2019年11月15日

二度目の新潟(三度目はいつになるかわからない(苦笑))③

万代シティのバスセンターで腹ごしらえを終えた後、新潟駅に戻ってもまだ時間があるので、今度は信濃川のほとりまで「ドラゴンクエストウォーク」かねてから萬代橋を見てみたいのもあってのヒマつぶし(笑)。
しかし、地方都市だから「ドラゴンクエストウォーク」大丈夫かなと思ったけど、なんのなんの。街中には結構な数のかいふくスポットがあるではないか。下手な名古屋市内の繁華街よりあるぞ。メインシナリオで詰まり掛かっていたので、レベル上げとノルマ更新の貢献になりました。メインシナリオも少し進められましたし。


SHV39_5870そんなわけで、今回は新潟駅まで戻る途中、「ドラゴンクエストウォーク」をしながら、気になるところを写真撮影。


最初は、アルビレックス新潟の応援自動販売機。最近はどこのクラブもやるようになりましたね。一番手っ取り早い支援策なんでしょうね。ちなみに、新潟はサッポロ(ポッカサッポロ)がスポンサーになっております。そのため、ポッカサッポロの自販機がアルビレックスオレンジに染められます。



SHV39_5867信濃川の川沿いには、フジテレビ系のテレビ局である新潟総合テレビが。『総合テレビ』とは付いているが、決してNHKではない開局当時、フジテレビ系だけでなく、日本テレビ系・テレビ朝日系の3局のトリプルネットだったことから由来するものなのです。
通称はNST。ゆえに、地元ではNSTテレビと呼ばれることが多いらしい。過去に「レディス4」というテレビ東京系の番組を生放送で同時ネットしていたこともあるのだ。
しかし、一番(その手の人達に)有名なのは、「サイケ」と呼ばれる、キチ・・・もとい前衛的なオープニング・クロージング映像ですわ。元々NSTは長岡市で開局したそうで、開局の1968年から新潟市に移転する1991年まで使用されていたそうです。2007年にもこの時の映像が公開され、2010年にもNSTのCMとしてアレンジされた(地デジ化されたらしい)そうな。

以下、その映像です(6:45あたり)。






SHV39_5869こちらは、万代シティそばのビルにあったFM局の広告。
去年も話しましたけど、新潟県にはFM局が2つあり、1つがFM-NIIGATAことエフエムラジオ新潟(右)もう1つがPORT FMこと新潟県民エフエム放送(左)。どちらも単純に『エフエム新潟』とか『新潟エフエム』とか言わないあたりが、新潟総合テレビを生み出した環境なのかなと勝手に思ったり(苦笑)。
その2局がしのぎを削っているというのもあるのですが、昨今のラジオ離れに危惧を抱いているのでしょうAMも入れれば3局での争いになり、人口も多いとは言えないので、時に共闘して盛り上げていこうという思いもあるのでしょう。その一端が、この広告にあるのではと思います。

・・・しかし、オシャレなこと。



色々歩き回っていたら、午前10時は過ぎてしまい、10時半にならんとしていた(汗)。それでも何とか新潟駅南口から出るバスには間に合って、試合会場に向かうのでした。結果?聞くな(大泣)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2018年09月10日

がっとらね!!にいがた!! 前編

というわけで、先日新潟に行った時の話をしていこうかと。
サッカー観戦がメインだったのは言うまでも無いけど、実は新潟には初めて行くということもあって、色々と行ってみたかったのよ。少なくとも行きたいところと食べておきたいものは済ませようと出発前からある程度スケジューリングをしておりました。


SHV39_3720今回は夜行バスが取れなかったので、飛行機で向かうことに。
飛行機で新潟に向かう場合、名古屋からは県営名古屋空港(小牧)ないしは中部国際空港(常滑)というルートで行くというのは前に話した通り。日本航空(フジドリームエアラインズとの共同運航)の便が取れなかったので、全日空で向かうことに。全日空なので、中部国際空港からなんですね。日本航空なら県営名古屋空港になるんですよ、提携先の関係で。
ただ、個人的には中部国際空港の方が便利。名鉄で一本なのはありがたいよ。


さて、今回こんな早い時間に来たのは、フライト時刻もさることながら、先日日本列島を襲来した台風21号の影響を危惧して
この台風で関西国際空港が運行できなくなる状況だったので、この影響がモロに中部国際空港にも来るんじゃないかと構えていたんですわ。
ところが、関西国際空港は被害の少なかったB滑走路で国内線と国際線の運航を一部ながら再開。そのおかげか、朝から混み合うという事態は避けられたようです。


なお、この日は前日から飛び始めた北海道(新千歳空港)へのフライトもありました。地震の影響で大丈夫かなと思ってたら、こちらも無事にフライトできるようです。



SHV39_3723ただ、全日空になったからには、覚悟しないといけない
ボンバルディアのプロペラ機だよ(泣)!
・・・事故率の高い飛行機として悪名高いあの飛行機。今のところ私は遭遇していないのでよかったよかった・・・。でも、頼むからもう全日空は普通のジェット機にしておくんなまし・・・



SHV39_3734名古屋から飛行機で1時間、そこから待ち時間も含めて約1時間。やって参りました新潟市
・・・ホントなら、新潟駅まで行ってもよかったんだけど、私が立ち寄りたかったのは、万代シティのバスターミナル
新潟駅前に徐々に役割は移っているものの、新潟市の交通の要所の一つです。今でもここに高速バスとかは停まってるようですし。
写真は、バスターミナルに立っているレインボータワー展望台としての営業は既に終了し、シンボルとしての役割もまもなく終えようとしています。恐らく来年来た時には解体されて無くなってるかもしれませんね。解体は決まっているので・・・。



SHV39_3726でも、私が降りたのは、新潟日報メディアシップのそば。その隣にあるFM PORT(新潟県民エフエム放送)の入居しているコズミックスビル
・・・何でこんなもの撮るんだとお思いでしょう。この放送局は全国でも珍しいのよ。

まず新潟県はAMはBSNラジオ(新潟放送)のみなのにもかからわず、FMはFM-NIIGATA(エフエムラジオ新潟)とFM PORTの2局体制なのです。一方が複数局あるのは、ここと沖縄(AM2・FM1)だけなんですね。
しかも、このFM PORTは日本海側唯一かつ東名阪と札幌・福岡以外の都市で唯一設けられたFM局でもあります。
さらに、FM PORTは独立局という側面もあり、オリジナリティあふれる編成を行っている意欲的な放送局でもあるんですよ。パイの小さい県内で孤軍奮闘していたわけですが、最近はradikoというツールもあるため、県外からも聞くことができるんですよ。
ちなみに、アルビレックス新潟の試合を流すことがあります(ただし、先日の試合はBSNラジオが受け持っていた)



SHV39_3730バスセンターから徒歩数分、万代シティ ビルボードプレイス2の1階にあるのが、新潟市マンガ・アニメ情報館。こちらは新潟県出身の漫画家の紹介やマンガ・アニメの作られ方を紹介するところです。また、企画展もほぼ常時行われており、東名阪で行われる著名な展示会は、たいていここで行われるんじゃなかろうかと。新潟市で行われる同人誌イベント「ガタケット」関係の申し込み用紙もここで買えるようです。

ここを知ったのは、新潟市がCMを流していたため。是非とも行ってみたいと思って最初のコースに組み込んだのでした。
ちなみに、題の「がっとらね!!にいがた!!」は「すごいぞ!!にいがた!!」の意味。CMでも使われているフレーズなんですよ。



SHV39_3732中に入ると、どこから来ましたかボードが置いてあったので、早速貼らせてもらったけど、緑が男でいいんだよね(苦笑)?



SHV39_3731その新潟市マンガ・アニメ情報館の隣にはゲームセンターがあり、こんなものも。世界一デカい画面でプレイできる「パックマン」だって。



SHV39_3733というわけで、次は新潟市マンガの家に行って来ます(ニヤニヤ)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)