2019年07月28日

FC岐阜観戦記2019 アウェイ編 その11 西京極ラストマッチ

SHV39_5388FC岐阜、昨日は京都府京都市右京区にある京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(以下西京極)で京都サンガF.C.との一戦でした。
この西京極で試合を行うのも今年で最後来年からは京都府亀山市にあるサンガスタジアム by Kyocera(京都スタジアム)に移転予定なので、このスタジアムに行くとしたら、陸上の大会だけになるのかねぇ・・・。
そのせいか、芝が結構酷かった。ヤンマースタジアム並とまでは言わんけど、ところどころに芝が剥げているのは、いただけない
ちなみに、この西京極も8/1よりたけびしスタジアム京都と名前を変えるそうです。西京極の名で行われる試合もこの日が最後となりました。



SHV39_5389西京極は、たけびしという会社がネーミングライツを買収したそうです。この会社は三菱電機の電気機器を取り扱う商社で、京都に本社があるそうな。



SHV39_5383西京極の隣にあるわかさスタジアム京都では、高校野球の真っ最中。残念ながらこの日は雨で中止となりましたけど、京都でも熱戦が繰り広げられたことでしょう。
そんな中、高校野球の中継や取材を行っていたのが、なぜか岡山放送岡山・香川の放送局が何ゆえに・・・と思って観ていたのですけど、恐らく京都にある放送局のKBS京都(京都放送)の技術応援なのかな。



SHV39_5385さて、今回はMATSURIというコラボマッチだったので、ひだコロッケ本舗など長良川競技場でお馴染みのスタメシも登場していたのですが京都と言えば肉ですよ(ニヤニヤ)。
その中で、MOTHERというお店がすごかったいきなり大きな肉の塊を捌いてジュージュー焼いてるじゃないか。ここは亀岡牛という地元の牛を丸焼きで振る舞ったということも行ったとか。



SHV39_5387さぞかしすごいものが・・・と思ったら、実際盛られるとこんなにちんまりハーフポンド(225g)だというのに何でやねん・・・とお怒りにはなったものの、食べてみなければわからない。過去そんなこといくらでもあったのだから。



うん、舐めてたハーフポンドの肉に見えなかったのではなく、細かく切ったことでハーフポンドだとわからないようにしてしまっただけなのだ。1枚肉で食べた方が美味いに決まってる。でも、今回のように細かくなっても、食べ応えは落ちなかった。硬すぎず柔らかすぎない。それでいて見事なミディアムレア。さっぱりとしたおろしポン酢がさらに美味さを引き立ててます。ああ、来年も食いたい(笑)。


SHV39_5390その隣にある唐揚げ専門店で唐揚げを買ってきた。
写真は一応ピリ辛味



一応と書いたのは、確かに辛いけど、そこまで辛いのかというと、さにあらず。チリパウダーじゃないかと思ったほどそんなに辛くない。やっぱりホントに唐辛子を粉にしたものじゃないと辛くならんわいとか思っている私は、いずれ辛さにやられてしまうことでしょう(ニヤニヤ)。


SHV39_5393およそ2週間ぶりの試合になった岐阜。はてさてどうなったのかというと・・・。


結論から言えば、終始京都は強い攻守にわたって統制が利いていて隙がほとんどない。岐阜も守備で粘りを見せるものの、残念ながら先制を献上。普通ならここでズルズル・・・となるところを、再び守備で立て直し、隙を窺っていました。
そうしたら前半37分、新戦力の一人で、松本山雅FCから期限付き移籍した塚川孝輝選手が強引に奪ったボールをキープし、そのまま力走ペナルティエリア前でライアン・デ・フリース選手にパスを回し、ペナルティエリアに潜り込んだところでシュート。その際、京都のディフェンダーの石櫃洋祐選手に当たるものの、跳ね返せず、そのままゴールマウスの中に吸い込まれました。本当に一瞬の隙を突いて同点にまで追い付いたのです。

このまま少なくとも同点で逃げ切れれば・・・と思ったものの、対岐阜戦ホーム負け無しの京都、12,000人の観客動員を果たした中でおめおめと負けるわけにはいかない後半20(65)分に同点アシストを行った塚川選手のペナルティエリア内でのファウルでPKを与えてしまいます。キッカーは2017年に岐阜で活躍した庄司悦大(よしひろ)選手。PK上手いんだよね・・・と思ってたら、見事に逆転され、そのまま京都が気迫で守って終了。
首位の京都が勝って首位をがっちりキープ。岐阜は残念ながら再び同点に追い付くことはできませんでした




それでも悲観的になることは無かったかなと。確かに負けは負け。でも、新戦力が躍動しそうな予感はありました
この試合、スタメンで塚川選手、後半からライアン選手に代わって先日加入したばかりの馬場賢治選手が登場しました。フォワードとしての活躍は無かったものの、攻撃の起点となる活躍はできたかなと思いましたね。塚川選手も宮本航汰選手と共に守備の要になると思います。宮本選手が今年ケガで休んでいた時期もあり、万一何かあった時、その代わりとしても十分に活躍してほしいとも思います。

ただ気掛かりな点も。今回阿部正紀選手がイエローカード4枚になりました。過去に累積4枚で出場停止になっているので、今回累積8枚になり、2試合出場停止になります。ということは、大宮アルディージャ戦とV。ファーレン長崎戦に出場できなくなります。痛い。痛すぎる。守備陣がケガで相次いで離脱する中、この出場停止による離脱は痛い。罰として大宮戦ではサイン会で『おつとめ』するように(爆)。
それでも柳澤亘選手が復帰してきたので、阿部選手の代わりに何とかしてくれるだろうと思いたい。攻撃的なチームなので防ぐのは並大抵じゃないだろうけど、ケガした分を思いっきり取り返してほしいです。


次回は7/31に行われ、長崎戦は8/4と連戦になります。鹿児島ユナイテッドFCの中止による連戦もあるので、結構苦しい日程にはなりますが、逆を言えば、ブラッシュアップされた中で連戦を迎えられれば、勝ち点を大きく拾えるチャンスになるかもしれません。
今日の試合を見る限り、まだあきらめてはいけない。まだ降格圏から脱出できるチャンスは十分ある。相手のチームが敵失を犯しているうちにならまだ間に合う。だから踏ん張れ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:21Comments(0)

2019年07月27日

今度こそ大丈夫なんだろうなぁ・・・

何が悲しゅうて台風突っ切らなアカンねん(泣)!?


今日は、京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場に向かうため、京都に行くわけですけど、折からの台風6号が三重県南部に上陸しやがりまして、どうも東海3県を突っ切らんとしておりまして・・・。幸い、船舶と特急だけ影響が出ているだけで済んでいるので、在来線や新幹線とかに波及することは無さそうです、いやあったら困るわ!
それでも何かあったらと思い、岐阜の昼の試合の時くらいの時間に家を出て、京都に向かうことにしたわけですよ。
ちなみに今日の試合はナイトマッチ午後9時半より前に京都駅に着かないと新幹線利用決定なので、早う帰ろう。


そして、京都に向かうということは、同時に例のところへも足を運ばなアカンやろうなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 10:34Comments(0)

2017年05月27日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その8 おまけ 京滋肉まみれ

先日行われた京都サンガFC×FC岐阜の試合、会場では様々なスタジアムグルメが並んでいるのですけど、京都に関しては、肉・肉・肉の肉尽くしになっていた感があります。確かに、京都は肉料理の美味い店が多いんですよね。長い伝統があるからゆえの精進料理や和食、和菓子が有名なんですけど、西洋料理の有名店も多く、パン屋も多いんですよね。イノダコーヒをはじめとしたコーヒーの店も有名ですし。肉が美味いのも何となくわかる。


そんな肉まみれのスタメシと帰りに頂いた弁当の紹介をば。なお、スタメシの店の名前は不明です(ギャハ)。


SHV32_0922最初は、「すじ煮込み」と「すじこん焼そば」を販売している屋台から。
まずは、「すじ煮込み」。ねぎたっぷりの中に、すじがこれでもかと入っております。



こちらは甘めでコクある味わい全てすじの部分から出ているものだと思われ。脂分が多いけれども、そこまで脂っこいとは思えなかったです。うまーい(笑)。


SHV32_0923そのすじ煮込みを焼きそばに絡めたのが、「すじこん焼そば」



こちらは、すじの旨味は残っているものの、甘みはあまりない。でもソースの甘辛さでそれをフォローしている感じどちらもコク深いので、関西圏なのに濃い味(苦笑)。
私、焼きそばはあまり濃くないのがいいんですけどね。「ペヤング」にハマって以来ですかねぇ、そう思うようになったのは(汗)。


SHV32_09263番目は、「牛スジホルモン」丼もあったんですけど、容器不足とご飯まで食えんというふうに思ったので、今回は単品で。



うわー、辛味のある味わいなんだけど、ホルモンの旨味たっぷりー(ニヤニヤ)。ご飯無いのはアカンかったわー(泣)。次来る機会があれば、ご飯付きで頼みます、本当にごめんなさい。


SHV32_0928京都編最後は、「焼肉牛ホルモン照焼」
ホルモンを串で刺し、タレ付けした肉を1個オマケでくれた一品です。この店は京野菜入りのカレーライスや牛丼もありました。



肉は硬いけど、そこから出てくる旨味は最高。これは歳を取ったら食えない代物だわ(苦笑)。何よりタレの味がいいですね。甘みメインでコクもあり、肉の旨味を引き立ててくれる。最高じゃありませんか。


正直京都ってあまり好きな街じゃないんですけど、肉の上手い街なのを再認識下手したら、神戸より肉は美味いかもしれない。ブランド牛があるわけじゃないけど。


SHV32_0932そして、最後は滋賀県にある甲南サービスエリアから。ここで売られていた「忍者弁当」(「近江牛弁当」とも)が半額で買えるということなので、釣られて買ってきた(笑)。
大ぶりの牛バラ肉が隙間なく敷き詰められています。



これも脂の部分が美味い。そしてタレがいいシャープな味わいなのに、脂と絡んでもしつこくない。半額で買えてよかった(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その8 二人の田中~マルクスとパウロ~

SHV32_0921FC岐阜、今日は京都・西京極スタジアムで京都サンガFCと戦いました
今回京都は電車ではなく、高速バスで向かったのですが、途中の高速で渋滞に巻き込まれ、京都市内に入ったらおびただしい車の量で渋滞に巻き込まれ・・・というふうで、予定到着時刻より30分も遅れる有様西京極スタジアムに向かうバスもバスで、渋滞で20分で行けるところが25分。この京都の壊滅的な交通事情、長い伝統が仇になって、クルマ社会に適応できない道路事情は何とかならんのかねぇ・・・。



SHV32_0920こちらは、スタジアムのピッチ。
西京極スタジアム、正式名称は京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で、京都府内の陸上競技の聖地でもあります。このあたりは、森脇健児さんあたりなら泣いて説明しそうな予感(笑)。私から申し上げるとすれば、年末年始に行われる駅伝(12月の高校駅伝と1月の都道府県対抗女子駅伝)ですね。NHKで中継されるので、ご存じの方も多いことでしょう。
あとは、スポンサー豪華やね。マッチデーになった京セラ、オムロン、au(KDDI)、そして任天堂。他にも京都で生まれた世界に有名な企業が目白押しだよ。何でこのチームJ2なんだよ!
なお、京都自身は、近いうちに新スタジアムへの移転を考えているそうです。建設も何とか動き始めるようで。確かに屋根が無かったり、トイレが少ないとかは致命傷になりかねないわね。



SHV32_0916こちら、京都のサポーター(ホーム席)が入場するauゲート
すげーよなー、auがスポンサーだもんなー。いつも使っているのになー(棒読み)。



SHV32_0918待っている間、サブグラウンドでは、女子サッカーが行われていました
その試合は、チャレンジリーグのバニーズ京都SC×JFAアカデミー福島女子サッカーの3部、Jリーグで言えばJ3にあたるチームです。

ちなみに、JFA福島は東西で分けられるチャレンジリーグでは東側に属しているはずだったのですが、東日本大震災でホームの楢葉町(日本サッカーの合宿および強化施設である「Jヴィレッジ」がある)が東京電力福島第一原発事故の影響で対策拠点として利用されたため、静岡県御殿場市に避難する形になりました。そのため、現在は西側の扱いになっているのです。

で、もう一方の京都SCは、今岐阜の監督として着任している大木武さんが、スーパーバイザーとなって運営に携わってきた経緯があります。京都SCは経営面でかなり苦しい思いをしている(スポンサーの撤退だけでなく、本拠地の移転も経験している)ので、大木さんも苦労したんじゃないですかねぇ・・・。だから、試合後京都SCの仲間達に挨拶してましたものね(京都のサポーターにも挨拶していましたよ)


試合は、後半に京都SCが追加点を挙げて2-1で勝利しています。



SHV32_0930今日の試合は、京セラのマッチデーということもあり、元京セラ社員で元プロレスラーの小橋建太さんが来場されていました。
いやぁ、満面の笑みでファンサービスするもんですから驚きましたよ。すごくファンに近い感じでした。
なお、京都サポーターへのあいさつは滑った模様(笑)。



SHV32_0931今日の試合は、色々な見どころがありました。


まずは元京都監督でもあった大木さんの凱旋試合当時を知る選手もまだ何人かいるので、警戒しているのは当然至極。これを打ち破れるかがポイントになっていました。
もう一つは、京都所属選手だった田森大己選手にとっても特別な試合であった点。契約上出られなかった永島悠史・岩瀬剛両選手の代わりに存分に暴れてほしいというふうに見ておりました。何せ先日のV・ファーレン長崎戦のオーバーヘッドキックが強烈に残っていますからね。チャントができたくらいだもの(笑)。
ちなみに、この日の試合でJ2通算200試合出場でした。おめでとうございます。

そして、タイトルにもした2人の田中が相まみえます京都からは田中マルクス闘莉王選手、岐阜からは田中パウロ淳一選手です。共に本職ではないポジションで活躍し、チーム上昇の原動力になっていました。しかし、今日の試合は共に(仲良く?)ベンチスタートとなりました。
ちなみに、田中パウロ淳一選手の『パウロ』は田中マルクス闘莉王選手の父親の名前から来ています。高校時代、体験入部した日の前日に田中マルクス闘莉王選手の父親が偶然出ていたため、それを見ていた先輩達が田中パウロ淳一選手の風貌・プレースタイルが外国人っぽいことから、このミドルネームになったとか。


そんな複雑な事情が絡んだ試合は、京都が若干有利な中で、一進一退を繰り返す形になり、お互い我慢のサッカーで前半を終えました

試合が動いたのは後半になってから。後半17(62)分、左からのクロスを取ろうとしたキーパーがボールをこぼしたのを大本祐槻選手が見逃さず、近くにいた小野悠斗選手に回し、シュート。ガラ空きのゴールにボールは吸い込まれました。これが岐阜にとって先制点になったばかりか、チームとして通算400得点、かつ小野選手自身J初ゴールとなりました。今まで交代で出ることが多く、先発出場は稀な選手。シュートなんてほとんど見たことない。いわゆる伏兵・調整役の選手が決めてくれました。岐阜に来て2年目。これからも必要な時に活躍してくれる、いぶし銀な選手になってほしいものです。

その後も岐阜はゴールチャンスがあったものの、決まらないこの決定力の無さと攻守の切り替えが上手く行かなかったことが、岐阜にとっては厳しい結末を迎えることになります。
後半30(75)分に途中交代の選手に決められ、追い付かれてしまいます。

この後、京都は確実に勝利を手繰り寄せたいために、田中マルクス闘莉王選手を投入。対して岐阜も攻撃にアクセントを加えたいがために、田中パウロ淳一選手を投入します。いよいよ直接対決実現です!相まみえることは少なかったものの、かわして切り込んでいる点では、パウロ頑張ったねと褒めてあげたいです。


双方攻撃的になったものの、決め手に欠け、1-1の引き分けになりました。



岐阜はよくやっています。でも今日の試合は勝ちたかった。勝てたはず。
切り替えのスイッチが早く入らないといかんわね。あとは精度。何度も言われているでしょうけど、シュートが決まらなければ、逃げ切れる試合も追い付かれてしまう。今後、試合が少なくなってきた時に、この流れが命取りにならなければいいのですけど・・・。
そして、生命線のパス回しが今回もミス連発。というより、京都に読まれている部分もありましたね。さすがに大木監督の教え子がいるチームだから簡単には勝たせてくれないとは思いましたけど、ちょっとそれにしてはミスが多すぎる。疲れているのはわかります。だからこそ、きちんと相手に繋がるパス回しという基本を認識してプレーしてほしいものです。


これで5月は1勝2敗3分。少なくとも2つは勝てたはず。1つは負けなくてよかったというふうでしょうか。とりあえず、この苦しい日程は8月までないので、6・7月でしっかり調整してほしいです。


ところで、この5月は、メンバーを色々入れ替えたりすることが多かったように思います。恐らくですが、天皇杯を意識したものになっているのではないかと推測しています。6/21の本番に向けて、ふるいに掛けているのではないかと思うのです。詳細を書ければいいのですけど、まぁいずれ。

次のモンテディオ山形戦は、この先を苦しまずに過ごすための大事な試合になりました。風間兄弟の対決という見どころもありますけど、ここは勝つことに集中していきましょう。


で、今度おまけを書いていきます(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)