2018年12月19日

辛さとコクのマリアージュ

SHV39_4264今回紹介するのは、日清食品の「日清焼そばU.F.O.大盛 ハラペーニョ香るホワイトチェダーチーズ味焼そば」です。何とも長い商品名ですなぁ・・・。
名前にある通り、青唐辛子のハラペーニョとホワイトチェダーチーズの入ったソースが入っております
日清焼そばの場合、某社(笑)と違い、辛いといってもそんなに引くような辛さではないので、期待はしていません。問題は、どんな味わいになるか、そこだけです。無難になる場合もあるので、はてさてどうなるのかなぁ・・・。



3分経って、湯切りして、食べた。うーん、無難と言われてもおかしくないなぁ(苦笑)。

具材は貧弱でキャベツと肉(チャーシューという薄切り肉)のみなので、満足感は少ない。ただ、一緒に入っていたソースがメインなので、仕方がないのかもしれない。そのメインとも言えるソースが、先述の青唐辛子のハラペーニョとホワイトチェダーチーズの入ったものです。
コイツがきちんとハラペーニョの辛味とチーズのコクを生み出しているんです。この味が無ければ、この商品は確実に崩壊しているわけで、やっぱりソースは偉大なりと感じてしまいます。
しかし、これを焼そばというのは少々苦しいのかもしれない。なぜなら、この味付けならスパゲティ(パスタ)で売った方が、特に女性にウケたのではないかと。量も大盛にせずに、一般的なU.F.O.のサイズにしてもいいのですよ。
ホントにスパゲティみたいなテイストだと思うので、女性の方、量が多いと思って敬遠しているのなら、一緒にいる女子と共にシェアしてでも食ってみるべし。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年12月18日

ファミチキ先輩プロデュース?

SHV39_4261今回紹介するのは、日清食品の「日清 どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」ファミリーマートでのみ販売されているコラボ商品です。
以前にも全部のせタイプの商品は展開されていましたが、今回のと違うのは、中に入っている具材。ファミリーマートでのみの販売ということで、同店で販売している「炭火焼きとり」をイメージした具材とタレ入りとのこと。

なお、量が多いのは相変わらずで、容器に入りきらずにパッケージの上にプラスチック蓋(紙製のパッケージがしてあるので、わかりにくくなっているが)でかぶせ、その中に具材が入っています



先程も触れたとおり、今回の商品は、「炭火焼きとり」をイメージした具材とタレが入っている点ですけど、そいつがなかなかのクセモノ。先入れかやくを上手いこと入れないと、後で掛けるタレで掛けられず、ただの味の付いていない鶏肉を食べることになってしまうんですわ(泣)。タレの味は、ファミリーマートのあのタレの味に近いと思います。甘辛で少し濃い目といったふうでしょうか。
で、つゆがタレの濃さに引っ張られてしまったのか、心なしかいつものつゆより薄く感じたんですね。関西風のだしともたぶん違うだろうと思うし、気のせいレベルなのかもしれない。ただ、先述のタレが混ざっても味の変化は感じられにくいです。


総じて、いつものどん兵衛よりも味が薄い、具材は多いがインパクトに少々欠けるかなと。「炭火焼きとり」は面白かったけど、食べにくさだけが目立ってもったいなかった。いっそのこと後のせファミチキができれば面白かったけど、美味しくはないわな(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年12月15日

3500!

SHV39_4202今回紹介するのは、日清食品の「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」
せっかくなので、数字に置き換えてみた。『ミーゴレン』で『3(ミー)5(ゴ)00(レン=零の連続)』・・・おわかりいただけただろうか(汗)。<こういうことをする時は、ネタが無いということなので、覚えておこう(ニヤニヤ)。

ミーゴレンとは、インドネシアの焼きそばの一種。インドネシア語で『揚げた麺』という意味ですが、実際は日本の焼きそばと同じく炒めて作るものだそうです。ケチャップマニスという調味料を使うのがポイントで、甘い味付けになるのだそうな。

今回の「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」は、フライドエシャロットが入っているのだそうで。



実のところ、フライドエシャロット以外、何にも具が入っていないんじゃないかと疑いたくなるほど具が無い(泣)。実際はニンジンなどの具が入っているようですけど、かやくとして入っていないでそのまま入っているので、わかんなくなっちゃったんでしょうね。
味は、確かに甘いケチャップマニスの味が強いですね。それでも辛さもあるあたりがエスニックこの甘辛さも絶妙なバランスになっています。


既に発売から半月経っているので、なかなか見掛けないと思います。お昼に食べるレベルなら、十分かなと思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)

2018年12月04日

オンライン販売で完売だったあの商品が、いよいよ登場

SHV39_4230こちらは、日清食品から発売された「日清 カップヌードル謎肉丼」
「謎肉丼」そのものは、カップヌードルミュージアムでしか食べられなかった代物でしたけれども、オンラインショップで限定販売される形で「日清 カップヌードル謎肉丼」が発売されます。この商品は、発売開始すぐに完売。あまりの人気を得たため、今回一般販売に漕ぎ着けたのでしょう。

ちなみに、今回の商品とオンラインショップで売られた時の商品とは違うJANコードが設定されています。栄養素も若干異なっています。ゆえに、今回の商品はオンラインショップ版よりブラッシュアップされたと見ていいでしょうね。



まず、開けて驚くのは、大量の謎肉。表面を覆わんばかりに出てくる出てくる。なので、ひとすくいすると、ほぼ必ず謎肉が入るというふうになり、食べ応えは満点どころの騒ぎじゃないです(笑)。
味は、いつものカップヌードルにご飯を放り込んだ感じです。ただ、カップヌードルの汁の中に入れるのではなく、粉末スープの素を混ぜてご飯と一緒に炊く、炊き込みご飯のようなものなので、味の濃さは今回の商品の方が上でしょう。謎肉以外、他の具材は実質何もないですけど、十分に満足できるという謎仕様。少々スパイシーさもあり、あっという間に中のご飯が無くなります(苦笑)。


これは、カップヌードルが好きな人は食べてほしいですね。対して、普段カップヌードルを食べない人は賛否が分かれる商品になるのでしょう。ゆえに、ファンアイテム的なものなのかねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年11月16日

蒙古タンメンのアレを買ってきた

SHV39_4158先日、セブンイレブンで売っていた「蒙古タンメン中本 辛旨焼そば」を買ってきた。製造しているのは日清食品です。
中本で出されている辛いタンメンを焼そばにアレンジしたものです。一緒に辛味噌入りのマヨネーズが入っています。



この商品、液体ソースと粉末ソースも入っているんですけど、液体ソースはそんなに辛くないんです。舐めてみても掛けて食べてみてもわかるのですが、程よい辛さでこれは美味い
そこに粉末ソースを掛けると、コイツが辛さを増させているんだなと思わせるほど急激に辛くなります。ビックリするぐらい辛くなるけど、辛いもの好きの人なら、これでも美味しいと思います。
唯一残念なのは、マヨネーズ。味噌の味が混ざっているからなのか、あまり美味しいとは思わない。妙な味がするのよね。混ぜた後でも微妙に表現できない味が残っている。


結論、マヨネーズはいらない(苦笑)。辛いけど液体ソースと粉末ソースで頂こう。辛いのが苦手なら液体ソースだけでもいいけど、そもそも買ってはいけない(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2018年11月06日

今度はそばでやりおった!

SHV39_4048今回紹介するのは、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば」。以前紹介した「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」と同じような商品です(苦笑)。
今回の場合は、おあげと天ぷらは一緒で、牛肉だった部分が蒸し鶏に変わっていますこの蒸し鶏は、今までのそばには入っていなかった代物なので、牛肉に対するものとはいえ、味が大きく変わってしまわないか心配ではあります。



バカでかい容器に入ってはいるものの、中身は普段と変わらない量なので、構えず淡々と作って頂きます。

そば・天ぷら・おあげの味は、これまでと同じで、そばつゆは関東風のかつおだしと思われます。ここまでは普通で、関東圏の人達は何の新鮮味を感じないかと。
問題は、今回入っていた蒸し鶏。この蒸し鶏が思った以上に甘さが付いているんですよ。しかも人工的に付けたものではなく、蒸し鶏から感じられる自然な甘さそばつゆが濃い目できりっとしたものだから、逆に引き立つんでしょうね。おあげも甘いといえば甘い部類だけども、それを超える甘さがあると個人的に思いました。
いや、今まで入れなかったのは何でだろうと思ったけど、疑問はすぐに解決。関東風だから生きる味なのかもしれない。関西圏や北海道の仕様なら、ここまで感動するだろうかと。少なくとも関東圏の味付けで蒸し鶏をたっぷり入れた「とりそば」(「鴨南蛮」とかあるんだし)なんて作ればウケるかもしれない・・・とは思いましたけどね。

ちなみに、一部店舗では安売りに走っております(苦笑)。やはり二番煎じはアカンかったヤツか・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年10月27日

食戟のキーマ&進撃のバターチキンカリー

SHV39_4047今回紹介するのは、「カップヌードル インド風バターチキンカリー」(上)と「カップヌードル nano謎肉キーマカレー」(下)です。
上は、カップヌードル エスニックシリーズの一つで、インドのバターチキンカレーをモチーフにして作られたもの。下は、カップヌードルカレー45周年限定記念商品で、nano謎肉と呼ばれる小さな形成肉が入っています



まずは上から。
この商品、思った以上にまろやかカレーというとスパイシーな面を強調しがちになっていくのですが、この商品に関して言えば、それは無いんですね。むしろカレーは辛いというイメージでは無く、甘めのテイストになっていますそこにバターペーストを入れると、コクが深まってまた美味い。でも、無くても十分に美味いカレーなんですよ。

次は下のを頂きましょう。
こちらは、nano謎肉がメインになっているんですけど、見た感じ、商品名にもなっているキーマカレーのキーマなんだよね。だから味もひき肉の味(笑)。そしてこのカレーもスパイシーじゃないカレー。色々と香辛料を入れているのにね。でも辛くはないので、日本人向けのカレーとも言えます。


どちらもカレーとしてはよくできています。辛いカレーが好きという人には物足りないかもしれないですけど、私は好きですね。こんなカレーでもいいじゃない。特にバターチキンカリーは好きな味です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2018年09月23日

三代目謎肉祭

SHV39_3839今回紹介するのは、日清食品の「カップヌードル ビッグ 三代目謎肉祭」2016年から続く謎肉をたくさん盛ったカップヌードルです。
今年のカップヌードルは、三代目某さんを意識した(笑)ものになっていて・・・と思ったけど、そうじゃないらしい。
今回は3種類の謎肉(豚肉ベースの謎肉・鶏肉ベースの白い謎肉・唐辛子練り込みのチリ謎肉)が入っております。普通の謎肉が多めかな。



味は、3種類の謎肉が入っていると、思った以上に複雑な味になるそれぞれで食べていると、豚肉ベースの謎肉は濃いめのスパイシー目な味、鶏肉ベースの白い謎肉はあっさり目ながらも鶏の味を楽しめる、そして唐辛子練り込みのチリ謎肉は豚肉ベースの謎肉よりも辛さの面で勝っていて刺激的と個性が強いんですけど、一緒に食べると、それが程よく混ざっていい味になるんですね。あっさり目の謎肉でも辛さが加わっていいアクセントになってくれるし、濃いスパイシーな謎肉と辛さがメインのチリ謎肉の相性も悪くない

惜しむらくは、いつものカップヌードルだからゆえなのか、それとも作り方を間違えたのか、少しスープが薄く感じたのよね。謎肉の味に勝つには、やはりカップヌードル本体もそれなりの味にならないといけないのだと痛感。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)

2018年08月15日

キムたま!(ドンドンドン)キムたま!(ドンドンドン)キムたま!(ドンドンドン)キムたま!(ドンドン))

SHV39_3604先日買ってきた日清食品の「カップヌードル キムたま ビッグ」
「旨辛キムチ海鮮味」とあるように、キムチとあさりの利いた海鮮だしをベースにしているもので、豚骨や隠し味にチーズを入れてるんだって。



これがねぇ、美味さもさることながら、辛さもいいんだよね。
ホントに辛い。キムチの辛さとスープに入っている唐辛子の辛さが強烈で、中に入ってる玉子だけが甘く感じられる、すごくエッジの利いた味です。スープは唐辛子の辛さだけじゃなくて、ほのかに海鮮のまろやかさもあるので、辛さ一辺倒じゃないのもポイント。麺を食べるのが進む進む(笑)。

これも以前紹介した明星食品の「明星 極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば」と同じく、酒のつまみになるレベル。普通に食べても美味しいけど、酒飲みにも薦められるよ。
・・・え、温泉卵推奨?いらねぇや(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:46Comments(0)

2018年07月31日

カップヌードルのカレーに玉子って入ってたっけ?

SHV39_3548先日買ってきたのが、日清食品の「カップヌードル エッグカレー ビッグ」(写真左)
「カップヌードル カレー ビッグ」(写真右)よりも120%濃厚なカレースープにふわふわの玉子がいっぱい入っているそうな。



SHV39_35493分待って出来上がり。
かにふわふわの玉子がいっぱい入ってる(写真左)。しかし、普通のカレー(写真右)には、ふわふわの玉子が入っていない。そう、私がおかしいなと思ったのは、そこ。ふわふわの玉子って普段ノーマルのカップヌードルに入っているものじゃなかったのかね?そうなると、この商品の主旨が何なのかわからなくなってきた・・・



味はというと、濃厚と言われると、そんな感じはない。むしろ今回の商品の方がまろやかな感じがして、普通のカレーヌードルの方が濃い感じだぞ。それを狙っているのならいいが、まろやかになりますという部分だけしか当てはまらないのは、いかがなものか。
結論として、同じ土俵にするなら、今回のような玉子をたっぷり入れるような変化球を付けずに、いつもの具材で勝負すればいいじゃん、と。温泉卵を入れれば、さらに旨味アップ・・・とうたうなら、ますますそうすればいいってことよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2018年06月14日

謎肉は偉大なり

SHV39_3363先日新発売となった日清食品の「カップヌードル 珍種謎肉 スモーキーチリしょうゆ味」
唐辛子を練り込んだ謎肉が投入された珍種謎肉第1弾商品です。



見た感じはチリトマトのような赤い色をしたものなんですね。ただ、味に関しては付属の「スモーキーチリオイル」を入れなければ、あっさりしながらも少し辛いカップヌードルになります。恐らく一緒に入っている謎肉から染み出たものでしょう。
そこで「スモーキーチリオイル」を入れると、途端にスモーキーな味に早変わり燻された風味が麺にまとわりつきます。ただ、私自身は少し人工的な感じがしてしつこさも感じましたね。「生茶」の味わいを『ケミカルテイスト』と称して嫌がっていると言えば、察しが付くでしょう。そう考えると、謎肉は美味いけど、それ以外の味が邪魔をして、また食べたいと思わせなくなってしまうというふうですかね。


どうせなら、普通のしょうゆ味のカップヌードルに今回の謎肉を放り込んで食べてみたいんだよねぇ・・・。また別売りみたいな感じで展開してくれないかしら?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2018年06月05日

なぜかミニサイズでしか出ていない

SHV39_3284こちら、日清食品の「カップヌードル 味噌 ミニ」。名前の通り、味噌味のカップヌードルです。
しかし、何でミニサイズなんだろうと、公式サイトをポチっとしたところ、シニア向け商品ということと味噌汁代わりにという名目で作られたのだそうな。なら麺いらないじゃんとツッコみたくなるのですが、某有名メーカーのお味噌汁との差別化なんでしょうね、たぶん(ニヤニヤ)。



この商品4月に出ていたんですけど、なかなか売ってなくて、やっと最近になって店頭に出回るようになったのね・・・。


で、その味はというと、味噌の味が素晴らしく絶妙なんですね。麦・赤・白の3種類の味噌をブレンドしたそうですけど、甘みがあるのにコク深くもあり、味噌汁代わりというのも納得の味。まぁ、しょうがやニンニクというアクセントもあるので、味噌汁というより、ミソスープって感じなんですけどね(苦笑)。また、ミニサイズながらまぁまぁ具も入っており、手を抜いていません


これで108円(税込)ならオトク。実際スーパーで販売している場合、ワンコインでお釣りがくる設定になっている可能性もあるので、オトク感はさらに増してくることでしょう。
でも、できればコンセプトを捻じ曲げてでもノーマルサイズで食べてみたい。普通サイズでも売れるよ、これ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2018年04月30日

ぼくのかんがえたさいきょうのどんべえ

SHV39_3098とも言わんばかりに、これでもかこれでもかと放り込みやがった(汗)。
というわけで、今回紹介するのは、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」
定番の具材である、おあげ・天ぷら・牛肉が全て乗った、ある意味夢のような商品です。しかも、牛肉に関しては、最近幅を利かせている大豆ビーフではなく、本物の牛肉とのこと。その昔手塚アニメの「100万年地球の旅 バンダーブック」の中で、悪役の総統だったかが、「これは合成肉ではなく本物の肉だよ」と言ったあのワンシーンを見せられたかのようです(汗)。



じゃあ、それだけ盛り込んで美味しいんだろうな、と思いながら頂くと・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


値段の割に微妙だな・・・。
出汁の味が結構薄い。関西風のだしにしたんだろうけど、なぜかその関西風よりも薄い。思い切って関東風の味に振ってもよかったんじゃないの?
その影響で、一つ一つの味は美味いけど、バランスと決め手に欠ける有様で、牛肉に至っては、無いじゃんと言いたくなるくらいの少量。どうしてこうなった。<どん兵衛がバラバラじゃねえか!
結局のところ、一昔前の欲しい欲しい病に罹った時の巨人のような味わいになりましたとさ。とほほ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年04月26日

燻された辛さ

SHV39_3081今回紹介するのは、日清食品の「日清焼そばU.F.O.濃厚激辛ソース焼そば」です。
最近「日清焼そばU.F.O.」は濃厚ソースに変貌を遂げているのですが、今回のそれは、その濃厚ソースに唐辛子の辛さを加え、かつ唐辛子の入った特製パウダーも入っております



まずソースだけで頂くと、それだけでも結構辛い。ソースを舐めただけで鼻を突く辛さがやって来ます。まるでペヤングの激辛やきそばを食べているようとも言えるのですが、違うのはソースの味の濃さ。濃い味なのに、辛いので、結構来ますよ。
そこに特製パウダーを掛けると、燻された味わいが広がってきますね。しかも燻された味が鼻をくすぐる辛いはずなのに、ソースを掛けた時よりもあまり辛くないという不思議。燻した味わいが辛さを和らげてくれるのでしょうか。あるいは一緒に入ったキャベツのおかげなのでしょうか。


これは美味い。でも少ない。大盛りで食べたいけど、逆に辛いから苦労するのかなぁ。パウダーを掛けなくても掛けても辛いので、辛いのが苦手な人には薦められないですが、ホント辛いけど美味いよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年04月22日

ひよこちゃん、グレる

SHV39_3005今回紹介するのは、ローソンの「からあげクン」の一つ、「からあげクン 旨辛キムチ味」です。
ローソンとのコラボ商品になった「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」に絡んだコラボ商品で、こちら側はローソンサイドのコラボになったわけですね。


実は、この商品の発売でひと悶着あったらしく・・・。
ひよこちゃんの出演するチキンラーメンのサイトがからあげクンに乗っ取られまして(苦笑)。エイプリルフールだと思っていたひよこちゃんの怒りが心頭し、ローソンに殴り込みを掛けてからあげクンを〆る始末(笑)。
それでも我慢ならなかったか、悪魔に魂を売ってしまい、グレる有様日清の公式サイトも被害を受け、ひよこちゃんの怒りはピークに。
収まったかなと思った4/15には、再びからあげクンを襲撃。この日、誕生日だったからあげクンを誘い出して、崖から突き落とし爆破という、よい子だった頃のひよこちゃんの姿はもう消えてしまったかのようです(ニヤニヤ)。
ちなみに、悪魔化した際、「茶番は終わりだ」・「ひよこにチキンラーメンの宣伝をさせるなんてどうかしてる」・「鳥に卵炒めさせるって、なに考えてるの?」とつぶやいていたので、さもありなんですわね。おいたわしや、ひよこちゃん。



そんな怒りの味がこもっているようで、辛いぞ、結構(ニヤニヤ)。
鶏のジューシーな味にキムチの辛さも加わって、あっという間に無くなってしまった。一緒に出た「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」に放り込んでもいいですな。
あ、「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」はいずれご紹介できれば(汗)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2018年04月17日

カップヌードル スキヤキ

SHV39_3007こちら、日清食品の「カップヌードル BIG スキヤキ すき焼き風甘コク醤油味」
大豆ビーフを使って肉を表し、ネギなども入ったすき焼きに見せる工夫を結構施した商品です。
ちなみに、温泉卵をトッピングするといいとのことだそうですが、卵はあまり好きではない私にとって、割下にも卵を入れない主義なので、今回入れていません



いやぁ、確かに甘い濃い味付けなんですけど、甘さもその中に入るのかな。ただ、しつこい甘さは私は感じなかったですね。ただ、その味は甘さベースの割下にあたるスープの部分くらいで、具は大豆ビーフ・ねぎ・玉子くらいですから、すき焼きというには貧弱ですね。こんにゃく(しらたき)とか春菊とか入っていてもいいんでしょうけど、フリーズドライには向かないでしょうね・・・。


総じて、甘い割下にあたるスープが、まま美味いというのがメインで、大豆ビーフで何とか下支えしているかなといった感じすき焼きと名乗るには少し苦しい。普通に甘い味わいのするカップ麺とすれば、もう少しよかったのかなぁ・・・。個人的には好きな味だし。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年02月15日

カップヌードル史上、最も贅沢な味

SHV32_1771既に発売して久しいのですが、ようやっと日清食品から発売してる「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」(左)と「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」(右)を頂きました
「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」は、フカヒレが入った、「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」は松茸のエキスの入った油が使われております。



まず、「カップヌードル リッチ 贅沢とろみフカヒレスープ味」ですけど、ポークベースなのか濃い味付けのなされたスープが強烈です。その中でもフカヒレは存在感を示しており、その点では成功とも言えるでしょう。とろみもきちんとあって、冬場には丁度いいですね。
一方で、「カップヌードル リッチ 松茸薫る濃厚きのこクリーム」は名前の通りクリーミーな味わい。ただ、松茸の味はそこまで付いていないものの、一緒に入っているエリンギが松茸のような感じになってしまう不思議。これはこれでアリなんだなと思えてくる。これは一緒に入っている油の勝利。無かったらここまですごいとは思わないわ。


総じてリッチの名は伊達じゃなかったもっとエッジを利かせてもいいのかなとも思ったものの、やり過ぎると味のバランスが崩れたり、コスト面で掛かり過ぎちゃうんでしょう。今後別の味わいでチャレンジしてほしいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)

2018年01月31日

そういえば、もうすぐ平昌オリンピックだった

SHV32_17352/9から韓国・平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピックが開催されます。とは言っているものの、イマイチ盛り上がらない前のソウルオリンピックの時は、それなりに盛り上がっていたんだけどねぇ。冬季オリンピックだからなのか、昨今の嫌韓論が幅を利かせ始めているからか・・・。

そんな中でも、応援商品とも取れるものが登場しました。日清食品からオリンピックの開催される韓国の料理をベースにしたカップ麺が発売されています。
左は「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」で、右上は「日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん」、そして右下は「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」
3種類のうち、「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」と「日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん」は、大豆ビーフが入っております。



その味、「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」はスープの味はピリ辛なものの、チーズが入っていることもあってコク深く後を引く旨さ中の具材も、特にスンドゥブと言われる豆腐が多く、コク深い味とマッチしていますね。玉子などもアクセントになってなかなかいいデキです。

「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」も、甘辛のプルコギ風の味が絶妙。具は入っている量は少し少ないものの、風味のよさで救われている格好ですね。

一方で、「日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん」は、だしの色合いとは裏腹に、薄い感じがします。辛さもほどほどな中で、具の少なさも気になってしまいます。同じ大豆ビーフもアクセントになっていなかったようにも。


総じて、オススメしたいのは、「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」と「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」。この2つの完成度は高いです。


SHV32_1744おまけ
イオンで販売していた「カムジャタンラーメン」。こちらも平昌オリンピックを意識したものになったのでしょうね。恐らくイオン限定商品です。
カムジャタンとは、韓国料理でじゃがいも入れて唐辛子ベースのスープで煮込んだ鍋のことです。一度食べたことがありますけど、結構美味しいですよ。



こちらのスープは甘辛で、いものホクホクした味わいがキモになってるせいか、美味しいわ。麺も思った以上にスープに絡んでいいですね。安い価格設定になっているので、イオンで見掛けたら、こちらもオススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)

2018年01月30日

ラララ、ラーメン大好き・・・

小泉さ~ん(泣)!
・・・と、某キャラのような声が聞こえかねないキャンペーンが、現在セブンイレブンで行われています


SHV32_1746それが、こちらのクリアファイル。日清食品のカップヌードルシリーズとのコラボ企画のようです。
全部で4種類あり、そのうち1枚はキービジュアルになったもの(カップ麺がカップヌードルになっている部分は除く)です。他はオリジナルのようですね。個人的には、右端のカップヌードルに入っている小泉さんが好き(ニヤニヤ)。



SHV32_1747裏はこんなふう。
・・・まるで格言だな(汗)。ちなみに、セブンイレブンでは基本的に「丸から」が唐揚げになります1個から購入できるので、是非どうぞ(ギャハ)。<オマエ、回し者だろう。



この商品は、カップヌードル6種(ノーマル・シーフード・カレー・チリトマト・トムヤムクン、そして期間限定の旨辛チーズスンドゥブ味)から選び、2つ買うとクリアファイル1枚がもらえるという仕組み。無くなり次第終了なので、お早めに・・・とはいうものの、地上波で放送している関東や関西はそうでも、地上波で放送していない名古屋のような地方では大丈夫かもしれない(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2018年01月09日

珍しい縦型カップのラ王

SHV32_1715そういえば、去年関東に行った時、セブンイレブンで買ってきたのが、縦型カップの「ラ王」日清食品が販売しているカップ麺ですが、普段は丼型のカップに入っています
で、左側が「やさいタンメン 味噌」、右側が「やさいタンメン 塩」になります。



私、実はあまり「ラ王」を食う人間ではない(というか、あまり売ってない気がするのは気のせい?)。だから、「ラ王」を特別美味しいと思えないのよね・・・。
そういう観点から見ると、味噌の方は味が濃くてコク深いものの、麺が浮いて感じてしまう。対して、塩は味が薄めなのだけど、意外にコクもある深い味わいなものの、やはり麺が浮いて感じてしまう。平たく言えば、ノンフライ麺というのが、スープとの相性に合わないのかもしれないのだ。ただ裏を返せば、私自身ものすごくフライ麺を食べているから、ノンフライ麺のよさや満足感を得ていないとも取れるわけで。だとしたら、生麺の方がいいのかなぁ・・・。


まだ日清食品のオンラインストアで売っているのではないかなと思います。去年の年末に行った時には、コンビニにもならんでなかったので。


・・・もうおわかりですね。小ネタだよ、小ネタ(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)