながらもビターな感じも残っており、ザクザクの生地に合ってはいます。惜しむらくは少々クセのある味に仕上がっている点か。

2番目はローソン。生地は少々しっとり目で食べると甘い感じが際立ちます。というのも、生地には砂糖がまぶしてあるようで、その砂糖が生地の甘さを付けているのではと思えるほど。でも正直なところ生地も甘めの味付けですけどね(苦笑)。
チョコに関しては、砂糖をまぶしてあるからか、ややクセのあるビター感があるかなと。総じてバランスはいいです。

3番目は東海キオスク(ベルマート)。こちらも生地に砂糖がまぶしてあるからか甘い味わい生地そのものも甘いような気がする。ただしっとり感はローソンよりも高め
そしてチョコも甘いのですが少々クセのある感じです。まぁ、総じて甘々です(笑)。
最後はミスタードーナツ。生地は外はサクッとして中はしっとり。それでいてあまり甘くない素朴な味になっています。ドーナツ専門店だからなのか、きちんとしているという印象。もちろん、他の店が悪いという意味ではありませんよ、念のため。
チョコに関しては、最初は甘いなと思っても、徐々にビターさとコクが感じ取れるいいチョコを使っていると思える感じに。さすが専門店、さすが151円(爆)。


結論から言えば、確かに専門店製作のものは美味い。しかし、コンビニ3店も非常によく頑張っているなと感じましたよ。
ハードな食感とコーヒーに合うのはセブンイレブン、砂糖の入っていないブラックコーヒーや紅茶(お茶)に合うのはローソンや東海キオスク(ベルマート)だと個人的には思います。そして大きさの面で言えば、東海キオスク(ベルマート)がダントツで、専門店のミスタードーナツと遜色ないくらいの大きさです。


いやぁ、ただのオールドファッションだと舐めておりましたよ。見た目は同じでもここで味が違ってかつ個性も光って満足でした。この4店舗のドーナツが味わえる方は、是非一度お試しあれ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月13日

濃厚という一言がよく似合うサンドウィッチ

ISW11F_0003今回紹介するのは、「3種のボリュームカツサンド」
JR東海の売店(キオスク・ベルマート)で販売しているサンドウィッチで、製作は京都の事業者。中にはメンチカツ・チキンカツ・ハムカツが入っております。



こういう場合、写真から見て左側から食べていくのがお約束でして(苦笑)。勝手ながら、メンチカツから頂きます。


まず、そのメンチカツ。これは味噌カツ風になっているのか、甘味噌が掛けられてますね。それゆえか、総じて甘めの味わいに。それでいて、肉の風味はしっかと出ております

続いてチキンカツ掛かっているのはタルタルソースで、食べてみてもチキンというよりかはフィレオフィッシュじゃないのかと思えるくらい魚の味がします(爆)。こちらはあっさりした味ですね。

最後のハムカツはソースの濃い味と辛子の風味で舌を痺れさせますね(笑)。濃い味ながら酸味のきいたさっぱり風味になっています。これはこれでなかなか・・・。


肉々しいラインナップなのにもかかわらず、しつこさは微塵も感じない(お腹を空かせていれば特に)。野菜がないのは気になる(ペロッと申し訳ない程度でチキンカツに入ってるくらい(汗))のですが、そういう場合は一緒に野菜サラダを添えて頂けば補えるのではないかと思います。
場所が限られているので見付けるのには難儀するかと思いますが、話のタネにはなると思います。もちろん(私は)美味しいと思っているので、お試し頂ければと思ってもおります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月26日

ハマってる食い物 その119

ISW11F_20130326_20172491

JR東海が運営しているコンビニであるベルマートで販売している「枝豆ごはんむすび」。
製造元はカネ美食品。ベルマート以外にもサークルKサンクスやピアゴで弁当や総菜などを製造しているところでもあります。


お久しぶりのこのシリーズ、今回は珍しくキオスクの一種ベルマートから。
量にもよりますが、枝豆の量が多く、小さいのにふんだんという言葉が似合うんです。その味は、枝豆の塩加減がいい塩梅で、ご飯にもしっかり合います。黒ゴマもいいアクセントになってます。


しかし、カネ美食品というと、正直いいイメージのない会社(味が濃い・ご飯が美味しくないなど)ではありますが、この商品に関してはそんなことはない。いい意味で裏切られた商品です。
こういうのが作れれば、カネ美食品のイメージは上がると思うのですが、どうなんでしょうねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)TrackBack(0)