2017年05月11日

東北へ行く2017① 気が付けば、隣は山形な定義さん

今年、東北へは群馬から向かうことになりました
まさか、群馬から夜行が出ているとは思っていなかったので、上手く繋がったなと感心しきり。
群馬・前橋から22:20頃に乗り、途中のサービスエリアを経由して、着いたのが6:00前だったと思われ。


仙台に着いて、最初に向かったのは、マクドナルド。朝マックという目的よりも充電したかったというのが大きかった(笑)。
しかし、仙台駅東口のマックには受電できる設備が無く、仙台駅西口からさらに西、JR仙石線のあおば通駅からの方が近い仙台中央通り店まで歩くことに。そこにはあった。次の移動時間もあったので、ゆっくりはできなかったものの、ある程度の充電はできたと思う。ちなみに、バッテリーは持っていたものの、緊急手段で使うつもりでいたので、あまり使いたくなかったのよ。


SHV32_0779ちなみに、仙台駅前にはこんなものが。
今年は、伊達政宗生誕450周年なのだそうな。ほう、丁度織田信長が岐阜入城・岐阜命名したのと同じ年なのね。不思議な縁もあるものです。信長と政宗が近いところ(隣同士)にいたら、敵同士になってしまったのだろうか、それともウマが合うと仲良くやっていたのだろうか。ちょっと想像してみたくなった。



今回向かうのは、定義定義さん(山ではないらしい)とも言われるところ。ちなみに、地元では『じょうげ』、観光客で来る私のような人間は『じょうぎ』と呼ぶのが一般的なのだそうな。地元の行楽スポットでもあり、観光名所でもあるのだ。

ただ、バスで行くことになるのですが、結構遠い今回は仙台駅のバスターミナルから向かうのですが、それでも80分掛かった(平均は75分)。しかも途中は、すごくうねうねした道も通るし、山道も通るし、人が誰もいないし(苦笑)。最初は満員だったバスも、終点の定義に着く頃には、席が半分空いておりました。


SHV32_0781定義に向かって真っ先に向かったのは、「定義とうふ店」。朝も早いのに、お客さんがいっぱい(爆)。
ここで頂いたのは、名物の三角あぶらあげ(右)とホロ豆腐(左)
名物のお揚げは、本当にデカいよ。



お揚げはフカフカ、それでいて嫌味は一切なし。醤油だけで頂いても、アクセントが欲しいからと一味をジャンジャン掛けても味はおかしくならない。油揚げなのに、何枚も欲しいと思ってしまった。また来る機会があったら、絶対に来てるだろうな(ニヤニヤ)。なお、お土産もあったものの、生物なので買えなかったのが残念。クール便で送ればよかった・・・(泣)。

ホロ豆腐は、豆腐の素朴な味がよかったですね。大豆の旨味も十分出ていて、これが美味しい豆腐なんだと。市販の豆腐なんて、ホントに美味しいのと感じてしまう一品でした。


SHV32_0782本当なら、これで終わり・・・と言いたいところですが、どっこいここで数時間滞在しないと次のバスはやって来ない(ギャハ)。何てこったい!
というわけで、参拝していきます。この定義は、西方寺というお寺さんを指すこともあるのです。
まずは山門この前には門前町があり、先程の定義とうふ店も、この門前町の中(丁度入ってすぐ)にあります。



SHV32_0784こちらは本堂。奥に見える雪化粧の山は、恐らく泉ヶ岳かと。写真には写っていませんが、子どもの日が近いということもあって、こいのぼりが上がっておりました。



SHV32_0785続いては、五重塔
寺を建立した平貞能への感謝と供養、人類平和を祈るために建てられました。建立は以外にも新しく1986年。



SHV32_0786こちらは、天皇塚壇ノ浦の戦いで亡くなった安徳天皇を弔っているとされています。こちらは、縁結びと安産の祈願に来場される方が多いのだそうな。
橋のたもとにあるのが、長命水。長生きできるということで、お水取りをしている方もいらっしゃいました。



SHV32_0787最後は、数時間もいたらもっと何か頂いておきたいということで、気になったものをピックアップ。頂いたところは、丸かん商店
上は、やきめしおにぎりやきめしと言っても、チャーハンのことではなく、仙台味噌を塗って焼いた焼きおにぎりのことです。
左下は、味噌こんにゃく。こちらも仙台味噌を使ったものです。
右下は、玉こんこと玉こんにゃく山形名物だよな(汗)?と思ったら、山を越えた隣は、もう山形県なんだねぇ・・・。



やきめしおにぎりは、味噌の辛み(しょっぱさ)がご飯に合うんですね。中まで染みているわけではないので、濃すぎるということは無いのもポイント。

味噌こんにゃくは、グンマーで食べたものとよく似た味わい。そうか、グンマーは東北だったんだ!<違います。

で、玉こんは、ちゃーんとだしの味が染みているんですよね。何にも味が付いてないんじゃないかと不安だったんですが、これだけも美味いアクセントでからしを付けると、だしの旨味が引き立つのですけど、付けすぎ注意(爆)。
ちなみに、からしが結構残ったので、味噌こんにゃくにも付けて味に変化を付けておりました。それでも余ったけど(苦笑)。

3つとも美味しかったです。これ以外には、山が近いので、山菜などの山の幸も豊富そばとか美味そうだったなぁ・・・。まんじゅうとかもあったし、また来いということか(ギャハ)。


その後は、小一時間バスを近くの交流センターで待つ。冷房利いていたのかな、涼しかった。グンマーの時は、朝が寒かったのに、仙台は寒くなかったもんね。東北は5月でもまだ朝は寒いのに。
その後、11時20分頃にバスがやって来る正味3時間ほどいたのか(汗)。
バスに乗ると、これから定義に向かう人達の車やバイクがブンブン来る来る。そして、帰る車の列が途中で挟まって渋滞に。ゆえに、行きよりも遅い80分ほど掛かって仙台駅に戻ることに。いやぁ、大変だわ。
定義に向かう際は、車が結構通るので、時間が読めません。特に今回のように、朝一で行こうと思ってバスに乗ろうものなら、3時間コース決定です(ギャハ)!神社仏閣に興味の無い方は、ただの拷問でしかないので、お昼時に着いて、数時間レベルでいられるようなコース取りをしましょう。できないことは無いと思うよ(ニヤニヤ)。


というわけで、次は仙台駅から。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2017年05月10日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その6 おまけ グンマー帝国観光記③

時間は午前11時を指さんとしている頃。小腹が空いてきたので、近所の店で一服しようと思い立つ。


SHV32_0757最初は、富岡製糸場のそばにある「おぎのや」
ええ、峠の釜めしでお馴染みのあの「おぎのや」、横川サービスエリアにあったあの「おぎのや」です。だから言ったでしょ、試験に(以下略)。

とはいえ、今回頼んだのは、峠の釜めしではなく、味噌こんにゃく(左)となめこ汁(右)
どっちもグンマーらしいものをと(苦笑)。特にこんにゃくはグンマー帝国の主食ですから(ウソ)。
でもね、上信鉄道上信線の終着駅でもある下仁田はこんにゃくの一大産地なのはホントだぞ!



味噌こんにゃくは、味噌が甘辛気味の味わいなので、こんにゃくのような基本的に味の無いものには丁度いいのかなと。
対して、なめこ汁はちょっと薄かったかな。まぁ、味噌こんにゃくを食べている反動だと思いたい(爆)。でも、美味しいですよ。


SHV32_0758続いては、富岡製糸場の角向かいにある「岩井屋」。休息所でもあり土産物屋でもあります。
そこで頂いたのは、「焼きまんじゅう」(下)と「ホルモン焼き」(上)

下はお馴染み上州(群馬)名物デカい小麦粉で作ったまんじゅうに味噌だれを塗って焼いたもの。こちら、とても大きいので、一般的な団子のような食べ方(串から自分の歯などで離す行為)ではなく、本来なら付属しているさすまた(先がU字)型の串で取り分けて食べるのが普通のようです。
上は富岡市の名物料理。『ホルモン』と名乗っているのは、実はちくわ。揚げたちくわに秘伝のソース(ウスターソースをベースに、各店舗味付けが異なっているものらしい)に浸した、実にシンプルな料理です。



焼きまんじゅうのメインは、味噌というより醤油の甘辛にさせたようなタレの味わいですね。みりんが入っているのか、少しアルコールっぽい味わいも。ただ、とろみはなく、液体を塗っている感じですわ。
まんじゅうは、中がふかふかの柔らかいもの。焼き立てがいいとのことなので、食べる時は、その場ですぐをオススメします。
ホルモン揚げは、ソースの濃い味わいが、コイツがちくわを揚げたヤツということを忘れさせてくれます(笑)。揚げ立てはホクホクサクサクの味わいを、冷めてからはソースの濃厚さを味わえますな。


SHV32_0760この店では、もう一品「焼き椎茸」も買ってしまった。だって焼いてた時いい匂いしてたもん(ギャハ)。
群馬県内で採れた椎茸を醤油を掛けて焼いただけ。これまたシンプル。



すごく肉厚ではないものの、食べた時に椎茸の味わいがじわりと出てきて美味しかったですよ。個人的には、もう少し醤油を掛けてもよかったかな。


そんなこんなをしていたら、あっという間にいい時間。11時半過ぎの電車に乗って、高崎駅に着いたものの、その後の乗り継ぎで時間を使い、スタジアムに着いたのは、午後1時半くらいになっておりましたとさ。高崎からシャトルバスという手もあったけど、時間が無い時は一気に前橋まで行って乗り換えた方が早いのよね。


試合が終わった後は、これまた時間が余ってしまう。午後10時20分のバスまで時間が4時間ほどあるので、駅から歩いて数分にある天然温泉(スーパー銭湯)でひと風呂浴び、そこから再びマックで時間潰し(爆)。近所をウロウロしていたら、時間となりました。


前橋から向かうのは、仙台。ここからは東北の旅になります。なお、名古屋から乗ったバスと同じだったので、やっぱり充電できる設備が無かったのだった(泣)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)TrackBack(0)