2017年11月15日

寿がきやといったら・・・

SHV32_1609ラーメン・・・と思う人が多いでしょうけど、個人的には、寿がきやといったら、味噌煮込みうどんを思い浮かべるわけです。
寿がきやの味噌煮込みうどんは、結構有名で、カップ麺だけでなく袋麺や生麺でも売られるほどメジャーな一品です。

そして、ローソンからも販売しております。しかも、名古屋のある東海地方だけでなく、北陸でも売られております先日金沢に行った時にも見掛けたもの。寿がきやの調味の素を使っているので、ある意味『本物』です。



食べてみて一目瞭然。あの味だわ(笑)。
普通は、少し渋い味なのですが、こちらは少しだけ食べやすくなっています。とはいうものの、濃い味は健在。寿がきやの味噌煮込みを食べたことのある人なら、納得の味だと思います。


地元民なら落ち着くあの味。他の地域から来た人なら驚きの味。ワンコイン価格ですけど、美味しいので是非に。「名古屋名物」は伊達じゃない!


寿がきや みそ煮込みうどん 91g×30個
寿がきや みそ煮込み 91g×30個



寿がきや みそ煮込みうどん 生うどん 6食セット(3袋)
寿がきや みそ煮込みうどん 生うどん 6食セット(3袋)



カップ みそ煮込うどん 107g×12個
寿がきや カップ みそ煮込うどん 107g×12個



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)

2017年01月30日

寿がきやの台湾ラーメン

SHV32_03771/13から寿がきやで販売開始になった「台湾ラーメン」。意外なことに、名古屋発祥の店でありながら、寿がきやでは台湾ラーメンがラインナップされたことは無かったんですね。まぁ、元々はライバル店のメニューだったからということもあるのでしょうけど。
今回紹介する寿がきやの台湾ラーメンは、肉ミンチを寿がきやのスープに乗せて、それを混ぜるというふうになっています。



そんなこともあって、混ぜない時のスープの味は、紛れもなく、寿がきやのスープの味(笑)。しかし、肉ミンチを混ぜると、あっという間に辛い台湾ラーメンの味に変化します。ミンチそのものは、しびれの利いた花椒の風味が抜群です。食べた後、すごく汗が噴き出してきた(爆)。


基本的には、寿がきやのラーメンを(無理矢理(苦笑))台湾ラーメンにアレンジしたものです。しかし、本格的な台湾ラーメンに近い味わいを出していたのには驚きでしたね。それで390円なら安い。サンキューって言いたくなりましたよ、390円なだけに(ギャハ)。


寿がきや カップ台湾ラーメン 99g×12個
寿がきや カップ台湾ラーメン(12個入り)



スガキヤ台湾ラーメン 5食×2
スガキヤ台湾ラーメン 5個入り×2セット



寿がきや 台湾ラーメン ピリ辛醤 110g×12個
寿がきや 台湾ラーメン ピリ辛醤 12個入り



上にある商品の通り、寿がきやでは台湾ラーメンを出したことは無いものの、寿がきや食品では何種類かの台湾ラーメン(袋麺・カップ麺など)が出ています(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月28日

濃厚対決

ISW11F_0403先月末に発売されていた寿がきやの「名古屋名物 みそ煮込み」(右)の濃厚版「名古屋名物 濃厚みそ煮込み」(左)。のれんからスーちゃんが出てきてお出迎えですな。
ユニーグループ(アピタ・ピアゴ・サークルK・サンクスなど)限定商品の「名古屋名物 濃厚みそ煮込み」、発売と同時に売れに売れたらしく、一時は店から見掛けなくなったことも。このままフェードアウトかな・・・と思ったら、先日再び販売しているのを見掛けたので、今回通常の品との食べ比べ大実験となったわけです。



さて、頂く前にお湯を入れてふたをして5分経った中身に味噌を入れてかき混ぜる際、少々残った味噌を舐めてみたところ、ちょっとした違いを感じ取れました。今回紹介する「名古屋名物 濃厚みそ煮込み」の方が少々渋いんですね。まぁ、濃厚と名乗るからには当たり前っちゃあ当たり前ですが(苦笑)。


早速、できた商品を頂いてみましょう。
まず通常のものは、かつお節とムロ節と味噌の風味が複雑ながらもよくわかります。これはこれで美味しいですし、よく洗練されています。
では、「名古屋名物 濃厚みそ煮込み」はどうでしょう。一杯汁をすすっただけで違いがわかってしまいましたよ。ホント名前の通り濃いわ(笑)。特に味噌の味が濃く、それでいて甘みがあるんですね。他の味も少々濃いめになっているのでしょう。これを味わってしまうと、通常のものが名古屋弁で言うところの「しゃびしゃび(水っぽい)」になってしまいますわ。
ただ、味は満足。名古屋人には丁度いいと思って味わった人も多かったのではないのでしょうか。濃い味の好きな人にオススメですし、名古屋の味の食べ比べに、お土産にもいいのではないかと思います。コンビニでも買える手軽なものですからね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月24日

辛いものが出ると夏を感じる今日この頃 カップ麺編

前々回のお菓子編前回のパン編に引き続き、今回はカップ麺でございます。
本来はこれが2回目の予定だったんですけれども、サークルKサンクスで辛いパンが3種類も売ってたから、急遽そっちを先立たせまして(苦笑)。

夏になれば辛い味のカップ麺がゴロゴロ出てくるわけです。カレー風味なものもあれば麻辣麺バージョンもありと、辛い味のカップ麺はそれはいろいろ出ているのですけど、今回は以下の4つをご紹介。


寿がきや コク辛党カリー麺 106g×12個まず最初は、寿がきや食品の「寿がきや コク辛党 カリー麺(クリックすると12個入りが購入できます)。
「辛いけど辛いだけじゃない」がコンセプトのカレー風味のラーメンで、コク辛がポイントになっているとのこと。
実は、後に紹介する「寿がきや コク辛党 麻辣麺」に次ぐ第2弾商品なのだそうな。



この商品、実際頂いたんだけど、お湯の分量を間違えたのか、妙に水っぽいのよ。それに麺がボソボソしているし。
カレーの風味も辛さも前述の理由からかあまり感じられなかったですね。はっきり言って失敗でした。私の作りが悪かったのか、元々こういう味なのかわかりかねますが。


マルちゃん 大辛豚カレーうどん 84g×12個続いては、東洋水産の「マルちゃん 大辛豚カレーうどん(クリックすると12個入りが購入できます)。
後引く辛さを持たせたスパイシーカレーつゆを目指しているのだそうな。



これは辛さに関しては思った以上に控えめです。しかしコク深い味わいは4つの中では一番だと思っています。特に魚介ダシがよく出ていると思いますね。
丁度、そば屋の和風だしの利いたカレーうどんといった感じでしょうか。それにスパイシーさを足した感じだと思います。


寿がきや コク辛党 麻辣麺 118g×12個3番目は、寿がきや食品の「寿がきや コク辛党 麻辣麺(クリックすると12個入りが購入できます)。
「辛いけど辛いだけじゃない」がコンセプトの麻辣麺だそうで、同コンセプトの下では初めての商品になります(2013年3月発売)。
花椒と唐辛子を利かせたピリ辛スパイスを使用することでこの風味が増すよう作られています。



これは、前の「寿がきや コク辛党 カリー麺」に比べると美味い辛味がガツンとくる中でも、コクが感じられるし、花椒の爽やかさもあるし、純粋に辛いだけの麺に比べると非常に奥深いものを感じます。麺もボソボソしてなかったし。


ニュータッチ 汁なし麻辣担担麺 133g x 12個入最後は、マルダイの「ニュータッチ 汁なし麻辣担担麺(クリックすると12個入りが購入できます)。
山椒のしびれる辛さ、唐辛子の刺激的な辛さをモットーにしているのだそうです。
実のところ、正直ニュータッチの麺って美味しいと思ったことがあまりなく、敬遠気味だったのですが、今回唯一焼きそば風カップ麺ということもあり買ってきたんですよ。



というわけで、敬遠気味だからということが功を奏したのか、かなり美味かったですよ。
山椒のしびれる・スッとする風味と唐辛子の辛さがいい塩梅でありながら辛すぎず丁度いい。そして、汁なしなので熱いのが苦手な人でもズルズル頂けるというメリットもあります。これならまた買ってきてもいいなぁ。特にスーパーとかで安売りやってたら真っ先に買わせて頂きますよ。


以上個性的な4点ですが、一番美味かったのはマルちゃんでした。やはりカレーうどんをよく作っていることもあって、味が一番しっかりしていました。値段もそんなに高くないと思うので、買うならマルちゃんだと思います。また新シリーズも出てるみたいですし。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月03日

スガキヤがやっているスーちゃん祭に2013年も行ってきた

毎年桃の節句になると行われる「スーちゃん祭」。このイベント、今年で8年目になり、すっかり恒例行事として定着した感があります。
平たく言えばラーメン・甘味半額セールで、Sugakiya(スガキヤ)で出される3種類のラーメン(ラーメン・肉入り・特製)を半額で頂けるようになります。もちろん甘味処でもあるスガキヤ、ソフトクリームやクリームぜんざいなどといったデザート類も半額で頂けます

ところで、この半額キャンペーン、大学構内や公共施設にある店は対象外なものの、スガキヤと寿がきやという2形態で実施されています。


というわけで、今回は趣を変えて、寿がきやの方に行ってきた。
寿がきやは一般的なスガキヤに比べて点数が少ないプレミアムなお店。普通の店では食べられないメニューが用意されています。この寿がきや、基本的にパチンコ店のそばに置いてあることが多い不思議な形態をしております(笑)。


ISW11F_20130302_133704429写真は、その寿がきやのメニューの一つ。
爆発赤ラーメンとねぎ盛、そして餃子。これだけ揃って610円は破壊的な安さ(爆)。爆発赤ラーメンは340円なのだから恐れ入る。

爆発赤ラーメンはピビンバで使うような石のどんぶりで提供されます。熱すぎるため、スープを飲みたい時は、小皿にレンゲで移し替えるというふうになります(もしくは冷めるまで待つ(笑))。



味は、最初薄いかなと思っていたのですが、段々食べ慣れてくると丁度いい塩梅になって来るという不思議な味付け麺は太めで、スガキヤで出てくるようなひょろっとした麺ではありません。その麺にスープが絡みつくからか、段々味が丁度よくなるんでしょうね。
ただ、キャベツが異常に入ってる。恐らく1/8玉分入っているんじゃないかというくらいこれでもかこれでもかと。箸休めにはいいのかもしれないですけど、あまりに入りすぎていて麺を取るのに難儀しますよ・・・。


今回のキャンペーンはもう終わりですが、こうやってフラッと行くと、またスガキヤ(寿がきや)のラーメンが食べたくなってくるんですよねぇ・・・。東海地方の人間にとっては、スガキヤ行きたいという魂を呼び起こされるきっかけになるのが、このイベントなのではないのでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(2)TrackBack(0)

2013年02月17日

激辛の臨界点を超えた!?

冬とはいえ、激辛食品を食べれば身体がものすごく温かくなりますね(ただし、唐辛子の温かさは一時的なもので、逆に身体を冷やしかねないのでほどほどに)。
そんな中、今回はこれは辛そうというものを2点紹介。


サッポロ一番 黒辛カレー 焼そば 133g ×12個まずは、サッポロ一番の「黒辛カレー 焼そば」(クリックすると12個入りが購入できます)。
豚骨エキスにカレーパウダー・唐辛子・黒コショウ・黒マー油を加えた焼そば。メインはカレー味のようですね。



味はカレーの風味が出ながらも、コショウといったスパイスの風味やにんにくチップの風味が効いたものに。しかししっかり辛さも付いています。後からじわじわと来ますよ(ニヤニヤ)。
寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん 135g×12個もう一つは、寿がきや食品の「麺処井の庄監修 辛辛魚らーめん」(クリックすると12個入りが購入できます)。
どうもこの商品は毎年恒例のものだそうで。東京・石神井麺処井の庄とのコラボ商品で、唐辛子入りの粉末かつお節粉を入れるのが特徴です。



実は最初に普通のスープの素(かやく入りのもの)を入れるのですが、それだけでもそれなりに辛い(笑)。そしてその後に液体スープと後入れの唐辛子入りかつお節粉を入れると、これがまた衝撃的な辛さ(ギャハ)。辛いんだけど、かつお節の旨味もたっぷり味わえる別の意味で衝撃的な一品になっています。


辛いのが苦手な人にはどうしようもない一品ではありますけれども、好きな人にはたまらない一品。是非とも試してもらいたいものですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)TrackBack(0)