2019年06月17日

大阪に行った時の小ネタ 前編

SHV39_5139先日、大阪に社員旅行で行って来ました。その時天保山に行って買ったもの。


一見、何の変哲も無い「三ツ矢サイダー」。しかし、コイツは「氷点下の三ツ矢サイダー」というヤツで、-5゚Cに冷した「三ツ矢サイダー」を自販機で保存しておき、出てきたコイツを開栓すると中でフリージング(氷結)現象が起こるという代物になっているんですよ。
前、コカコーラで似たようなことをやっていて、「スプライト」で飲んだ時には、そこまで冷たさとおいしさを感じなかったんですよね。なーんだ、何の変哲も無いヤツだったよとばかりに。



ところが、コイツは違った。
きちんと冷えてて、中のサイダーがシャリシャリに凍っているんですわ。この凍ったヤツが絶品で、爽快感を味わえます
これ、夏の暑い時期ならもっと美味しいんだろうね。何であまり暑くない時期に飲んじゃったんだろう(ギャハ)。


この自販機、大阪の天保山マーケットプレースにあります。丁度観覧車の下あたりです。ただ、公式サイトには掲載されていないんですよね・・・。大阪以外にも、一応公式サイトの場所にはあると思いますので、一度暑い時にお試し下さい。限定40本なので、お早めに。


アサヒ 三ツ矢サイダー 500ml×1ケース(24本)
アサヒ 三ツ矢サイダー 500ml×1ケース(24本)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2016年12月06日

100%オレンジな

SHV32_0246今回紹介するのは、アサヒ飲料から発売されている「三ツ矢100%オレンジサイダー」セブンイレブン限定で販売されている商品です。
炭酸飲料としては珍しく、100%濃縮還元したオレンジを使用し、フルーツクオリティ製法で製造されています。



確かにオレンジ味のサイダーはいくらでもあるけれども、大概濃縮還元のせいぜい10%くらい多くても20%くらいじゃなかったかなと。オレンジジュースをそのままサイダーにしただけなのかもしれないけれども、まぁ飲んでみよう。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


うん、確かにオレンジジュースがサイダーになったかのような味だ(爆)。でも、オレンジの甘酸っぱさと炭酸の爽やかさがケンカしていないので、これはこれでアリなのかもしれない。また微炭酸なので、炭酸が苦手な人でも飲みやすいのではないのかなと思います。


これは美味いけど、セブンイレブンだけなのは惜しいねぇ。ホント普通に販売してもいいと思いますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月23日

ヨーロレイヒー!

SHV32_0233・・・何だかヤバい現れ方をしておりますけれども、今日の紹介するのは、そんなヤバいものではないですから、安心して飲んで下さい(笑)。
今回は、アサヒ飲料の「三ツ矢ヨーグル」です。
・・・そう、だからヨーロレイヒーなわけで(ニヤニヤ)。<それヨーデル。

味はヨーグルトで、やや強めの炭酸に仕上がっているとのこと。



じゃあ飲んでみましょう。
まず炭酸に関しては、そこまでキツいというふうでもないけど、炭酸に慣れていない人はどうかなといったふう。そして味なんですが、ほのかにヨーグルトの風味を感じられる程度。そこまでヨーグルト味ではなかったと思います。


普通の炭酸に毛の生えたヨーグルト味が付いている程度。ヨーグルトではないけれども、カルピスソーダの方が乳酸飲料の味わいが強い気がすると思います。何かと惜しい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:24Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月08日

モロ師岡「三ツ矢サイダー」浅利陽介「ダブルぅ~」

アサヒ 三ツ矢サイダー W(ダブル) 485mlペット 24本入
今回紹介するのは、アサヒ飲料の「三ツ矢サイダー W(クリックすると24本入りが購入できます)。
こちら、いわゆるトクホ商品だそうで、食後の血中中性脂肪の上昇と血糖値の上昇を穏やかにする効能があるとのこと。ホントか(ニヤリ)?<いろいろ疑惑があるからって、穿ちな見方は止めなさい!

ちなみに、お茶ですけど、「からだすこやか茶W」よく似たようなネーミングがコカコーラから出ておりまして(こちらのWも同じ意味なのだそうな)そこで流れているCMに出ている人は、お笑い芸人コンビだと思ってたら違うのね(汗)。まぁ、あのノリでタイトルは決めさせて頂きましたとさ(ニヤニヤ)。



その味はというと、人工甘味料を使っている関係からか、甘みはさらりとべとつかないふうになっています。普通のものに比べても甘ったるさは無いのかなとも。昔飲んだことのある「三ツ矢サイダープラス」には少しだけ酸味があったような感があるので、飲みやすくはなっているのかなとも。
「三ツ矢サイダー ゼロストロング」よりかは甘みが付けてある、かつ炭酸も抑え目なので、飲みやすくはなっています。ただ、人工甘味料が苦手な人には薦められないのは残念。なお、「三ツ矢サイダープラス」とは違い、若干の糖質が入っているので注意


からだすこやか茶W 350mlPET 24本
からだすこやか茶W(350mlPET・24本)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月11日

昭和初期の味を再現

三ツ矢クラシックサイダー 500ml×24本
先月末から発売している「三ツ矢サイダー」のクラシックバージョン「三ツ矢クラシックサイダー」(クリックすると24本入りが購入できます)。
これは、「三ツ矢サイダー」発売130周年を記念して作られたもので、昭和初期(今から約90年前)の味を再現したものです。当時は人工甘味料はおろか、砂糖自身が貴重なものだったと思われます。それゆえに、砂糖の量が今よりも多かったようです。
まぁ、私自身昭和初期の味なんて知らないので、何とも言い切れないですが(苦笑)。



その味は・・・甘いね。そして普通の物に比べて炭酸もキツくはないシードル(リンゴ酒)のような香りというのも、正直よくはわからないけれども、少なくとも普通のサイダーよりも香りがよく出ているなとは。

しかし何より、この味は子供の頃に飲んだ味に近いなとも。
私の子供の頃というのは昭和の終わり頃なので、明らかに製法も味付けも大きく異なっているとは思うんですね。でも、母方の祖父母の家で瓶に入ったサイダーを飲んでいる感覚を思い出しました。味は知らないのに、すごく懐かしいものを思い出させてくれました。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月28日

「まどか☆マギカ」のキャララベル入りサイダーがいよいよ来たか!

今日から全国のコンビニで「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」とのコラボ商品である「三ツ矢サイダー」が販売されています。
この商品は、今年3/30・3/31に行われていた「アニメコンテンツエキスポ2013」でも参考出展され、既に手に取ってみたという方もいらっしゃるのではないのでしょうか。


ISW11F_20130528_225947405こちらが今回の商品。
今回ラベリングされたものは、500mlの缶。これが350mlにすると上と下の部分がくびれているので、下手をしたらキャラがくびれかねない→ファン激怒(笑)となりかねないゆえの配慮だろうなぁ・・・。じゃあ250mlにしたらとも思ったのですけど、そうしたらそうしたで、コンビニ側で商品管理がしづらい、「まーたぼったくりか」とファン激怒(爆)とかなるのを想定したゆえの結果なんでしょうね。アサヒ飲料大盤振る舞いですな(ニヤニヤ)。

キャラに関しては、左から巴マミ・鹿目(かなめ)まどか・暁美ほむら・佐倉杏子(左の赤いの)と美樹さやか(右の青いの)
・・・「キュウベえは(爆)?」とか突っ込むのはダメですか(ギャハ)?あとは、何であの2人は一緒の扱いにされたのかとか思ってしまうのですが・・・。まぁ、仲のいい2人ことなのでこれでいいという意見に落ち着いたのでしょうな。じゃあマミとキュウ(以下略)



味に関しては、いつもの味なので語るに及ばず(笑)。缶なので炭酸が強いかなと感じるのは気のせいレベル・・・だと思いたい。


この商品が発売されるというリリースが出た頃、「糖尿病(生活習慣病)まっしぐら」とか様々な意見が出ていたかと思ったのですけど、まぁ、封を開けなければ長持ちするので、じっくり飲んでいきたいと思います


ちなみに、先述の通り全国のコンビニで販売しております。しかしながら、かなり少ないものと推測されます前の商品があまりに売れなかったとか色々あるんでしょうね(汗)。
それでも、あのやる気のないローソンでもゲットできるくらい(それでもレジ前に少しだけ(爆))ですから、状況によってはコンプはまだ間に合うぞ(笑)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)