2016年05月26日

食べるポカリとも飲むゼリーとも

大塚製薬 ポカリスエットゼリー 180gX12
最近コンビニを中心に見掛けるようになった大塚製薬の「ポカリスエット ゼリー」(クリックすると12個入りが購入できます)。新商品だからなのか、JRに乗っていると宣伝広告が貼ってあるのをよく見掛けていました。ところが、実際に目にしたのは5月に入ってからのような気がするんですよねぇ・・・。まぁ、よく探していなかったと言ってしまえばそれまでですけれども(ニヤニヤ)。


この商品、粉末・ドリンクに次ぐ36年ぶりの新形態だそうで、「素早く吸収」・「長く潤す」という特徴はそのままに、食べて水分補給という手軽さと小腹を満たせるという点、そして携帯性の良さが新たな特徴になっているとのこと。



実際頂いてみましたが、ゼリーなのでよく冷えます。そしてのど越しがドリンクタイプよりいいなぁと。しかしながら、ゼリータイプであるが故か、少し水っぽいというのか味が薄いと思いましたね。もう少し濃く(どちらかというと酸味のあるあの味わい)てもいいかなと思っています。ドリンクタイプの濃さがゼリーになってくれれば最高なんですけどねぇ。それは難しいのか、濃すぎて身体が受け付けないのか、いずれにしても何かあるんだろうね。あと凍らせられないのかなぁ?


これからの季節、暑さ対策には丁度いいのかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年05月10日

SOYJOY、久しぶりの新味

ISW11F_0455大塚製薬から発売している「SOYJOY」。
この「SOYJOY」、大豆を使った低GI(グリセミック指数)食品として、忙しい人だけでなくダイエット中の人も手軽に食べられる食事(注:分類上はお菓子)として展開されています。
長らく新商品が出ていなかったように思ったのですが、最近コンビニでピーナッツ味という新味を発見
大豆主原料にクラッシュしたピーナッツという、豆と豆の夢のコラボレーション(笑)ですけど、美味しいんでしょうかねぇ・・・。



で、その味は思った通りというのか。ピーナッツの香ばしい味と噛み応えのある食感が大豆にも合うんだねと。甘めの味付けになっていますが、ピーナッツから来るものではなく、アガベシロップという植物由来の甘味成分から来ているのだそうな。その甘めの味付けもねっとりと来るものではなく、じわっと来るものになっているので、水気が欲しくなるような嫌な甘みではないですね。


これはストロベリー・レーズンアーモンド・バナナCaプラスと並んであったら買いたい商品ですなぁ。あとは値段がもう少し安ければなぁ・・・。


ソイジョイ ピーナッツ 30g×48本ソイジョイ ピーナッツ 30g×48本 [食品&飲料]



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月21日

新しいポカリが登場・・・と思ったら

既に7年前(2006年)に出ていたのね(苦笑)。


今月、ポカリスエットシリーズの新商品として、ポカリスエット イオンウォーター(以下新商品)が販売されました。名古屋市内でも大須で試飲も兼ねて無料配布が行われていたので、それをきっかけに知ったという人も多かったことでしょう。一部ではなかなか置いていないというところもあり、もしかすると売り上げは悪くないのかもしれません。


ISW11F_0358レギュラー商品との比較で並べてみた。
左がレギュラー商品、右が今回の新商品。少しだけ青の色が薄くなっています。パッと見、一昔前まで販売していたポカリスエット ステビアみたいとも思ったのですが、あれはもう少し緑がかった青だったような(新商品はどちらかというとライトブルー)

ちなみに、今回の新商品とレギュラー商品とは若干材料構成比が違っています



今回、新しく出たので飲み比べてみることにしました。
その味はというと、新商品の方が甘味は抑え目で酸味が若干強調されている感じがしますレギュラー商品の方が甘味酸味のコントラストが強く(それでも甘味が強い)、若干ねっとりとしたものを感じられたので、新商品との飲み比べをするとよくわかるかと思います。そういった点では、日常的に飲めることをコンセプトにし、スポーツドリンクの枠を超えて飲まれるように調整されたとも言えるでしょう。


個人的にはレギュラー商品でも十分だと思うんですけれども、水代わりに飲むのであれば、これくらいのあっさりさと甘味酸味のバランスが丁度いいのかもしれません


大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター 500ml 1ケース(24本)大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター 500ml 1ケース(24本)



大塚製薬 ポカリスエット 500ml 24本セット大塚製薬 ポカリスエット 500ml 24本セット



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:04Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月10日

秋の新アニメ2011 その8 ベン・トー

秋の新アニメ、8回目は集英社のライトノベル(スーパーダッシュ文庫)が原作の「ベン・トー」です。
宝島社が行っている「このライトノベルがすごい!」で3年連続入賞(2009で新規6位、2010で総合8位
2011で総合5位)している実力派の作品
ですが、なぜかコミック化されても5回で打ち切りという不可思議な動きもあります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表示)。


佐藤洋は今年烏田(からすだ)高等学校に入学した学生で、熱狂的なセガ信者の父母の下で育てられた。今は近くの学生寮から通っているが、そこでは自主性を重んじるという理由で、朝食以外は提供されていない。そのため、自炊を求められる彼らは、金銭的事情も相まって近くのスーパーで買い物をせざるを得なくなる
そのスーパーでは、閉店数時間前になると、残った弁当や総菜に半額シールが貼られるようになるそれらを巡って血を血で洗うような壮絶なバトル『半額弁当争奪戦』が繰り広げられていた。そんなことも知らなかった洋は、知らないうちに巻き込まれ、惨敗。

後にそこで出会った白粉花(おしろいはな)と共に通い詰めることで事態を知るのだが、そこで活躍する『氷結の魔女』という二つ名を持つ槍水仙(やりずいせん)やスーパーの店員から、『半額弁当争奪戦』の詳細を知ることになる。そして、槍水の所属する『半額弁当争奪戦』を切り抜けるための部活、ハーフプライサー同好会に半ば強引に所属させられることになる



というふう。


シリアスギャグアクションということで、作品の随所に格闘シーンが出て参ります。ただ、何でか知らないんですけど、面白いのにスーパーの中で暴れているシーンが出てくると不快感が出てくるんですよねぇ(苦笑)。食べ物を粗末にしてるんじゃないかとか変に考えてるんだと思えて思えて・・・。
それでも、初回の見せ方としてはかなりいい方で、キャラの紹介も非常に上手いと思うんですよ。それでいて作中の小ネタというのかギミックが凝ってる(♪おさかな天国が流れてきた時には正直吹いた(笑))。あと、生鮮品が空になるのは仕方ないとしても、基本的にグロッサリー(菓子や缶詰などの置いてある)棚が空っぽになるスーパーは失格ですから、スーパーとして(非常時除く)。

あと、セガと大塚食品が公式に監修している(セガは夏アニメの「猫神やおよろず」でも監修している)ので、その系統の商品はリアルですな。今のところセガのセガサターンと大塚のSOYJOY・カロリーメイトが登場していますけれども、作品が進むと、オロナミンCやポカリスエットとかも出てくるんでしょうなぁ・・・(さすがにセガ作品は展開的に苦しいかなぁ)。


思った以上に面白い。しかし、なぜか食品を巡って争うシーンを見ると野比玉子的な視点にならざるを得ない発想は面白いんだけど、こういう作品が楽しいと思えなくなってきたのは歳のせいですね、そうですね(泣)。


放送時間などの詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(0)TrackBack(0)