2016年08月22日

あいましょう東京で

今日の朝刊でNHKは粋な演出してくれましたね。
表題の部分は、長官の左端に書かれた文字を縦読みにすると現れるものです。放送そのものはEテレ(教育テレビ)→総合テレビでのリレー形式の予定だったのが、台風9・11号の報道関連で、総合テレビ部分を全てEテレに差し替えて放送されました。なお、再放送がテレビ朝日系列とNHK BS1で行っていたので、朝早くて見られなかった、仕事で見られなかった人などは、特に夜放送されたBSでの放送を楽しみにして見ていたことでしょう。かくいう私もその一人です(笑)。


閉会式も開会式同様ブラジルらしい部分を残しながらもプロジェクションマッピングなど最新技術を盛り込んだものになっていました。とても情熱的でありながら叙情的でもあり、去り行くリオデジャネイロオリンピックを上手く体現できたなと思って見ておりました。カネが無く(掛けなく)ともいいものはできるといういい例になったのではないのでしょうか。

終盤、東京(日本)への引き継ぎになるプレゼンテーションが行われましたけれども、こちらは日本らしい規律高い演出が目立ちました。でも、一番は現在のまたはかつてのオリンピック選手と共に、マンガ・アニメ・ゲームのキャラが一堂に介していた点でしょうか。キャプテン翼・パックマン・キティちゃんなど共に、安倍晋三首相扮するマリオがドラえもんに土管(東京からリオデジャネイロまで掘る)のひみつ道具を出してもらって、そこからやって来るという粋な演出でしたね(ニヤニヤ)。「SEE YOU IN TOKYO」のところでは、マリオのゴールした時のBGMも流れていて、ゲームフリークなら思わずニヤリとしてしまいましたよ。
まぁ、個人的には手を震わせながら必死に演説していたリオデジャネイロ市長でしょうか(苦笑)。いつ倒れてもおかしくなかったぞ、あれ。


さぁ、いよいよ次は東京オリンピックです!
・・・でも、その前にリオデジャネイロパラリンピックが控えております(日本時間9/8~9/19)。オリンピック同様熱い戦いが繰り広げられることでしょう。東京オリンピックを待つ前に、リオデジャネイロパラリンピックを盛り上げていきましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:32Comments(0)TrackBack(0)

2012年03月26日

その死に様に何を見た


上の動画は、アメリカのゲーマーが、最初の出演作品である「ドンキーコング」から最新作の「スーパーマリオ 3Dランド」まで、約四半世紀にわたるマリオシリーズなどで登場するマリオの死亡原因を挙げているものです。
改めて見てみると、その死因の多彩さに目を見張るものがあり、そんじょそこらの斬られ役よりも『役者』だということがわかります。それでいて好演もできるのだから、やはりマリオはスーパースターなんだと実感。

その死因、敵(生物以外にも物に当たるというものも含む)に接触といったシンプルなものから、毒ガス・高所落下・酸水・おぼれた・爆発に巻き込まれたことで死ぬといったキッツイのもあるわけです。もちろん、魔法を浴びて死ぬといった現実世界ではお目にかかれない死因もあったりとなかなか興味深いものもあります
中には、時間切れ、レースで負けたこと、ないしはキスで死ぬというわけのわからないものもあり、これで死ぬことのできるマリオはアカデミー賞ものの働きぶりだと改めて思うわけですよ。


しかし、これだけ多彩な死因を見せられた日には、無限増殖でも足らないのもある意味納得(笑)。宮本君、お願いだから、今度のマリオの最新作は999人まで増やせるようにしてやって(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:39Comments(0)TrackBack(0)