2019年08月27日

あかもく大好き

SHV39_5506私、海藻類の中で一番好きなのはあかもくなんじゃないかと思っていますものすごく粘りのある海藻で、ご飯に合うんだよねぇ・・・。

で、今回マックスバリュで買ってきたのが、「地物一番 三重県産味付あかもく」
三重県産(伊勢志摩で採れたものを使っているそうなので、恐らく伊勢湾で採れたもの)のあかもくを使用しているのですが、製造元は吉野水産という山口県下関市の会社。わざわざ山口県まで持っていくんだ(汗)。

この商品は3個で1セットというふうになっていて、198円(税別)と結構安かった。中部国際空港で販売しているものが2個1セットで237円(税別)なのを考えるとね。



SHV39_5507ただ、1個あたりの量は少なめなのよ。35gしかないんだって。でも中部国際空港のものが40gなので、トータルでは100g以上ある今回の商品の方がリーズナブルなんですってば(苦笑)。



こちら、味は既に付いており、非常に食べやすい中部国際空港のが三杯酢を別途掛けて頂くタイプなのに対し、この商品は三杯酢ではない、塩と調味料で味付けしたものなので、ご飯にも合わせやすいかな。三杯酢はご飯と一緒に食べるには好き嫌いが分かれると思うので。
相変わらずネバネバ・シャキシャキは抜群で、一口だけでいいのに全部吸い付いてくる(爆)。それゆえに箸がいらない、すすって食える手軽さがいいんです!<それ、ただのお行儀悪いって言うの。


この商品は、マックスバリュでも愛知県(東三河にある4店舗を除く)・岐阜県・三重県・滋賀県で展開しているマックスバリュ中部管轄店で展開しております。鮮魚コーナーの一角に置いてあると思いますので、よろしければどうぞ。あ、あかもくって美肌にいいんだよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2019年08月22日

トップバリュ、カフェラテにまで手を出し始める

SHV39_5488先日マックスバリュで売っていた「トップバリュ BESTPRICE やわらかテイスト LATTE」アラビカ豆で作られたコーヒーをミルクで割ったものです。
お茶・スポーツドリンク・サイダーなどなど様々な飲料をロープライス化してきているけど、遂にカフェラテまで・・・。それ以前から普通のペットボトルでカフェラテは売っていたけど、昨今出てきた今回のようなタイプのカフェラテは無かったんだよね・・・。サントリー飲料の「クラフトボス」がウケにウケたからなんだろうと思いますが。

ちなみに、ブラックコーヒー版の「トップバリュ BESTPRICE すっきりテイスト BLACK」というのも販売しています



その味、実のところ味までロープライスされてしまった典型的な商品になってしまっています。
総じて薄いのがその理由。一般的なカフェラテは、甘めのテイストになっているかコク深いテイストになっているかどちらかに主軸を持ってきているんですけど、今回の商品は、どちらでもなく水っぽいんです。水は材料に入っていないのに薄い(苦笑)。
恐らく、3番目に書かれているコーヒーの比率が少ないんでしょう。牛乳がトップなんだけど、牛乳の風味もあまり無いんだよね・・・。じゃあ砂糖の甘みってことになるけれども、それも感じられない舌がバカになっちゃったんじゃないかと思って飲んでいましたよ。それくらい味がしない。


他のトップバリュ製品は、そこまで酷くないんだけどね・・・。やはり、BESTPRICEになってしまうとさらにランクダウンするのは、あながち間違っていなかったのでしょうか。コストは下げてもクオリティは下げるな。これは基本なんだけどねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2019年05月16日

【これで】まーた珍しい魚の刺身が売ってたから買ってきたぞ【3度目】

SHV39_5035まーた近所のスーパーで珍しい刺身が売っていた。
おさんハチビキに次ぐ今回は、ウメイロ。魚の上の部分が梅の実の色になっていることから、この名前になったそうです。日本では黒潮の流れる伊豆半島より西の太平洋側と長崎県、南西諸島に多いそうですが、今回のものは東京都産、つまり東京湾で獲れたもののようです。まぁ、元々獲れないので、東京湾で獲れようが太平洋で獲れようが変わらない認識でOKなんだろうな(ニヤニヤ)。

しかし、登録されていなかったなのか、魚の名前がマジックで書いてある(苦笑)。
なお、見た目は白身の魚、タイなどのような感じですね。



味は、タイほどではないけど魚の旨味を感じられますクセは無いので食べやすいですが、身は柔らかめそのあたりはタイよりも締まりがないのかな。そう考えると、身の締まりが欲しいとか食感がいいのが欲しいと思うと、本家とも言えるタイがベストでしょう。ただ、この魚でも十分美味しいので、ちょっと高めですけど、食べてみてほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2019年02月22日

希少部位の炭火焼き

SHV39_4428先日、マックスバリュに行ってきた時に見つけた「鶏ハラミ炭火焼き」
ハラミとは腹壁にあたる肉なのだそうで、鶏肉でこの部位は少ししか取れないため貴重なものだそうです。



SHV39_4429中はこんなふう。
持ってきた過程でかなり偏ってしまったのはご愛敬(苦笑)。コロコロっとした肉が入っております。



これねぇ、炭火焼きで焼いている体で焼いているから、香ばしい。それでいて脂の乗りも程よく、ジューシーなんですよ。
希少部位ながら、価格もそんなに酷く高くはない。もう少し欲しいなぁと思うくらいが丁度いいんでしょうね(笑)。


この商品は、私が買ったマックスバリュでは夜市(夕方以降)の販売になっていますけれども、場所によっては昼間からでも販売していると思いますし、イオン系列なので、イオン系のスーパーなら販売しているかもしれませんので、総菜コーナーで探してみてね(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2018年12月14日

コーン大好き!

SHV39_4255そんな人向けの商品なのか。


マックスバリュで見つけた「コーンだいすき!サラダ」岐阜県岐阜市にある農業生産法人わかば農園が製造している商品です。
たっぷりのスイートコーンが乗っているのが特徴ですが、どうせ水増しだろう・・・と思うやもしれません。そこまで水増しのようには感じられませんけど、気になる人に追加情報。実は掛けるドレッシングがコーン味(ニヤニヤ)。コーンドレッシングで、一緒に入っているキャベツや青菜がコーン味に変化します(笑)。



というわけで、コーン味のドレッシングが最強甘い味わいの中に少し酸味がある味付けで、コーン以外の野菜をあっという間に平らげさせる魔法の液体よ!怖いわ(ゲラゲラゲラ)!
肝心のコーンは、スイートコーンなので美味い。名前の通り甘いとうもろこしです。缶詰に入っているスイートコーンのような甘さがあるんですよ。それでいてフレッシュなわけですから、おかしいところを探すなんてできないですわ。
しかも198円(税別)と、量の割にリーズナブルだと思うの。もう次も絶対買うわ。これは美味しかった。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年12月09日

アカン、美味すぎる・・・

SHV39_4242コイツはヤバい。そんな商品があったのです。


こちら、イオン系のスーパーで販売されているPB商品「トップバリュ ビーフジャーキー」オーストラリア産のブラックアンガス種のもも肉をタレに漬け込んだものです。
見た感じは、ごく普通のもの。何の気なしに買ってきたんですわ。他の商品と比べて安いから。本当に動機は単純でした。



しかし、コイツの本性は食べた時にわかった。
普通、ビーフジャーキーは硬めの肉質が多く、噛み切れないくらいのものもままあります。なので、自分で割いて少しずつ食べる、ガムみたいに噛んで、その時に出る肉の味わいを楽しむといったふうでしょうか。

でもコイツの場合、肉が柔らかい。赤身と脂身のバランスがいいからかもしれないけど、食べても硬くて・・・ということがない
しかも、いい味してるんだよ(笑)。コク深い和風の味付けになっていて、肉の旨味と合わさって止まらない。あの味付けは何だろう?醤油とみりんなのかな・・・。甘みもあったので、砂糖とかも使っているのかもしれない。しかもオージービーフの悪い特徴でもある臭みが全く無い
で、赤身と脂身のバランスがいいと思うのは、脂身があるから柔らかさがあるのと肉がトロっとするんです。時折、脂身の多い肉が入ってるんですけど、その部分の肉だと脂身の上手さも加わって、またなおのこと美味い


実は、この商品は大きいサイズ(120g)と小さいサイズ(38g)があり、今回写真で紹介しているのは大きいサイズのもの。小さいサイズの3倍強あります。値段は大きいサイズだとトップバリュなのに高めですが、その値段も安く感じてしまうほど。


これは美味かった。高いけど余裕があればコイツをおやつにしようかと思っております。一応大きいサイズにはジッパーが付いていて、ちょっとずつ食べてねという暗喩が施されているんですけど、知るか(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:22Comments(0)

2018年12月07日

わかめそばだからといって、舐めてはいけない

SHV39_4243今回紹介するのは、「鳴門産のわかめそば」兵庫県宝塚市にある今里食品が手掛けたもので、イオンやマックスバリュなどイオン系のスーパーでよく見掛けます
名前の通り、徳島県鳴門市で獲れたわかめがたっぷり入ったそばです。それ以外の具といえば、ねぎくらいですね(苦笑)。潔い。



そんなわかめがメインのそばなので、つゆの味にまでわかめの風味が移って、美味いですなぁ。かつおだしと昆布だしの風味も強いんですけど、これらが複雑に絡み合うと、またいい味になります。
そばはオーソドックスなものなのでしょう。わかめに合う、コシはほどほどの美味しいそばです。


298円(税別)のそばにしては、結構いいレベルで、また買って食べたいなと思わせる一品です。お昼ご飯とかにいいと思いますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2018年10月25日

うちの近所のマックスバリュで量り売り惣菜が始まった

SHV39_4022今月から、オリジン弁当の量り売り惣菜が始まったらしい。今まではイオン・ダイエーでのみの展開だったので、本格的にオリジン弁当がフランチャイズするのかいなと。
実は、東海地方にはオリジン弁当などのオリジングループのチェーン展開が無いので、オリジンの味を楽しむためには、イオン系の店に行くしかないのです。いずれ弁当もオリジンのものがメインになってくるのかもしれないけど、選択肢が多くなるのはいいことです。

で、今回置かれていた惣菜の中で一番美味しかったのが、「鶏皮の旨辛揚げ」というもの。名前の通り、鶏皮を揚げたものに甘辛のたれで絡めた一品です。



この甘辛具合が丁度よく、少し辛めの作りながらも、ご飯にしっかりと合う写真の量なら軽くご飯二膳はイケるかもしれない(ニヤニヤ)。それだけ味がしっかりしているのだ。このしっかりぶりなら、お酒のつまみにもいいでしょう。


他にも色々な惣菜が置かれているので、定期的に店を覗くことにしよう。イオンとかの量り売り惣菜にはあまり置かれていない和風の料理もあったんだよね。気にはなっているので、いずれ買おうぞ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年10月24日

あっ!!

SHV39_3862先月イオンで買ってきた「コーンサラダ」
2割引だったこともさることながら、『鬼盛』のフレーズに惹かれて買ったのだが・・・。



SHV39_3864横から見て愕然。上げ底やんけ!
キャベツが鬼盛やんけとツッコみたくもなりましたけど、この量でとうもろこしがあれだけ盛ってあればいいんじゃないのとも言われそう・・・。でも、キャベツより多いって思ったんじゃい(泣)!



SHV39_4020そしてつい最近、イオン系のスーパーでるマックスバリュで「鬼盛!スイートコーンのマカロニサラダ」を買ってきたコイツも鬼盛とは言っているものの、まだまだマカロニがメインを張っているような気もする。でも、マカロニも美味いし、コーンも甘かったから許す(ギャハ)!<世の中、いい加減なヤツが多いのは、こんな気まぐれなヤツがいるからだと思ってほしい。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年08月10日

まーた珍しい魚の刺身が売ってたから買ってきたぞ

SHV39_3592丁度去年の今頃、珍しい魚の刺身を買ってきたことをネタにしたのですけれども、久しぶりにスーパーで聞き慣れない魚の刺身が売っていたので、値段も手頃だったこともあり、買って参りました。


今回売っていた刺身の魚は、「ハチビキ」というもの。福岡県産だそうです。

で、調べてみました。
大きさは70cmほどで、紡錘形をした真っ赤なボディが特徴の魚です(ただし、身の色は赤でも魚としては白身扱い。まるでサケみたいだなぁ・・・)。そのため「アカサバ」という別名もありますが、サバの仲間ではなくスズキの仲間(ただし、サバもスズキもスズキ目という大きなカテゴリーでは同じ)。水深100~400mの深さを住処にしており、日本の暖かい海流の流れるところなら獲れる魚です。
釣れないことはないのですが、獲れる量は非常に少ないとのこと。特に関東では、「アカサバ」という名から、赤い身の色が血の色を連想させるため嫌悪されている魚でもあるそうです。しかし西日本では、よく食べられる魚とのこと。どうもだしにすると特に美味いそうです。



では、頂いてみましょう。
まず、白身の魚というふうには思えない身の軟らかさ。白身はタイとかがそうですけど、硬い(よく言えばコリコリした)印象があるんですけど、ハチビキはサケのように身が軟らかめ。だからといって、サケほど脂は乗っておらず、赤身のような歯応えもあります。ただ軟らかいだけじゃない、食べ応えもしっかりした中々憎めない魚ですね。
味そのものは少し淡白ではあるものの、クセが無いので美味しく召し上がれます

なお、今回は夏真っ盛りなので、旬の時期ではあるものの、産卵期(6月)は過ぎてるので、こんな感じなんでしょう。冬場に揚がると脂が乗ってくるそうな。味は悪くないので、冬場に食べてみたいね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2018年07月03日

行くまでが大変だった山形、行ってからは暑かった山形

先日、モンテディオ山形×FC岐阜の試合を観に行くために山形に行くことになったわけですが、その試合前と試合後の話をここでしていこうかと。


実は山形県に行くのは初めてで、東北地方の日本海側に行くのも初めて(とは言っても、庄内地方に行ったわけではないが)。それゆえに、どんなところなのか楽しみではありましたね。
そんな中で迎えた出発の日、名駅から行こうか栄から行こうか迷った末、栄から向かうことに。少しだけ遅く行けるのがポイントになりましたね。
出発1時間以上前に着き、搭乗手続きも終わらせた時、受付の人が言い出した。「福岡からの飛行機が遅れておりますので、搭乗と出発が遅れるかもしれません」と。
この日、九州地方は台風7号が運ぶ雨雲の影響で大雨と雷雨になったため、福岡空港から出発する飛行機がまだフライト中だったのです。つまり、この飛行機が次の山形空港に行くための飛行機にあてがわれるので、来なければ行きたくても行けないと(泣)。

案の定、福岡発名古屋行きの飛行機は大幅に遅れ、出発時刻の45分後にやっと出発山形空港に着いたのは11時半頃だったかと。その代わり、飛行機と連動して運行されている山形駅行きのバスは待っていてくれて、おおよそ到着から20分で出発してくれました(それでも遅れてしまったそうだが)。
本来なら山形駅まで乗っていくのがセオリーなのだけれども、今回は十日町角というバス停で降りることに。行きたいところがあったからです。


SHV39_3422その店は、栄屋本店十日町角のバス停からおよそ10分ほど北に歩いた先にあるラーメンなどを販売する飲食店です。
この店は、山形県のオリジナルフード「冷やしラーメン」発祥の店とされています。常連客が冷たいラーメンが食べたいというリクエストに応えるため、試行錯誤の末、1952年に提供を開始したとされています。

店に着いた時にはもう行列(汗)。30分位待った末に相席ながらやっと座れることに。もっと早く着いていれば・・・。


というわけで、「冷やしラーメン」。メインはしょう油味です。
・・・信じられるかい、脂は浮いてない代わりに氷は浮いてるんだぜ(ニヤニヤ)。



スープに関しては、しょう油味のきりっとしたものに。熱いラーメンのスープの時以上にスープの風味が立っているのは、だしが利いているからなんでしょうね。ちなみに、ラ・フランス(洋梨)が入っているそうですが、その風味は感じられなかったな(苦笑)。
麺は縮れていて、コシのあるものでした。具材も多いものの熱いラーメンの時に浮かべるものと同じ、ただ違うのはきゅうりで、冷やし中華のように入っているのが印象的でした。
ホントに熱いラーメンを冷やしたかのような味わい。でも、あっさりとしていて食べやすいんですわ。普段ラーメンのスープを飲み干さない人でも、このスープなら飲み干せそう。


SHV39_3423そして、もう一軒行きたかったので、足早に山形駅方面へ。
栄屋本店からは歩いて15分、山形駅(東口)からなら同じく10分ほどで行けるのが、「修ちゃんラーメン 山形駅前本店」店構えはいかにも古くからある街のラーメン屋って感じですわ(ニヤニヤ)。
年季の入った店構えとモンテディオ山形の試合案内のポスターが貼られた店内には、狭い厨房で3人のおばちゃんがてきぱきと働いておりました。結構コンビネーションがよかったけど、注文したラーメンと違うものをくれるのはご愛敬なのか(爆)。


というわけで、こちらでは同じ「冷やしラーメン」でも「冷やし味噌ラーメン」を頂きました。こういった変わり種もあるんですよ。



味は、正直なところしょっぱい、そして一緒に乗っている辛子にんにく味噌のおかげで辛くもなる普通ならその味で大丈夫なのと思いがちなのだが、なぜか美味いのだよ。恐らくだけど、山形市内の気候と関係してくるんだろうね。
この日の最高気温が33゚C、かつて40.8゚Cという長年破られなかった最高気温記録を持っていた山形市。そんな酷暑の中では、水分だけでなく塩分のあるものが必要になってくることでしょう。そうなると、「冷やしラーメン」のあっさりとした味もいいのだけど、できることなら濃い味でコンディションを整えたい。そうなると、「冷やし味噌ラーメン」のような濃い味付けかつ塩気の濃いラーメンがウケてくるんでしょうね。要は富山市にあるラーメン「富山ブラック」とほぼ同じ発想(「富山ブラック」は肉体労働者達の塩分補給も兼ねていた)でできたものなんだなと。


こちらはクセになる味個人的には、こっちの方が好きですね。
麺はコシとモチモチが結構強めで、それとキャベツとわかめのシャキシャキとした食感とがしょっぱいスープにマッチするのよ。あとは辛子にんにく味噌でさらにパンチが利いて、2杯目なのにするすると入っていったわい。
・・・まぁ、そのおかげでスタメシがあんま食えんかったわい(泣)。これは今度の課題だな。


SHV39_3444そして試合後。宿泊したのは山形駅西口にあるルートインホテル。実は、このホテルの隣がマックスバリュで、その中でも珍しい24時間営業。(失礼ながら)まさか山形のような街で24時間営業のスーパーがあるなんて。名古屋でもめったにないのに。

そこで見つけた「三陸産わかめの唐揚げ」。・・・何ぞこれ(汗)。



味は塩蔵わかめに唐揚げ粉振り掛けて揚げたんじゃないかと思うような味。ただ、わかめはパリパリじゃないのよね。少し硬いんですわ。何とも言えない不思議な味でした。だったら天ぷらに・・・とか思ったのは内緒だ(ギャハ)。


SHV39_3447最後は、帰路に着く前の山形空港。
ここにはモンテディオ山形のマスコットであるディーオが「ご当地ディーオ」(例えば山形市なら花笠踊りの格好)となって登場する広告が展開されていました。こういうのも面白いよね。



正直名所は思い浮かばなくて、温泉に行くにも予約していかないとというふうだったので、メシ頼みになってしまったけど、メシは美味いね。今度はスタグルがメインで食える季節に行きたい(ニヤニヤ)。

ちなみに、今回は名古屋から山形空港に向かい、山形駅経由ながらほぼダイレクトにスタジアムへ行きましたが、試合時間によっては仙台まで夜行バスで行って、翌朝に着いた仙台からJRないしは高速バスで山形駅に向かって天童市にあるスタジアムへ・・・というルートも交通費を安く上げられそうです。JRなら仙台~山形の往復割引切符が出ているらしいし。ただ、いずれの行き方も一泊コースになってしまうのが、名古屋から遠いなと感じさせるところでもあります。夜行バスができないかな・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年06月01日

金曜なのに火曜市の話(笑)

SHV39_3281イオン系のスーパーでは、毎週火曜日に「火曜市」という特売を行うことがあります。これはジャスコ時代からの伝統的なセールで、他のスーパーも行っていることが多いですね。

そんな「火曜市」から、「火曜市」でしか出ない「カレーピラフ」なるものがあった。こんな専用で展開する商品なんてあるのか・・・。



でも、味はどうってことない、薄味のカレーピラフなのよね(苦笑)。軽い味わいが好みの方ならいいんでしょうけどね、それ以外に特徴が無い(汗)。そして小さいウインナーがまた泣かせる一昔前の赤ウインナーなんだよね。


オトクな商品なんだけど、もう少し欲しいと思える商品。お好みでソースなり粉チーズなり味にバリエーションを付けたらいいかもね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)

2017年08月07日

珍しい魚の刺身があったので買ってきた

SHV32_1275スーパーで買ってきた謎の名の付いた魚の刺身。その名も「おさん」。三重県で獲れたものらしい。
聞き慣れない魚だけれども、見た感じはタイのような赤と白の身。恐らく白身の魚なんでしょう。

さすがに気になったので、買った後に調べてみると、この「おさん」の正式名称はニザダイというものだそうな。見た目はカワハギに似た魚ですが、タイの仲間らしい。もちろん、毒は無い
ニザダイは普段メインで獲る人もほとんどいないそうな。それなりに獲れるみたいだが、市場流通することはほどんどなく、メジナ釣りの時には外道と言われて捨てられるほど。
というのも、磯臭い。つまりは食用にはあまり適していないのがその理由。ただ、内臓を傷付けずに取り、かつ血抜きを行えば、磯臭さは無くなるらしい。なお冬場であれば、その磯臭さは軽減されるとのこと。
鮮度がいいうちなら、刺身や洗いで食すことも可能とのことなので、今回出てきたこの魚は非常に鮮度がいいのだろう

で、この魚は異名が多いのですよ。先程の「おさん(オサン)」だけでなく、「バイオリン」(石川)・「サンノジ(サンノジダイ)」(関東・紀州・四国)・カワハギ(鹿児島)などたくさんあります



その味は、まさしくタイの味。それでいてタイよりも身がしっかりしていて、味が濃いかなと。まぁ、鮮度の問題もあるんでしょうけど、この魚は雑魚や外道としてしまうのはもったいないなとも。値段もそれなりなので、タイだと同じ値段で数切れしか入ってないこともあることから、これでもいいかなとか思ってしまったり(ニヤニヤ)。


珍しい食材なので、よかったら買ってみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2017年06月28日

好物は焼きビーフン

SHV32_1044私は好きは好きですけど(笑)。


だけど、先日スーパーで買ってきた「8品目の焼きビーフン」8品目というところよりも、ケンミン食品の「ケンミンの焼きビーフン」を使っているところに惹かれた(爆)。丁度、買った時に「秘密のケンミンショー」で「ケンミンの焼きビーフン」がピックアップされていたからというのもあるけど。本社にあるレストランに行ってみたい(泣)。



「ケンミンの焼きビーフン」をよく食べている人なら、この味この味と納得しながら頂くんでしょうね。私は残念ながら関西圏の人ではないので、イマイチ「ケンミンの焼きビーフン」の味がよくわからないものでして。ただ、醤油の味わいの付いた、関西圏の商品なのに濃い味が付いているなと。でも、全然しつこくないし、むしろ美味い食べ飽きないし、胃にもたれないんですよね。お昼ごはんにしていたり、おかず代わりにしていたり、お酒を飲んだ後の〆というのもわかる。


これで298円(税別)なら、お値打ちです。イオン系のスーパー(私はマックスバリュで買った)にならあるかもしれませんので、見掛けたら、どうぞ。


デス クリムゾン
デスクリムゾン



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2016年06月21日

冷やし麺の美味しい季節になりました③

SHV32_2533遂に30C゚を越えるようになり、梅雨さえ明ければ本格的な夏到来・・・となるのですか。1年経つのが早いと感じられるわけだ(汗)。


そんなことは置いておいて、今回はイオンで販売されている「トップバリュ 冷し担々麺」を紹介。夏が近いということから、旧ダイエーである私がよく行くイオンでは、先月あたりから入口入ってすぐのところに、この商品を含め冷やし麺が置かれるようになりました
この商品をはじめ、トップバリュで展開される冷し中華の麺は、北海道産の小麦「きたほなみ」で作られたものになっています



普通担々麺というと、辛めの味付けになっていることが多いのですが、この商品に関しては思った以上に辛くなく、むしろ肉味噌と絡むからなのか、ごまの風味の生きたコク深いスープを味わえます。すりごまも掛けると、ごまの風味は少し増してきますね。
麺はもっちり系。それでいて肉味噌やスープとも絡みやすいです。麺そのものも上品な味してんだよねぇ・・・。


トップバリュというPB商品ながら、ここまでクオリティの高いものを作れるとは。これで321円(税込)なのだから、もう文句の付けどころがありませんわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月19日

アメリカンなカップ麺であっても、味はアメリカンではない

SHV32_2545先日、イオンで開催されていたアメリカフェアで買ってきた「ニューヨーククラムチャウダーヌードル」
こちらは日清食品が製作したもので、イオン以外では同じイオン系列のダイエーやマックスバリュでも販売していたようです。



味はというと、スープに関してはクラムチャウダーというだけに、アサリなど貝類のだしが利いたコク深いものになっているのですが、徐々にトマトの風味も増してくるという後味も味わえます具材も思った以上に多く、量が多いこともあって食べ応えもあります。
惜しむらくは、麺の風味がもう少しスープに合えばなぁ・・・と思わされた点。スープや具材がこれほどまで美味しいのにもったいないなぁと。少し脂っこくなるかもしれないけれども、油で揚げた麺の方がよかったんじゃないのかいなぁとも感じましたね。


とはいえ、これが期間限定なのは惜しいです。しかもイオン系でしか買えないなんて。定番商品としてコンビニとかに置いておけば、売れると思うんだけどなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月12日

イヤミ「おフランスの味ザンス」

と、絶賛したかはわかりません(爆)。まぁ、フランスと聞くとこうなるわい(ニヤニヤ)。


SHL23_2072こちら、日清食品の「French Noodle 海老のビスク味」
全国のイオン系のスーパーとイオン系のコンビニであるミニストップで販売しています。それゆえに、日清食品の公式サイトでは掲載されていません。



味は、エビの味が濃厚で、スープにコクがバッチリトマトの酸味も味わえますわ。
イオン系の商品なのにもかかわらず具も豊富でなかなかです。PB商品とも言えるようなものですが、ここまで作りこんでいるのは素晴らしいです。


ただ、買うならスーパーの方がコスパ的にオトクかも。なければミニストップで買いましょう的な感じです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月21日

オージーピーナッツ

SHL23_1875先日ダイエー(イオン系列)で買ってきた「トップバリュ オーストラリア産ピーナッツ」
最近ピーナッツというと国産のものはほとんど出回らず、大勢を占めているのは中国産(たいていの場合山東省産)。この商品はというと、オーストラリア産とはいえ、珍しいことには変わりありません

他のピーナッツとの違いは、オレイン酸の含有量なのだそうな。オレイン酸は動脈硬化・高血圧・ 心疾患などの生活習慣病を予防・改善に効果があると言われているので、できるだけ多く摂取した方がいいとも言われております。



しかし、どう御託を並べても、ピーナッツはピーナッツ(苦笑)。国産のものに比べても、それほど脂っこさはなく、塩気の強い味になっています。国産のねっとり感は海外産では出せないものなのでしょうかねぇ・・・。

ちなみに、価格面では中国産の殻付きピーナッツ(同じトップバリュのもの)よりも安いんですね。中国産に敬遠気味な消費者が多いので、この価格差を見て、じゃあこれ・・・という流れになっていくのは必至なのかなと、この商品を手に取る際に思ったことです。
ただ思うに、きちんと作っているということさえわかれば、国産もオーストラリア産も中国産も、美味しさ以外は変わらないのにね。だからこそ、中国の農家の皆さんは、人が食べることをもっと認識してほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:55Comments(0)TrackBack(0)

2015年09月17日

1本45円の衝撃

SHL23_1850こちら、イオン系列で販売されている「トップバリュ BESTPRICE ファイトゴールド2000」「タウリン入りドリンク」というふうで売られていることが多いと思います。製造しているのは、富山にある廣貫堂というところで、指定医薬部外品です。
1本につき2000mgのタウリンが配合されています。ちなみに、1本100ml入りです。
衝撃的なのは、その価格。何と1本45円(税別)某タウリン入りドリンクが裸足で逃げ出すほどの価格です。しかも10本入りの場合は368円(税別)。実に1本で買うより10円近く安い値段で買うことができるのです。



味に関しては、某タウリン入りドリンクとそう遜色ないものに仕上がっていますけど、こちらの方が個人的には飲みやすいのかなと思います。
あまりに安いからちゃんと効くのかしらと思ったら、何か効いているような感じがするからちょっと悔しい(爆)。普段こういった系統のドリンクを飲まないからそう思えるのかしら(ニヤニヤ)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月24日

中部大学の学生が考えた春を彩る弁当

SHL23_1350先日、「春のおでかけ弁当」なる弁当を買ってきました。というのも、4/18の中日新聞の市民欄(だったと思う)で紹介され、さらに当日のNHKニュース(東海地方版)でも取り上げられたからです。

この商品、愛知県春日井市にある中部大学の食品栄養学科に通う学生がマックスバリュ中部のバイヤーとコラボして作ったもので、春を食材をふんだんに使っております。この商品を開発する際に、考案者は食材の調達・コスト・製造の面で効率よくできるようにするのに苦労したことを語っていました学生が作ったということで、栄養面でもかなり考えられて作られているようです。

中に入っているのは、鰆(さわら)のフライ・菜の花のおひたし・あおさの煮物・春キャベツのごま味噌和え・筍の土佐煮・春雨の酢の物・春色チラシ寿司と結構見た目は豪華です。



その味は、全体的にバランスがいいばかりか、薄味なのにしっかりとしている感じがしました。特に美味しいなぁと思ったのが、チラシ寿司その薄味の中にも酢の風味はしっかりとしていて、普通のごはんよりも食べやすいと思いました。おかずの一品一品もちゃんとしたコントラストが利いていて、食べ飽きないように工夫されています。実に美味い。


この商品は、愛知・岐阜・三重・滋賀のマックスバリュにて537円(税込)で販売しております(一部店舗除く)が、販売日は週末(土・日)のみとなっているので注意。かくいう私も近所にあるマックスバリュで見つけられず、名駅西口にあるマックスバリュでやっと最後の1個にありつけたというふうでした。場所や時間帯にもよるんでしょうけど、お昼くらいまでは余裕であるのかもしれません。夕方に買いに行く場合はない可能性もあるので、ご注意あれ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)