2015年07月29日

バーキン「何をいまさら」

マクドナルドが、史上初めてトッピングの有料での追加サービスを行うことを明らかにしました。
対象となるのはスライスされたトマトで、40円/枚となっており、最大3枚まで追加可能になるとのこと。このトマトは注文が入ってからスライスされるとのことなので、フレッシュさは(状況にもよるが)問題ないとみております。なお、このサービスは全国一斉にレギュラーサービス開始時(10:30より。一部店舗除く)から開始されます。


・・・とここまで書いて、ピーンと来る方は相当なハンバーガー通。そうです、そんなのバーガーキングでは何年も前からやってましたよね(苦笑)。ちなみに、バーガーキングでは50円/枚で無制限なのが大きな違いです。
それ以前に、マックでも裏メニューと称して、量を減らしたり入れないようにすることは可能でした。増やすことに関しては店の裁量で決まるということを聞いたのですけど、正直わかりません(ただ、フライドポテトの塩を多め・少なめ・塩なしにしてほしいや揚げたてが欲しい、ケチャップを付けてほしいなどはOKであると言われている)。今回初めて明言されたとも言えるわけです。ただ、正直バーガーキングのように、これは無料・これは有料といったトッピングサービスが普及するかどうかは未知数ですね。


さて、トマトが成功することで他の具材のトッピングにまで広がるかどうか、今後の動向に注目です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月10日

マックでDSが終了に

マクドナルドに置かれていたニンテンドーDS専用のインターネット接続サービス「マックでDS」が6/24をもって終了することになりました。インターネットに接続以外にも人気ゲームのキャラのダウンロード・マクドナルド配給のオリジナルコンテンツのダウンロードやスタンプラリーも楽しめるようになっていました。


このサービスは2009年6月に開始。当初は知る人ぞ知るサービスでしたが、「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」の大ヒットとその作品から発生した「すれちがい通信」の普及により、その利用価値が急激に高まり、その後もポケモンシリーズなどでも「すれちがい通信」が広く使われたことで、一時は本来のユーザー層である子供以外にも大きく普及しました。
その後3DSにも対応可能になっていましたが、総合的な見直しの課程に伴ってサービスを終了するとのことだそうです。
まぁ、インターネット接続はWi-Fiが入っていれば何とかなるので、その部分をクリアできている店舗は多いはず。今となってはそれほど大きな影響はないものと考えられます。


この「マックでDS」の終了後には、6月末をメドにハッピーセットと絡めた展開(モバイルデバイス向けの新たなデバイスアプリケーション)をするとのこと。このモバイルデバイスというのが3DSやPS Vitaのような携帯ゲーム機のことを指すのか、スマートフォンやタブレット端末のようなものを指すのか、あるいは両方なのか、詳細はまた後日改めてお知らせするとのことなので、どういうものを仕掛けるのか首を長くして待っていましょうか(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月20日

マックの風向きは変わるのか?

日本マクドナルドの原田泳幸取締役会長(日本マクドナルドホールディングスの取締役会長も兼任)は、3/25の株主総会後に退任すると発表しました。辞職という形ではなく、あくまで任期満了に伴うものとなります。


原田さんがマクドナルドの会長に就任してから、マックという会社は果たして良き方向に改善されたのでしょうか、それとも更なる悪化を招いたのでしょうか。正直この評価というのは、もう少し先になるまでわからないのではないかと思っていますけれども、現在の状況を考えると、良き面よりも悪しき面が際立ってしまったのかなと。

功績としては、短期間で利益を上げ、安売りというイメージだったマックの商品に付加価値を付けようと努力した点でしょうか。創業者の藤田田(でん)さんの経営方針から180度転換して、効率化とプレミアム化を図っていき、実際成功していった例もありました。
しかし、その行き過ぎた効率化によって、マックの現場が疲弊し、遂には食品への異物混入事件や期限切れ商品を提供していたのではないかという事件にまで至ったのではと思います。またある種の傲慢でメニュー表を無くそうとした事例や60秒以内提供サービスはマックの労働者だけでなく楽しみにして来てくれたお客様を精神的に追い詰めたものとなったと思っています。その他コーヒーのおかわり廃止や深夜帯の座席を無くしてネットカフェ難民の実質的な締め出しを行うという傍から見れば温かみの無いサービスを平然とやる姿には、少し考えさせられるものがありました(後者の場合は、必要だとは思うものの、もう少しやり方があるのではとも)。

とにかく、「原田動くところ問題アリ」と言われてもおかしくない、功罪共に派手な人でありました。今後を引き継ぐことになったカサノバ社長は、この窮地に陥ったマックをどう立て直すのでしょうか。


ちなみに、原田会長はベネッセの会長も務めており、こちらの業務は引き続き行うとのことだそうです。しかし、ここでも個人情報の流出問題が起こっており、会長の責任ではないとはいえ、やはり「原田動くところ問題アリ」となってしまっている感が否めません。今後屋台骨が揺らぐようなことが起こらなければいいのですが・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月09日

明日(2/10)からマックはハワイアン

明日(2/10)から「ワールドマック」と題し、世界の料理や素材とのコラボを行っていくとのこと。第1回目はハワイを題材にして行われます。今回のキャンペーンはハワイ州公認なのだそうで、相当頑張っていますね。
ちなみに、今回紹介する商品と3月上旬発売予定の「ロコモコバーガー」、そして同じ時期に登場するサイドメニューの一部が2/3~2/9まで先行販売されることになりました。


SHL23_1136その一つが、「ハワイアンバーベキューポーク」
ハワイの伝統料理「カルアポーク」をイメージして作ったそうです。



SHL23_1137中はこんな感じ。
4時間以上じっくり加熱してほぐしやすい状態になった豚肉とスパイスの効いたポークパティの2種類の豚肉を使い、それに加えてキャベツとパイナップル果汁入りのバーベキューソースが加えられています
・・・と言いたいところですけど、実際はキャベツで大事故状態(ギャハ)。
ちなみに、ピクルス入ってたよ(ニヤリ)。



その味は、豚肉2種を使っているくせに、あっさりなんですよねぇ。もっと脂っこいんだと思っていた(笑)。
ソースに関しては酸味の利いたものになっています。ただ、その酸味はパイナップル由来のものじゃないのかも。それでも肉の風味を引き立てる役割は十二分に果たしています。あっさりした風味になったのもこのソースが決め手なんじゃなかろうか。


SHL23_1138そして、今回買って食べた店舗では、サイドメニューの一つである「パイナップルパイ」が販売していたので、一緒に買ってみました。
こちらは、パイの中にザクザクに切られたパイナップルの果肉が投入されています



一見合うのかしらと思っていた私の思い過ごしだった(苦笑)。美味いわ。
パイナップルの甘味が揚げられることで増すんですね。加熱されるとここまで甘味が増すとは思ってなかったわ。それでいて甘ったるくないので、もう1個・・・と手が伸びてもおかしくはない。
ただ、個人的には好き嫌いが分かれるのではないかと思う。よく言われる酢豚をパイナップルに入れても拒絶しない人にはオススメできるのではないのかなと。加熱しているのとそれに対して違和感を思わず(せめて私クラスのレベルに留まった状態で)に頂けるのであれば、この商品はイケると思います。逆にダメだと思っている人は気を付けた方がいいでしょう。誰かが食べているのを半分もらってから、次買うかどうかを決めて下さい(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月05日

IN:マックフライポテト / OUT:チキンマックナゲット

今日からマックフライポテトが全サイズ販売を再開ということは、以前紹介した通り。人によってはポテトが食える喜びに浸っていたのではないのでしょうか。
せっかくだから、バリューセットや昼マックにもう一品・・・というふうに考えて、チキンマックナゲットをチョイスしようと考えている人もいることでしょう。しかし、この『復活の日』を狙っていたのか、チキンマックナゲットから新たな火種が起こったのです。


青森県三沢市でチキンマックナゲットを3パック買った男性客の中からビニール状のものが出てきたというのです。当然ながら、マックサイドは男性客に謝罪し購入代金を返金。同時に同じ日に工場で出荷されたチキンマックナゲット全品を回収するとしたのです。
ただ、この騒動は大みそかにも東京都内の店であったということなので、なぜその際に回収を始めなかったのか疑問ですね。仮にマックフライポテトがSサイズしかなかったこともあって売る物がないという危機的状況を避けたいと考えていたのなら、食の安全というのをマックはいかに考えているんでしょうかと言いたくはなります。

で、このチキンマックナゲットは、2014年7月に中国の工場で起こった事件をきっかけに全てタイ産に切り替えたと報じられました。この際、タイの3工場で生産されていることも明らかになりましたけれども、舌の根の乾かぬうちに起こったわけです。しかもかなり徹底管理された工場で起こったというのですから、信頼も揺らぎかねない印象を持ってしまいましたね。本当にきちんとやっていたのかと。VTRにまで撮影して公開までしていたというのに・・・。


ここ最近マクドナルドは2ケタでのマイナス成長が続いているということなので、今回の一件がまた更なる負のスパイラルを引き起こすことにならないか心配ではあります
「無くてもいい」と言い切るのはたやすいことではありますが、本当に無くなった時にまた食べたいと思ってもないわけですから、そうならないためにも、マクドナルドは今一度お客が望む食の安全と信頼を考えるべき時に差し掛かっているのではないのでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月26日

年明けの仕事始めにはポテト復活・・・ってあれぇ?

12/17からアメリカ西海岸における港湾労使交渉の長期化の影響でSサイズのみになっていたマックフライポテト。どうやら、航空便や東海岸経由による船便での供給で、西海岸における港湾労使交渉はまだ続いているものの、来年の1/5より安定供給が図れるようになったとのことです。
価格に関しては、Sサイズのみの供給になる前の状態に戻ります。バリューセット・昼マックのポテトは再び基本サイズがMサイズとなります。もちろん50円値引きも廃止です(苦笑)。


供給再開されることはうれしい。しかし、この供給再開の翌日から新しいポテトが発売されるんですが(汗)。翌日(1/6)から「カーリーポテトフライ」というツイスト状の5種類のスパイスが入ったオリジナルフレーバーポテトが発売されるとのこと。そうか、それをメインに売るつもりでいるから、全サイズ戻しても大丈夫って踏んだんだな(ニヤニヤ)!
・・・絶対失敗するぞ(ギャハ)。数日後にまたSサイズだけになりませんように。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月15日

ポテトショック

マクドナルド(以下マック)のポテトがしばらく食べ辛くなります。
理由は簡単。輸入先のアメリカ西海岸で起こった港湾労使交渉が長期化しているため。これにより空輸に切り替えているものの、原材料の安定的な調達が難しくなったため、しばらくの間はマックのポテトは食えなくなる可能性が出てきたというわけです。
現在マックのポテトはS・M・Lの3サイズで販売されています。しかし、今回の対策として、単独販売はSサイズのみセット販売(昼マック・バリューセット)で提供されるポテトもSサイズのみではあるものの、50~130円引き下げる方針を打ち出しています。


これまで安く食えるということ事態が異常だったわけですから、今回の措置は甘んじて受けるべきでしょう。


この緊急対策は12/17から実施されるとのことなので、ポテト好きな人は思う存分頂いておきましょう
なお、労使交渉のため、再開時期は未定です。下手をしたら年越しになる可能性もあるので、長期戦になるかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月22日

●んこパイ

いきなりですけど、タイトルに付いている●に入る文字はなーんだ?<うーん・・・『ち』?
そうそうそうそう、朝にはちょっと硬・・・ってコラー!女子や子供の見るサイトにそういうこと言うんじゃねー(どかげしばし)!!
・・・では、タイトルに付いている●に入る文字はなーんだ?いいか、頭の文字だぞ。決してあの文字だけは言うなよ!<えーと、m(ぷす)。


SHL23_0888・・・とりあえず、役に立たない赤字は放っておいて、今回紹介するのは、マクドナルドから発売している「あんこパイ」です。『あ』ですからね、『あ』!
こちら、パイ生地の中にあんこを入れただけのシンプルな物。これ以上何と説明すればいいんだろう・・・。あ、揚げてますね(ニヤニヤ)。



見た目もシンプルなら、味もシンプル。甘いけど甘過ぎず食べやすい味付けになっています。そしてパイには塩気があるようにも感じますね。アップルパイでは感じられない塩気ですね。


この商品、温かい方が美味しいと思います。冷めても美味しいとは思いますが、やっぱり時期的に温かい物が恋しくなる季節ですからね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月04日

とんかつソースの品評会が全国で開催

今年春に販売された「とんかつマックバーガー」。マックなのにとんかつかよ・・・というツッコミをよそに、なかなか美味しかったのを覚えています。衣のサクサク具合は最高でしたねぇ。

その「とんかつマックバーガー」で使う新しいソースを決めようと、今日から5日間(8/4~8/8)、全国60店舗のマクドナルドでその品評会が行われています。丁度私の近所にあるマックがたまたまその対象店だったので、今日の夕方行って来ました。


SHL23_0526これがその「とんかつマックバーガー」ソース品評会用の商品。
左上に「とんかつマックバーガー」が、右上には今回の目玉になる3種のソースが置かれ、左下に投票用紙が置かれていました。この投票用紙はシールタイプになっており、店頭の掲示板に貼るというふうになっています。

今回用意されたソースは、抽選で選ばれた研究会員が選んだごまかつと同じく選ばれたまろやかジンジャー、そしてマック側が用意したすりおろし野菜の計3種。
ごまかつは、焙煎ごまとガーリックと味噌を和えたもの。まろやかジンジャーは、サワークリームにしょうがを加えたもの。すりおろし野菜は野菜と果実をすり下ろしたものを芳醇な香りのスパイスがアクセント付けをしています。



SHL23_0527こちらは、今回用意された「とんかつバーガー」。



で、とんかつソースはというと・・・。


まずごまかつは、ごまのコクと味噌の風味、その中にアクセントとして利いているガーリックがいい具合に混じり合って実に美味い。特に味噌味の好きな名古屋人にはオススメの一品です。

まろやかジンジャーは、意外なことにしょうがの風味が爽やかなサワークリームに合うんですね。ともすれば脂っこくなりがちな揚げ物のハンバーガーに爽やかさを加えてくれます。

すりおろし野菜は、酸味の強いがメインとなっており、その後に甘味が来るというふうになっていて、とんかつにも合いますね。甘味付けをしたポン酢ジュレを付けたような感じと言えばわかりやすいでしょうか。


SHL23_0528そして、こちらが投票を兼ねた掲示板。
やはり、名古屋はごまかつが強い(笑)。



対象店舗がかなり絞られているので、食べられる機会は少ないかもしれませんが、近所にあるとか勤め先のそばにあるとかで寄れるのであれば、この味は体験しておくといいかもしれません。少なくとも、自分自身が審査員になれるという貴重さもありますから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月01日

世界的逆風の中でマックが打ち出した新商品

SHL23_0523上海の一件でマクドナルド自身へ結構なバッシングが起こっている中、新商品が出るということで話題になりました。しかも新商品の一つが、バッシングの原因となったナゲットから出るとのこと。
その商品が、「豆腐しんじょナゲット」。確かに、例の事件前に新商品の紹介ということで掲載されていたのはよく覚えています(丁度ポテト150円の開始頃だったかと)。



SHL23_0524中はこんなふう。
豆腐の中に魚のすり身(スケソウダラ)とにんじん・枝豆・玉ねぎの野菜が練り込んであり、カラッと揚げてあります。一緒に付いてくるしょうがソースと一緒に召し上がれ。
ちなみに、例の一件により、メニュー原材料の最終加工国と主要原料原産国の情報公開を行うということになったので、この商品も公開対象になっています
それによると、この商品の最終加工は日本で行われており、材料の豆腐は国産、にんじんは国産と中国産、玉ねぎは中国産、枝豆はインドネシア産、スケソウダラはアメリカ産とのことだそうです。これを見ただけで、いかにマックは多国籍企業っぽいなということがわかりますわ。



ただ、味に関しては結構美味しい部類に入りますサクサクでふわふわな中身にほんのりと甘みの付いた風味がまた嫌味じゃなく優しい味ですね。
そしてそれに付けるソースがまた美味い。しょうがメインなので辛いのかなと思ったら、案外マイルド。しかもかつおだしの風味が利いてコク深い味になっています。もちろんしょうがが入っているからか後味も爽やかで夏らしい商品になっています。


世界的に逆風の中で登場したこちらの商品、人によってはマックはもう嫌だとも思っているでしょうけど、それはかなぐり捨ててでも食べてもらえたらなぁと思う一品です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月25日

マック、中国産チキン使うの止めるってよ

中国にある上海福喜食品有限公司で加工されていた鶏肉の中に品質期限切れのものを混入し出荷していたという問題で、同社製のチキンを使っていたマクドナルド。ここに来て急転直下、青天の霹靂とも言える決断を下しました。何と、上海福喜食品有限公司だけでなく中国で製造依頼したチキンの使用を取りやめるという決断です。客が中国産への食の不信をあらわにしたための処置ということですが、実に全体の4割にも及ぶことなので、とんでもないことだとも言えます。
じゃあどこから代替品を仕入れるのかというと、タイ産のものに切り替えるとのことだそうで。タイ産に関しては、全体の6割になるのだそうです。てっきりブラジル産にするのだとばかり思ってた。コストがかかり過ぎるのね。


まぁ、いずれにせよ思い切ったことをするな思いましたね。
中国産への不信は火を見るより明らかなんですけど、正直そこまでするのかと。他の2社(マックのチキンは中国からは上海福喜食品有限公司を含め3社から仕入れていたらしい)がどういうふうに対応していたのかは不明(少なくとも上海福喜食品有限公司ほどずさんではなかったと思うの)ですが、きちんとやっていたのにもかかわらず取引を止めるというのであれば、それはとんだとばっちりであり実にかわいそうだよなと思えてなりませんそのあたりは少々消費者である我々自身少し鑑みた方がいいと思いますね。それでも食の安全を優先したいというのならば構いませんが・・・。


今回の処置のため、一部のチキンを使用した商品(チキンクリスプ・チキンエッグマフィン・チキンクリスプマフィン・チキンフィレオ・チキンフィレオ ハバネロトマト・シャカチキ・チキンマックナゲット・チキンタツタ(7/30発売予定))は販売休止に追い込まれる可能性があります。牛や豚に比べてヘルシーだから鶏にしようと思っている人は、ちょっと気に掛けておいた方がいいかもしれません。


ちなみに、ここまで思い切った対応をするのはマックのみで、例えば同じ上海福喜食品有限公司の製品を仕入れていたファミリーマートは、違う中国の会社に切り替えて対応するのだそうです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月22日

主に中国国内だけじゃなかったのか・・・

まーた中国か・・・とさえ、呆れてものが言えないですわ。


中国にある上海福喜食品有限公司で加工されていた鶏肉の中に品質期限切れのものを混入し出荷していたという問題が明らかになりました。上海のテレビ番組がその模様を伝えており、実際見たのですが、落ちたものを平気で入れるわ、カビの生えた肉を「食べたって死にゃあしない」とのたまって混ぜてしまうわ、本当に食べ物を何だと思っているのかと怒りたくなるような所作が幾数多ありました

当初は主に中国国内(マクドナルドやケンタッキー)に出荷とされていたので、大丈夫なのかなと思ったら、事態は急展開。何と日本やアメリカにも出回っていたというのだからさぁ大変。

アメリカでは、上海福喜食品有限公司から仕入れていたマクドナルド、ケンタッキー、ピザチェーンのパパ・ジョンズ・ピザの他にも、コーヒーショップのスターバックスコーヒーでも上海福喜食品有限公司の関連会社を通じて仕入れていたために問題の加工品が出回っていたことが発覚しました。
日本では、マクドナルドで販売しているチキンマックナゲットの総生産量の2割が対象となり、ファミリーマートでも「ガーリックナゲット」と「ポップコーンチキン」(後者は関東圏限定で試験販売中)が同社製ということがわかり、回収されることとなりました。マクドナルドのチキンマックナゲットに関しては、他の業者から間に合わせる形で対応するということなので、一時欠品になっていた店舗でも順次再販できるようになるとのことだそうです。

いやぁ、「ガーリックナゲット」は知らずに食べてるわ。にんにくの風味が利いて美味かったなぁ・・・と思っていたのに。チキンマックナゲットだって、何かしらで食べているのにねぇ・・・。
しかも大手がここまでズブズブにやられるのも困ったものです。それだけコストカットに躍起になった結果なのかもしれないですが・・・。


ただ、今回の一番の責任は、中国の上海福喜食品有限公司だと言い切りたいです。
食べ物というのを何だと思っているのかということは先述しましたけれども、自分達の作った加工品が世界にどれだけ影響を与えているのかを今一度考えてほしいと思います。中国は「世界の工場」とまで言われるようになったのですから、それだけ自分達の作ったものに対していましばらく考えてほしいのです。
中国政府も言論統制や弾圧に躍起になる余裕があるのなら、もっと食や環境に気を配る政策を行うべきです。厳粛に行うことで、世界からの信頼も取り戻せますし、国内の不満を解消できる手立てにもなるのかもしれないのに・・・。
とにかく、自分の作ったものがどういうふうに流れるのかを自覚してくれ。それだけだ。もうこの手の話題はたくさんだ。嫌でも私達は口にしなければならないのだから。逃げたくても避けたくても100%防げる手立てはないんですから余計にです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月15日

夏のマックFes!開催中

夏真っ盛り・・・ということもあり、マクドナルドでは「夏のマックFes!」というキャンペーンを開催中です。前行っていたワールドカップ関連のキャンペーンが思った以上に不調になってしまったためか、今回のキャンペーンはかなり気合が入っているように思います。


SHL23_0464まず最初は、ハバネロトマトを使ったハンバーガーの一つ、「クォーターパウンダー ハバネロトマト」。そういえば、2013年にもこの商品出てたんですね。



SHL23_0465中はこんなふう。
1/4ビーフパティとたっぷりの野菜、そして黄色いハバネロソースが入っております。まぁ、相変わらずレタスがとっ散かってるわ(苦笑)。



味としては、一口目は大したことはないものの、二口目以降はじわじわと辛さがやってくるというふうですね。肉の味わいが強いので、肉を食いたいと思う人にオススメです。


SHL23_0466そして、ハバネロトマトを使ったハンバーガーはもう一つありまして。それが「チキンフィレオ ハバネロトマト」。こちらの商品は初めてですね。



SHL23_0467中はこんなふう。
肉がチキンであることを除けば、中身は「クォーターパウンダー ハバネロトマト」と同じ模様。
しかし、ハバネロソースないしはチーズがとんでもないことになってる(笑)。



こちらに関しては、チキンの味わいと辛味がいい塩梅になって美味しいですね。最近のマックはチキンの方が美味いんじゃなかろうかと。


SHL23_0468サンドウィッチ最後は、「BLT モッツァレラ&バジル」



SHL23_0469中はこんなふう。
ケシの実の振られたサンドウィッチタイプのバンズの中に、ベーコン・レタス・トマトが挟まっており、そこにモッツァレラソースとバジルソースが掛かっているとのこと。
・・・ですが、相変わらず凄惨な現場だ(ギャハ)。



こちらは、2つの辛い味わいと比較すると、コクはあるけどとてもさっぱりとした味わい。トマトのみずみずしさがチーズなどの美味しさを引き立ててくれます。でも、バジルの味わいはあまりない(ギャハ)。


SHL23_0470そして、サイドメニューへ。今回は2つ紹介します。
最初は「マックウィング」



SHL23_0471中はこんなふう。
思った以上に小さい鶏肉がご登場。これでもちゃんとした骨付き肉。うーむ、これはニワトリの肉なのだろうか。



味はしっかりとしていますけど、ある意味マックの味ですね。何と言うのか、香ばしい味わいというのか・・・。


SHL23_0476そして、マックシェイクにもメロンが登場。夏の味ですね。



味は、マックシェイクの甘さにメロンの風味と香りが合わさって程よいものになっています。さっぱりとした味わいはまさしく夏に合うシェイクになってますなぁ。


なお、この催しの最中に日本全国をマックFes!バスが巡回します。7/12の東京を皮切りに、8月いっぱいまで行われる予定です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月11日

マクドナルド×ワールドカップ2014③

現在ブラジルで開催中のFIFAワールドカップ。まもなく決勝が行われて、約1ヶ月にわたる戦いが終わるのですが、ブラジルはまさかの大敗。ネイマール選手のケガと言い、誰もがこんなことになろうとは思ってなかったでしょうね。


さて、FIFAワールドカップ2014のオフィシャルレストランになっているマクドナルドでは、公式ハンバーガーを期間中販売しておりました。今回は朝マックとして販売していたスペインのハンバーガーを紹介します。


SHL23_0411それが、スペインをイメージした「スパニッシュ オムレツマフィン」。



SHL23_0412中はこんなふう。
ほうれんそうと赤パプリカ入りのスパニッシュオムレツとチーズにトマトベース・パプリカ・アーモンドの入ったロメスコソースを塗って挟んでおります。



味に関しては、一緒に塗られているロメスコソースの味が強烈で、少し辛めになっています。まぁ、辛めと言っても食べられない辛さではなく、ピリッとしたというふうですけれども、少々塩気の濃い味と言っておきましょう。ゆえに、スパニッシュオムレツの味はあまりしない(苦笑)。
おまけに、このソースはにんにくが入っているのか臭いは強烈で、食べた後も手に付いていたのかまだ臭う(爆)。しばらくは消えなかったというオチが付きましたとさ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月27日

マクドナルド×ワールドカップ2014②

現在ブラジルで開催中のFIFAワールドカップ。日本は予選リーグ敗退、あまつさえアジアからの参加国である韓国・イラン・オーストラリア全てが未勝利で敗退という屈辱的な結果に終わりました。まぁ、次回は枠が一つ減らされるのは明白でしょうな。次回開催国はロシアなので、ブラジル分を持って行かれるというふうになるでしょう、たぶん。


そんなことはさておき、FIFAワールドカップ2014のオフィシャルレストランになっているマクドナルドでは、公式ハンバーガーを期間中販売しています。今回は後半にあたる日本とフランスのハンバーガーを紹介します。


SHL23_0440まずは日本をイメージした「ジャパンバーガー ビーフメンチ」



SHL23_0441中はこんなふう。
バンズはサッカーボールの形をしたものを使用し、中には千切りキャベツとチーズ入りのメンチカツ、それらの上には6種類の野菜と果実をすり下ろした専用ソースを使用しています。うん、相変わらず千切りキャベツは散乱しやすい(苦笑)。



味に関しては、まずカツがサクサクしているこれまでのマックの商品の中では随一のサクサク感だったかもしれない。そして中の肉の味が濃厚で、チーズの風味なんてないよ(ギャハ)。でも美味いね。ソースも酸味と甘みが絶妙で、肉の味を引き立ててくれるし。久方ぶりのヒットですね。オススメ。


SHL23_0442もう一つは、フランスをイメージした「フランスバーガー チキンコルドンブルー」



SHL23_0443中はこんなふう。
コルドンブルーとはフランス料理の一種で、本来は子牛の肉(伝統的な製法の場合はこの肉)や豚肉などをチーズと共に挟んで揚げたカツレツの一種でもあります。歴史は意外に浅く1940年代のスイスを起源にしているとも言われています。実は、前回紹介したドイツ料理の一つであるシュニッツェルとほぼ同じなんですね。
で、このコルドンブルーはチーズを中に挟まず上に掛けたもの(カマンベールソースなので、正確にはチーズではない)になっており、どちらかというとシュニッツェルに近いものになっています。なお、中の肉は鶏肉になっております。
それ以外にはスチームで仕上げたハムが一緒に挟まれています。挟むバンズはフランスパン風ですが、バケットのように硬くなく柔らかくなっております。



味は揚げ物を使っているのにあっさりとしていて食べやすいです。掛かっているカマンベールソースもコクはあるもののあっさりとしていて、コルドンブルーを引き立ててくれます。全体的にきれいにまとまってるなという印象ですね。


今回のハンバーガーはどちらもなかなか美味い。そしてまた食べたいと思わせるだけの力があると思います。揚げ物が嫌いでなければ、是非何回でも頂きたいものですね。


次回は最終回。朝マック商品の紹介です。サイドメニューは紹介できれば(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2014年06月06日

マクドナルド×ワールドカップ2014①

6/13(日本時間。以降表記は日本時間)からブラジルでFIFAワールドカップ2014が開催されます。まだ会場やキャンプ地の施設が未完成とかスタジアム改善よりもインフラ整備をと訴えるデモが頻発するなど前回の南アフリカ大会よりも苛烈な環境下で行われようとしておりますけれども、結局ふたを開ければつつがなく進行していたことを思うと、ブラジルのラテン気質が働いて結構盛り上がってくれるのではないかと楽観的に思っております。
なお、日本代表は6/15にコートジボワール代表と戦うのを皮切りに、6/20にギリシア、6/25にコロンビアと戦います

そんなFIFAワールドカップ2014のオフィシャルレストランになっているマクドナルドでは、公式ハンバーガーを期間中販売しています。今回は前半にあたるブラジルとドイツのハンバーガーを紹介します。


SHL23_0317まずはブラジルをイメージした「ブラジルバーガー ビーフBBQ」



SHL23_0318中はこんなふう。
サッカーボール仕様のバンズに挟まれているのは、グリルソースの掛かった2枚のビーフパティとチェダーチーズ、そしてたっぷりの細切りレタスと赤・黄色のパプリカです。



まぁ、相変わらずこぼれるほどに乗っかってる野菜類の食べ辛さは置いておいて(苦笑)、グリルソースは思った以上に香ばしくて甘いです。テリヤキソースじゃないんですけどこれが結構パティに合うんですよ。野菜類にも合うので、これはなかなかよろしいんじゃないんでしょうかねぇ(ニヤニヤ)。


SHL23_0319もう一つは、ドイツをイメージした「ドイツバーガー ポークシュニッツェル」
何か舌の噛みそうな名前に何と読めばいいかわからない綴りやのぉ(苦笑)。



SHL23_0320中はこんなふう。
真ん中に切れ込みの入ったプレッツェル風バンズに挟まれているのは、ドイツのカツレツであるシュニッツェル。そこにキノコ風味のシャンピニオンソース(上)とポテトフィリングとローストオニオン(カツの下の見えない部分)が乗っています。



これに関しては、ドイツの『主食』ポテトの味が濃厚ですな(笑)。肝心のシュニッツェルというカツですが、薄く伸ばしてあるためか、サクサク感は味わえるものの、味はあまりしないですね。最初、まさかドイツのとんかつバーガー・・・とか思っていた私がバカだった(ギャハ)。
ちなみに、シャンピオンソースの味わいはどこに行ったのやら・・・


やはり、ブラジルバーガーが群を抜いて美味いです。今後日本のメンチカツバーガーとフランスのチキンカツバーガー(チキンコルドンブルー)が登場しますけれども、これらがどこまで美味いのかが気に掛かるところですね。
今回紹介した2種類は無くなり次第終了とのことなので、食べたいなと思った方はお早めに。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月22日

変わり種バーガー登場

5月の半ばから、マクドナルドとロッテリアで、図ったかのように変わり種のハンバーガーが登場しました。


SHL23_0252マクドナルドからは、「とんかつバーガー」
発売してからあっという間に売れに売れ、先週末を過ぎようとしていた時点では、メールマガジンで週を過ぎたら売り切れ必至とさえ煽っていたほど。それゆえか、今現在は完売に伴い販売終了の模様です。



SHL23_0253中はこんなふう。
サクサクに揚がったとんかつに、フルーティーなソースと千切りキャベツを乗せた一品です。



最初は、マックにとんかつっておかしいんじゃないのとか、大丈夫なのと思っていた(ないしは思っていた人が多かった)のですが、食べてみたらとんかつが柔らかく、サクサクで美味しいとんかつは脂身が多くないヒレカツにあたる部分なのではないかと推測。ソースも甘酸っぱい味で、かつにもよく合います。

これは美味しいし、早々と完売に至ったのも納得。マックが作ったカツサンドと思って食べてもいいくらいです。これは再販してほしいし、レギュラー化しても問題ないんじゃないのかと。


SHL23_0258もう一つは、ロッテリアから発売している「大勝軒元祖つけ麺バーガー」
こちらの商品は前評判の高さから、5/17に前倒しして販売されたという商品です。池袋のつけ麺専門店でもある「東池袋 大勝軒」とのコラボ商品です。



SHL23_0259中はこんなふう。
ハンバーガーとしては史上初、漬け汁付きの商品となっており、こちらは湯せんで温めて用意してくれます。
ハンバーガーに関しては、肉代わりに平たく潰した麺が挟んであります。麺の量でサイズにあたる部分が変わり、写真のように1枚なら並、2枚なら大盛、3枚なら特盛・・・というふうになります(ちなみに、近日4枚入ったメガ盛が販売開始予定)。



こちらは、中に塗ってあるソースが、何かお好み焼きのようなアレに近く、何か普通に食べたらお好み焼きバーガーと言っても通じそうな感じが(爆)。普通に食べる以外に、ハンバーガー全体を漬け汁に浸す、ないしは付属の箸を使って麺の部分を漬け汁に浸して食べるのですが、そんなに味が変わるわけでもない漬け汁がしょっぱいという感想をネット上で見たのですけど、個人的にはそれほどでも。逆に漬け汁の中に入っていた肉が硬かったなぁ。

こちらは悪くはないけど、リピートしたいかというとちょっと微妙です。


SHL23_0260ちなみに、この日はシェイクが安くなっていたので一緒に注文フライドポテトもSサイズと同じ価格でMサイズというふうでした。
こっちのポテトの方がしょっぱいんじゃなかったの(ニヤニヤ)?
こちらのシェイクは、近々初摘みミント(ロッテグリーンガム)味が出るそうな。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年02月20日

McDonald's presents American Vintage Life③

古き良きアメリカをイメージして進められているマクドナルドの「American Vintage Life」キャンペーン。2/18から、1980年代をモチーフにした第3弾がスタートしています。いよいよ長かったこのキャンペーンも最後になるのですねぇ。


ISW11F_0431今回はテリヤキソースをベースにしたバーベキュー(BBQ)ソースを使ったハンバーガーが登場しています。
左がアメリカンファンキーBBQチキン、右がアメリカンファンキーBBQビーフ。



ISW11F_0432中はこんなふう。相変わらずレタスが豪快に盛られ過ぎて、ぽろっぽろぽろっぽろこぼれるんですが(泣)。

今回使われているBBQソースは、ブラックペッパー・ジンジャー・ナツメグ・クローブ・唐辛子・ガーリック・オニオン・シナモン・セロリシード・ローレルという10種類のスパイスとハーブ、そしてかば桜とクローブでスモークしたフレーバーを使用したものになっています。そのソースを軸に、ビーフは100%ミートパティを2枚・チキンは厚手のサクサク揚がったものを用意し、チェダーチーズ・ピクルス・レタスとみじん切りにしたピクルス・オニオンなどが入ったマスタードソースが一緒に乗っています



その味はというと、ビーフの方は、ソースの甘みと酸味の利いた味を楽しめるハンバーガーですね。マスタードと思しきソースはそんなに辛くなく、肉のジューシーさはそれなりという案外バランスのいいハンバーガーですね。

チキンの方は、サクサクのチキンの衣が美味しい一品です。以前のものに比べてジューシーさは少ないものの、ソースと一緒に食べても衣の味しかしない・・・というふうではないですね。


BBQソースがなかなか美味しいハンバーガーです。バンズもケシの実が振られたサクッとしたものになっているので美味しいです。一度お試しあれ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月30日

McDonald's presents American Vintage Life②

古き良きアメリカをイメージして進められているマクドナルドの「American Vintage Life」キャンペーン。1/28から、1970年代をモチーフにした第2弾がスタートしています。


ISW11F_0408今回はトマト(サルサ)ソースを使用したハンバーガーが登場しています。
左がホット&グルービーチキン、右がホット&グルービービーフ。ちなみに、英語ではHot'n groovyと書き、『'n』というのは『and』の口語になります。


パッケージが理想(笑)。



ISW11F_0409そして現実。
・・・何だ思った以上に崩れてないや(爆)。


この商品はメキシコ風アメリカ料理(テクス・メクス)を再現したもので、ホット&グルービーチキンはサクサクチキンにハラペーニョを入れたトマト(サルサ)ソースを掛け、そこにチェダーチーズ・シュレッドレタス・オニオンを入れています。バンズはトウモロコシを砕いて作られたコーングリッズをトッピングしたモノになっています。

ホット&グルービービーフはビーフパティ2枚・チェダーチーズとホワイトチェダーチーズ・シュレッドレタス・オニオンを入れています。ソースとバンズはチキンのものと同じです。



味はというと、ビーフに関して言えば、肉の味よりソースの味が凄く勝っているふう。逆にチキンは肉の風味が勝っていてソースの味はそれほど・・・と少々中途半端になっていましたね。とうもろこしを使ったバンズもイマイチ味が出ていない。これは美味いことは美味いんだけど、もうひと味何か足らないというのか、味のバランスが悪いというのか、少し残念になってましたね。ホント美味いんだけどね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月09日

McDonald's presents American Vintage Life①

現在、マクドナルドは古き良きアメリカをコンセプトに1950年代のアメリカンディナー(なぜかマックは、ディナー部分をオーストラリア英語的な読み方であるダイナーと表記)を提供する「American Vintage Life」キャンペーンを行っています。このキャンペーンはBig Americaの時と同じく長期的なものになり、3月末まで3回に渡って行われます


ISW11F_0366記念すべき1回目は2種類のハンバーガーが登場していますけれども、今回は「ダイナー ハニーマスタード」を紹介
早速オシャレな箱に入っております。あ、そうそう店内も1950年代のようなポップな装飾がされていますよ(一部店舗除く)。



ISW11F_0367中はこんなふう。
サクサクチキンにハチミツとマスタードを混ぜたハニーマスタードソースを掛けたり塗ったりし、チキンの下にはチェダーチーズ、同じく上にはレタス・厚切りのグリルドベーコンが挟まれています。



味としては、チキンのサクサクした味とマスタードの甘辛な味が結構強く、他の味で際立っているかなと思えるのはチェダーチーズくらい。もう少しベーコンの旨味が感じられれば合格かなと思ったのですが、これでも十分美味しいかなと思っています。肉を食ったという感覚は意外にあります(笑)。バンズがオリジナルのグラハムバンズというものなので、旨味が結構あります。


バランスはそれほど悪くないと思うので、一度食べて見て下さい。辛いというふうでもないので、辛いのが苦手な人でも大丈夫でしょう。私、辛子の辛味はあまり得意ではありませんが、美味しく食べられましたよ。


ちなみに、ネット上を中心に『マズイ』と言われているあのサイドメニューも頂いてます。詳細は「続きを読む」にて(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0)