2020年06月07日

懐かしアニメ評論集 その2 新世紀エヴァンゲリオン

懐かしアニメ評論集、2回目は1995年にテレビ放送された「新世紀エヴァンゲリオン」です。
6月にテレビ版をベースにリアレンジメントされた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:||」が公開予定だったのですけど、新型コロナウイルスの影響で延期になってしまったんですよね・・・。その影響で、4月に終わったテレビシリーズを再び1から放送し直すというふうになりました。
ちなみに、放送当初はテレビ東京での放送だったのですが、新劇場版になってからは日本テレビ(日テレ)の放送になりました。著作関係も日テレに移っているようです。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


時に2015年、芦ノ湖そばに広がる第3新東京市に正体不明の物体である使徒が襲来した。
通常兵器がまるで効かないその物体をせん滅するために、特務機関ネルフは汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンを投入する。それを動かすことができるのは、思春期を迎えた14歳の少年・少女だけだった。


主人公は父である指令に呼ばれてやって来た。彼がエヴァンゲリオンを動かすことを知らずに・・・。



というふう。


1回目から謎をたっぷりと含んで、お腹一杯になる展開だったねぇ(苦笑)。もう何回も見ている人が多いので、オープニングのサブリミナル的に表れる映像が何たるかがわかっているとは思いますけど、当時はこれらの映像を見ただけで、何が起こるんだとか何を意味しているのか論争になったものです。
見せ方に関しても、それなりに登場人物は多いけれども、あくまで主人公と彼をネルフに連れてくる保護者的な女性とのツーマンショウというふう。お互い掴みどころのない性格をしており、腹の探り合いで進行していくので、胃がキリキリしてきた(爆)。ただ、子供なのに大人びている主人公、大人なはずなのに子供っぽい保護者的な女性というコントラストが巧みに描かれていると思います。それはサブキャラの登場でさらに際立ってくるんですよね。

そして、ネルフの圧倒的な力が少々ながら伝わってきます国連軍の上から目線にも動ずるどころか、言いたいことを言わせておけばいいという、いなし方の上手さに見られます。
さらに新劇場版には見られなかったと思う、エヴァンゲリオンの自我この点でもエヴァンゲリオンが単なるロボットではないということを示唆しているわけです。30分という決して長くない時間で様々なことを詰め込んでいるんだなということが、今でもよくわかります。


今見ても、この作品の凄さや訴えたいことが垣間見え、作品を見進めることによって、色々な謎が謎を呼ぶ展開になっていくのですが、結局テレビシリーズでも旧劇場版でも結論を上手く導き出せなかったわけですね。新劇場版を知る上でも、時間があればテレビシリーズや旧劇場版を見ておくのもいいかもしれません。Netflixなら全部見られますからね(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 18:32Comments(0)

2020年05月09日

懐かしアニメ評論集 その1 未来少年コナン

今回から不定期で懐かしいアニメを評していきたいと思います。最新のアニメは(評価基準や評価時期で様々だけど)評論されていますが、過去の作品は無くはないけど、そこまで表立っては無いのかなと思います。
そこで、今テレビで再放送している作品を中心にやっていこうと思います。評判がよければ、しばらく続けていこうかなと。ネタ切れの時の救済にもなるし(ニヤニヤ)。
で、いつくらいまでかなんですが、おおよそ2000年までと思っています。ほぼイコール20世紀の作品になりますね。あとは深夜アニメも基本的に評論していきません。まぁ、そんなにないんですけど(苦笑)。たいてい夕方やゴールデンタイムに放送していたのがメインですし、プライムタイムで放送していたのさえ珍しかったのに・・・。


というわけで、1回目は以前にも紹介した「未来少年コナン」です。現在「キングダム」が放送休止に追い込まれたので、再放送を始めていますけど、テレビ愛知で再放送中だったのを思い出した(爆)。そのテレビ愛知での再放送は、5/10に最終回を迎えます。ちなみに、NHKでの放送はデジタルリマスター版、テレビ愛知の放送はHD画質(SD画質の引き延ばし?)だったと思います。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


人類が磁力兵器を用いた最終戦争で地球の地軸は狂い、地震や津波が頻発。そのせいで文明は崩壊し、5大陸はそのほとんどが沈んでしまった


あれから20年経った、「のこされ島」という島に、おじいさんと共に過ごす少年がいた。島にある生け簀を荒らしたサメを駆除しようと潜った帰り、一人の少女を発見する。その少女は、はるか先にある島の住民で、彼女のおじいさんを探していたのだが、彼女を追って来た謎の組織にさらわれてしまうのだった。



というふう。


血が出るとかの刺激的な部分は無いけど、冒頭から衝撃的なシーンが相次ぐのですが、この見せ方というのは、今の宮崎アニメの原点になるんですよね・・・。インパクトのあるシーンを見せて視聴者を引き付けるというのは、「風の谷のナウシカ」にも応用されたと感じています。この頃から、宮崎駿さんは見せ方が上手かったんだな。

さて、そんな殺伐な世界を想像しがちなアフターハルマゲドンの世界は、のこされ島に関しては結構穏やかで、それによって主人公の活発さや生き生きとした部分を引き立ててもくれます。ホント主人公が終始すごいことをこの1回目だけでわからせる演出は、本当に上手い

登場人物もそんなに多くないので、把握もしやすいけど、主人公以外は詳細を語っていないのね。それだけ主人公の特徴を知ることに集中させたいという配慮もされています。


結論として、1話目にして宮崎アニメの片りんを見せながらも、主人公を引き立てかつ人物の特徴をしっかりと見せている、かつ登場人物のとっ散らかりを可能な限り減らしている。ゆえに今のアニメに必要な部分を教えてくれていますね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)