2017年07月28日

侍ジャパン監督は、やっぱり稲葉

100人乗っても大丈夫な精神で挑んでほしいなぁ。<物置の会社のCMで例えるのやめーや。


野球日本代表(侍ジャパン)の監督に、稲葉篤紀さんが内定しました。
稲葉さんは1995年にヤクルトスワローズに入団。2005年にフリーエージェントで大リーグ移籍をしようと思ったものの、かなわず北海道日本ハムファイターズに移籍。どちらのチームでも強打者として活躍し、守備の上手さでも定評がありました。通算2167本打ち、2014年に引退しています。

稲葉さんの特徴として国際試合の経験が多いところで、2008年の北京オリンピックや2009年と2013年のワールド・ベースボール・クラシックに出場しています。その中で、2009年のワールド・ベースボール・クラシックでは優勝選手の1人になっています。


引退前から日本ハムで打撃コーチを兼任したり、2015年に行われたWBSCプレミア12の打撃コーチ、2016年の侍ジャパンの強化試合で打撃コーチと総合コーチを任されています監督経験はないものの、地道にコーチとしての経験を積み重ねています。卓越した評論もテレビやラジオの解説の中で見せていますしね。


小久保裕紀さんのように、いきなり監督というふうではないものの、プロ野球の監督経験が無いのは確か不安視される声も聞かれるものの、若さでまずは人心を掌握してほしいですね。経験は間違いなくあるので、特に打撃陣からは厚い信頼を得られることでしょう。投手陣には、自身が打者に立った時の嫌な経験を余すことなく伝え、こうすれば打者が嫌がるというものを伝えれば、上手く関係を築けるのではないのでしょうか。まずは信頼のおける投手コーチの選定が第一ですけど。


任期は東京オリンピックまでの3年なので、長いようで短いです。とにかく今年中に基礎を築いてほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2017年03月22日

惜敗ではなく自滅

ワールドベースボールクラシック(WBC)2017、日本時間の今日午前に準決勝のもう一試合であるアメリカ×日本が行われました。
しっかりと試合の内容を見ていないので、詳細はわかりませんが、2-1で負けたとのこと。しかも失点が4回表の菊池涼介選手のエラーと8回表の松田宣浩選手のゴロの取り損ねという点。はっきり言ってミスで負けたのに、健闘したという人は正直どこを見ているんだと言いたくはなります
明らかに野手のミスで失ってしまった点普段通りの仕事をしていれば失うはずの無い点です。投手が打ちこまれたとか打線が沈黙したとかなら、同じいかんでもまだ落としどころのあるものだと思います。どちらも水ものですから。
しかし、守備のミスだけは許されるべきではない失態。こんなことをしているなら、まぁ負けて当然と思います。
なぜ予選ラウンドのような生き生きとしたプレーができなかったんでしょう。日本じゃないから?あり得ないでしょう!雨中だから?日本でもそんな中試合やってるでしょう?
こんな負け方で日本に帰ってくるのは、正直情けない。全てを出し切ったとは思うけど、後味の悪い負け方。繰り返しになりますが、普段通りの仕事をしていれば勝てたはず。なぜこうなったのか猛省してほしいと思います。

日本のファンも、この試合でよくやったとほめるべきではないでしょう。私個人は叱責ものだと思っています。内容を聞いて憤慨しましたよ。本当に投げ抜いた投手がかわいそうだし、一生懸命やってる監督やコーチが浮かばれない


ああもったいない。勝ち試合になったかもしれないのに・・・。タイブレークで負けるよりダメだわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月16日

予想以上によかった?

ワールドベースボールクラシック(WBC)2017、日本・アジアでのラウンドは全て終了し、日本とオランダが決勝トーナメントに進出しました。この中で、日本は1次・2次ラウンドを共に3戦全勝で勝ち抜けています


当初、大谷翔平選手や嶋基宏選手がケガで離脱田中将大選手や前田健太選手など大リーグの主力選手も本人の意向や契約の関係で出場できず、戦力スケールが大幅ダウンしたと言われ、本戦開始前の練習試合にあたる試合でも負け越していたため、本当に大丈夫なのと思われていました。かくいう私も、予選ラウンドで敗退するんじゃないかと、懐疑的に小久保裕紀監督率いる小久保ジャパンを見ておりました

しかし、蓋を開けてみたら全勝ターンですからね。
強豪のキューバ・オランダを破っただけでなく、台風の目だったイスラエルにも勝ち、日本の野球の堅牢さを見せてくれたと思います。ただ、まだお見それしましたとは言わない(苦笑)。それは、世界一を奪還した時に言いましょう。今なら、すごいというレベルですわね。


今後は、アメリカで行われている試合の結果でしょうね。
2次ラウンドには、アメリカ・プエルトリコ・ドミニカ共和国・ベネズエラが残っています。このうち、第3回優勝国のドミニカ共和国がプエルトリコに敗れ、波乱の予感が。ただ、アメリカ・ドミニカ共和国が突破するんじゃないかなと思ってはいますが・・・。プエルトリコも強いんだけどね。


日本がアメリカ大陸のチームと戦う決勝トーナメントは、3/21と3/22に準決勝、3/23に決勝が行われます。まずは準決勝を突破することだけを考えましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月08日

WBC2017、Bプールで大番狂わせ

WBC(ワールドベースボールクラシック)2017が先日から始まりました。
日本はAプールの1チームとして、キューバ・オーストラリア・中国と戦うことになったのですけど、Bプールでとんでもないことが発生しました。

Bプールは韓国・チャイニーズタイペイ(台湾)・オランダ・イスラエルの4チームが戦うことになっていましたが、目下の様相では、韓国と台湾で決まるだろうと思われていました。しかし、ふたを開けてみると、今日の時点でオランダとイスラエルの予選突破が決まり、韓国と台湾は予選敗退になってしまいました。韓国はBプール開催国ということもあり、そのショックは計り知れないことでしょう。
ただ、オランダはわからないでもないソフトバンクにいるバンデンハーク選手やヤクルトにいるバレンティン選手もいるし、大リーグ経験者もいる。何よりオランダ本土よりも海外領土のアンティル諸島出身者(特にアルバ島とキュラソー島出身者)が多数を占めているのですから、強くないわけではないけれども、さすがに韓国と台湾には分が悪いと思っていましたよ。それなのに、韓国と台湾を締めてしまうのですから、実力はあるんだなと(台湾戦はサヨナラなので、運も併せ持つ感じなのか)。
もっとわからないのが、イスラエル。野球に関してはとんと聞かない国。しかも初出場なのですから、なおのこと。そんなに強いのはなぜ・・・と思っていたら、こんな話が。
実は、イスラエルの選手の28人中27人がアメリカ系ユダヤ人、つまりはアメリカ出身者だったんです。もちろん、そこにいるということは、(メジャー・マイナー問わず)大リーグ経験者が混ざっていてもおかしくない。そりゃ強いわ。口の悪い人なら、チートと言われそう(苦笑)。


これで、俄然Aプールはどこが抜け出すのかが楽しみになってきました。既に日本はキューバとオーストラリアに勝ったので、3/10の中国戦に勝てば、予選突破は決定になります。仮に負けると、3/9・3/10以降の試合(オーストラリア×中国およびオーストラリア×キューバ)次第で決まります。全ては明日・明後日以降ということですね。


大谷翔平選手・嶋基宏選手が抜けることになり、投打が湿りがちだったので、正直予選突破大丈夫かと思っていたんですけど、何とか切り抜けられそうです。ここまで来たら、勝って予選突破といきたいですね。


Separate Ways
♪Separate Ways / Journey



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月14日

野球日本代表、決勝トーナメントへ進出

世界野球「プレミア12」は台湾で1次ラウンド(リーグ予選)が行われ、日本はアメリカに10-2で逆転勝ち。これまで韓国・メキシコ・ドミニカ共和国に3連勝していたので、4勝負けなしで決勝トーナメントに進出を決めました。


試合は中田選手が好調なのが救いになっていますね。それに呼応するように筒香(つつごう)選手や松田選手が引っ張られてきていると思うし、投手陣が多少悪くても安心して投げられるのではないかと思っています。
何より、韓国・アメリカという強豪がいる中でトップ通過を決めたことは大きいですね。このまま勢いを持続して最終戦になるベネズエラにも勝って決勝トーナメントへ弾みを付けたいものです。そのためにも、中田選手が言っていた気を抜かないで全力で戦うという姿勢を見せることが大事でしょう。2013年のワールド・ベースボール・クラシックで優勝できなかったその思いをぶつけて。


ちなみに、Aリーグではカナダが日本と同じく4連勝で決勝トーナメント進出オランダもほぼ手中に収めたと思われるものの、まだまだ混戦の状況残り2枠を掛けて、台湾(チャイニーズ・タイペイ)・プエルトリコ・キューバが混戦模様となっています。ただ、本命と言われていた台湾・プエルトリコ・キューバが混戦だなんておかしいなぁ(汗)。どちらかというとカナダやオランダは本命じゃなかったのになぁ。でも、オランダは実力を付けてきたというのか、アンティル諸島(主にアルバ・キュラソー)出身の選手がいるからなんだろうけど・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)