2017年09月17日

今度こそ名古屋に帰れるんだろうなぁ?

台風18号が九州南部を目指しまっしぐらな中、まだ山口県におります(苦笑)。
とはいうものの、実に、いや嫌に静かと言った方がいいくらいに落ち着いた状況になっております。雨も降ってないですね。

それでも、あまりテレビでは報じられてないですが、JR西日本の在来線は段階的に運休することを決めています山口県内の在来線は午前9時から、広島県内の在来線は午前10時からといった具合です。その他地域も概ね午前中(一部地域では午後から)の運休を決めています。
まだ東海道・山陽新幹線は運休予定は無いものの、既に九州新幹線が熊本〜鹿児島中央で運休を決めているだけに、いつ停まってもおかしくないでしょう。
いずれも、詳細はJR西日本の公式サイトでご確認下さい

ちなみに、私は朝イチののぞみで帰る予定ですが、そこまでもってくれよ・・・(汗)。


今後も台風情報に気を配りながら、その時を待ちます。出先の方は気を付けて、かつ早めの帰宅を。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 05:27Comments(0)

2017年08月25日

新幹線が安くて便利になって乗りやすくなるかも

東海道新幹線で東京や大阪に向かう人にとって、ネックになるのは料金の高さ。乗車料金は、名古屋からでも東京までなら総額1万円以上、大阪(新大阪)までなら同じく6000円以上(のぞみ・ひかりの場合。なお、こだまの場合は5000円以上)掛かります。繁忙期ならもっと掛かることも。
そこで、主に出張客や頻繁に利用する人向けにエクスプレス予約というのがあり、それらが受けられる有料会員サービス「スマートEX」に加入すれば、専用ICカードが提供され、新幹線料金の割引の恩恵も受けられます。しかし、カード発行まで数週間が掛かるため、急ぎの時には不適ですし、外国人観光客が日本へ旅行している時にそれを受けたいと思っても、その恩恵を受けられる頃には日本を離れなければならないというふうになってしまいかねません

そこで、JR東海は専用のICカードだけでなく、交通系ICカードで代用してもOKにすると発表しました。しかも年会費は無料なので、かなりオトクに新幹線が乗れることなるので、入っておいた方がトクとも言えそうです。
この新サービスは、事前にPCやスマートフォンで専用サイトにアクセスし、クレジットカードと交通系ICカードの番号を登録するだけ。本当にこれだけで、東海道新幹線と山陽新幹線の座席予約ができるようになり、当日は登録した交通系ICカードを改札口にかざせば、すぐに乗車可能です。決済はクレジットカードを経由して行われるので、交通系ICカードにある残高は減らないというメリットも。まぁ、 場所によっては乗車料金の総額が2万越えになって、交通系ICカードの残高(最高2万円)では賄い切れないことを考えると、妥当ですわね。
しかも、登録したらすぐ対応可能。これが最大の強みになりますね。これなら、普段あまり新幹線は使わないけど、安くは乗りたいという人から、外国人観光客まで幅広い層に恩恵を受けられるようになりますね。
ただ、割引額は微々たるもの(名古屋~東京間の場合、通常料金より200円程しか安くならない)なので、もっとオトクに乗りたい人は、これまで通りの有料サービスが受けられます。こちらも交通系ICカードに対応できるようになるのではないかなと。絶対そっちの方が楽ですわ(ニヤニヤ)。


このサービスは9/30から開始になります。事前登録ができるのかどうかはわかりませんが、導入されたら早速加入してみようかと思います。だってタダだし(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(0)