2011年09月30日

ズブズブ同士のズブズブな試合

今日から日本ハムはロッテとの3連戦。この3連戦は1位のソフトバンクがリーグ優勝を決める上での重要な試合になってきます(もちろん、ソフトバンクがそのまま勝ち進めば、この3連戦は無意味なものになるのだが・・・)。
なお、この3連戦がビジターでの最終戦の予定でしたが、先日襲来した台風15号のため、10/18に西武との一戦がビジター最終戦になりました。


閑話休題。


今日の試合は9連敗から立ち直った日本ハムと11連敗から立ち直ったロッテが直接対決するという、ある意味ズブズブと泥沼にハマった者同士の試合となったわけです。ここで勝ったチームが、その呪縛から早く逃れられるのではないかと思うのと同時に、一気に勢いが付くようになる可能性も秘めているかと。

そんな試合は日本ハム:斎藤佑樹選手、ロッテ:唐川選手の投げ合い明日のチームを背負う若手の先発の投げ合いとなりました。
が、試合展開も彼らのピッチングもチーム状況を反映したかのようにズブズブ(苦笑)。
斎藤選手のピッチングはしっかりしっくりこないもので、簡単に2アウトを取ったかと思ったら、ストライクが入らずに四球(フォアボール)を出したり、連打で点を取られたりと、「これはひどい」を地でいくようなふうになっていました(汗)。
対して唐川選手は初回に3点取られたものの、2回以降は立ち直った・・・とか思ったら、大野選手に頭(丁度耳のあたり)に死球(デッドボール)を出して危険球退場。後続もかわしきれずに失点をもらってしまい、見た目では日本ハムが勝っているものの、チームの勢いはロッテがじわじわと泥沼を這い出していた・・・というふうだったでしょうか。

そのじわじわ具合はラッキー7で結実。カスティーヨ選手の2塁打をきっかけに、角中選手の犠牲フライで同点に追いついてしまったのです。ここのところ日本ハムにも追いついたロッテにも目立つようになっていた「打線と投手陣のちぐはぐさで追いつかれちゃった」展開です。

こうなってしまったら、今期特別ルールの「3時間半経過で次回イニング更新なし」で『逃げ切る』(これでも負けに等しい引き分けですが、背に腹は代えられません)体制を採りたかったのですが、抑えの武田久選手に襲いかかって来たのは、何とかして泥沼から抜け出そうと必死だったロッテ打線でした。
まーたカスティーヨ選手と角中選手にやられたよ。
9回裏、このイニングを逃げ切れば引き分けになるはずだったのが、カスティーヨ選手を四球・井口選手を敬遠し後の打者で抑え込もうとしたのが裏目に出て、塀内選手のライト前ヒットを打たれ、さらに当たっていた角中選手にサヨナラヒットを打たれて万事休す日本ハムは一気に奈落へ、そしてズブズブ状態に逆戻りへとなったのです。
何度も言うようですが、カスティーヨと角中の両選手にやられた
特にカスティーヨ選手は自分も1塁ゴロを自らゴロゴロ転がって獲ってアウトにするとか半ば珍プレーとも言えるプレーしているのにやりやがった(笑)。ちっとも当たってないやないかいとか言いたくなった時に確変するからなぁ・・・。


ともあれ、ロッテはこれで勢いが付いたでしょうね。一時期のお通夜とも言いたくなるような状況から一気に抜け出せそうです。対して日本ハムはまだズブズブ状態。このままでいくと2位の地位はおろか、猛追しているオリックスと西武にかわされ、一気に4位にまで引きずり込まれるんじゃないかと心配でなりません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月05日

何でこんな選手をクビにしちゃったの、某球団(苦笑)

今日のQVCマリンフィールドで行われたロッテ×日本ハムの初戦。今日日本ハムが勝ってソフトバンクが負けると、日本ハムの首位浮上・・・となる大事な試合でありました。
しかし試合は波乱含みの展開壮絶な乱打戦の末、8回裏の福浦選手のタイムリーで勝ち越し。その後は薮田選手が〆て万事休すこの日の首位浮上はならなかったどころか、ソフトバンクは勝ったため、再びゲーム差を離される結果になりました。


今日は中継ぎ陣に乱れがあったのも原因でしたが、注目すべきはこの日ロッテの4番に座ったホセ・カスティーヨ選手ロッテが打撃陣不振とケガ人が相次いでいる(主に荻野貴選手・清田選手など)ことから、急遽獲得した『新外国人選手』です。

・・・と、言ってもただの新外国人選手ではなく、実は昨年まで横浜に在籍していた選手(主に2塁を守っていた)守備がザルとは言われていたものの、打撃面では打率.273・ホームラン19本とまぁまぁな成績普通なら残留でいいんじゃないのと思ったんですが、なぜか解雇(自由契約)。守備のザル具合が気に入らなかったんでしょうね。他の球団も守備のザルさが不安だったのか中途半端な成績が気に食わなかったのか、どこも獲得に乗り出さず、メキシカンリーグに行くことになってしまいました。

ところが、ロッテがサブロー選手(現巨人)のケガを皮切りに、荻野貴・清田両選手と主力のケガおよび統一球の影響による不振が相次ぎ、とりあえず内野を守れる外国人選手・・・としてピックアップされたのがカスティーヨ選手だったわけです。

そして、初舞台になった今日の試合では、1塁でスタメン4番という破格の扱い。その起用に応えたのか運がよかったのか、4打数4安打3打点1四球(敬遠)と大暴れ先発唐川選手の調子の悪さを霞ませただけでなく、ロッテナインの奮起にもつなげてしまったのだから恐ろしい。何でこんな選手をクビにしちゃったの、あの球団は(苦笑)。


そのあの球団は、同じ年に解雇した某選手(投手)を復帰させたかと思ったら、やっぱダメだったということで即刻解雇投手事情が悪かったとはいえ、カスティーヨ選手と違い、昨年全くもってダメだった選手を迎え入れないといけないふうだったとは・・・。『選球眼』どうなってんの(ギャハ)?


こんなことがわかっていたなら、この日の試合の解説の初芝さんの言葉を借りるわけではないですが、「最初からいてほしかった」わけです。だから野球はわからない。


ちなみに、もう応援歌(?)が製作されておりまして(カスティーヨの連呼だったんですけど(笑))。とりあえず、かつて所属していたオーティズ選手(現ソフトバンク)の応援歌じゃなくてよかった(苦笑)。そしてTシャツを物干しざおに挿して、そのTシャツに「ホセ」とか書いてある応援スタイルも出てこなくて本当によかった(爆)。<昔ナゴヤドームでそういう応援していた人がいたんだよなぁ(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)