2015年02月08日

冬の新アニメ2015 ベスト

今回の冬の作品をランク付けしていきたいと思います。
今期に関して言えば、元々の数が非常に少なく不作と言ってもいいくらい。しかも一部作品は1月下旬から始まっているので、評価するまでに少し時間を頂くこととなりました。逆に女性向け作品が多かったので、女性にはウケがよかったシーズンだったのかなとも。逆に言えば、いい悪いがはっきりしたシーズンにもなりました。今回もベスト3・ワースト3で見ていきたいと思います。


今回のトップは、ほぼ圧倒的と言っていいくらいにこの作品、「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた」です。
ノイタミナ枠らしくないとかなど賛否両論言われている作品ではあるのですが、毎回見ていて楽しいですね。特に第0話の見せ方に色々言われていますけれども、この第0話があるから各ヒロインの特徴が生きてきているわけで、第1話以降のキャラの立ち位置がよくわかったわけです。
そしてテンポが毎回いいですね。主人公を中心にボケツッコミがよく練られていますし、主人公のダメっプリもすごくよくわかる演出が成されています。ノイタミナ2枠時代の最後を飾る作品としてふさわしい作品となりました。

第2位は「幸腹グラフィティ」
最近不調気味だったTBSアニメ、今回はよくできております。この作品もテンポがよく、製作会社のシャフトのよさが生きていると思います。
やっぱりこの作品は食べるシーンが最高深夜にこれ見せられたら食いたくなるがな(笑)と思わせる食いっぷりです。キャラの個性も3人ながらキラリと光るものがあり、見てて毎日が楽しそうですわ。
ちなみに、きりんの持っているハム型バッグ、いまだに欲しい(爆)。

第3位は「夜ノヤッターマン」
見た目に反して結構シリアルで、コメディ要素は少なく、全体的に重い雰囲気毎回何か考えさせる終わり方をしておりますね。スッキリした終わらせ方ではないというのははっきりと言えます。特に過去のシリーズを知っている人には、そのギャップに驚くのではないのでしょうか。例えば、3悪トリオが主人公なだけでも。
あとは、負けても違和感がないのも不思議ですね。普通は主人公が勝つという『公式』ができ上がっているだけに。
個人的には、今後どうなるのか、救いはあるのかというのが気になるところです。

次点は「ローリング☆ガールズ」
こちらは各キャラが立ってるのですが、それ以上に各話で登場するゲストキャラが個性深い序盤で登場したマッチャグリーン(真茶未)や北多摩デンジャーズの玖仁子とかのようなアクが強いながらもキャラ立ちが半端ない、その回のみの出演が惜しいと思うような人達が多いですね。
作品展開が少々もっさりしているのが残念ですけれども、キャラの個性で助けられている作品だと思います。


次回はワースト作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月14日

冬の新アニメ2015 その8 夜ノヤッターマン

冬の新アニメ2015、7回目はタイムボカンシリーズの2作目として放送され、2008年にリメイク、2009年に実写化された「ヤッターマン」のスピンオフ作品「夜ノヤッターマン」です。
放送開始前の週には、過去のタイムボカンシリーズのおさらいを兼ねた番組紹介を行っていました。それだけタイムボカンシリーズは長いことやっていたんだなという点とシリーズ最初で作品の形態ができ上がっていたんだということもわかり、人気が出たのも納得。また、この番組の紹介も行われていたので、ちょっと期待して見ております。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


ヤッターマンによってドロンボー一味との争いに勝って随分経った未来の話。ヤッターマン達はデッカイドーに自らが長となってヤッターマン・キングダムを築き、この世の平和を守っていた。
そのヤッターマン・キングダムの対岸にある辺境の村にレパードという少女が母親のドロシーと一緒に住んでいた。既に父親は亡くなっており、母と子1人ながらも、そばに付いていたヴォルトカッツェとエレパントゥスがいたおかげで寂しさはいくらか忘れられ、かつ母の愛を一身に受けて優しい少女となっていたレパードは母から教えてもらったヤッターマンに憧れ、いつかヤッターマン・キングダムに行きたいと願うようにもなる。しかし、レパード達が実はかつての悪だったドロンボー一味の子孫だったことにショックを受け、絶対にそうなるものかと心に誓うのだった。

レパードが9歳になったある日、突如母が不治の病で倒れる。ヤッターマン・キングダムに行けば母の病気を治してもらえるに違いないと考えたレパードは、お供の2人と一緒にヤッターマン・キングダムに向かったものの、着いた時には彼らによって銃撃されてしまうことに。結局母はその病で亡くなってしまい、レパードにはヤッターマンに対する復讐心、必ずお仕置きしてやると心に誓い、かつて捨てたドロンボー一味の心を再び持ち、自らをドロンジョ、ヴォルトカッツェはボヤッキー、エレパントゥスはトンズラーと名乗って再結成するのであった。



というふう。


正直どんな話になるのか、どんな展開になるのかと思っていたんですけど、1話目だけでものすごく感動しましたね。これだけで単発作品になってしまうかのような作りになってるんですけど、ちゃんと話の筋はしっかりつかんでいるし、どうして善悪が逆転したかの世界になってしまったのかもよくわかりましたね。そして主人公が不憫でならんのに、母やお供の2人があまりにいい人すぎて、正義心あふれる子になってくれてますわね(泣)。ただ、ドロンボー一味は本当に小悪党だったんだよと流した涙をふきながら訴えておきたい、あまりにも不憫だもの(爆)。
しかし、キタエリ(喜多村英梨さん)は幼女役ぴったりやのぉ。去年年末に終わった某ラジオ番組のキタエリちゃん思い出してまた涙が(苦笑)。
これはなかなか面白いです。次は本格的な活動になると思うので、期待して見たいと思います。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)TrackBack(0)