2019年07月09日

夏の新アニメ2019 その5 うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。

夏の新アニメ2019、5回目は「小説家になろう」で連載され、後にホビージャパンのライトノベルレーベルであるHJノベルズで刊行されているライトノベルが原作の「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」です。
この作品はホビージャパン50周年記念作になるそうですけど、タイトルがすげぇなぁ・・・。ただ、キービジュアルは、かわいいよ、うちの娘かわいいよ・・・(笑)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、若くして頭角を現した凄腕の冒険者。町にある酒場に居候して依頼をこなしていた。
ある日、依頼をこなしていると、魔人族の少女と出会う父親と共に魔人族の世界から追放されたらしく、近くには父親の亡骸があった。

人間の言葉もわからない、親が死に1人でいなければならなかった、あまつさえ罪人の烙印まで押されているという不安の中で、おびえ震える少女に、主人公は救いの手を差し伸べるのだが、段々『親バカ』とも言える行動を示すようになり・・・。



というふう。


初回は、主人公と少女との出会いを(特に前半部分で)丁寧に描いていると思いましたね。少女の不安にさいなまれる部分を強調していたので、かなりの窮地なんだなと思わされましたね。短い展開の中で思った以上にわかりやすく描いていたので、話の筋は飲み込みやすかったかなと。
後半は主人公の親バカぶりが発揮される場面(笑)。それでも意を決して彼女の保護者になるんだという力強さを感じられるシーンになりました。


総じて、丁寧な作り。作品感としては、一昔前に一世風靡した「プリンセスメーカー」みたいだなと。作品そのものは、ともすればヤマが出しにくいのですが、癒し系アニメと捉えれば十分なんじゃないかなと。実際、うちの娘かわいいし(ニヤニヤ)。
今後、言葉を覚え、日々成長していく娘に対して、主人公がどう接するのか楽しみなところでもあります。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2017年07月19日

夏の新アニメ2017 その10 異世界はスマートフォンとともに。

夏の新アニメ2017、10回目はホビージャパンのレーベル「HJノベルス」が手掛けるライトノベルが原作の「異世界はスマートフォンとともに。」です。
この作品も、投稿小説サイト「小説家になろう」から書籍化されたもので、マンガ化もされています。とはいえ、かなり地味な作品なんですよね。どんな作品に何でしょうか。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


神様のいたずらで主人公は死んでしまうことになる。死後の神様とのやり取りによって、スマホを使えるようにすることを条件に異世界への転生を果たす。また神様の計らいによって能力の底上げを行ってもらったので、異世界ではほぼ無双状態になった。

そこで出会った仲間達と共に、のほほんライフを送ることになる。



というふう。


・・・正直、1話を見てもよくわからない作品だった(苦笑)。彼が何で死んだのかがあまり語られていなかったのよね。手違いで死んだだけしか言ってないので、具体性に欠けるし、異世界でいわゆる強くてニューゲーム状態でスタートしたのもわかりにくい。色々授けてもらったことだけで終わっているので、まだ出てくるのだろうけど、ちょっとわかりにくいなぁ。最初はスマホをどう使って異世界を渡り歩いていくのかをメインに据えて、次以降に授けられた能力を見せていった方がいいような気が・・・。


これが面白くなる感じがあまりしないと失礼ながら思います。何とかそのあたりは覆してほしいなぁ。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:27Comments(0)

2017年04月22日

春の新アニメ2017 その18 sin 七つの大罪

春の新アニメ2017、最後となる18回目は、ホビージャパンが企画をしているマルチ展開のプロジェクト「七つの大罪」が原作の「sin 七つの大罪」です。
事前特番などで、この番組はエロい系統に走ると思っているわけですが、スタッフを見てもそれを推察できるくらいですから(ニヤニヤ)。まぁ、仮にそうなったとしても、地上波やBSでは謎の光とかで遮断ですけど、何か。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


天使ルシファーは、神に背いた傲慢の罪により、天国から追放され、地獄に落ちる。その途中、地上で少女に出会い、彼女に神の加護を与え、再び地獄に落ちる

落ちた地獄では、七つの大罪を持つ魔王(悪魔)により、天使としての能力を奪われ、窮地に陥ったものの、逆に彼女は堕天使として、傲慢の魔王として復活を遂げ、能力を奪った魔王達に復讐をしようと誓ったのだった。



というふう。


いやぁ、初っ端から謎の魔法陣と謎の光のオンパレード。しかも乳首ちゅぱちゅぱやってたよ(ギャハ)!
・・・それで、作品はというと、前述の乳首ちゅぱちゅぱやエロ装束以外は至って普通なのよね(苦笑)。まぁ、面白い・つまらないで言えば、面白いとは思いますけど、どこまでエロに頼れるのか気になるところではあります。とりあえず、エロは見えても血は見ないようですし(爆)。

しかし、エンディングの曲、デーモン閣下が作詞・作曲かい!とんでもないお方が関わってるのかよ・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 21:44Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月11日

春の新アニメ2013 その10 百花繚乱 サムライブライド

春の新アニメ2013、10回目はホビージャパンのHJ文庫から刊行されている「百花繚乱 サムライガールズ」の第2期にあたる作品「百花繚乱 サムライブライド」です。
原作はすずきあきらさん・・・というより、昔からファミ通を読んでいる人は鈴木ドイツさんと言った方がわかるのかも。かなりのミリタリーマニアで、自らサバイバルゲームを楽しむこともあったようです。なお、マンガ家の鈴木みそさんの担当としても有名で、「あんたっちゃぶる」がファミ通Brothersで座談会を兼ねて復活した時には担当の一人として登場していました。


あらすじは続きものなので割愛。話は天草四郎との決戦から半年後、主人公の柳生宗朗(むねあきら)が旅から帰ってきたら、経済危機のために差し押さえ寸前になった道場が、その打破のためにメイド喫茶になっていたことから始まります。


続きものでありながらも、各キャラの描写は手抜かりなくきちんとしていたので、わかりやすいといえばわかりやすい。墨塗り(地上波の場合)ながらもお色気要素もきちんと挿入していて、この作品らしいといえばこの作品らしい。新しい敵も登場し、かつ十兵衛が変身できないという要素もあり、きちんと謎も提示していると思う。
意外というと失礼なものの、単純におっぱいアニメとかエロアニメチックとか言われかねないのに、作品のクオリティは落としていないので高評価してもいいでしょう。でも、もう少しヤマが欲しいのも事実
単純にメイド喫茶で騒いでいるだけ・・・という印象も持たれかねない。メリハリはあるけどいい意味でヤマが欲しかったですね。各キャラをもっと掘り下げてもいいですし、敵の謎をもう少し探ってもいいですし・・・。ただ、正直30分じゃ足りんわな(苦笑)。
丁寧な作りをしていると思います。お色気要素が嫌いじゃなければ、見てほしい作品です。


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


百花繚乱 サムライガールズ Blu-ray BOX百花繚乱 サムライガールズ Blu-ray BOX



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0)