2016年01月10日

2016年初春の北海道物産展、松坂屋で開幕

今年も大北海道物産展が松坂屋名古屋店で開催中です。年初めの恒例行事ではあるのですが、1/5というかなり早い時期からの開催になったため、まだ正月明けてすぐなのに、ここまで持ってくるのかと思えるほど充実していました(苦笑)。


では、今回の商品紹介です。今回久しぶりに多いんですよ(爆)。


SHL23_2137まず最初は、札幌市にある吉山商店の「焙煎ごまみそとろ旨チャーシュー麺」
松坂屋限定のオリジナルメニューだそうです。



まずはチャーシューのとろみと美味さが・・・頬が落ちるというのを体現できますよ(笑)。スープも味噌が濃すぎず、かといってきちんと主張しているので、飽きが最後まで来ませんし、一緒に入っているごまの風味と相まって香ばしさもプラスされています。


SHL23_21392番目は、函館市にある五島軒の「りんごのクリームブリュレ」。五島軒というと洋食(カレーなど)が有名だと思っていたのですが、こんなおしゃれなケーキやパイも作っているのね。
使用しているりんごは青森産および北海道・七飯(ななえ)産だそうです。



りんごの甘くないながらもサクサクした食感もさることながら、下の生地部分もサクサクでカラメルで固めているのか甘めなんですね。そこに最上部のカラメルの甘さと香ばしさがクセになる旨味を持ってるし、中間のクリームのさっぱりとした味わいもいい感じで、これだけ複雑な味わいを見事にまとめ上げております。小宇宙(コスモ)を感じましたよ(笑)。
SHL23_21403番目は、札幌市にあるおやじダイニング風土のコロッケ
左が「タラバ蟹クリームコロッケ」、右が「十勝きたあかりコーンクリームコロッケ」。左の商品は、期間限定の商品のようです。ちなみに、今回が松坂屋および名古屋初出店だそうな。



タラバ蟹はねぇ、食べただけでカニの風味がガンと来ます(ニヤニヤ)。単純にカニを入れましたよ・・・ではなく、ちゃんと入ってるんだぞと自己主張をしているんですよ。久しぶりに美味いカニコロッケだわ。
コーンクリームコロッケはクリームの風味が少し勝っております。コーンも美味いんだけど、もう少し自己主張してもいいかも。カニが美味しかっただけになおのこと。


SHL23_21414番目は、札幌市の練屋銀八の商品
左端から、「コーンザンギ」・「玉ねぎザンギ」・「北のタコねぎチーズ揚げ」



「北のタコねぎチーズ揚げ」は、中に入っているチーズのとろみがすごいだけでなく、コクが深い。タコとねぎの風味がイマイチなのは残念なものの、チーズの旨味は最高。
「コーンザンギ」と「玉ねぎザンギ」は、双方の味わいがにじみ出ているだけでなく、ザンギ独特の旨味も感じられ、北海道を体感するにはぴったりの品になっております。そして、ザンギは鶏だけにあらずと実感。


SHL23_21425番目は、函館市にあるご馳走亭の「天然寒のり弁当」
北海道で採れた天然の寒のりを敷き詰めたもので、店員いわく、のりだけで3000円相当の品(竹と書いてあったので、それなりのクオリティ)のようです。
本来は貝づくし弁当にしようと思ったものの、値段の安さと物珍しさで購入。



実際頂いた時には、のりの風味が最高一口食べただけでのりの磯の風味や香りが広がってくるのはなかなかですよ。一緒に入っている鮭も辛くないので、お供にピッタリの味付けになっております。


SHL23_21436番目は、札幌市にある雪印パーラーの「コンビーフとポテサラのこぼれドッグ」
前にも紹介したかなと思いつつ、今回改めて紹介。このインパクトがすごい(笑)。



味はコンビーフの旨味もさることながら、ポテトサラダが絶品です。ジャガイモの旨味が焼きたてのパンに合うんですよ。単品でも十分に美味しいですよ。


SHL23_2144最後は、旭川市にある小原の「金のガラナ」
ポリフェノールが通常より1.5倍含有されているのだそうな。



この商品強炭酸になっているとのことですが、普通のガラナに比べても飲みやすい。甘みも普通のものより抑えられてあっさりとしている感があり、量は少ないけれども美味しさは普通のものよりよく、プレミアム感が感じられる作りになっております。


この催しは、第1弾が1/11まで。第2弾が1/12~1/18までになっております。例によって例のごとく、前後半で入れ替え制があるのと赤・黄色・青の各1枚(計3枚)を集めるとくじ引きができるようになっています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月29日

2012年秋の北海道物産展に突撃してきた(笑)①

今週の水曜日(9/26)から2週間の予定で松坂屋名古屋店で開催される「大北海道物産展」。既に名古屋三越でも北海道物産展が始まっているので、本格的な北海道物産展ウィークが訪れたとも言えるでしょう。この物産展が始まれば、名古屋も本格的な秋なんですが、台風の影響か暑いわ(苦笑)。


ISW11F_20120929_110632まず最初に行ったのは、「麺処蓮海」。そこからラベンダーポーク味噌チャーシュー麺。数十分待ちだったぜ(泣)。
チャーシューがえらく乗っててワイルドだろう(ニヤニヤ)?でも、価格は1260円でかなりワイルドだったぜぇ(泣)。



味は味噌のコクと旨味が全面に広がって、ちぢれ麺との相性も抜群です。キャベツの甘さ、ねぎのシャキシャキ感がいいアクセントになってますけど、何よりチャーシューが柔らかいし、大小いろいろな大きさで目にも楽しませてくれます
価格以上に美味い。


もう一つ、今回買って来たかったのは、生いくら。生いくらと言っても既にほぐしてあるのではなく筋子。そう、いわゆる生筋子の状態で欲しかったのです。
というのも、少々安くなるらしいから。とはいえ、家でやるのは手間と苦労が伴うのね・・・。でも、今回紹介する山善ではその下処理も行ってくれるということなので、意を決して買うことにしました
・・・3200円だったのを3000円にしてもらったぜ。ワイルドだろう?<いいえ、ただのバカです(ギャハ)。


ISW11F_20120929_115146特別に許可をもらって撮らせてもらった下処理の様子。滅多に生では見られないですからねぇ・・・。
目の粗いながらもいくらの抜けられるザルを使って、少し切れ目を入れた筋子を揉みほぐしながらニュルニュル出していきます。
その後、ぬめりと生臭さを取るために水洗いして完成です。



ISW11F_20120929_214950そし買ってきた。実際軽量したわけじゃなく、店のおばちゃんの話の鵜のみだが、今回の量で300g以上あるらしい(100g=1050円で計算しているので、少々儲けた)
ビニール袋に入れた状態でくれました。なお、生なので筋子用のタレ(いくら醤油漬のたれ)付。




生のままの味はそれなりに美味しいけど、やはりタレがあると美味さが倍増するわ。ああプチプチたまらん・・・。
ご飯にてんこ盛りにして頂いたぜ、ワイルドだろう(ニヤニヤ)。
なお、このタレは一夜漬にした方が美味しいとのことなので、明日まで残りは置いておこう。


ISW11F_20120929_141459こちらは「いかめしスナック」
北海道函館本線森駅のいかめしを再現したスナックです。北海道産米粉使用して作ったものです。
イカの形したスナックが某●っ●っ●を思い浮かべさせます(苦笑)。
・・・で、いかめしってどんな味だっけ(ギャハ)?



ISW11F_20120929_141459ガラナだってゼロカロリー・・・ってことで買ってきた「コアップガラナZERO」
味はいつもの通りなので、コメントのしようがない(爆)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)