2017年03月30日

ホームは増え、ビルは横長に

リニア開通に向けて徐々に再開発の進む名駅。特に桜通口(東口)は超高層ビル群がニョキニョキと生えてきて、4月には本格稼働します。とはいえ、これまでは駅前かささしまライブを中心にした再開発でしたけど、今回はその中間のあたりで再開発の波が起こります


在地上には名鉄・近鉄日本生命など6本のビルが建っているのですけれども、このビルを全て取り壊し、何と南北400mをまるまる1つのビルにしてしまう構想を打ち上げたのです。一体化することでテナントの使い勝手と回遊性を高めたいとのことだそうです。現在は百貨店の他ヤマダ電機などのテナントも入っています。一緒になれば、買い物がしやすくなるとは思いますね。
なお、土地は名鉄・近鉄・日本生命・三井不動産が持っているそうですけど、共同開発で進めていくのだそうです。新ビルには、商業施設・オフィス・賃貸住宅などの複合型(ターミナルビル)になるものの、例えばホテル事業では名鉄と近鉄が双方で進出を検討しているなど調整の必要な部分もあるようですから、ビルの規模などは今後詰めていくのでしょうね。
建物の着工は2022年度、完成は2027年の予定です。

名駅には、駅前にあるJRセントラルタワーズが世界一大規模な駅ビルとして世界記録を保持していました(現在は阿部野駅にあるあべのハルカスに記録を譲っている)。今回は世界一横長なビルとして新ビルが話題になっていくのでしょうなぁ・・・。


そして、地下にある名鉄の名鉄名古屋駅も大きく変わります
これまでは、地下に4ホームはあるものの、上下1本ずつしか路線が無いため、いわゆる両開きの対応になっています。しかも上下1本ずつしかないがために、ピーク時には数分おきに普通から特急までありとあらゆる電車がやって来ます慣れていない人は、ものすごく面食らう光景でもあります。動画にも上がっていますね。
その名鉄名古屋駅がビルの建築と共に改装も行われるそうです。ビルの共同開発によって、拡張できる範囲が広がり、かねてから国などより要望のあった中部国際空港行き専用のホームが建設できる幅を確保したそうです(ただし、名鉄は空港専用ホームには難色を示し、特急用ホームとして運行したいとのこと)。

こちらは、名鉄名古屋駅の不便さを解消する絶好の機会になるでしょうね。ただ、まだ具体的な駅の姿はこれから『迷駅』の汚名を返上するための対策も盛り込まないといけないため、設計にはかなり苦労するでしょう。


完成してからの50年・100年後になっても使い勝手のいい駅やビルとして後世にまで名の知れ渡るものになってもらいたいですね。どうせやるならそこまでやらないと。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月10日

【人身】名鉄逝った!【事故】

アカン、起こった場所が場所だけに・・・。


今日の朝8時半頃に山王駅前で事故があり、金山~須ヶ口および金山~上小田井が運休になっておりました。
今回起こった場所は名古屋本線にある山王駅知っている人なら、この場所が何を意味するのか分かることでしょう。そうです、名鉄の大動脈で起こっているのです。

東枇杷島~金山は瀬戸線以外の全ての電車が通るところ(豊田線は経由によっては通るケースがある)。特に名鉄名古屋駅は名鉄のターミナル駅なので、当然ながら人が多く、影響も大きい金山駅はそれに次いで多い(少なくとも名鉄駅のトップ5には入る)はず。まさに名鉄に死亡宣告を出す場所で事故が起こったのです。

この事故は、山王駅から鉄橋に歩く人が原因で起こったとされる人身事故のようです。でも、名古屋市のほぼド真ん中で起こった事故でもあるのですが、何で防げなかったとお怒りの人もいらっしゃることでしょう。普通なら防げる事故だよね、と。
いえいえ防げないんですよ、残念ながら。そう言い切れる理由はただ一つ。山王駅は無人駅だからです。
それ以前に山王駅と言ってわからない人も多いでしょう。その昔はナゴヤ球場前駅と言われ、ナゴヤ球場の最寄り駅でした(今でもそうですけれども、1軍と2軍の試合の規模が違う)その時は大量の人員を裁くために有人駅になっていて、本拠地がナゴヤドームに移ってからも、名古屋市内の駅で主要路線の駅だったこともあって駅員を残していたのでしょう。
ところが、名鉄もリストラや大きな駅で集中管理できるシステムが確立されたのでしょう。2004年から山王駅(当時はナゴヤ球場前駅)は無人駅になったのです。逆に言えば、今までよく事故が起こらなかったなと感心しておりましたわ。


実は名古屋市内にある名鉄の駅は、結構無人駅になっていて、名鉄名古屋本線の駅も御多分に漏れず無人駅化されています東枇杷島駅のように、主要路線が通る大動脈にある駅もあるだけに、今後大きな駅での集中管理システムが是なのか非なのかも議論になることでしょう。


なお、午前10時頃に上記の路線は解除されましたが、ダイヤの乱れはしばらく続くことでしょう。運行スケジュールに十分注意して、早めに行動しましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 10:17Comments(0)TrackBack(0)

2016年02月28日

ミュージックホーン、登録商標になる?

名鉄の特急電車に流れていたミュージックホーン。元々元祖は小田急電車だったのですが、名鉄の特急として使われたパノラマカーで採用されてから全国的に有名になったとも言われています。



メロディーは、「♪ミ・ド・ラ、ミ・ド・ラ、ミ・ド・ミ・ラ。ラ・ミ・ド、ラ・ミ・ド・ラ」と意外に単調。


この度、この音が登録商標として名鉄が申請したのだそうです。パノラマカー全廃後はほとんど聞くことのなくなったこの警笛、昔に比べて交通事情(特に踏切周り)がよくなったというのが主な理由なようですけど、それ以外にも騒音問題とか駅の安全性が向上したとか色々あるんでしょうね。ただ、名鉄の特急車両には常設されているようで、最新車両であるミュースカイでも鳴るのだとか。ちなみに、鳴らす時は足元にあるペダルを踏むということで。


じゃあ、何で音の特許なんだということですが、音・動き・ホログラムなどの新タイプの特許は2014年から取得できるようになり、名鉄も今後の権利保全を考えて取得に動いたのだそうです。もちろん特許を取らなくても使い続けることは可能とのことですけど、勝手に使われるのも癪(しゃく)でしょうね(汗)。ただ、利用方法はどうするのか考えていないらしい(爆)。


現在特許庁により審査中とのことなので、まだ時間が掛かりそう。仮に実現すれば、乗り物の警笛音として初めてのケースになりそうです。名古屋を象徴する音なので、是非とも実現してほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月02日

ミュースカイだと思ったらただの急行、ジェット機だと思ったらプロペラ機だったでござる

SHL23_1428これは時間の都合上仕方がない。



SHL23_1430でも、これは泣きたくなる
今のご時世、離島へ行くわけじゃないんだからプロペラ機はないっしょ・・・



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 07:39Comments(0)TrackBack(0)

2012年05月19日

金沢に行って来ますよ

今回、いつもとは違った方法で金沢に行って来ます名鉄バスで(爆)。
この行き方で向かうのも、正直オツかなと。

ヒント:ただのバスではありません(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 09:09Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月25日

ナナちゃん貸します

名古屋駅東側、丁度旧名鉄百貨店ヤング館(現在のヤマダ電機LABI名古屋)前にあるナナちゃん人形
これは1973年に当時のセブン館開館を記念して設置されたもので、全長6m10cmのスイス製その大きさから名古屋駅の待ち合わせ場所の一つとして親しまれています(他に有名な待ち合わせ場所として、JR名古屋駅内の金時計、JR名古屋駅西口の壁画跡やゆりの噴水などがあります)。歌手のMay'nさんがこの人形が好きで、よく抱きついているというエピソードが語られているほどです。


そんなナナちゃん人形、名鉄百貨店が管理をしていたのですけれども、先日名鉄百貨店がナナちゃん人形を貸し出すことを公表しました
ナナちゃん人形は、その大きさから広告塔としての役割を果たしており、近年、一時期ですが何かしらのキャンペーンで利用されることがあります缶コーヒー飲料のジョージアとのコラボキャンペーンはその最たる例でしょう。それが今回完全解禁されたわけです。
衣装も、名鉄百貨店関連(ないしは名鉄百貨店の許可をもらって)でしか着られなかったのが、今回の貸し出しで自己負担なものの、自由に制作できるようになりました。
なお、唯一条件としては、「親しまれてきたキャラクター像を壊さないこと」という点のみ。それさえ守れれば、個人的なものでも真剣に検討するのだそうです。そのため、テレビ取材の時に言われていたのですが、愛の告白に使いたいと言われた場合は、もしかしたら貸し出し可能になるのかもしれません。まぁ、個人的には夢のあることなのでOKにしてもいいんじゃなかろうかと。

気になる価格は、ナナちゃんのみなら80万円(1週間)衣装代も含めた場合200万円(1週間)とのこと。比較として、地下鉄のラッピング電車が名城線の場合240万円(1ヶ月。1年間では1260万円)、地下鉄東山線名古屋駅壁広告(ビッグウォール)の場合175万5000円(1週間、3区画の1つあたり)名駅西口のモニター「NAGY」の場合90万円(1日68回・月間2000回以上)とのことなので、まぁまぁの価格とも言えるでしょう。


この広告塔の開放で、名鉄百貨店はオイシイ思いができるのか、気になるところですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:18Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月24日

悪いとは言わないが、安全面大丈夫?

B-1グランプリからの帰り、私は名鉄に乗って帰ることにした。
帰りは、会場の最寄り駅になる諏訪町駅から国府(こう)駅で特急に乗り換えて、家の最寄り駅で降りる・・・というふうな流れで帰ることにした。


最初に乗った電車は普通の電車。車内も明るくなっているごく普通の電車だったかと。
たった2駅だったものの、後から来る電車の方が早いというアナウンスもあったので、先述の通り、国府駅で乗り換えのため待つことに。

そして降りてから約10分後、特急電車がやって来た
・・・しかし何かおかしい
扉部分が黒いなと思ったのだが、これはすりガラスのように膜が貼ってあるため中が覗けないようになっているだけのことのようだ。

でも、中に入ってその原因がやっとわかった。
車内が暗いのだ。いや暗いなんてもんじゃない。電気が全く付いていないのだ。
普通、車内は先述の電車のようにきちんと明かりが付いている仮に節電をしたい場合は、名古屋の地下鉄などのように、蛍光灯を1本ないしは2本ほど抜いて、乗っていて不快にならないレベルになるよう配慮がなされるはず。
ところが、この特急(ミュースカイ)はそんなことお構いなし。本当に真っ暗。日の光があるからかろうじて中がわかるレベルなのだ。
もちろん、駅を過ぎ車窓の風景を楽しむ時には、日の光が十分に入ってとても明るいのだが、駅に入った時には、場所によっては日の光が遮蔽されてしまって、国府駅のように真っ暗寸前になってもおかしくないはず

いわゆる健常者の人達は問題ないのかもしれない。しかしながら、弱視の人達は、過剰な節電を行われたことで、周りがより一層暗くなってしまい、大きな事故が起こりかねない。この状況を見て、そういう話が新聞に載っていたのを思い出した


確かに節電も大事。しかし過剰な行為は、思わぬところで大きな影響を与えかねない単なる不快で終わればいいが、命に関わることになれば、事は重大になる。名鉄サイドはそのことに気付いているのだろうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)