2018年04月15日

FC岐阜観戦記2018 第4節 連続長良川劇場 半分、青い

「NHKの朝ドラ(連続テレビ小説)じゃねーか!」
・・・そういう人もいらっしゃるかもしれない。でも、長良川競技場で行われる試合の中には、時折スぺクタブルな展開を見せることがあり、長良川劇場とも言われることもあるのよ。
で、「半分、青い」というわけだ。確かに今回の朝ドラは岐阜県の東濃地方を舞台にした「半分、青い」という作品で、今日ホームタウンデーで来ていたのも多治見市という東濃地方の中心地。そして、今日の相手である徳島ヴォルティスも偶然ながら青。半分じゃないけど、スタジアムのほぼ半分が青いわけですよ。
その徳島は、昇格候補と期待されながらも、ここ最近は東京ヴェルディにフルボッコにされ、栃木SCには引き分ける内容で、思った以上にいばらの道を歩んでいたわけです。
しかも、東京V戦で元FC岐阜の選手だったシシーニョ選手が2枚イエローカードをもらって退場処分となり、翌試合の栃木戦は出場停止という有様。ちぐはぐな印象が否めないですね。

対して岐阜は、愛媛FC戦に勝った後、勝ち星には恵まれず、ヴァンフォーレ甲府戦では接戦の末敗退(フルボッコになってしまいかねなかった)。その後の東京V戦では守備に重点に置いたのが功を奏し、調子の良い東京Vをスコアレスドローで抑え込むことに成功しています。
勝ち星には恵まれていないけど、攻撃一辺倒なチームに少しずつ守備の意識が植え付けられ始めているのかなという印象が。ただ、守備がいいと攻撃が忘れられる、つまり精度が悪くなるいうふうになってしまうのが、昔も今も岐阜の『伝統』であるわけでして・・・。そこの部分の改善を今日の試合できればいいのかなと思って見ておりました。


SHV39_3013今日は昨日まで降った雨が少し残り、あまつさえ風が強かった。
岐阜に着いた頃には雨は止んだものの、写真のように風は収まらず。ところが、この後すごく晴れてきて、風もほぼ収まるんだよね。強い時もあったものの、試合前の強さは何だったんだろうという感じにまで収まってしまうのだから、長良川劇場は時に恐ろしい・・・。



SHV39_3024今日の対戦相手徳島は、何と徳島県からバス移動。デイマッチだからできたのかなと思う。ナイトマッチならそのまま一泊かもね。
名古屋からバスで徳島に行った(去年のアウェイ戦参照)時、5時間ほど掛かった気がするので、まぁまぁ大変な移動だったと思うぞ。
・・・でも、最近バス移動ってトレンドなのかしら(ニヤニヤ)?



SHV39_3010そして今日は多治見市・揖斐川町のホームタウンデーだけでなく、FC岐阜ガールズフェスタ、ナガラジェンヌデーなのよね。
ゆえに、いつも飛騨牛コロッケを出している店が、色気を出してハート形の飛騨牛コロッケを揚げていた
ちなみに、女性限定の物だったのだが、すぐ揚げますと言っていた中、いいよ今あるのでと言ったら、これだった(汗)。限定の物もらうのは悪いから、つまり事情を知らなかったので、揚がるの待つよと言ったものの、いいよいいよということでもらったのだ(代金は支払っているぞ(ギャハ))。
・・・すいません、無理言ってしまいまして悪気は無かったのよ。そして、無理強いしたわけじゃ無いからね!<疑われるぞ。



SHV39_3015今日の試合、岐阜にとっては特別な試合になったのは、言うまでもありません
元岐阜の選手、シシーニョ選手と大本祐槻選手がスタメンで登場することになりました。双方共岐阜の中核を担っていた選手だったので、移籍の話が出た時、とても驚いたものです。特に大本選手の移籍が決まった時には、まだルーキーだろうという選手でさえ、徳島は歯牙に掛けるのかとさえ思うと、怒りさえ感じる。それに結果的に付いていく格好になった大本選手への怒りは一定数あったようで、メンバー紹介で唯一ブーイングが起こったんですね。同じ移籍したはずのシシーニョ選手には拍手、FC岐阜の所属経験の無い岐阜(多治見市)出身の杉本太郎選手にも万雷の拍手だったのに。

なお、大本選手は今日が初スタメン。しかも岐阜時代にはあまり就くことのなかったポジション(大本選手がミッドフィルダー、シシーニョ選手がフォワード)だなんてリカルド・ロドリゲス監督は一体何を考えているのだ・・・。



そんな異様な雰囲気が漂い始めた試合、ええ嫌な予感が的中しました。
試合中、大本選手にボールが回っただけで、かなりのブーイング。ホントにボールが回ってくるだけでブーイングが起こるなんて、過去のFC岐阜出身の選手の中ではあり得なかったことですよ。私の知っている限り。
それでも大本選手は気持ちを切らさずにプレーしていました。その気持ちに応えていたのか、岐阜対策をバッチリ組んでいたのか、はたまたフィジカル面で上回っていたからなのか、前半は徳島ペースで事が運んでいきます
とはいえ、前節スコアレスドローに持ち込んだ岐阜の守備力は落ちていなかった阿部正紀選手をはじめとする守備陣の奮闘もさることながら、田中パウロ淳一選手など攻撃陣も守備の役割をこなしていたあたり、大木武監督が述べていた守備の意識は確かに高まっているようです(じゃあ何で練習試合で東海リーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに負けたんだと(以下略))
そうなると攻撃が疎かにならんかね・・・と思ったら、やっぱり攻撃力が落ちてしまってるのかなと思わずにはいられない精度が落ちているんですね。決めてほしいシーンはあったけど、今回徳島はかなり堅い守備を敷いていたので、今回の精度の悪さは目をつぶってもいいかもしれないですわ。ただ、精度を上げていく練習は怠るなよと言っておきましょう。


SHV39_3018後半もこう着状態に陥っていた中、徐々に岐阜が息を吹き返し、徳島が焦りの色を見せ始めた64(後半19)分、突然スプリンクラーが大暴走。まさに試合に水差す格好になりました。それでも愚直に右(メインスタンド側)を攻めてる岐阜イレブンは、アカンたれやないかい(汗)。滑るっちゅーねん。



SHV39_3020焦りの色を見せていた徳島は、この一件以降、徐々に落ち着きを取り戻し、岐阜のゴールマウスを狙うものの、ビクトル選手の神掛かっているセーブを決め死守し、精度の悪いシュートにも助けられ0点に。岐阜も少ないチャンスを生かそうとするものの、相手守備陣の奮闘と精度の悪いシュートで0点のまま。前節と同じくスコアレスドローになりました。



SHV39_3023試合後、シシーニョ選手と大本選手がやって来てくれました
本当に大本選手にはブーイングが酷すぎて申し訳ないと思いました。それでもなお、大人の対応をしてくれた大本選手には感謝したい連れてきてくれたシシーニョ選手には、まだ若い大本選手を支えてあげてほしい。


この場を借りて言いたい。
悔しい・裏切り者と感じるのはわかる。だからといって、あそこまでブーイングするべきなのか。だったら同じ移籍組のシシーニョ選手には何もなかったのはなぜだ?彼は出ていくことは至極当然だったから、あきらめていたからしなかったのか?そうだとしたら、それは弱い者いじめの論理と同じなんじゃないかと。
大本選手の移籍は、止めなかったないしは止められなかった岐阜のフロント、強奪なのか否かは置いておいて、彼を意地でも獲ろうとした徳島のフロント双方が悪いわけで、大本選手は恐らく罪は無い。ステップアップしたくて移籍を決めたのなら、それを尊重すればいい。嫌な環境だったなら、サポーターも含め、どう改善すべきか考えるきっかけにすればいい。彼がわがままを言わない限り、繰り返しますが、彼に罪は無いのです。

私も2人の移籍には怒りを覚えています。そして埋められない穴に苦しんでいるとも感じています。
しかし、ここ最近は一筋の光明が射しているではありませんか。大きな損失があっても、岐阜は10年以上J2に生き残っているではありませんか。運に助けられている部分はあれど、選手が一丸に頑張っているから今があるんですよ。それを大本選手に執拗なブーイングを行っていた人達は忘れていないか?5年しか応援していない(つまりは最も苦しい時代を記録の中でしか知らない)私でもそれを思ったのに・・・。
だからこそ、怒りを覚えても、過ぎたこととしてもう受け止めるしかない、そう考えるしかないでしょう。今は彼らが徳島で活躍することを願うのが本当のサポーターなんだろうと。もちろん、何らかの形で岐阜に戻ってきてくれたら大歓迎ですよ。
まだ、岐阜のサポーターは『半分、青い』。そう感じました。



SHV39_3021ちなみに、次のホームの試合は白山ダービー、そうツエーゲン金沢との一戦になります。
佐藤洸一選手が取り返すとか煽るもんだから、岐阜サポからブーイングが起こるのは、ある意味お約束(笑)。こんなブーイングは、悪いことじゃないのよ。ブーイングの意味を履き違えるなということですわ・・・。



その前にファジアーノ岡山とのアウェイ戦が待っています。
ファジフーズも楽しみ・・・ですけど(笑)、首位を維持している岡山にどう挑むのかが楽しみですよ。何とか岡山の暴走を止めて他のチームを阿鼻叫喚に陥れてやりたいですな(ニヤニヤ)。それだけのことはできるんだよ。やれる、絶対やれるから!この2試合で得た自信と反省(対策)両方生かせるようにしよう。


SHV39_3012おまけ
CCNのステージ観客席にまだ誰もいないから、ギッフィー客席に座る(笑)。サボるんじゃねー(爆)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2017年12月26日

大木監督、来年大丈夫なの!?

個人的にはすごく動揺しています(泣)。
FC岐阜の2選手、シシーニョ選手と大本祐槻選手、が徳島ヴォルティスへと移籍することになりました。シシーニョ選手はある程度の覚悟は決めていたものの、大本選手は無かったわ・・・。移籍マーケットで候補には挙がっていたものの、入団初年度の選手が引っこ抜かれるのはまずないと言われていただけに、この不文律を破った徳島、絶対ぶっ飛ばす!<そう言っている時は、たいていできない(苦笑)。


で、現状はどうなのかというと・・・(この部分は敬称略。◎は契約更新、★は期限付き移籍、☆は新入団(移籍含む)、未は契約未更新)。


GK
ビクトル(◎)
原田祐輔(☆)
岡本享也(☆)

DF
阿部正紀(◎)
甲斐健太郎(未)
福村貴幸(★・未)
竹田忠嗣(☆)
藤谷匠(☆)

MF
青木翼(DF出場多し・◎)
田中パウロ淳一(FW出場多し・未)
庄司悦大(未)
風間宏矢(FW出場多し・未)
田森大己(DF出場多し・未)
小野悠斗(◎)
永島悠史(★・◎)
三島頌平(☆)
島村拓弥(☆・★)

FW
古橋亨梧(◎)
薮内健人(◎)
難波宏明(未)
石川大地(☆)


まぁ、GKはビクトル選手で決定でしょう。

DFはファジアーノ岡山から移籍した竹田選手が軸になって、阿部選手と福村選手がその次に来ると思います。まだ福村選手の去就が決まっていないので何とも言えないのですが、最後のマスは田森選手となり、ポジション的に決定なのではないかなと。
ただ福村選手がレンタルバックとなると、青木・甲斐・藤谷の3選手で争う感じになるのでしょう。
大本選手が抜けたので、福村選手の重要性が高まったのですけど、大本選手が抜けることを見越して竹田選手を入れたのならば、大木監督と編成の勘は冴えているなとも。

MFは大混戦になるでしょう。シシーニョ選手という核がいなくなるので、必然的に庄司選手と小野選手が核にならざるを得ないでしょう。ただ、庄司選手・シシーニョ選手がいなかった時に小野選手は上手く立ち回っていたので、問題ないのではと思います。
個人的には、ポストシシーニョは田中パウロ淳一選手だと思っています。元々MFの選手。かつ屈指のドリブラー。ドリブルで選手を抜く点ではピカイチの能力を持っています。そして今年1年FWをやってきたことで、得点力も増したと思っています。中距離からのシュートの正確性が増せば、彼は怖いMFになれると思いますよ。
ということで、庄司・小野・パウロの3選手でいかがでしょうか。

FWは古橋・風間両選手で左右を固め、中央は誰にするか。
たぶん現状のメンツなら難波選手なんでしょうけど、ここまで外国人が抜けてしまうのであれば、今年韓国に行ったレオミネイロ選手を呼び戻してもいいのではないかと思います。シシーニョ選手の代わり・・・というわけにはいかないものの、スピードがあり、2年の期限付き移籍の間に得点を決める力は徐々に養われていったと思っています。韓国に渡ってもKリーグで7点獲っている(その後Kリーグの下部に期限付き移籍)のは、それなりにいい動きをしている証左だと思います。得点源として中央にレオミネイロ選手、またはそのような選手を据えられないかと感じています。


ただ、まだ年内の営業はありますからね。あと1日で決まっていない選手が決まるのか、また大きな移籍の話が出てくるのか、戦々恐々で待つことにしよう(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:36Comments(0)

2017年07月09日

FC岐阜観戦記2017 第11節 今日のMOMはオ・ウンゴル選手です!

FC岐阜、今日は京都サンガFCと戦いました本日から後半戦開始になりました。
京都との前の一戦は5/27まだ2か月も経っていないのに、もう2戦目になるのですね。その間、双方苦しんでいたようで。まぁ、岐阜の2ヶ月以上勝てないという事態に比べたら、マシマシ(ニヤニヤ)。そうだよ、その間の勝てない試合は京都戦も含まれているんだよ、ちくしょう(爆)!しかもあの時の試合は、勝てたはずなのに、引き分けに持ち込まれたというふうでしたね。もっと攻め込まないといけない時に、岐阜の選手の足が止まり始めて、京都の逆襲に呑まれる格好になったんですか。田中マルクス闘莉王選手が途中出場にもかかわらず、あそこまでやり込められてしまったのだから、ここは勝ってギャフンと言わせたいです。

そういえば、今日はヘニキ選手がお休みだった。入場時にヘニキ選手が並んでいてちょっとしたサプライズになっていました。もう皆ヘニキ選手にハイタッチじゃ飽き足らず、握手や写真撮影までしている始末。改めてヘニキ選手の人気の絶大さに驚かされる。
あと、宮田社長がスタジアム内に出没していました。これまた珍しい。入場時にしかいないことが多いのにね。奥さんもいたらしいよ。


SHV32_1116そんな今日の試合、いつもならぎふチャン(岐阜放送)とメ~テレ(名古屋テレビ)のコンビなのに、なぜか中京テレビが来てた
正式なものは無いのですが、メディアパートナーはテレビ・ラジオ放送の場合、スポンサードしている先述のぎふチャンとメ~テレ(新聞は、岐阜新聞と中日新聞)ですから、スポンサードしていない中京テレビが一枚噛んでくるのは珍しい。この前も、CBCテレビの番組でシシーニョ選手が特集されていた経緯もあるし、名古屋の放送局との関係を深めたいのですかねぇ?



SHV32_1118今日は美濃市ホームタウンデーということもあって、末広堂のバニラアイスモナカを買ってきました。これで100円は激安です!
暑いスタジアムでちょっとしたクールダウンになりました。できれば夏の間毎試合出店してほしい(ニヤニヤ)。



SHV32_1120こちらは、おせんべいの詰め合わせ。
この日は八百津町のホームタウンデーでもありました。八百津町は元外交官の杉原千畝さんの生まれ故郷。リトアニア外交官時代、カウナスの街に押し寄せたユダヤ人にビザを支給したのは有名な話で、映画化もされました。
そのカウナスの旧日本総領事館(今は杉原記念館)が、老朽化に伴い修繕が必要になったとのことで、寄付金を募っていました
私も名古屋市民ながら、微小ながら寄付させていただきました。その時にもらったものです。

実は、名古屋市は杉原さんが幼少期~旧制中学時代を過ごした場所でもあるんですね。現在の中区金山周辺(丁度市民会館のある辺り)に家があったそうで。最近平和小学校から瑞陵高校までの道のりが千畝ロードとして整備されました。いつか取り上げたいなと思っております。こうご期待。



SHV32_1121試合に関しては、若干京都押し気味ながらも、岐阜も要所で攻撃を仕掛けられるふうで、これはもしかしたらイケるかもしれないと思ったほどです。
そうしたら前半28分、京都の選手からシシーニョ選手がボールを奪い取り、そのまま敵陣ペナルティエリア付近まで直行。そのままシュートかと思ったら、サイドに来ていた難波宏明選手にアシストして、シシーニョ選手にキーパーが引き寄せられてがら空きのゴールへ蹴り込んで先制!シシーニョ選手が直接決めてもイケたんじゃないかなと思ったけど、冷静な判断力で得点に結び付けてくれました。今回はパスが生きたと思います。

しかし、京都もそうやすやすと引いてくれない前半39分には、最も警戒しなければならない田中マルクス闘莉王選手にスローインからのセットプレー→クロスからのシュートを決められ、前半45+1分には、小松屋知哉選手のミドルシュートが決まって一気に逆転。ちょっと抜かれすぎたし、2点目はビクトル選手取れたかな・・・。ともかく、嫌な流れを醸し出しながら前半終了となりました。


ところが今日の岐阜は、そこで崩れなかった。全員で立て直そうと集中していました。
それが後半1(46)分、キックオフ早々ながらきれいなパスワークが決まり、最後は大本祐槻選手が決めてすぐに同点に。その後も岐阜の押せ押せムードが続く中、後半9(54)分に運命の時がやって来ます
大本祐槻選手のクロスボールを外に出そうと思った染谷悠太選手のヘディングが無情にも京都のゴールに・・・。そう、オウンゴールを誘発してしまったのです。てっきり大本選手の2点目とばかり思ってたんですけど、映像見たら、これはきれいなオウンゴール(苦笑)。岐阜の押せ押せムードが敵失を誘発したと言ってもいいでしょう。

その後は、京都の足が止まっていたものの、そこは京都1000年の伝統のなせる業(爆)なのか、必死になって岐阜のゴールポストをこじ開けようと躍起になりましたが、何とかビクトルのセーブでしのぐというふう。もちろん、それ以前に全員で防いではいたけどね。ちょっと危なかった。何せ主審が窪田陽輔さんだし(汗)。<徳島ヴォルティス戦のことは忘れないぞ!
危なっかしいシーンが散見されながらも何とか守り切り、3-2で岐阜は11試合ぶりの勝利をもぎ取ったのです!



SHV32_1122喜びを爆発させる岐阜のファン・サポーターの面々。この後の万歳四唱も気合の入ったものに。



後半戦初戦を勝ちでターンできたのは、よくやったの一言。相変わらず課題(特にまた見せ始めている得点後すぐの失点)はあるものの、今は勝ってよかったとも。ホントに今日勝てなかったら、タイトルは「遠い夜明け」にしようかと思ったくらいだわ(爆)。普通に選手が決めていたら「明けない夜明けなどない!」と堂々としていたんでしょうけど、今回は最後がウンゴル選手なので、こうなったと(苦笑)。

とにかく勝ってよかった。このままズルズルと定位置に落ち着くんじゃないかと思っていたから・・・(泣)。だからこそ、ここを反転攻勢のきっかけにしたいところ普通の連勝は難しいにしても、せめて引き分けを挟んでの連勝をできるようにしていこう。そうすれば、少しでも勝ち点を積み重ねられるので。


次の試合は、7/12の天皇杯3回戦です。相手はJ1のサンフレッチェ広島。
前にも書いたように、J1チームにフルボッコされてしまった影響で、監督交代に至ったチームです。立て直しのためにベストメンバーで挑んでくることでしょう。本当ならメインの選手を休ませたいところですが、ここは相手の胸を借りる格好で、こちらもベストメンバーで挑みたいところです。ホームですからね。いいところ見せたいよね(ニヤリ)。

次のリーグ戦の試合は、7/15の横浜FC戦です。相手の横浜FCは4連敗のようなので、次の横浜FCのホームであるニッパツで負けられないと奮闘することでしょう。短い間隔で試合をすることになる岐阜は少し不利でしょう。だからこそ、サブメンバーも含め総力戦で挑んでもらいたいです。

次のホーム戦は、7/22の町田ゼルビアFC戦です。いよいよ新マスコットが誕生します。『世間』はキヅール一色ですが、うちのマスコットもそれに負けないくらい活躍して・・・ほしいなぁ(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)

2017年06月25日

FC岐阜観戦記2017 第10節 異常事態

FC岐阜、今日はジェフユナイテッド千葉・市原と対戦しました。
思えば、今シーズンももうすぐ前半戦終了今日でホーム前半戦が終わります。
実のところ、5月の大型連休を過ぎてから勝てないのは去年も今年も同じ引き分けの数が違うだけで、深刻具合はあまり変わらないんじゃないかと危惧しております。

そんな中、6/21に天皇杯2回戦が行われました。相手は徳島ヴォルティス同じポカスタで悲劇を味わったのだから、絶対にリベンジを願っておりました。その願いが通じたのか、0-3で完勝。まぁ、徳島は若手中心だったから勝てるべくして勝ったのかな・・・(汗)。岐阜はほぼベストメンバー状態。「疲労度?関係ないね!」とシャブで捕まった某タレントのセリフが思い浮かびました(苦笑)。
これにより、7/19の第3回戦に進出することになりました。相手はJ1のサンフレッチェ広島キャンプの時にトレーニングマッチで対戦して以来ですね。その時はフルボッコだったんですけど、今は広島自体がJ1でフルボッコ(爆)。この精神的ショックを引きずってるかなぁ・・・。なお、会場は長良川競技場になります。
ちなみに、元岐阜の野垣内(のがいと)俊選手が所属するJFLのヴァンラーレ八戸も同日名古屋グランパスと対戦します。残念ながら八戸送りではなく瑞穂で戦うので、かなり名古屋有利なんですけど、去年は名古屋港サッカー場でJ3の長野パルセイロAC相手にやられてますので、その再来を期待したい(ニヤニヤ)。
いやぁ、岐阜も見に行きたいけど、平日だから瑞穂で野垣内選手見たいなぁ・・・。まぁ、どっちも行かないという選択肢もあるけどね(ギャハ)!


SHV32_1066今日は、美濃加茂市ホームタウンデーということもあり、美濃加茂焼きそばが売られていました。その時、買った特典の一つとして、ピンバッジをくれました
イラストは、元岐阜所属で、今はスクールの先生になっている益山司さんですね。彼は美濃加茂市出身ですから。
なお、「のうりん」のコラボ米も売られてました。あとは「ばたぁどらやき」買えばよかった・・・orz



SHV32_1060今日は朝から雨。開場時も雨がざざ降りだったので、屋根付きに避難。私、雨に降れると溶けるんです(爆)。<ウソつけ!
雨の試合というと、水戸ホーリーホック戦以来ですね。約2か月間雨が降らずいい天気で開催できたのですから、もっといい成績を挙げてお客さんを呼ばないと


今日はゲーフラ作成講座も相まって、ゲーフラデーの模様。ゲーフラデーは荒れる試合が多いそうで。
しかし、こんな日でもお客集まってるねぇ。1000円効果だけじゃないと思うのです。着実に層は広がっていると思います。だからこの広がりを無駄にしないで・・・。


ちなみに、こんなところにいたにもかかわらず、「ファジアーノ岡山戦来てましたよね?」と話しかけて下さった方がいらっしゃりまして。いわく、DAZN(ダ・ゾーン)に瞬間ながらも居抜かれたらしい。アイヤー(汗)!これはテレビ放送でも流れてるな(大汗)。
・・・気の利いた一言も言えずすいませんでした。わざわざ来て頂いたのに。



SHV32_1062試合はというと、開始前から雨は止み、雨が降っていたと思えないほどいいグラウンドコンディション(水戸戦の時は蹴ってもすぐボールが止まるほどの、いわゆる『田サッカー』だった)少々千葉に押され気味ながらも、前半14分に千葉がくれたチャンスを大本祐槻選手が見事に決めて岐阜先制。しかし、その後千葉の粘り強い攻撃で追い付かれ、同点に。それでも、前半アディショナルタイム(45+1分)に古橋享梧選手が決めて逆転した・・・と思ったら、直後に入れられて追い付かれる。このまま終わるかな・・・と思っておりました。だってお犬様、慈悲深いお方だから(ギャハ)。

そう思っていた私がバカでした!
後半になってから、千葉の怒涛な攻めが無慈悲に襲い掛かったのです。
後半開始直後に、ロアッソ熊本から移籍した清武功暉選手が一気呵成の攻めで岐阜守備陣を翻弄し、シュートまで持ち込み逆転したことで、岐阜の守備陣が立て直せない状態に。
ミドルレンジでシュートを決められるわ、きれいにクロスからのシュートを決められるなど、サッカーのお手本を見せられましたわ・・・。まさに、「なさけむよう」(爆)。往年の迷作「ピットファイター」のセリフが思い浮かびました。
そこから、何とか古橋・永島悠史両選手が追加点を挙げるものの、途中出場の選手がきれいに決めて万事休す
最後は写真のようにビクトル選手も飛び出したパワープレーまで行うのですが・・・。




SHV32_1063最後の最後で決まらず、そのまま試合終了。乱打戦は千葉が制す格好になりました。
よくも終盤粘っているけど、V・ファーレン長崎の時のような奇跡は、そう簡単に起こせないんだよ・・・。正直前半アディショナルタイムに追い付かれたあの1点と後半早々に食らったあの1点が余計でしたね。あれさえなければ、試合展開は大きく変わっていたことでしょう。ホント守備何とかしろ当初は負けていてもよくハマっていたはずなのに・・・。


何がいけないんだというくらい勝てない異常事態。まだ16位で粘っていますが、下位のチームに推進力が付いて来たら、またボトムズ争いに巻き込まれるで。
さすがにこの試合は堪えたのか、後半半ばからかな、ずーっと選手が引き上げるまで、♪FORZA FC岐阜のチャントだけが歌われるというふうに。これもこれで異常事態やで。サポーターが、その曲しか歌えないほど、選手に檄を飛ばさないといけないんですから。バラエティに富んだチャントで行かない。これは選手も何を意味しているのか考えた方がいいですよ。



こんな状況で、アビスパ福岡線を迎えるのが正直怖いです。前半戦最後の試合。ここで勝てないと、後半戦もズルズル勝ちなしの試合が続くのではないかと思います。実際6月は天皇杯を除いて勝ちなし(2敗2分)ですから。
どうしてこうなったのか、深く鋭く分析して、いい加減負けないしは引き分け癖を直していかないと。最低でも引き分けも悪くはないですが、できるだけ勝ちにこだわった試合をしてほしいです。負けになりそうな中で引き分けに持ち込むのは構わないですけど、勝っていたのに最後引き分けは、いい加減無くそう


SHV32_1061おまけ。
よーくご覧下さい。
岐阜46分に古橋選手がゴール。千葉47分に指宿洋史選手と清武選手が両方ゴールしてる(爆)。
・・・実は、表示ミスなんですよね。その後、45+1分、45+2分、47分にそれぞれ修正されました。



ピットファイター MD 【メガドライブ】
ピットファイター



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)