2015年10月20日

伊集院光のてれび

伊集院光さんが企画・構成・演出・主演・編集・ロケハン全てを手掛けて製作しているバラエティ番組が3年ぶりの復活を果たしました。その番組名は「伊集院光のてれび」
内容は、これまで放送された「伊集院光のばんぐみ」・「伊集院光のしんばんぐみ」(以上BS11(日本BS放送))・「伊集院光のばらえてぃーばんぐみ」(以上東名阪ネット6)と全く同じラジオでは非常にお馴染みの伊集院光さんのブラックな側面を垣間見せる薄汚いものになっています(笑)。

現在放送されているのは、その人間心理を巧みに突いた「真剣じゃんけん」という企画。
8人いるメンバーのうち、1回だけ行うじゃんけんで勝ち残ったメンバーだけが今回の番組のレギュラーになれるというもの(全員があいこの場合は全員がレギュラーになれる)ですが、2時間の間に各々が話し合いのうえでどうするか決めていく・・・と単純に終わらせないのが伊集院光(爆)。制限時間の途中で密談室というのを設けたと8人に宣告し、使いたい場合は伊集院さんに使う旨を挙手して伝えなければならないというものを追加してきます。ちなみに、密談室を使えるのは1人1回で最大3回(4回の場合もある)で、連れていける人数は最大本人を含め3人までになっています。

毎度見ていて、この各人のキャラの濃さもさることながら、腹黒さや天然っぷりも垣間見え、人間というのはかくも目的のためなら恐ろしいものになってしまうのかと見ていてうすら寒くなってきます


現在女性だけでレギュラーを決めるというふうになっていますけれども、今後レギュラーになった彼女達がどうなるのか気掛かりですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


伊集院光のばんぐみのでぃーぶいでぃー vol.1 [DVD]
伊集院光のばんぐみのでぃーぶいでぃー vol.1
今回紹介した「真剣じゃんけん」(この企画の場合は、若手芸人が出場停止1ヶ月にならないために行ったもの)以外にも、3つの企画が入っております。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月17日

燃やしちゃった(ギャハ)

何かしらの理由で、乗りたかった便に乗れずに、仕方なく自腹を切って券を買い、それに乗る・・・ということがあります。新幹線程度なら、乗車券があれば自由席には乗れるので何とかなりますが、これが飛行機となるとさにあらず指定制度になっているので、どんなことをしてでも券を取らないといけないわけですよ。たとえ高くても。


そんな行為を「燃やした」と表現したのが、タレントの伊集院光さん
先日の自身のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」の中で、カナダのイエローナイフ国立公園にオーロラを見に行った際の話の中で、「燃やした」件が出てきました

いわく、日本からどうにかこうにか(注:その際にも、1人3万円程度のチケットを買っており、何とか1日で)イエローナイフに着き、オーロラも(不満タラタラな状況下に陥っても)見えた。さあ、明日は「Qさま(「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」)」の収録があるから日本に帰ろうと思ってた矢先、ボストンで昨今話題になったボーイング787の機体トラブル(注:伊集院さんがその件を知ったのは日本に帰ってから)に巻き込まれ、このままだと成田空港に帰れない(注:成田空港は24時間開港しているわけではなく、住民との合意の関係で深夜早朝の一定時間着陸できない)。というわけで、伊集院さんは別の便で日本に帰れないか当たったそうです。
すると、ファーストクラスがあったそうですが、それが78万円。これは無理だと思っていたものの、帰らないとまずいというジレンマを抱えた中で熟考していると、今度はビジネスクラスが空いたとのことで急いで飛び付き日本に帰ったそうだ。しかし、その値段も38万円
翌日の収録には間に合い、それとなくしれっとした顔で収録には望んでいたものの、「38万燃やしてる顔をしてると思って見ると5倍面白い」というオチを付けておりましたとさ(笑)。この収録は2月の特番として放送予定だそうな。


さて、78万を危うく燃やしかけて38万で上手いこと逃げ切れて人もいれば、80万燃やしちゃった人もいたわけです。それが何と公務員ランナー川内優輝選手
エジプトで行われるマラソン大会参加のために、空港に向かったものの、何とパスポートを忘れるという自分のポカミスでタダで乗れたはずの飛行機に乗り損ね、搭乗に間に合わない・・・ということで抑えたカタールの飛行機の航空運賃が80万だったとのこと。やっぱプロのランナーは違うね(ギャハ)。しかもお母さんがパスポートを持って追い掛けたにも関わらず、電車のトラブルで間に合わなかったというオマケ付。ここまで踏んだり蹴ったりだと成績に絶対に響くだろうなぁ・・・。


前者の場合、レジャーだったとはいえ、飛行機のトラブルなので、かわいそうだねとか配慮してあげなよとか思ってしまうのですけど、後者の場合は明らかなポカミスだもんなぁ・・・。冷たいですけど、同情の余地はねぇ・・・。


みんなも乗りなれない飛行機には気を付けようね(ニヤニヤ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月20日

ばらえてぃーばんぐみ、始まる

東名阪ネット6より、7月から始まっている「伊集院光のばらえてぃーばんぐみ」。
この番組は、伊集院光さんが以前BS11で放送していた「伊集院光のばんぐみ」・「伊集院光のしんばんぐみ」の続き・・・と考えてもらってもいいわけです。これら番組が予算の都合で終わり、DVDもシリーズ展開が終了して途方に暮れていたところに、「DVDまたやってみない?」とポニーキャニオンとホリプロが振ってくれたため、オリジナルDVD「伊集院光のばらえてぃー」がシリーズ展開されることになりました。
その後、そのシリーズも終了し、また途方に暮れていたところ、「伊集院光のばらえてぃー」のプロモーション代わりに東名阪ネット6で流していた「伊集院光のばんぐみ」(事実上の再放送)が好評だったため、今回この番組が製作されるに至ったわけです。


その記念すべき1話目は、「おぼえて、おぼえて、60分」と題して、記憶力の限界に挑むというもので、本当に下らないことまで隅々と覚える(中には自分のプロモーション中にも出演していない作品が仕込まれているというなかなか嫌らしい仕込みも)という企画。もちろん、覚えていないと痛い罰ゲームが待っているというものなので、出演の若手芸人の方々は戦々恐々としながら挑むわけです。もちろん視聴者の我々はそこまですることはなく、ただ単純にこの番組に出演するメンバーの顔と名前を一致させるだけで結構ですよというものになっています。まぁ、マッチョマンの人が強烈すぎたわけですが(爆)。


まぁ、このシリーズの特徴は、伊集院さんの若手芸人への辛辣とも言える対応、そしてゴールデンでは絶対に見せない伊集院さんの『黒い部分』がそこはかとなくにじみ出ているということでしょうか。この辛辣な対応と『黒い部分』というのは、この番組のキモでもあるので、この面白みがわかってくると、ばんぐみがまたさらに楽しく見られると思います。
ちなみに、この番組は「伊集院光 深夜の馬鹿力」や過去にやっていた「GAME WAVE」を面白いと思える人にはオススメと言えます。絶対ゴールデンで見せてくれない放送コードギリギリとも言えるブラック伊集院を堪能できるかと。やられた方はたまったもんじゃないですけど(爆)。


放送局の詳細は「続きを読む」にて。


伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻 [DVD]伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻 [DVD]
※「みんなでドミノをやろう(酩酊ドミノ)」がさらにパワーアップ。
ぶっちゃあさん大暴れで終わった前回、今回はきちんとドミノを完成させられるのか!?



伊集院光のばらえてぃー 裸・裸・裸フィッシングの巻 [DVD]伊集院光のばらえてぃー 裸・裸・裸フィッシングの巻 [DVD]
※あまりの過激さに放送禁止!?大問題企画「裸・フィッシング」がさらにブラッシュアップして登場。
船上(戦場)で身ぐるみ剥がされるのは一体誰だ!?



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月09日

地上波放送は無理と言われた、あの「ばんぐみ」が・・・

やるんですか、いややったんですか(苦笑)。


2007年12月、つまりBS11(日本BS放送)開局と同時に開始され、2008年10月まで放送された「伊集院光のばんぐみ」。伊集院光さんが本格的にテレビで持った看板番組ということもあり、すごく直球すぎ、ともすれば地上波での放送はムリな部分もあるんじゃないかとさえ言われていました。
そんな「伊集院光のばんぐみ」が終わってはや4年。その後「伊集院光のしんばんぐみ」という番組を挟めど、そこから新番組は形成されなかったのですが、最近になってOV(オリジナルビデオ)的な作品である「伊集院光のばらえてぃー」が発売されました(現在シリーズ2巻まで発売中。全6巻予定)

それに合わせてか、なんと初期の作品である「伊集院光のばんぐみ」が再放送されているのです。というか地上波での放送は初めてなので、ある意味本放送でもあるのだが。
今回ネットしているのは、東名阪ネット6という関東・東海・関西にある独立局6局で構成されているネットワークで、かつて放送していたBS11とも関係の深いネットワークでもあります。


今回放送されていたのは、通称『酩酊ドミノ』(正式なタイトルは、『みんなでドミノをやろう!』)というもので、表向きは親睦を深めあうという意味合いで飲み会を進めていくのですが、その実はベロベロの状態になりながらも、番組のタイトルのドミノを立てていくというもの。もしそれが達成できたら、俺達はブレイクするんじゃないかという変な希望を抱いているというこれまたおかしなことになっています(苦笑)。

この結果がどうなったのかは、次回の放送で明らかになっていくのですが、もう番組の終盤で波乱であることを露呈してしまっているわけです。
本来酒を飲ませてはいけない人(女子)に飲ませてしまったため、主旨そっちのけで大暴れ。伊集院さんが必死になって立ててるドミノを「かんけーないじゃーん」と言ってぶっ倒し、伊集院さんでさえ、「女の子にこういう言葉は言いたくないが、てめぇぶっ殺してやりたい!」とまぁ大荒れ(笑)。そこから若手芸人やふっちゃあさんが、自己アピールしているかのように暴れるものですから、いい意味でも悪い意味でもドミノが一向に完成しません(爆)。

再放送なのに、今見ても十分に面白いのだから、何でDVD買わなかったんだろうと悔やまれます


恐らく、今後シリーズ展開されていく「伊集院光のばらえてぃー」への布石(今回の『酩酊ドミノ』も『酩酊ドミノハイバー』として発売されている)なんだろうなと思うんですけど、この再放送を見るだけでも十分欲しくなる人は欲しくなるかもしれないし、今まで伊集院さんが、ただの物知りで温厚そうなキャラと思っていた人にとっては、必ず面食らうと思います。あまりに黒過ぎるもの。策士という言葉があまりに軽すぎるくらいに。


放送局・放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


伊集院光のでぃーぶいでぃー~みんなでチカラをあわせていろいろつくってみようの巻 [DVD]伊集院光のでぃーぶいでぃー ~みんなでチカラをあわせていろいろつくってみようの巻
※今回の『酩酊ドミノ』の他、『ばんぐみテーマソングを作ろう!』・『紙芝居を作ろう!』の計3本を収録。



伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻 [DVD]伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻
※『酩酊ドミノ』のルールをかなりブラッシュアップして作られた新企画。かなりヤバいらしい。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月17日

嘘みたいな真の話

その昔、伊集院光さんがラジオの中でこう語ったことがあるそうだ。
「オレは昔、カップヌードルの天そばを食ったことがある」と。しかし、そのことを話しても誰も信じてくれなかったのだそうな。
時は流れ、カップヌードル40周年記念で行われた復活総選挙。その中には、かつて彼が誰も信じてくれないと言っていたあのヌードルの名前もあったのだ。そして結果はぶっちぎりの1位だったそうだ。今回ぶっちぎりで1位になれたのは、今伊集院さんのラジオを聞いている人達が押し上げてくれたのかもしれないですね。


日清 カップヌードル 天そば 1ケース(20個)で、そのぶっちぎりの1位になったのが、今回紹介する「カップヌードル 天そば」(写真のものは20個入りの箱入りにリンクしています)。
世界初の和製カップ麺ながら、約5年後に同じく和製カップ麺のどん兵衛(どん兵衛 天そば)が登場したことで消えてしまった、本当に幻のカップヌードルだったのだ。



本当に誰もウソだウソだと言って信じてくれなかったこの「カップヌードル 天そば」、今やリバイバル(復刻)ブームにも乗って、これまた先日TBSテレビのニュース番組でも紹介され、持ち上げられているほど。何とも皮肉なことなのでしょう。


そんな「カップヌードル 天そば」、今日から全国のコンビニやスーパーなどで販売されました。私も今日仕事帰りにスーパーで安売りしていたので、2個買ってきました(笑)。

中はそばとねぎ、カップヌードルで使うエビを天ぷらにしたものが入っていて、さらにカップヌードルではあまりお目にかからないしいたけの切ったものが入っています。本当にそばのカップヌードルです。


味に関しては普通のカップそば。ただ、どん兵衛と違い薄味なのが特徴どん兵衛の場合は地域の差こそあれ、かつおだしか昆布だしの効いた味わい深いものなのですが、このカップヌードルに関しては実に薄い。お湯の量を間違えただけならいいのですが、すごく薄味で優しい味なんですよ。
もう少しアクセントがあってもいいかなと思ったんですが、濃い味の傾向が強い昨今、丁度いいのかもしれないですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(0)TrackBack(0)