2019年04月13日

北の物産展から南の物産展まで

現在、JR名古屋高島屋では「大九州・沖縄展」、名古屋三越では「春の大北海道展」をそれぞれ開催しています。


SHV39_4729まずは、沖縄県南城市にあるうちなあ家から「琉球三昧弁当」
沖縄の名物料理であるゴーヤチャンプルー・ソーキ・ラフテーがご飯の上に乗ったオトクなセットとも言えるものです。



一つ一つに個性のある沖縄料理をオトクに楽しめるのはいいですねぇ。
ゴーヤチャンプルーに入っているゴーヤのほろ苦さがご飯に合うし、ソーキのホロホロ感がご飯に合うし、ラフテーの肉々しい食感がご飯に合う。何でも合うわ(笑)。
実は、ゴーヤチャンプルー・ケープイリチー・ソーキが入った「バラエティセット」(おかずセット)が同じ値段であるものの、コスパ的にはこっちの方がいいんじゃなかろうかと。


SHV39_4742もう一つは、長崎県長崎市にある岩崎本舗の「角煮三種弁当」
3種類の角煮(通常の角煮・大とろ角煮・六日仕込角煮)がご飯の上に乗っている、こちらもオトクなセットと言えるものです。



同じ角煮でもこうも違うのか・・・。魚のマグロじゃないけど、赤身・とろ・漬けみたいな感じですわ。
通常のは、肉がしっかりしている、大とろはその名の通りとろっとしている、六日仕込もとろのようにとろっとしているけど、少し味が濃い目なのかな。なお、一緒に入っている長崎ぶらぶら漬が絶品で、ご飯のお供にいいですね。
V・ファーレン長崎のスタグルとしてもお馴染みの「長崎角煮まんじゅう」以外にも弁当なんか売ってるなんて知らなかった。これ売れよ(ギャハ)。いや、値段が高いと思われるなら、角煮だけご飯に乗せた丼飯でいいからさぁ・・・。


SHV39_4736ここから先は三越の「春の大北海道展」から。

最初は、札幌市にある中国料理 布袋の「布袋のザンギ」。一緒に特製の甘酢ダレが付いてきます。



ザンギは、醤油の味付けが付いている濃いめの唐揚げ・・・と言ったらいいのでしょうか。しかし、この商品はあまり味の付いていないあっさり目の味。これだけでもまま美味いのですが、一緒に付いているタレが甘酸っぱくて、ザンギの脂っぽさを解消してくれるんです。確かにそのままなら、あっさりしているとはいえ、脂っぽさはあったんですよ。それが解消されるばかりか甘酸っぱい味も加わって美味しさが増すんです。いいアクセントになると思います。


SHV39_4737そして、もう一つも札幌市にあるレクラン ドゥ ルコルテの「レーズンサンド グラン」(上)と「レーズンサンド グラン RUBY」(下)
クッキーにチョコレートの入ったバタークリームがサンドしてあります。



バタークリームとは言っていますが、実際はチョコレートだと思います。ただ、チョコレートの味わいが無いので、サクッと軽いものになってるんですよ。そこに濃厚なラムレーズンですから、とろけるような味わいです。
面白いのがRUBY。酸味のあるチョコレートとのことですけど、それほど酸味は無い。ただ、グランではあまり感じられなかったチョコレートの風味を味わえるので、これはこれで美味しいなと。
値段はまぁまぁですが、いい味です。何よりオシャレでいい。


どちらの催しも、4/15までの開催になります。特に普段なら2週間行われることの多い北海道物産展が今回は1週間のみなので、開催時期にご注意下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年04月15日

九州物産展というよりくまモン物産展だった(笑)

現在JR名古屋高島屋で「大九州・沖縄展」が開催されています。同時に熊本県の広報大使も務めているくまモンを紹介する「大くまモン展」も同時開催されていました。ゆえに、『くまモン物産展』になってしまった(笑)。


SHV39_3027ここで「大くまモン展」の展示物を紹介。写真撮影は可能なので、思いっきり撮れた(爆)。


最初は、ホンダのバイク「モンキー」のくまモンバージョン
実際にくまモンも乗ったらしい。黒を基調にしたバイクで、くまモンみたいというのは言い過ぎか(苦笑)。



SHV39_3029こちらは、「大くまモン展」の特別衣装



SHV39_3030そして、別所にあった加藤清正の衣装を着たくまモン



SHV39_3031くまモン関係のものもいくつか出ておりました。


最初は、芦北郡芦北町にあるもなりおの「くまモンの人形焼き」の袋。結構オシャレですね。



SHV39_3032そして中身。思ったよりクオリティが高い。
なお、今回の中身はあんこです。



味はいわゆる大判焼きと一緒だと思います。あんこは少し甘い感じがしますけど、あっさりしていると思います。


SHV39_3034もう一つは、両口屋是清の「千なり ~くまモン 加藤清正パッケージ~」
熊本県産の抹茶を使用した抹茶粒あんを挟んだJR名古屋高島屋限定版です。加藤清正は、名古屋(清洲)時代から縁のある人ですからね。



SHV39_3035中を見ると、にっこりほほ笑むくまモンの姿が焼き印で描かれています



千なりそのものが美味いから、抹茶あんになっても美味い。もっちりと甘い皮も渋甘なあんに合うのもまた素晴らしい。


SHV39_3026最後は、熊本市西区にある熊本ラーメン 黒亭の「肥後あそび豚の黒亭担々麺」
白ゴマのたっぷり入ったラー油の入った豚骨スープカシューナッツ、肥後あそび豚のそぼろ、自家製の焦がしにんにく油、ほうれんそうが入っています。



スープそのものは重い感じになっていて、ゴマのコクが利いているわけですけど、麺ともう少し絡んでもいいかな。そして、あまり辛いわけではないのに汗がよく出る(苦笑)。何でだろう。しびれる味わいがあったように思えたので、山椒が入っていたのだろうかなぁ・・・。


この催しは明日(4/16)までです。最終日なので17時閉場になるのでお気を付け下さい。今回は偶然熊本関係になってしまいましたが、他の地域の特産品もたくさんありますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:10Comments(0)