2011年02月16日

♪放課後オーバーフロウ / ランカ・リー=中島愛

放課後オーバーフロウ前回に続いて紹介するのは、ランカ・リー=中島愛が歌う♪放課後オーバーフロウです。
この曲はランカ・リー=中島愛名義では2枚目(通算3枚目。「マクロスF」での曲は恐らく5枚目)になります。



まず、タイトルチューンになっている♪放課後オーバーフロウから。
これは「劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」の主題歌になっています。ということで、先行リリースなんですね、これ。
いやぁ、曲調とは裏腹に何この切ない感じの歌詞(泣)。まさにジャケット通りの展開「まぶたに雨があふれる」なんて詞の運びが詩人みたいなんですけど。<当たり前、作詞で飯食ってるんだから。

カップリングは♪Get it on - flying rock
この曲はPSPで発売される「マクロストライアングルフロンティア」の主題歌で、ランカ・リー=中島愛 feat.シェリル・ノーム starring May'nでの曲になっています。
この曲は意中の人にアプローチしようとする乙女心のあふれる曲になっていますね(ニヤニヤ)。でも、「マクロスF」らしく2人のヒロインらしい「あたしがあたしが」的な仕上がりになっています(笑)。この曲は総じて1曲目とは逆でグイグイしてくる曲です。


う~む、どちらも両極端な曲ですけれども、構成としては面白いなと思います。先述の通り、劇場版主題歌が先行になるので、この曲を聞いて作品の内容を考察するのもいいのではないかと。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月06日

レコゲー2011 2月 携帯ゲーム機編 後編

レコゲー、続いてはPSP。
今月は3DSが発売するということもあって、これまで以上に多彩なラインナップを揃えてきました。早くて今年末には次世代機が発売すると思われるので、今後数ヶ月は引きとめのためにこういった状態が続くんでしょうね。


さて、こんな新作ラッシュのPSPで一番のオススメ作品は「マクロストライアングルフロンティア
マクロスの様々な作品がクロスオーバーする作品で、今回が3本目になります。
今作は、前作(アルティメットフロンティア)ではゲスト参戦扱いだった「超時空要塞マクロスⅡ -LOVERS AGAIN-」が本格参戦し、「劇場版マクロスF イツワリノウタヒメ」も初参戦。また学園生活を共にし、「マクロスF」のキャラとの仲を深める学園モードや作品の新要素としては休息なしにやられるまで戦い続けるサバイバルモードが実装されました。
フライトアクションとしての完成度も高く、キャラゲーとしても高評価を受けています。そこから思うに、今作は前作以上に盛り上がるのではないのでしょうか。

続いては、テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3」(★)
テイルズシリーズの外伝的作品で、マイソロジーとしては3作目になります。開発はアルファシステム。
こちらはオリジナルの作品をベースにテイルズシリーズのキャラがクロスオーバーするものになっています。
新要素としては、レディアント・ドライヴ
これはオーバーリミッツゲージをためることで発動でき、発動するとゲージがなくなるまで使えるというもの。特技→秘技→奥義という技発動制限がなくなったり、詠唱時間がなくても使えるなどのメリットが生まれます。
その他、見下ろし型のダンジョンに変更された他、武器合成も可能になるなどがあります。
こちらもアクション要素の高いRPGとして、またテイルズシリーズのクロスオーバーということで、長い間人気を保っていますから、これまた盛り上がっていくものと思われます。

3本目はファンタシースターポータブル2 インフィニティ」(★)
「ファンタシースターポータブル2」のエピローグの間を描いた作品で、2000年に発売したコンシューマーにおける本格的なオンラインRPG「ファンタシースターオンライン」(PSO。なお、コンシューマーにおける初のオンラインRPGは「RUNE JADE」と思われる)10周年を記念した作品でもあります。
新要素としては、新種族の登場ばかりでなく、キャラデザインの変更や高難易度の登場。さらに転生システムも加わることになりました
また先述のPSO10周年ということもあり、PSO絡みの演出が施されています(ビジュアルロビーの復活・旧シリーズのボスやエネミーの登場)。またPSOとの繋がりがこの作品の中で描かれるということなので、旧作のファンにも魅力的な作品になるのではないのでしょうか。それに加え、1・2との合計で140万本売れていることも追い風になるのかもしれません。

4本目はDJ MAX PORTABLE 3
韓国ではアーケードを中心に絶大な人気を誇る音楽ゲームです。既にアメリカでは発売されているものの、日本ではコナミの「ビートマニア」シリーズに酷似しているということで訴訟騒ぎにも発展し、発売は困難ないしは無理ではないかと言われていました。そんな作品が満を持して日本上陸となりました。
まぁ、システム的には「ビートマニア」に似てなくもないですけど(苦笑)、アナログパッドを利用したリミックスシステムなど斬新な操作もあります。
既存の音楽ゲームに飽きた人、このゲームに興味を持っている人、わざわざ海外版を仕入れてまで遊んだ人はまず間違いなく買うことになるでしょうね。

5本目はヴィオラートのアトリエ ~グラムナートの錬金術師2~ 群青の思い出
2003年にPS2で発売された同作品の移植版。都会に出ることを嫌ったヴィオラートが故郷の村に残るため、村おこしに奮闘するシミュレーションRPGです。
移植にあたり、新キャラ2名が追加され、「ユーディーのアトリエ~グラムナートの錬金術士~囚われの守人」で登場したキャラも再登場。そのため、エンディングも追加されています。さらにPSPに最適化されたレイアウト・フォントに変更され、見やすくなっています。
実に8年ぶりの移植になるので、久しぶりに遊んでい見たいと思う人にもウケるんじゃないかと思われ。

最後は遙かなる時空の中で5
ネオロマンスシリーズの一つで、シリーズとしては5作目と長期シリーズになりました。シリーズ10周年記念作品になるものと思われます。
異世界の幕末を舞台に、その世界へ飛ばされた主人公と幕末の志士達の恋模様が描かれるというふう。
今作はこれまでのキャスト陣を変更して挑む初の作品になります。またイベントの重要な選択肢においては、「命のかけら」という主人公の生命力を表したアイテムを使うことになります。
これまでよりドラマチックにかつ慎重な行動を求められるものになりそうです。


携帯ゲーム機編 結論
3DSメインの月になりそうですが、その中で「逆転検事2」(DS)・「マクロストライアングルフロンティア」・「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3」・「ファンタシースターポータブル2 インフィニティ」(以上3作PSP)など既存ハードの作品が頑張っている点は喜ばしい。
来月以降、3DSの猛攻に(特にPSPが)抑え切れるかが課題になるでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:57Comments(0)TrackBack(0)