2018年09月10日

がっとらね!!にいがた!! 前編

というわけで、先日新潟に行った時の話をしていこうかと。
サッカー観戦がメインだったのは言うまでも無いけど、実は新潟には初めて行くということもあって、色々と行ってみたかったのよ。少なくとも行きたいところと食べておきたいものは済ませようと出発前からある程度スケジューリングをしておりました。


SHV39_3720今回は夜行バスが取れなかったので、飛行機で向かうことに。
飛行機で新潟に向かう場合、名古屋からは県営名古屋空港(小牧)ないしは中部国際空港(常滑)というルートで行くというのは前に話した通り。日本航空(フジドリームエアラインズとの共同運航)の便が取れなかったので、全日空で向かうことに。全日空なので、中部国際空港からなんですね。日本航空なら県営名古屋空港になるんですよ、提携先の関係で。
ただ、個人的には中部国際空港の方が便利。名鉄で一本なのはありがたいよ。


さて、今回こんな早い時間に来たのは、フライト時刻もさることながら、先日日本列島を襲来した台風21号の影響を危惧して
この台風で関西国際空港が運行できなくなる状況だったので、この影響がモロに中部国際空港にも来るんじゃないかと構えていたんですわ。
ところが、関西国際空港は被害の少なかったB滑走路で国内線と国際線の運航を一部ながら再開。そのおかげか、朝から混み合うという事態は避けられたようです。


なお、この日は前日から飛び始めた北海道(新千歳空港)へのフライトもありました。地震の影響で大丈夫かなと思ってたら、こちらも無事にフライトできるようです。



SHV39_3723ただ、全日空になったからには、覚悟しないといけない
ボンバルディアのプロペラ機だよ(泣)!
・・・事故率の高い飛行機として悪名高いあの飛行機。今のところ私は遭遇していないのでよかったよかった・・・。でも、頼むからもう全日空は普通のジェット機にしておくんなまし・・・



SHV39_3734名古屋から飛行機で1時間、そこから待ち時間も含めて約1時間。やって参りました新潟市
・・・ホントなら、新潟駅まで行ってもよかったんだけど、私が立ち寄りたかったのは、万代シティのバスターミナル
新潟駅前に徐々に役割は移っているものの、新潟市の交通の要所の一つです。今でもここに高速バスとかは停まってるようですし。
写真は、バスターミナルに立っているレインボータワー展望台としての営業は既に終了し、シンボルとしての役割もまもなく終えようとしています。恐らく来年来た時には解体されて無くなってるかもしれませんね。解体は決まっているので・・・。



SHV39_3726でも、私が降りたのは、新潟日報メディアシップのそば。その隣にあるFM PORT(新潟県民エフエム放送)の入居しているコズミックスビル
・・・何でこんなもの撮るんだとお思いでしょう。この放送局は全国でも珍しいのよ。

まず新潟県はAMはBSNラジオ(新潟放送)のみなのにもかからわず、FMはFM-NIIGATA(エフエムラジオ新潟)とFM PORTの2局体制なのです。一方が複数局あるのは、ここと沖縄(AM2・FM1)だけなんですね。
しかも、このFM PORTは日本海側唯一かつ東名阪と札幌・福岡以外の都市で唯一設けられたFM局でもあります。
さらに、FM PORTは独立局という側面もあり、オリジナリティあふれる編成を行っている意欲的な放送局でもあるんですよ。パイの小さい県内で孤軍奮闘していたわけですが、最近はradikoというツールもあるため、県外からも聞くことができるんですよ。
ちなみに、アルビレックス新潟の試合を流すことがあります(ただし、先日の試合はBSNラジオが受け持っていた)



SHV39_3730バスセンターから徒歩数分、万代シティ ビルボードプレイス2の1階にあるのが、新潟市マンガ・アニメ情報館。こちらは新潟県出身の漫画家の紹介やマンガ・アニメの作られ方を紹介するところです。また、企画展もほぼ常時行われており、東名阪で行われる著名な展示会は、たいていここで行われるんじゃなかろうかと。新潟市で行われる同人誌イベント「ガタケット」関係の申し込み用紙もここで買えるようです。

ここを知ったのは、新潟市がCMを流していたため。是非とも行ってみたいと思って最初のコースに組み込んだのでした。
ちなみに、題の「がっとらね!!にいがた!!」は「すごいぞ!!にいがた!!」の意味。CMでも使われているフレーズなんですよ。



SHV39_3732中に入ると、どこから来ましたかボードが置いてあったので、早速貼らせてもらったけど、緑が男でいいんだよね(苦笑)?



SHV39_3731その新潟市マンガ・アニメ情報館の隣にはゲームセンターがあり、こんなものも。世界一デカい画面でプレイできる「パックマン」だって。



SHV39_3733というわけで、次は新潟市マンガの家に行って来ます(ニヤニヤ)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2018年08月20日

セントレアで北海道物産展

現在、中部国際空港(セントレア)で「大雪おみやげ博 in セントレア」が開催中です。この催し、4階のイベントプラザで行われているもので、今年で10回目。開港以来毎年行われているイベントといっても過言ではないでしょう。

特徴として、旭川への航路を持っている(つまり、全日空の力が強い)ことから、北海道の中央部(道央)の商品に注力しているようですが、基本的にはデパートやスーパーでやっている北海道物産展とあまり変わらないのかもしれません


SHV39_3609そんな中で、今回一番行ってみたかったのが、富良野牧場の「ホットドッグ」
手作りソーセージと同じくパンで作った、全てオリジナルの品物です。



ソーセージのパリッとジューシーな食感とパンのサクサクした食感が相まって、素晴らしく美味い。ケチャップとマスタードが、ここまでホットドッグの味を引き立てるのかと思わされるくらい、ケチャップとマスタードはあるといいですね。


SHV39_3610もう一つは、「soraパフェ」10周年を記念して作られた特製のものです。普段なら1,000円払わないといけないのですが、今回名鉄から発売されている「セントレアに行こうきっぷ」で向かったので、その特典で頂けたのです。つまり、実質タダ(笑)。
北海道名物、ソフトクリーム・発酵バタークッキー・壺屋の「どら焼」・いちご・赤肉メロン・ハスカップジャム・ミルクキャラメルソースなどが結構たくさん乗っております。



こちら、食べて満足したというのがまず最初。これで1,000円ならいいかもしれないなぁ。甘味・酸味のバランスが絶妙で、ただ放り込みましたではないんですよね。どれも美味しかったですよ。


SHV39_3613そしてお土産も兼ねて買ってきた壺屋の「ちぎり餅」(上)と「どら焼」(下)「ちぎり餅」はこしあん、「どら焼」はつぶあんです



「ちぎり餅」は、もちが結構コシがあって、あんこと一緒に乗っけようと思っても弾いちゃう(ニヤニヤ)。だから結構食べ応えがあります。対してあんこはあまり甘くなく、餅を何個でもイケそうにさせてくれるんですね。
「どら焼」は、皮の部分は甘めながら、やはりあんこの部分は甘さ控えめ。ただつぶあんなので食べ応えの面では悪くない。しっとり感もあるので、口の中が乾くこともそうない。ドラえもんも満足するだろうね(ニヤニヤ)。


この催しは8/28まで開催中。先述の「セントレアに行こうきっぷ」で行けば、往復運賃+α(この部分は乗る場所によって違うので注意)で様々な特典をもらえるので、ただ往復切符を買うよりかはオトクだと思いますよ。


SHV39_3612おまけ
アクセスプラザにあるプロントで「北海道産とうもろこしとパンチェッタのバター醤油」を頂きました。晩ご飯近かったからね(苦笑)。プロントのどこでも頂けるものですが、セントレアのプロントなら「セントレアに行こうきっぷ」が使えるとのことなので、行きたかったのですよ。
北海道産のとうもろこしとバター醤油の風味を絡めたものになっております。



こちらは、焼とうもろこしを食べているような感覚に陥ってしまいました(笑)。醤油の優しい味わいとバターのコク、何よりたっぷりのとうもろこしが甘みを彩ってくれてまして。粉チーズと水菜がまたいいですね。
いつもならドバドバとタバスコを掛けてしまうのですが、今回は全くそれをしなかったほど、完成度の高い一品でした。美味いです。オススメです。
なお、何でここに立ち寄ったのかというと、特典の一つでクーポン券をもらえるんですけど、それを使うとワンドリンクタダだったんですよ。他の店ならプレゼントや5%オフなどもあるそうなので、期間中何回でも使えることを考えれば、結構オトクになるぞ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)

2015年05月02日

ミュースカイだと思ったらただの急行、ジェット機だと思ったらプロペラ機だったでござる

SHL23_1428これは時間の都合上仕方がない。



SHL23_1430でも、これは泣きたくなる
今のご時世、離島へ行くわけじゃないんだからプロペラ機はないっしょ・・・



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 07:39Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月26日

コスプレサミットにろこどるやって来た

SHL23_0495名古屋の夏の風物詩になったとも言える「世界コスプレサミット」。そのオープニングイベントが中部国際空港(セントレア)4階にあるイベントプラザで行われていました。
今回のイベントは3部構成で、オープニングセレモニーと今回参加している各国のコスプレイヤー紹介、そして今回のメインイベントとも言えるゲストトーク&LIVEとなっています。
このゲストトーク&LIVEというのが、現在TBS・BS-TBS(東海地方ではCBC)などで放送されている「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」に関するイベントで、作中で出演している伊藤美来さんと吉岡麻耶さんが生出演するというもの。



午後2時からの開始ということで、お昼過ぎに行けば大丈夫だろうと思い、最寄りの駅から中部国際空港駅に向かうことに。

しかし、ミュースカイは早い名鉄名古屋駅から奈良30分弱であっという間に着いてしまうのだ。
・・・べ、別にリッチな気分になりたかったんじゃないからね!普通・準急・急行・特急も走ってるけど、一番早いのがニュースカイだったからなんだよ(汗)!
ちなみに、ミュースカイは全席指定指定席にはミューチケット(390円)が必要ですので注意。それでも390円の価値は十分にあります。あとミューチケットは車内でも購入できますが、立っても席料を取られるので、できることならあらかじめ券売機で指定席を購入することをオススメします。


SHL23_0496こちらは第1部にあたるオープニングセレモニーのテープカット珍しく撮影フリーなのよね。
右から、株式会社WCSのCEO(最高経営責任者)で世界コスプレサミット主催者でもある世界コスプレサミット運営事務局長でもある小栗徳丸さん、中部国際空港株式会社社長の川上博さん、大村秀明愛知県知事、河村たかし名古屋市長、「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」宇佐美奈々子役の伊藤未来さん、同じく三ヶ月(みこぜ)ゆい役の吉岡麻耶さん



SHL23_0501こちらは、第3部にあたる「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」のトーク&LIVEイベント終了後に行われた記念撮影。この前に、第3部にあたるイベントのゲストが前に並んだ記念撮影も行われています(プレス向け)。
この写真を借りて、第2部の説明代わりに使用しておこうかなと。
総勢22の国と地域のコスプレイヤーが集合しました(ただし、メキシコ代表は飛行機のトラブルのために遅れてしまったため、不参加)。
この写真はQVGAサイズになっていません、あしからず。



SHL23_0503もう一つ、団結式ということで行われた、エイエイオーの図(笑)。外国にはこういう表現は無いのね。通訳さん少々困ってた(爆)。
ちなみに、英語の通訳さんは、日本語がそれなりに堪能なのにもかかわらず、少々ダメっぷりの目立った通訳(苦笑)と英語がまくし立ててるのにもかかわらず結構上手く聞こえた通訳の2名がおりました。記念撮影に関わった後者の方が日本語は理解できてもしゃべれないようで、インタビューではもっぱら前者の方がまかなっておりました・・・けど、もうちいと(以下略)。
こちらの写真もQVGAサイズになっておりません。あしからず。



第3部にあたる「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」のトーク&LIVEイベントは、先程紹介した2人による作品内容の紹介と、質疑応答(お偉いさんの意向により、1人のみになる(苦笑))、そして曲2曲の生歌(提携しているDAMカラオケを使用)披露という内容でした。
生歌披露のあたりで、特別ゲストである魚心くんが登場。会場が大いに沸きました(笑)。
・・・って、実はこういうイベントでは珍しく、観客のいる前で公開リハーサルやってたんですよね。丁度着いた頃にやってたので、すわイベントが始まったのかとビビったほど(汗)。その時に彼は出ていたんですね。帰る時に背負っていた魚でつっかえたのも相変わらず(ニヤニヤ)。最後は吉岡さんにカーテンを閉めてもらってたよ(苦笑)。
いやぁ、吉岡さんかわいいよ、ええかわいいよ(ニヤニヤ)。


SHL23_0504午後4時過ぎにイベントが終了。ホントはイベント会場で飯を食おうと思っていて何にもできなかったので、そばでやっていた北海道物産展で食い物を買ってきた。どちらも小樽市にある「み義」という店の物


最初は、海鮮おこわ
おこわの中には、ホッキ貝・ホタテ・タコなどが入っております。



おこわなので、米はもち米。もっちもちですな、もち米だけに(ニヤリ)。
・・・いやね、具材も豊富で噛むと味がじわーと出てくるんですよ。ゆえに、米の味わいは薄くても十分に美味しいです。


SHL23_0505もう一つは、海鮮いなり
いくらの乗ったものとウニの乗ったものの2種類版を購入。



ウニの味が少々薄いかなと思ったけれども、いなり(油揚げ)に味を薄くしか付けてないのは正解なのかも。海鮮の風味が引き出されて美味しいですね。


世界コスプレサミットは8/3まで行われています。コスプレイベント以外にも、カラオケ大会やアニソンライブ、さらには毎年恒例のコスプレパレードも行われていますからいろいろ楽しめると思いますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月12日

InterFM NAGOYAの開局イベントに行ってきた

今日(4/12)・明日(4/13)と中部国際空港(セントレア)で今月開局した新しいFM局Inter FM NAGOYAの開局記念イベント「InterFM NAGOYA "Taking Off with centrair"」が行われています。
今日は、EXILEのSHOKICHI・PUFFY・佐藤竹善さんが出演していました。ちなみに、MCは堀内尚子さんという方だそうで。

私自身は、EXILEのSHOKICHI出演の半ばくらいからPUFFY出演くらいまでいました。だいたい客層がどういう人なのかがわかるかなと。


SHL23_0100そのイベントの終了後の一コマ。当然ながらゲスト出演中は撮影厳禁ですよ、念のため。

EXILEということで、人は多いわ女子が多いわで・・・。しかも黄色い声が凄いのなんのって(苦笑)。驚いた。
ちなみに、次だったPUFFYも案外女性率が多かったですね。今回のイベントは女性層を意識した編成なんでしょうか?ただ、一体どこから情報仕入れてんだろう?放送以外で仕入れたとしたら、その人の情報収集力はたまげたものだ。

しかし、スタッフもいたにもかかわらず、配るものが何もなかったのはいかに
カネがかねがねないのは知ってる。ステッカーさえもないなんて話は「The Dave Fromm Show」の中で言ってるからよーく分かった。でもタイムテーブルとかは配ってもよかったんじゃないか?せめてpdfで作られたタイムテーブルをキンコーズ辺りでコピーして配るって手もあったんじゃなかろうかと。
もしかしたら、ビラ配り禁止とかあったのかもしれないけど、それなら名古屋市内のアスナル金山とか久屋大通公園でやったほうがまだ販促になったんじゃないのかねぇ・・・。一応中部国際空港(常滑市)も公式エリア内ですけど。



「続きを読む」部分はおまけです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月28日

紆余曲折の末、家でのんびりできています

まぁ、数時間前(午後7時頃)に何とか家に着きました

セントレア(中部国際空港)に着いてから、軽くご飯食べようかとも思ったんですが、思った以上の散財と飛行機キャンセルの件でクッタクタになっていたので、欲しい物を買ったらすぐに帰ろうと思ったのでした。
普段なら一般席(自由席)のある特急で帰るんですけど、今日だけは全車指定席のミュースカイで帰ることにしましたよ特急(指定席)料金が掛かったんですけど、背に腹は代えられない。


とりあえず、昨日(4/28)・今日(4/29)の事の顛末は、明日以降まとめていこうかと思います。最後の最後で起こった出来事以外は、意外にも平穏だったのになぁ・・・(泣)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:15Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月27日

北の国に高飛びします(笑)

現在、セントレア(中部国際空港)におります


今年からこのセントレアより就航した格安航空会社(LCC)がどんなもんかいなというのと、野球を見に行きたいのと、遠くに行きたい(逃げたいとも言う(笑))ために、札幌に行って来ます
既に搭乗手続きと手荷物検査は済ませたので、後は保安検査(持ち込み手荷物検査)のみ。これが終われば、高飛びですよ(ニヤニヤ)。

ちなみに、今回はジェットスターで参ります格安でも大丈夫なら、今後も利用する予定。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 09:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月12日

超時空展示会に行って来た インタールード セントレアを覗いてみよう

ISW11F_20120602_110827とりあえず、名駅に行く前に、せっかく中部国際空港に来たのだから、色々見ていこうと。
2009年に札幌に行った際にも少々寄ってはいますが、本格的に見て回るのは実は初めてだったりする。

写真は、スカイデッキから見た南ウィング(国際線ゲート)。外国の航空機がたくさん停まっております。



ISW11F_20120602_110848こちらは、中部国際空港のマスコット(ゆるキャラ)である、なぞの旅人フー
彼は、セントレアフレンズの一人です。
今年でセントレアは7周年、そのキャンペーンで中部国際空港内では引っ張りだこです



ISW11F_20120602_111503スカイデッキでは、ほぼ頻繁に国内・国外へ飛ぶ飛行機が拝めます
行ってらっしゃ~い。

なお、天気が良ければ伊勢湾周辺の大パノラマも楽しめます



ISW11F_20120602_111551中部国際空港内では、警備員の足として使われているのがこのセグウェイ。
一時期セグウェイに体験乗車できるツアーなんぞもあったんですが、今は無くなっちゃいましたね・・・(嘆)。
乗りたいけど、勝手にいじっちゃいけません。
ちなみに、セグウェイは公道を走る際にはナンバープレートが必要です。



ISW11F_20120602_111751北ウィング(国内線ゲート)には、鶴丸の日本航空(JAL)が・・・。
非常に貴重なので、撮っておいた(笑)。



と、バカスカ撮っていたのが仇となり、ここでケータイのバッテリー切れ(泣)。
ちくしょう、ちくしょう・・・。


この後、風(ふー)の湯という、日本の空港施設では唯一になる入浴施設に寄って来て、ひと風呂浴びてきました。
この風の湯では、離発着する飛行機を拝めるという特典がありまして。ゆったり漬かりながら見るのもオツであります。
なお、小さいながらもサウナやジャグジー、電気風呂付。ちょっとしたスーパー銭湯レベルくらいあります。

その休み処で、あかもくきしめんを頂いたのだが、やっぱり電池切れで・・・orz


ISW11F_20120602_164657仕方ないので、あかもくを使ったおにぎりを買ってきた。
あかもくを海苔の佃煮風にしたもの。ゆえに、生臭さは感じられずに甘辛の佃煮の風味がご飯に合いましたね。
これは作り方を教えてもらいたい(笑)。



ISW11F_20120602_192622で、あかもくはこういった三杯酢的なドレッシングの付いた酢の物として販売されています
あかもくとは、藻の一種で、東日本では一般的な食材らしい。地域によって呼び名が違い、「ギバサ」(秋田県)や「ギンバソウ」(山形県)、「ナガモ」(新潟県)と呼ばれることも
元々は中部国際空港内の雑草的な扱いで、いくら刈り取っても、生命力の強さからほどなくして生え、この藻が漁船のスクリューや網に絡んで、大きな被害を与えるため、定期的に刈り取らないと大変なことになる害草でもあります。

栄養価では、めかぶ以上と言われ、食物繊維・ミネラル・フコイダン・ポリフェノールがたっぷり美容にいいそうですよ、奥さん(ニヤニヤ)。

味は、生臭いんじゃないかと思ったら、全くそういうものはなく、粘りがあってさっぱり味。付属のドレッシングにもよく合いますし、だし醤油があればそれでもいいんじゃないかと。
そのままでもよし、麺類に入れてもよし、ご飯のお供にもいいですよ。

なお、中部国際空港以外でも、東海3県下のアピタ・ピアゴ、イシハラフーズで購入可能とのこと。3個入りで298円ですからまぁまぁいい価格ではないんじゃないかと。
中部国際空港を堪能した後は、スタンプラリーのために一旦、名鉄名古屋駅からアニメイト名古屋に向かい、その後、もう一つの目的地になった名古屋パルコに向かうことになりました


次回は名古屋パルコの模様をば。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月06日

超時空展示会に行って来た④

今回も6/3まで中部国際空港特設会場で開催されていた「30th ANNIVERSARY マクロス超時空展覧会 ~バルキリーで誘って!~」の模様を紹介していきます。


ISW11F_20120602_101306いよいよ、この先は最後の展示コーナー(実際はもう少し先にも展示があるのだが、大規模な展示は最後)になる歌関連のコーナー
ここにはヒロインの等身大フィギュアも登場しています
まずは「マクロスF」のメインヒロインの一人、ランカ・リー。パステルカラーがよく似合います。
かなりフレア感あふれるスカートになっていますが、ローアングルでの撮影は禁止ですよ(苦笑)。



ISW11F_20120602_101323こちらは、代表曲の一つ♪星間飛行
CDジャケットの写真が使われていますよ。キラッ☆。<きもーい(汗)。



ISW11F_20120602_101347お次は、「超時空要塞マクロス」のヒロイン、リン・ミンメイ。展示のものは劇場版「愛・おぼえていますか」のものと思われ。
世代的には、こちらの方を思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか。



ISW11F_20120602_101334こちらは、代表曲の一つである♪愛・おぼえていますか
マクロスシリーズ屈指の名曲の一つでもあります。
イラストのミンメイが結構若いなぁ(苦笑)。



ISW11F_20120602_101431最後は、「マクロスF」のメインヒロインの一人、シェリル・ノーム
ランカとは逆に大人びた衣装の多い子でもあります。強いて言うなら派手好きな側面もあるんじゃなかろうかと。



ISW11F_20120602_101412こちらは、代表曲の一つである♪射手座☆午後九時 Don't be late
シェリルのアクティブさを体現する曲の一つで、いい曲です。個人的には♪ダイアモンド・クレバスが好きですけど(汗)。



この展示会は、総じて「マクロスF」がメインに据えられていて、他のシリーズ作品はそれなりに・・・というふうですね。過去の作品を詳しく知りたいという人には少々物足りない物を感じるかもしれませんが、元々Fから知った人が多い、最新作を放送(放映)したのがつい最近(2010年)、ということを考えれば、まぁ妥当なんだろうなとも。


ISW11F_20120602_105923その後、向かったのは中部国際空港4階にあるスカイタウン
ここは土産物屋や飲食店スペースが並んでいるだけでなく、飛行機を間近に見られるスペースや浴場もあります

その中にある「クイーン・アリス アクア」という店で、「娘Cafe」というカフェスペースがタイアップとして設けられていました
ここでは、マクロスシリーズの4人、リン・ミンメイ、早乙女アルト、ランカ・リー・シェリル・ノームをイメージしたオリジナルカクテル(ソフトドリンク)が提供されていました。



ISW11F_20120602_110145その中の一つである、ランカ・リーをイメージした「超時空シンデレラ」(左)とシェリル・ノームをイメージした「銀河の妖精」(右)をセレクト

左はいわゆるメロンフロートで、メロンソーダにソフトクリームと抹茶菓子を乗せたものメロンソーダゆえに甘い味で、飲みやすいものになっています。
右は酸味の効いたソーダで、恐らくチェリーソーダかと。白うさぎと黒うさぎをイメージしたチョコクリームクッキー(早い話がオレオ(爆))とソフトクリームが添えてあります。
先述の通り、酸味の効いたソーダで、ソフトクリームを溶かして少々抑えられるかなというふう。かと言って飲みにくいというふうではなく、清涼感はありました。そのため、後味はさっぱりしています



このまま帰ってしまおうかとも思っていたんですけど、家に帰る前に名駅と矢場町に寄らないといけないことがわかり、もう少し動き回ることになるわけですが、せっかく中部国際空港に来たのだから、もう少し堪能していきたい・・・。そう思ってしばらく空港内を散策していきましたよ。


次回はインターバルということで、中部国際空港の施設を軽く紹介。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月04日

超時空展示会に行って来た③

今回も6/3まで中部国際空港特設会場で開催されていた「30th ANNIVERSARY マクロス超時空展覧会 ~バルキリーで誘って!~」の模様を紹介していきます。


ISW11F_20120602_100636先回書いたように、作中のストーリーを紹介するコーナーとシリーズ年表が紹介していたコーナーを抜けたところにあったのが、シリーズの主要メカのプラモ展示。
・・・とはいっても、私自身そこまでメカには詳しくないのだった(爆)。
とりあえず、最初の写真は、マクロスのメイン機体ともいえるVFシリーズの3形態。左から、ファイター・バトロイド・ガウォーク
ここでの展示ではないのですが、河森さんはメカの変化を確認するために、レゴブロックを使って違和感がないかとかおかしくないかとかをチェックしていたようです。



ISW11F_20120602_100649こちらは、VF-1Jのファイターとバトロイド形態
これは初代マクロス(超時空要塞マクロス)で登場したメイン機体でもあります。



ISW11F_20120602_100715こちらは、マクロス7の機体右がガムリン機で左はバサラ機。
サウンドブースターを積んでいない初期仕様のものと思われ。



ISW11F_20120602_100741こちらは、マクロスプラスのメイン機体
右はイサム・ダイソンの乗るVF-19、左はガルド・ゴア・ボーマンの乗るYF-21。作中でもわかるように、熾烈な開発競争に巻き込まれた2人の男の物語でもあります(もちろん三角関係もある)
この熾烈な開発競争によって、この2機種の進化は大きく進み、後の時代になるマクロス7では共に主要機として宇宙を駆けるのでした。



ISW11F_20120602_101038そして、その先に待ち受けていたのが、等身大バルキリーであるVF-25F早乙女アルトのメイン機体でもあります。
この名古屋会場では、東京会場と同じく、天井の高さの都合で立ちあがることができず、かつ半身のみの公開となりました。アルトの苦し紛れのセリフ(「整備の関係上ここまで」)に思わず苦笑。

しかしながら、この存在感。圧倒されますわな。
ちなみに、手の上に乗れるということで、大勢の人達が並んでおりました



ISW11F_20120602_101056正面から見たVF-25F。
正面からでも圧倒されるわ・・・。



この後は、マクロス最後の核になる歌の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月03日

超時空展示会に行って来た②

今回も6/3まで中部国際空港特設会場で開催されていた「30th ANNIVERSARY マクロス超時空展覧会 ~バルキリーで誘って!~」の模様を紹介していきます。


ISW11F_20120602_094345入口(美星学園校門)入って壁寄りにあったのが、各作品の人物相関図
見てもらうとわかるのですが、かなりコメディあふれるものになっていて(笑)。中には「これはひどい」と思われる形容をされているものもありますが(ニヤニヤ)。個人的に、この相関図は設定資料集とか何かで再収録してくれんものかしら



ISW11F_20120602_095106続いて「マクロス大明神」に祭られているコイツ(笑)。
頭の部分は金色に輝くダルマ(爆)。トランスフォームした強攻型マクロスと何も違和感がない(ギャハ)。



ISW11F_20120602_095141それもそのはず、ここでの舞台設定は学園祭のようで。
中にはライブ告知もされていましたよ。ボエー。



ISW11F_20120602_095532ここから先は、「マクロスF」で登場したキーアイテムの数々を紹介
どうしてこういうアイテムがあるのかというと、恐らくアニメのキャラがどう使うのかというのを体感するために、小道具を制作し、いじくりながら絵コンテに生かすというふうではないかと。

最初はシェリル・ノームの小道具から、イヤリング(右)とケー鯛(左)
右は作中の重要アイテムの一つで、早乙女アルトのところでも再度登場します
左はたい焼きの形をしたケータイ。目の部分が着発信した際に光るライトのようなものになっているようで。ちなみに口から飛び出すあんこがシャッター機能、裏面にモニターが仕込まれています



ISW11F_20120602_095601続いてはランカ・リーの小道具から、オオサンショウウオさん(左)とシェリルのライブチケット(右)
左は実はケータイで、ギュッと握ると様々な機能が・・・。
右のライブチケットは、シェリル・ノームのギャラクシーツアーのもので、早乙女アルトからのプレゼント



ISW11F_20120602_095656お次は早乙女アルトの小道具、シェリル編で、お守り(上)とイヤリング(下)
上はシェリルとアルトがデートした際に、シェリルが『強奪』したもの。元々はアルトがシャツの下から下げていたもの。
下は実はシェリルが持っていたアイテムで、左耳に付けていたもの。フォールド・クォーツの機能を持っていたのではないかと言われているもの。




ISW11F_20120602_095708そして早乙女アルトの小道具、ランカ編で、紙飛行機(上)と髪飾り(下)
上は作中頻繁に登場するキーアイテム中のキーアイテムアルト自身が(境のない)空を飛びたいことへのあこがれを消化するためのアイテムではないかと考えております。
下はアルトが歌舞伎をしていた頃からしていたもの。



この先を通り過ぎると、いよいよメイン展示のあるメカ編に。そのそばには作中のストーリーを紹介するコーナーとシリーズ年表が紹介されていました。


次回は作中に登場するメカの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月02日

超時空展示会に行って来た①

ISW11F_20120602_061451昨日(6/1)から明日(6/3)まで、中部国際空港内にある特設会場(恐らくセントレアホール)で「30th ANNIVERSARY マクロス超時空展覧会 ~バルキリーで誘って!~」が行われています。
写真は、その会場前にある大型POP。



大型連休中、東京で行われていたのですが、そのチケット販売がイープラスを通じて入って来たため、今回の情報も仕入れられたといういきさつ。
等身大バルキリー(実際の展示は一部分)やヒロインの等身大フィギュアが見られるんだし、様々な資料が見られるのもオイシイよな・・・というわけで、前売り券を先日買ってきて行くことに。
ただ、以前の「魔法少女まどか☆マギカ」のような事態になるんじゃないかと思って、今回も早めに行くことにしましたよ。始発で(爆)。


ISW11F_20120602_061851今回の会場は名古屋市内ではなく、愛知県常滑市にある中部国際空港。そこにある特設会場で行われるとのこと。
写真がその特設会場。駅からかなり遠いばかりでなく、案内図を見ても少々ややこしいところにあるので数十分さまよったのは言うまでもない(泣)。
具体的に言うと、中部国際空港駅の場合、すぐそばにある下り坂を下り、国内線・国際線到着ロビーのあるアクセスプラザに向かい、エスカレーターないしはエレベーターで1階に(階段もあるが、何回もぐるぐる回って降りることになる(笑))。
1階に着いたら、ローソン・郵便局のATMのあるところまで歩いていき、そのそばからある出入口を出て、さらに道路沿いを歩いていった先にある大きな建物がそれ。
会場近辺は路線バス・高速バスの下車所になっているので、意外にも路線バス・高速バスで来る方がわかりやすいかも。浜松方面の方、下車場所すぐですよ(爆)。



中部国際空港そのものアクセスは名鉄名古屋駅から30分ほど(最速はミュースカイで約28分)。行く場所にもよりますが、思った以上に早いです。そしてこれも乗る電車によりけりですが、新型列車に乗れるとかなり快適です。でも、旧式電車の場合でも、速度計が車内に設置されていることもあるので、スピードを体感しながら乗ることができます

いずれにしても、思った以上に早く着き、10時の開場まで4時間ほど待たされる事態に陥り、苦悩する・・・かと思いきや、コンビニも若干遠いながらもあるし、トイレは近くにあるし、何より曇ってはいたものの、熱くもなく寒くもなくな快適な気候も相まって、あっという間でしたよ(ニヤニヤ)。それに、予定時間よりも早く開場してくれたというのもあったし。


ISW11F_20120602_093918
てなわけで、9時半頃には開場・入場となりました。
写真は入口から少し進んだところにある各キャラ等身比較図。
他にも色々あるんですけど、スポットライトが効きすぎて逆光になってしまってるんですよ(泣)。気を利かせてくれているのはわかるんですが、もう少し中の明るさ何とかしてくれ


ISW11F_20120602_094008最初が最新作になる「マクロスF」となっており、各登場人物の紹介がされていました。
その先にあるのが、私立美星学園の校門マクロスワールドの入口にもなるわけですよ。



次回からは恋の三角関係・歌・メカに彩られたマクロスの世界観の紹介を行っていきます


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)