2016年04月26日

ガラガラでも特急時代の2倍

3/26に開業した北海道新幹線。まだ最終目的地の札幌駅には程遠く、新函館北斗駅までですが、それなりの効果は出ているようです。


開業から1ヶ月経った今日、乗車率が27%だったことを発表しました。平均乗車数は約5600人だったとのこと。
一見すると、他の新幹線より効果が出ているのかと疑問視しそうな数字ではありますけれども、JR北海道としては想定内の数字なのだそうです。
というのも、かつて特急などが走っていた時代と比べて、前年実績の約2倍の数字だったからです。開業効果というのもあったのでしょうけど、輸送量が増えたことで乗る人の量も増えたとも考えられます。ただ木古内駅~新函館北斗駅には並行在来線が走っており、その乗車数との比較をしないと本当に増えた量がどのくらいなのかがわからず、気になるところでもあります。


まあ、本当の試練は開業して1年になるまでの間
最初は大型連休などの休みの期間にどれだけ乗車してくれるのかがポイントになってくることでしょう。なお、大型連休中の予約席数は80,222席(予約率は32.8%)となり、特急だった前年に比べ予約席数は2.81倍になっているのだそうです。
それ以外では需要の掘り起こしが必至となるでしょう。ツアーの一つに組み込むだけでなく、通勤・通学の足として使ってもらえるようにする、地域の足として定着できるような策を練る、特急とのリレー運行が快適になるような配慮も必要でしょう。特に北海道は広いですから、最後のリレー運行の快適さは必須となるでしょうね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月07日

青春18きっぷで新幹線に乗れるオプションが登場するとのこと

もうすぐ2015年~2016年冬の「青春18きっぷ」利用期間が終了となりますけれども、次回の春の期間からは、同じ時期に開業する北海道新幹線に乗れるオプションが搭載されるそうです。
北海道新幹線に乗車できる区間は、青森県にある奥津軽いまべつ駅から北海道にある木古内駅まで。その区間だけは、「青春18きっぷ」に加え、2300円(税込)の「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入することで乗車できます。ただし、乗車できるのは自由席のみで、かつ片道1回のみ使用可能になっています(恐らく下車時にオプション券は回収されるものと思われる)決して北海道新幹線全線で有効なのではなく、あくまで普通電車区間が無くなってしまう該当区間の救済措置として展開されるものと思って乗らないといけないわけです。
それでも、特急電車時代は無料だったのに、新幹線になったら有料になるなんて・・・と思う方もいらっしゃるでしょうけど、新幹線の費用が莫大であることを考えれば、その昇華のためにと思うと仕方のないことなのかもしれません。むしろ乗れませんとなるよりいいんじゃないのよ、と。

なお、この北海道新幹線開業に併せて、JR江差線となっていた区間は、第3セクター「道南いさりび鉄道」の道南いさりび鉄道線(木古内駅から五稜郭駅まで)として開業することになります。この区間は、先に開業し、JR線がその先にある「青い森鉄道」の青い森鉄道線(青森駅から八戸駅まで)・「あいの風とやま鉄道」のあいの風とやま鉄道線(富山駅から高岡駅まで)・「IRいしかわ鉄道」のIRいしかわ鉄道線(金沢駅から津幡駅まで)と同じく、途中下車さえしなければ乗車OKというふうになっています(ただし、青い森鉄道線は野辺地駅のみ途中下車可能)。しかしながら、今回の道南いさりび線の乗車は北海道新幹線との連続乗車扱いになるので、やはり前述のオプション券が必要になります。つまり北海道・道南出身の人は、道南いさりび鉄道線から乗った場合は、その分の運賃を払ってから「青春18きっぷ」を利用することになるのです。
少々ややこしい扱いにはなりますが、2300円で新幹線が乗れるなら正直オトクな区間ではあると思います。そしてJR北海道の英断には高評価を送りたいです。ただ名古屋から乗るとなると、3日くらい掛かるんだろうなぁ(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)