2017年01月30日

冬の新アニメ2017 ベスト

今期も冬アニメの格付けをしていきましょう。
今期は思った以上にいいデキの作品が多かった気が。ただ、その反面悪い作品も目立つのですけど、それは別の時に。
特にノーマークだった作品や期待していたけど時間帯が悪いなと思った作品がすごくよくてちょっともったいないなと思ったり。続きモノもいいし、新規作品もよかった。もっとこれが続くといいなぁ・・・。


それでは、例によって例のごとく、ベスト3・ワースト3で紹介していきましょう。


今期のトップは、「この素晴らしい世界に祝福を!2」
恐らく初めて続きモノでベスト作品にしたのではないのでしょうか。
今まで見た3話とも、一切の手抜き無し。最初からフルスロットルで飛ばしてますわ(笑)。初めて見た人達もわかるように、チュートリアルを(わからないように)仕掛けているのはお見事。テンポもノリも前期同様に素晴らしく、まさにギャグ(コメディ)アニメのお手本とも言える作品になってきそう
そして、新キャラのゆんゆんなどアクが強いのに何とも抵抗感なく受け入れられるのは、メインキャラの濃さの勝利なのかもしれない(爆)。
前期を見たことのない方、見なくてもわかるようになっていたと思いますけど、是非とも1期も見てみましょう。さらに面白いと思いますよ(ニヤニヤ)。

2位は、「ガヴリールドロップアウト」
新規作品の中ではぶっちぎりだと思います。ただ、2話が1話の面白さと比べると少しパワーダウンしているかなということで、この位置に。ちなみに、3話は面白かったです。
メインの4人がそれぞれ特徴的。天使なのに天使じゃない(悪魔的な奴までいるわ(笑))、天使のような悪魔にバカで騙されやすい悪魔と、彼女達のやり取りを見ているだけでも飽きないですね。
今後サブキャラも絡んでくると思いますが、そのサブキャラがどこまでいい相乗効果をもたらせるのかが気懸りですね(3話のマスターやサターニャのメロンパンを奪っていく犬はいいキャラだったなぁ)。

3位は、「小林さんちのメイドラゴン」
コミュ力の無いと称する小林さんがすごくまとめ力のある人で驚かされたのもあるけど、トールやカンナといったドラゴンをきちんと人間社会に順応させようとしているあたりにすごさも感じています
基本的にコメディタッチな作品で、ドラゴン社会と人間社会とのギャップの面白さがなかなか秀逸。また仲間達もいい味を出していますね。さらに時に見せるシリアスさも、作品をいいふうに引き締めていますし、小林さんとトールの友情の深さを一層引き立てますわ。

次点は、「政宗くんのリベンジ」
「小林さんちのメイドラゴン」と悩んで、こちらを次点に。
差はそんなにないです。キャラへの好感が大きく持てるか否かの違いだけですね。作品そのものは1話1話きれいにまとまっていますし、主人公とヒロイン、そしてヒロインのお付きながらも主人公のアドバイザーとなって協力する三者の関係が丁寧に描かれていますね。今後の展開が楽しみではあります。


次回はワースト作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:42Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月12日

冬の新アニメ2017 その9 小林さんちのメイドラゴン

冬の新アニメ2017、9回目は双葉社から刊行されているマンガ雑誌「月刊アクション」で連載されている「小林さんちのメイドラゴン」です。
この作品、今回携わるのが京都アニメーションということなので、原作から掘り起こすパターンなのね、たぶん。原作から掘り起こすパターンは、過去の例だとかなりの改変を行っていたりもしたものの、この頃はオリジナルを尊重する作りになったようです。できることなら、そちらの方が(基本的には)安心して見られますしねぇ・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


ある日、主人公の家にドラゴンがやって来た。と思ったら、そのドラゴンは女性のメイド姿に変身した
いわく、助けてもらったお礼をしたいとのこと。どうしてこうなった・・・と自問自答していたら、道に迷って彼女に出会い、身体に刺さっていた剣を抜いた後に、家に来るかと言ったことを思い出したのだ。すっかり酒の勢いで言ったようなので、忘れていたわ(苦笑)。

最初は断ったものの、ひょんなことで同居することになった主人公とドラゴンメイドとしての技能は全くないので、一から教える始末。この奇妙な同居生活はどういうふうになるのやら・・・。



というふう。


第1話に関しては、主人公とドラゴンのトールが軸になり、そこから主人公の同僚とトールへのアドバイザー(笑)が登場するふうでしたね。ただ、トールは人間の世界をあまりにも知らなさすぎるわ、(主人公を除いた)人間に対して卑下しているわ、これは一筋縄ではいかんぞ(苦笑)。でも、そのギャップが面白いわけで、特に酒乱に陥った主人公がトールに起こした行動は胸がスカッとしたわい(爆)。あのトールでさえもドン引きだもんなぁ。


ジェットコースター的なノリだったけれども、要所要所は抑えていて、ちゃんと作品を見せていた点は、さすがの一言。今後もキャラが増えてくるようなので、面白くなりそうです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)TrackBack(0)