2016年05月12日

任天堂、マリナーズの球団運営から事実上の撤退へ

任天堂と言えば、テレビゲームや花札を思い浮かべる人が多いと思いますけれども、スポーツファンならシアトル・マリナーズを思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。


その任天堂(正確には任天堂のアメリカ法人である米国任天堂)が、マリナーズの株(所有権)を売却することを決め、事実上運営から撤退することが4/28に明らかになりました。実際の売却は大リーグ機構の承認を経て、8月以降に行われる予定です。


任天堂が大リーグの運営に関わることになったのは1992年。当時マリナーズは身売りの危機に陥っており、状況によってはシアトルを離れる事態にもなりかねない状況でした。その窮地を知った当時の任天堂の社長だった故・山内溥さんが、マリナーズの株を買い取り、同球団の筆頭オーナーになりました。
その後、マリナーズにはイチロー選手をはじめ、佐々木主浩さんも在籍今シーズンは岩隈久志選手と青木宣親選手、そして福岡ソフトバンクホークスに在籍していた李大浩(イ・デホ)選手も在籍しています。

山内さんは2004年まで筆頭オーナーとして所有しており、それ以降は米国任天堂が引き取って、マリナーズの運営に携わっておりました。そのため、球団会長やCEOは米国任天堂の関係者が就いています

しかし、任天堂の業績がここ数年悪化しており、メインであるゲーム事業に経営資源を集中したいという理由で、マリナーズの株の一部を売却することになったそうです。今回売却することで、マリナーズ株が過半数以下になるため、筆頭オーナーから下野することにもなります。
山内さんは、自分の所有している株は、いずれシアトルの人達に返さなければならないと述べていたので、彼の遺言を果たす格好にもなりました。


時代の流れとはいえ、残念ではあります。
それに、彼が株を買って以降も優勝ができていないという事実を知るにつけ、この投資が本当に役に立つものだったのかと投資家に懐疑的にさせなかったこともすごいなと。また山内さんの生きているうちに優勝できなかったことは本当に残念でなりません
ここまで来たのなら、マリナーズは球団を救ってくれた任天堂に恩義を感じて返すべき時期ではないかと思いますよ。今シーズンこそ頑張ってほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月19日

運がよかっただけですわ

その一言だけで、任天堂をここまで育て上げたのなら、とても神懸かりだったと言ってもいいでしょう。


任天堂の3代目社長にして、戦後50数年間の任天堂を大きくしたといっても過言ではない山内溥(ひろし)さんが肺炎のため亡くなりました。

山内さんは、戦後すぐに祖父の会社である任天堂の子会社の専務に就任したものの、祖父が倒れたことですぐに社長の座が回ってくることに。当時の任天堂は労働争議で大揉めに揉めていた時期で、経営としてはかなり難しい中だったところを乗り切り、かるた・花札販売だけだった会社ディズニートランプの大ヒットで、ともすればバクチの道具としての認知しかなかったトランプを家庭の遊びとして普及させ、一大娯楽産業のトップメーカーにまで押し上げたのでした。

その後、トランプブーム終息に伴い、その穴埋めで行った多角化経営の失敗(代表例はインスタントライスとラブホテル事業。タクシー事業にも手を出していた)で多額の借金をこさえたのにもかかわらず、横井軍平さんがたまたま遊びで作っていたウルトラハンドが大ヒットおもちゃメーカーとして隆盛するきっかけを成し、後に光線銃をヒットさせるきっかけとなりました。
その光線銃もオイルショックの影響で事業としては失敗に終わり、再び多額の借金にまみれ、今度こそ万事休すと言われていたものの、その過程から電子ゲームへの勃興を生み出し、「ゲーム&ウォッチ」・「ファミリーコンピュータ」の大ヒットへ繋げていったのです。


早い話、先見の明があった・時代の流れを上手いこと汲み取ったからなのかもしれないのですけれども、それを山内さんは「運がよかった」の一言で片付けてしまっています。しかし実際は運だけでは片付けられないくらい多くの修羅場と成功のピークをくぐり抜けていると思いますね。


任天堂は、山内さんが就任した時以来の修羅場に差し掛かってると言えます。
コンシューマーが思った以上に売れない世の中は、山内さんが口酸っぱく言った『多角化は行うなかれ』というタブーを破らなければいけないほど酷いものになってしまっているのか?それを見定めるのは、HAL研究所を立て直した実績のある岩田社長の双肩に掛かっていると言っていいでしょう。何せ山内さんに見出されたのですから、やってくれるでしょう。


最後に、ゲーム業界を大きく育て上げ、かつ世界に名だたる日本のエンタテインメントの祖を築き上げた山内さんのご冥福を心からお祈り致します。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)