2013年11月20日

秋の秘境駅ツアーに行ってきた⑤

ISW11F_0240飯田線の秘境駅を巡る旅、前回で終了となりましたが、急行「飯田線秘境駅号」は起終点の豊橋と飯田、途中駅の天竜峡駅(列車によっては平岡駅にも停車)以外にもう一つだけ止まる駅があります。それが今回紹介する大嵐(おおぞれ)駅です。



ISW11F_0241大嵐駅は、静岡県浜松市天竜区(旧水窪(みさくぼ)町)にあるのですが、位置付けとしては少々特殊です。



ISW11F_0242その前に特徴的とも言えるのは、人のあまり乗降の無い駅には失礼ながら立派すぎる駅舎東京駅のそれをモチーフにしたと言われています。
ここまで立派な理由は、駅舎そのものが休息所を兼ねたところになっているため。そういうことから、駅舎内には有志が置いたクッションのある腰掛けがあります。



ISW11F_0239駅から歩いてすぐ、駅からもよく見えるところにあるのが、鷹巣橋。



ISW11F_0243この鷹巣橋、愛知・静岡の県道ということもあり、非常に立派なものです。
で、先程の話。この駅は静岡にあるのにもかかわらず、川を挟んだ隣にある愛知県豊根村(旧富山村)の玄関口として機能しているからです。



ISW11F_0244というわけで、駅側の岸には静岡県浜松市の看板



ISW11F_0245橋を渡れば、そこには愛知県豊根村の看板があります。歩いて5分も掛からないところにあるので、非常に身近です。



ISW11F_0246鷹巣橋から遥か先に見える大嵐駅。



その後は、豊橋駅までノンストップ(車両入れ違いのために、降りられない途中停車はある)。車内からですが、S字鉄橋も見てご満悦させて頂きました。


お土産には乗車証明書とりんご(天竜峡で作られたものらしい)を頂きました。りんごはシャキシャキしてて美味しかったですね。


もう少し天竜峡で時間を割いてくれればいいのですが、メインはあくまで秘境駅探訪・・・と思っている人には十分楽しめる旅になるのではないのでしょうか。特に鉄道マニアの方々は歓喜されるのではないかと。普段はどうやって乗車スケジュールをやりくりしても1日では難しいですものね・・・。しかもタイムロスが多いですし。


今年の秘境駅の旅はもうすぐ終わりになるので、来年ないしは別の時期に行われる同種の旅にご期待下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0)