2016年04月30日

歌丸さん降板へ

日本テレビ系列で毎週日曜の17:30から放送(テレビ大分・テレビ宮崎、同番組を放送しているTBS系のRBCテレビ(琉球放送)を除く)している「笑点」。毎週楽しみにしている人もいらっしゃるかと思います。
その中で司会を務めている桂歌丸さんが体力の限界を理由に番組を卒業することを5/15に放送する特番の収録後に発表しました。NHKで放送される予定の「NHKスペシャル」でも考えなければならないと番組降板を示唆していたため、収録前から引退を考えていたのでしょう。


歌丸さんは「笑点」の第1回から出演している唯一のメンバーで、2006年から司会(実際は2005年から5代目三遊亭圓楽さんに代わり司会を務めている)を務めていました。当初は、歌丸さん自身は司会を務める人ではないと断っていたそうですが、5代目圓楽さんからの指名により引き受けたと言われています。歌丸さんのいない大喜利は当初寂しいものを感じましたけど、今はすっかりそんなことはないほどに慣れてしまいましたね。この時から大喜利メンバー全員で盛り上げようという雰囲気が出来上がったのだと思います。

後任司会は近日発表されるとのことだそうですが、6代目三遊亭圓楽(旧名三遊亭楽太郎)さんではないかと言われています。ただ、その話が出た際は「不愉快」と答えていたため、もしかすると他の人(かつて「笑点」では故三波伸介さんのように外部、つまり落語協会の関係者以外から選出されることもありました)から選ばれることもあるでしょう。そうなると日本テレビに縁のある人(最右翼なのは正月特番などで絡みのあるTOKIOの城島茂さんか松岡充さんじゃないのかなと)から選ばれる可能性もあります。


笑点メンバーの中にも寂しいとか死ぬまでやるもんだと思っていたなど驚きの声が挙がっていましたけれども、ここ数年の間は病気を理由に番組を欠場する機会があったことを考えると、また自身が満身創痍の身であることが他の番組などでも明らかになっていることから、いずれ身を引くものとは思っていました。だって79歳ですもの。まだまだやれると私も思っていましたけれども、無理強いをしてやってもらうのもどうかとも思っていましたね。

なお、歌丸さんは「笑点」を卒業するだけなので、落語家としての活動はしばらくの間続けていくのだそうです。ただ活動範囲が大きく縮むことも考えられるので、円熟味のある落語を見てみたいとは思うんですわね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月04日

あと一つでコンプリートだった

年末年始は深夜枠を中心に大作映画が放送されることの多くなる時期でもあります。中には地上波ではかなり贅沢だなと思わせるような映画が放送されることもあり、放送局の頑張りが直接見える場所でもあるのです。
そして、今年は「スター・ウォーズ」最新作放映の時期ということもあり、地域によっては過去の作品が放送されたなんてところもあったのではないのでしょうか。

新作が放映される前、つまり全6作のうち、EP1とEP4のみが日テレ系の「金曜ロードSHOW!」で放送しただけ残りの4作も日テレだけが放送(12/28と12/30・12/31に掛けて)するというふうになりました。
ところが、一部地域では深夜枠を利用して放送をしてくれたところがありました。全部を知っているわけではないのですが、地元では中京テレビがEP5とEP6だけでしたが放送してくれました。

ということは、東京にいたから見られたEP2と地元に帰っていたから見られたEP5とEP6、そして全国放送のEP1とEP4はテレビで見られたわけですわ。うーん、惜しい。大みそかに帰ってなければEP3も見られてコンプリートだったわけですか・・・(苦笑)。


仕方ないとはいえ、ちょっと悔しいDVDとかで見ればいいじゃないのと言うでしょうけど、手軽に見られるメリットは捨てがたい時にディスクをセットするというのもおっくうなのよ(爆)。探すのだって時に手間だし。

ちなみに、全国放送だったEP1とEP4は字幕付き2か国語放送、日テレのみで放送されたEP2・EP3・EP5・EP6は字幕スーパーのみの放送、地元で放送されたEP5とEP6は2か国語放送のみでした。欲を言えばきりがない。それでも、やってくれただけうれしいわい。


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月16日

遂に民放が動いた

かねてから言われていた、番組を見逃した時のアフターフォローとも言える配信がついに実現しそうです。


民放キー5局(日本テレビ・TBSテレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)はドガッチを運営するプレゼントキャスト運営の下で、見逃した番組を広告付無料動画で配信するキャッチアップサービス「TVer(ティーバー)」を立ち上げると発表しました。
対象となるのは、キー局が放送するドラマ・バラエティなどで、配信期間は放送終了後から次回放送までの1週間ほどになるとのこと。今年の10月から開始予定で、スタート時には10番組が配信される予定とのことだそうです(つまり、可能性として各局2番組ほど)。これを多いと見るのかまだまだと見るのかで、この配信サービスの評価が分かれるところですね。


放送終了後から次回放送までの1週間ほどとはいえ、PC・スマホ・タブレット関係なく観賞可能になっているので、いつでもどこでも見られるのは大きいと思っています。何より、地域格差が無くなるというメリットがあり、特にテレビ東京の番組が全国で見られることになるので、これまで遅れネットや放送されなかった人気番組もすぐに見られるようになります。
今のところ在京キー局の番組のみになりそうですけど、これが将来的に在阪・在名など地方局をキー局にする番組にも対象が広がってくればと思っております。配信期間もニコニコチャンネルのように、放送終了後から次回放送までの1週間ほどは無料、それ以外で見たい場合は有料というふうでも十分採算は取れるのではないかと思います。違法動画の撲滅のためにも、各局が素早い対応をできるようにしてほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月19日

民放での見逃し視聴機能実施へ

今日、民放連の井上弘会長が、民放5局で見逃し視聴(リマインド)機能を導入することが決まったと発表しました。視聴環境の変化が大きな要因になったようです。既にNHKがインターネットを通じて一部の番組だけですが行っています
今回どういう方式で行われ、いつから開始するのかというのはまだ決まっていません。恐らくインターネットで視聴する方式になるのでしょう。ただ視聴は無料で行われ、CMは一緒に流されることは決まっているようです。(リマインド)
今回導入に同意したのは、在京5局(日本テレビ・TBSテレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)のみ。同じ在京局の一つである独立局のTOKYO MXは同意していませんし、地方局は一切関与していません

今後、地方局がどういうふうに動くのかが気になるところです。できれば、全国ネットの番組はキー局・ネット局問わずリマインド機能が生かせるようにしてほしいですね。


ラジオは既にradikoなどIPサイマル放送で有料ながらも全国で聞けるようになっています。テレビでも有料でも構わないので、見られるように環境を整えてほしいですね。そうすれば地方も含め切磋琢磨することになるのではと期待しております


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月29日

バルスを巡る駆け引き

8/2に「金曜ロードSHOW!」で「天空の城ラピュタ」が放送されるそうです。実に1年7か月ぶりだそうです(リンク先はその時の記事)。


そんな「天空の城ラピュタ」での注目点は「バルス!」の一言このシーンが出ると、にちゃんねるの実況板が落ちたとか、ニコニコ生放送が落ちたとか、ツイッターでのツイート記録が世界最高になったとか色々な『伝説』をクリエイトしたんですよ、ムスカ大佐(ギャハ)。<目がー!目がー!!
しかし、時代の流れによって、ツイート記録が(奇しくも日本の)「あめおめ」に奪われ、納得いかないと感じたドワンゴの人達が悪乗りして(笑)、当日「バルス祭り」と称した実況放送をやるとのこと。当日はスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーとニワンゴ会長の川上量生さんとのトークも行われるとのこと。もしかすると裏話が聞けるのかもしれません。


そういえば、ツイッターでは「バルス中止のお知らせ」というのが回って大騒ぎになったそうな。
これはどういうものなのかというと、ラリー・バード(ツイッターの公式マスコット)がラピュタを持ち上げる姿が描かれた絵をバックに、処理能力の限界を超えることを懸念して23:25頃のツイッター上でのバルス自粛を呼びかけたもので、この知らせを見たツイッター利用者がネタツイートであることを知らずに拡散本気で信じてしまったというもの。
後にネタツイートであることをこっそり書いてあるのを見つけた利用者の一人がネタであることを拡散したことで事態が収拾に向かいましたけれども、改めてツイッター利用者が総バカッターになりかねないな・・・と利用していない私は内心ほくそ笑んでおりました情報に踊らされると(今回は実害はなかったけど)ロクなことがないよという典型的パターンですね。これが地震が起こった時の混乱期だったらどうなってたか。怖い怖い。


ちなみに、ツイッターの関係者は「ここ1年半でかなりサーバーは増強されたので、落ちることはまずないだろう」とのこと。やってやろうじゃないか・・・と思っている人達が増えたに違いない(ニヤニヤ)。


天空の城ラピュタ [Blu-ray]天空の城ラピュタ(Blu-rayDVD



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月16日

週3回楽しめる笑点

日曜夕方(一部地域除く)に放送される「笑点」。45年以上放送されている人気長寿番組でもあります。
前半は演芸(漫才・漫談・マジックなど)・後半は大喜利という、シンプルながらもメンバー達の巧妙なやり取りによって飽きさせず、いつも新鮮な気持ちで、かつ「絶対そんなことを言ったら座布団取られるぞ」といったツッコミどころ満載で見られるようになっていますある意味こういった番組は稀有な存在と言ってもいいでしょう(恐らくそれが残っているのは、「ドラえもん」・「サザエさん」・「探偵!ナイトスクープ」くらいでしょう)


そんな「笑点」を週一度しか楽しめないのか・・・というお嘆きの人にうれしいお知らせが。
BS放送ですが、毎週「笑点」が楽しめるようになっているのです。


一つ目は、「笑点デラックス」
こちらは事実上の再放送で、今から約15年前の放送を2回ずつ流してくれます
今見ると、メンバーが若い(笑)。今は亡き5代目円楽さんの司会運びは絶妙だなと思わずうなってしまいますね。もちろん今の司会の歌丸さんがいけないわけではないのですが、どうも感情に流されやすいきらいがありまして(苦笑)。横浜の人なのに江戸っ子気質があるのね・・・。特に6代目円楽に振られるとそれを如実に出してしまっていて(ニヤニヤ)。
しかし、木久扇さんは変わらないのね、木久蔵さん時代でも(爆)。
なお、この番組、開始当初は月曜夕方6時だったのですが、4月からの改編で少し見やすい時間(1時間繰り下げ)になりました。

もう一つは、「笑点 特大号」
こちらはレギュラー番組内で行われている大喜利のディレクターズカット版を軸に、この番組ならではのコーナー「お悩み相談大喜利」や「本日の楽屋」・「楽屋大喜利」、そしてこの番組のために収録されたメンバーの演芸(落語)が楽しめるまさに「笑点」が好きな人向けの番組です。
大喜利のディレクターズカット版は、普段なら編集でカットされてしまう部分をそのままに流しているので、大喜利の流れがよくわかるようになっています
しかし、楽屋に関しては驚かされましたね。てっきり個室かと思ったら、みんなが相部屋にいるんですね。スタッフ達もいて結構和気あいあい。これだから「笑点」は長く続くのかと納得。


三者三様とはよく言いますが、「笑点」も三者三様でそれぞれの楽しみ方があるのだなとこれらを見ると実感してしまいます。チャンスがあればぜひ3つとも見てほしいものです。


放送時間の詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月29日

これはとても・・・焦げてますね(汗)

毎週月~土のお昼前に放送している「キユーピー3分クッキング」。この番組は東京の日本テレビ(以下日テレ)がやっているバージョンと名古屋のCBCテレビ(中部日本放送)がやっているバージョンがあるのですが、今回は前者の日テレバージョンでの話


今日放送された「厚焼き卵」。関東風の甘しょっぱい感じのものを作ると意気込んでおりましたが、どうもこれが酷い有様だったらしい。
日テレオンデマンドで配信されているキユーピー3分クッキングの動画をご覧になりながら、その事の顛末をたどっていくことにしましょう。


まず、「是非マスターしたい基本の一品」・「焼き始めから焼き上がりまでを通して見ていきます」と小熊美香アナウンサーが切り出して、講師の藤井恵さんが「娘達のために出した」と胸を張り、甘じょっぱい関東風の厚焼き玉子の作り方を『伝授』していく流れになっています。

最初は材料を混ぜていくだけの簡単なお仕事から。この際、だしと調味料をよ~く溶いた後に卵を入れ、泡立てないようかつしっかりと箸先をボウルの底にくっつけて二の字を書きながら切るように混ぜるのがポイントとのこと。そうすることで白身が切れてない場合に起こるドロっと入って均一な味わいにならないことを防ぐためなのだそうな。ふむふむ。

混ぜ終わったら、厚焼き卵専用のフライパンに油をたくさんひいて、まんべんなくフライパンに行き渡ったら、余分な油は捨てるとのこと。その後はふきん(キッチンペーパー?)か何かでこすりつけるように拭き取るようです。そして、卵液がチュンと言うくらいまでの火の通り(おおよそ強火のことと思われ)になったら、いよいよ卵液を流し込みますよ。

厚焼き卵は卵液を1回で全て使うのではなく、何回かに分けて層を作るように焼いていくのだそうな(今回は1/4ずつ)。卵焼きは強火にしないと固く締まってしまうのだそうで、たとえ怖くてもそうしなければならないとのことなのですが・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


ご覧の有様でした(笑)。



・・・って『ご覧の有様』ではわからないと思うので、詳細を語ると、ええ、見事なまでの真っ黒焦げ(ギャハ)。
周りが固まってきたらひっくり返す・・・というふうでやっていったら、底の面が見事なまでに焦げてて、講師の人がちょっと動揺してます小熊アナウンサーも「これぐらい焼くもんなんですか?」と聞き返してしまうほど。講師の藤井さんも返す刀で「砂糖もしょう油もしっかり入っているので、こういう(焼き焦げた)色になるんですけど、これがまた美味しいです!」とまだ失敗を認めません(苦笑)。
この後、2回目・3回目・4回目と繰り返すのですが、2回目も3回目も4回目もそれなりに焦げてます(苦笑)。まぁ、3回目の焼き加減が(恐らく講師の藤井さんが思う)及第点だったのかなと。
しまいには、「卵焼きって最後にきれいにまとまってればいい」・「初めの方は気楽な気持ちで」・「毎日毎日作るとだんだん上手になっていく」とかなり動揺しているんじゃないかと思えることをのたまいましたよ。たぶん、うすうす失敗したと感じ始めたんでしょう(ニヤニヤ)。いやね、最後のセリフは、あまり上手くない人に向かって言うフォローであって、自分を慰めるための言葉じゃないと思うんだ(ニヤニヤ)。
なお、途中ぷくっと膨らんでくるシーンがあるのですが、その際箸で軽く叩き潰すと焦げずに焼けるのだそうですけど、先述の通りやっぱり焦げてました(汗)。

切りと盛り付けの際も動揺は抑えられず、切った面の一部がめくれても上手く直せず、そのまま皿に盛られてしまうほど。卵焼きが熱いとか収録が押しているんだと思いたいのですけど、どう考えても焦ってるな(苦笑)。


・・・これはマスターしてはいけない(ギャハ)。料理のできない人間が見ても、これはひどい。娘さんはこの卵焼きを見て何を思ったのか問い合わせたいものですねぇ。


この動画をうちのおかんに検証してもらったところ、火が強すぎる・焼き過ぎとか言ってましたけど、私自身が思うには1回あたりの卵液が多いんじゃないかと。卵4個使ってるのなら、6回くらいに分けてやった方がいいと思うのですが、いかがなもんざんしょ。


『上手な』厚焼き卵は、ぜひ宮本先生に作ってほしいね(ゲラゲラゲラ)!リクエスト送っておこう(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月26日

快脳!マジかるハテナ

今年の秋の新番組、今回はゴールデンタイムで結構見てみたい番組が揃ってきているわけで
今回はかつて「マジカルバナナ」が大ヒットしたことで一躍大人気番組になった伝説の番組「マジカル頭脳パワー」のDNAを引き継いだ「快脳!マジかるハテナ」です。実に13年ぶりの復活となります。

この番組は「マジカル頭脳パワー!!」のDNAを引き継ぎながらも、新しいことも行っています。例えば、データ放送の連動で自身も回答者になっていくことができる他、誰がトップになるかを予想することもできるようです。またスマートフォンのアプリをダウンロードしておけば、番組との連動でクイズを答えることができ、上位になった場合はスタッフロールにも掲載されるとか。

クイズそのものは、得点を競うという要素も強いものの、柔軟な発想力やひらめきが大事にされている、あの「マジカル頭脳パワー!!」のDNAが生きている番組になっています。昔親しんだ「エラーを探せ!」(「新エラーを探せ!」の題で進行)や「マジカルバナナ」だけでなく、「マジかるホメて!」や「ひと文字プラス」のような型にはまらない答えを求めるような、子供も大人も楽しめるようなシンプルなクイズもあって思った以上に面白かったですね。


回答陣も変に奇をてらわず、かつての「マジカル頭脳パワー!!」のように司会と回答者が同じ視点に立って番組を盛り上げているなぁと思いますね。


今回は初回ということで2時間の豪華版でしたが、1時間の通常版になってもテンポの良い番組になってくれればと思います。


放送局などの詳細は「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月23日

解決!ナイナイアンサー

秋の新番組が本格的に始まる中、今回はゴールデンタイムで結構見てみたい番組が揃ってきているわけで
その鏑(かぶらや)になったのが日本テレビ系で放送される「解決!ナイナイアンサー」です。
この番組、悩んでいるに違いないという芸能人を番組内に引っ張り出し、その手では非常に有名なコメンテーターや回答者(クセ者相談員)が答えていくというものスポットモノとしてYahoo!知恵袋やOK Waveからの相談をピックアップしてゲストにあたる仲介人やクセ者相談員の一部、そして司会のナインティナインの岡村隆史さんが答えるコーナーが挟まれます。

どうしてこの番組を見ようと思ったのかというと、この相談員の中に「テレフォン人生相談」で有名な三石由起子さんや今井通子(みちこ)さんが出てくるからどちらもかなりクセのある回答者やパーソナリティなことはラジオを聞いてて十二分に知っていたので(笑)、どう答えていくのかが楽しみでしたね。


実際見てみると、よくあるバラエティなんですけど、相談員の中にはかなり鋭い話をしている人もいるなぁと思いましたね(特に元ヤンキーの人は、思った以上に的確だった)今井さんが結構お茶目だった(注:小林麻耶さんが登場した際に、人気の子に厳しく言うのを躊躇してしまうという主旨の言葉を述べている)のが今回意外にぐっときましたね。「テレフォン人生相談」では見せない光景だったので。

ただね、司会がナインティナインじゃなければもっとよくなるんだろうなと。特に岡本さんが邪魔し過ぎアクの強い相談員相手だからゆえに、自分も出ないと・・・と思ったんでしょうけど、しゃしゃり出ている感が強くて、神田うのさん以上にうっとうしいなぁと思えてならなかったですね。矢部浩之さんが「オマエ邪魔」という気持ちがよ~くわかりましたよ(汗)。


今後、また入れ替わり立ち替わりで様々な相談員が登場するんだと思いますが、せっかく「テレフォン人生相談」の人を引っ張り出して来たのなら、タイゾー先生(加藤諦三さん)やアータ(大原敬子さん)も引っ張り出してほしいなぁ・・・


放送局などの詳細は「続きを見る」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月30日

汐留・汐博にも寄って来た

池袋から再び山手線に乗り、向かったのは新橋。そこから地下街を通って約5分ほど歩くと、日本テレビのある汐留に着くわけですよ。
ここ数年、コミケの宿泊先がこの汐留になっているため、汐留でやっている汐博はしばしば見かけていたのですが、実際に中を見るのは初めてだったりする(苦笑)。


ISW11F_20120825_155654こちらが、汐博入口。日本テレビ内(2階)にある入口です。
丁度ここから行った先に「ぐるナイ(ぐるぐるナインティナイン)」のワンコーナー「ゴチになります!」をモチーフにしたレストラン「ぐるナイ リストランテ・ゴチ×オミヤ」があります。



ISW11F_20120825_155704丁度この日は「24時間テレビ」開催日ということもあって、デカデカとポスターが貼ってあります。



ISW11F_20120825_155924こちらは「エヴァンゲリオンストア 第3潮留出張所」。第3とは言っていますが、第1も第2も近くにはありませんよ(ニヤニヤ)。
原宿(神宮前)と箱根湯本で展開されている「エヴァンゲリオンストア」をほぼそっくり持ってきたもの。中にはこの店限定品もあったようです。

写真は綾波レイの等身大マネキンとエヴァ初号機のフィギュア(と思う(苦笑))。



本当はここで、この店の隣にある「汐博うまいものストリート&休憩スペース」でエヴァカレーを・・・と思っていたのですが、25分待ち(着いたのが丁度16時)なので、さすがに待てないなと思って断念。いそいそと次に向かうことにしたのでした・・・。


ISW11F_20120825_155716おまけ。
日テレのキャラクターでもある「ダベア」。事実上「なんだろう」に変わってマスコットキャラになっています
日テレ社員という位置付けで、役職は編成局宣伝部特命担当兼バラエティー局ADだそうで。だからカンペともタイムボードとも取れるスケブ持っているのね(笑)。
ちなみに、口は「べ」の字口癖は「ダベ♪」「ダベー♪」(というか、それ以外しゃべらない)。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月15日

コミケ中に行った話 汐博での一コマ

コミケ跡に行った場所の話の前に、コミケ中に行った場所の話をば。
コミケ開催中に汐留とアキバに行ってきたのですが、今回は汐留の汐博(しおはく)の話。
「24時間テレビ」放送終了日になる8/26まで、日本テレビのある汐留で汐博というイベントが行われています。丁度泊っていたところが日本テレビの隣だったため、この汐博の様々なイベントを見られたわけで。


ISW11F_20120811_154259様々ある中でも一番のインパクトなのがこれ、「エヴァンゲリオン 綾波レイスライダー」
全長18.5m、スライダーの長さ約16mというエヴァシリーズくらいあるんじゃないかと錯覚してしまいそうな大きさ。滑ることで滑走証明書ももらえるそうな。
しかし、これは一体誰得(ニヤニヤ)?このスライダー、大人も滑れますと必死のアピールを行っていましたが、子供しか滑ってへんで(苦笑)。



この汐博では、エヴァ関連で見ると、エヴァンゲリオンストアが出張出店していたり、エヴァカレーが「汐博うまいものストリート&休憩スペース」で販売されているとのことらしい。そこまで時間はなかったので回れなかったのですが、もしかしたら・・・とか思いつつ、どうしようか思案中(ニヤニヤ)。
東京にはどうしても回りたい理由があるんだよねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

2011年12月09日

また落ちるぞー(笑)

今日、実に13回目になる「天空の城ラピュタ」のテレビ放映が行われます
映画の上映は実に四半世紀前の1986年。シンプルな冒険活劇ながら、子供から大人まで誰もが引き付けられる魅力的なアニメ映画に仕上がっており、宮崎アニメの秀作と評されることもあり、「風の谷のナウシカ」・「となりのトトロ」・「魔女の宅急便」などと共にロングセラー作品となりました。
テレビ放映以降、視聴率は常に2ケタで、最高視聴率は22.6%(1989年に記録)平均すると19%ほどを獲得できているヒット作でもあります。

しかし、本格的に盛り上がってきたのはインターネットが普及してきた2000年代以降だと思います。
その理由はムスカが横暴を働いているそのクライマックス、主人公のパズーとシータが共に発するラピュタ滅びの呪文「バルス」を発する時
2ちゃんねるの実況板がその文字で埋まったため、サーバーダウンを起こしたというのがきっかけで、いわゆる祭り状態になってしまった・・・というのがこの頃からお約束になりました。
ちなみに、ツイッターでも同様のツイート(つぶやき)で埋まった祭り状態が起こったとされていますが、まだ普及していなかったという理由でサーバーダウンは起こっていないとされています。


ところが、今年は取り巻く環境が違っています2ちゃんねるはもちろん、ツイッターもこれまで以上に普及しています。今回は2ちゃんねるだけでなく、ツイッターもサーバーダウンするほどの祭りになるんじゃないのでしょうか。
その期待に応えて(苦笑)、日本テレビもこれまでより40分長いオリジナル並の放送時間を取ってくれましたもう落として下さいと言わんばかりですよ(ニヤニヤ)。


天空の城ラピュタ [Blu-ray]天空の城ラピュタ







人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:15Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月15日

スフィアクラブキター!

今年の夏から日本テレビでのみ放送されていた「スフィアクラブ」。
声優アイドルユニットSphere(スフィア。寿美菜子さん(コットン)・高垣彩陽さん(ひーちゃん)・戸松遥さん(お松)・豊崎愛生さん(あっきー)の4人で結成)が持った初めてのテレビでの冠番組としてスタートしています。
関東圏でのみの放送だったのにもかかわらず、深夜帯としては好調な視聴率を稼ぎ出し、コミケの時期には、最高視聴率(確か3%くらいだったと思う)を叩き出し、改めてその人気の高さを思い知らされてのでした(ただし、視聴率を測る機械が、一般家庭にしか置いていないはずなので、その因果関係は不明)

その「スフィアクラブ」が全国ネットされることになりました(放送局の詳細は「続きを読む」にて記載)。大都市圏のみでの放送ですが、このネット拡大は大きいですね。


放送内容は、アニメパート(部活動に入部するまでの経緯の紹介)・ドラマパート(いわゆる本編。バラエティ劇を披露する)・ライブパート(Sphereの曲を歌うもの)の3つから構成されている15分番組となっています。
・・・これだけ詰め込んで15分は結構駆け足っぽいよなぁと思ってたんですが、そんなにあわただしい雰囲気はなく、ちゃんと番組として成り立った形で進行していきます


Sphereが好きな人なら十分に楽しめると思います。元々有名どころの作家を並べてますし。
ちなみに、遅れネットになった地域は2話連続放送になっています。またこれまでの放送をまとめたDVD・Blu-rayも発売予定になっています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月25日

「金曜ロードショー」での放送に合わせて、3度目のエヴァキャンペーン始動中

明日(8/26)放送される「金曜ロードショー」で、いよいよ「新世紀ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のテレビ放送版が放送されます。放送中には、データ放送(シーンガイド)が行われるそうで、その中で、「シンクロ率試験」という視聴測定とカルトクイズ(当たるとシンクロ率が上がり、100%以上を超える(つまり暴走状態)になる可能性も)が行われるそうな。
なお、シンクロ率が100%を越えるごとにパスワードが出て、それを番組の公式サイトに送ると豪華プレゼントも抽選でもらえるとのこと。

またこの中で、その次に公開されるとされる「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q quickening」と「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:?」(最終作)の何らかの情報が公開されるのではないかとされています。また、このテレビ放送と併せて、全国の映画館でテレビ放送版をスクリーンで流すといった試みも行われるそうです。


その公開に併せて、ローソンでは、恐らく3度目になる「エヴァンゲリオンキャンペーン」が行われていますけれども、何か思った以上に盛り上がっていない印象が(苦笑)。
店のレジ前に対象商品を2品買うともらえるクリアファイルが6種類あるんですけれども、なくなる物はほとんどない状態(汗)。


PA0_0215それならばと、今回対象商品をバカスカ買って集めてやった(爆)。
とりあえず、店頭に並べられているように置いてみた。
・・・どっかで見たような(以下略)。でも、こういうものは後々貴重になってきますからねぇ
・・・と言い聞かせる(苦笑)。

ちなみに、左上にあるレイの白いクリアファイルは無くなっているお店がちらほら出てきてますので、コンプしたいと思ったら、まず左上のファイルを最優先で。あとは思い入れのある人物を狙っていきましょう。



ところで、このキャンペーンではオリジナル商品も出ていますが、その紹介は明日以降にでも
お菓子は買ったんだけど、パンがなかなかないんですよね・・・。生産数を絞っているのか、店が仕入れていないのか?
後者はうちの近所の(以下自主規制)。


あ、「金曜ロードショー」との同時上映、系列局のある地域はもしかしたら入れる可能性があるんでしょうけど、系列局のない地域(「続きを読む」参照)では、相当難しいんじゃないかと。
でも、テレビ版だからそこまで盛り上がらないか(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2011年01月15日

冬の新アニメ2011 その8 君に届け 2ND SEASON

冬の新アニメ、8回目は少女コミックが原作で、2009年から2010年にかけて第1期が放送、さらに2010年には実写版映画が公開されて盛りに盛り上がった作品「君に届け」の第2期である「君に届け 2ND SEASON」です。


あらすじはこれまでの続きなので、詳細は割愛しますけれども、簡単に書くと、クラスの中で浮いた存在だった黒沼爽子が片思いを抱いていた風早翔太との出会いによって、クラス内に徐々に変化が訪れ、爽子自身にも友人ができたりすれちがいが起こったりと大きな変化を遂げながらも次第に成長していくという物語でした。


さて、今期1回目は、第1期で風早の恋のライバルだった胡桃沢梅の視点で描かれた総集編でしたね。
細かい部分はこれからなのかなと思いつつも、この総集編のまとめ方を見て、爽子との出会いによって彼女自身も大きく変わっていったのだなというのがよくわかる回ですね。切ないというよりも前向きな展開で終始していったので、非常によかったと思います。

作中の絵を見ていて気になったのが、1期の時の絵と今期の絵は少し違いがあるんだなと。今期の方が若干線が細くなったかなと思います。あまりの違いにコントラストが効いたかのような感じになっていましたよ(苦笑)。

これだけ見ても今回も期待できるなと思いましたし、エンディングのMAY'Sが歌う♪君に届けもなかなかよござんしたよ。今期不作だった作品の中では1・2を争う秀作ですなぁ・・・。


放送時間の詳細は「続きを読む」でご確認下さい。

  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 21:36Comments(0)TrackBack(0)