2019年12月15日

名古屋驛麺通りリニューアル3周年記念ラーメンを食べてきた

名古屋驛麺通りが知らぬ間にリニューアル3周年になっていたのね。たまに行くことはあるけど、そんなに積極的に行かないから、店の移り変わり(期間限定の店のこと)がよくわかっていない(苦笑)。


SHV39_5996そんな3周年記念ラーメンの一つ、一風堂の「もつ豚骨ら-めん」を頂いてきました。
牛もつにざく切りのキャベツが乗っかった一品で、牛もつは煮込んであります



メインの牛もつは、甘辛く煮込んであり、単品で食べたくなるような味。コク深いまろやかな豚骨スープに混ざるとコク深さとまろやかさを増させるのです。ただ、味が落ちてしまうことにもなるので、それが嫌なら、小皿に取り分けておくのがベターでしょう。
ざく切りのキャベツは牛もつと一緒に食べてもいいけど、そのまましなびるのを待って食べてもまたよろし


元々一風堂の豚骨スープは完成度が高いので、色々なアレンジが利くんだと思っています。まぁ、何やっても美味いのは、何ともはや(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2018年11月15日

名古屋驛麺通りリニューアル2周年記念ラーメンを食べてきた

SHV39_415611/9から行われている名古屋驛麺通り2周年記念企画。
その中で、今回は一風堂の「博多肉そば」をチョイス。ホントは別のところがよかったんだけど、並んでる途中で売り切れた(泣)。機会があれば、紹介しよう。

とんこつラーメンに豚バラ肉とねぎとのりを乗っけております。スープは白丸元味のものを使ってるのかなと。他は色々入ってますから。



というわけで、味は、とんこつと称しながらあっさり目コクもそれなりにあるんですけど、クドくないのでいいですね。肉は甘めと称してますが、しょうが焼きの肉のような感じかな。甘ったる過ぎないけど、甘みはまぁまぁ。『甘め』ではないです。


ベースの味がいいから、食べていても違和感が無い。肉の味がもっとあってもいいかなと思ったけど、これくらいで丁度いいのかも。
ちなみに、一風堂に行ったのは久しぶりだったので、替え玉もやってきた(笑)。粉落としの麺うめー(ニヤニヤ)。


この企画は12/21までとロングランですが、早く売り切れる確率が結構高そうなので、特に週末は早めに行きましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2017年05月25日

セブン&アイ限定のカップ麺な小ネタ

今回は、セブン&アイホールディングス(セブンイレブン・イトーヨーカドーなど)で販売されていると思われるカップ麺を紹介。入れ替わりが激しいので、既に販売終了しているものもあるかもしれませんが、そのあたりはよしなに。


SHV32_0898まず最初は、エースコックの「三河屋製菓監修 えび満月味 焼うどん」
三河屋製菓のえび菓子「えび満月」とのコラボ商品。さすがに「えび満月」は入れられなかったようで、乾燥えびとあおさ、そして調味たれなどを入れて、「えび満月」の風味に仕立ててますね。



最初、えびの風味が楽しめるのかなと思っていたものの、食べてみてその期待は肩透かし乾燥えび・あおさや調味たれは味がしっかりあるものの、麺に振り掛けて混ぜてみると、その味わいが見事に薄まってしまうというのか消えてしまう。何だかなぁ。
「えび満月」そのものは、それなりに濃い味だったと思うので、それが「えび満月」じゃないと言われても、少なくとも調味たれの味わいを濃くしてもよかったんじゃないのかなと。そのためには麺を細くするとか馴染みやすくするとか色々あるんでしょうけど・・・。実に惜しい、もったいない。


SHV32_0912もう一つは、日清食品の「一風堂 とんこつまぜそば」一風堂とのコラボ商品で、セブンプレミアム10周年記念商品にもなっています。
こちらは、一風堂のとんこつラーメン(SHIROMARU BASE)をまぜそば風にアレンジしたものです。なので、具材がどう見てもとんこつラーメンのそれ(笑)。



これ味どうなるのかなと思ったら、思った以上に美味い。
とんこつの味がガツンと来て、麺によく絡んでくれるんですね。元々濃い味の設定なんでしょうけど、いい方向に転んでくれています。具材も豊富で食べ応え満点。滅茶苦茶美味い。濃い味でも飽きの来ない味ですから、脂っこいのが苦手という人以外は、十分に美味しく頂けると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)