2017年01月28日

じゃぱん♥ぬーどるず

SHV32_0368最近奇抜な味のカップ麺がブームのようになっていますけど、大手の日清食品でも、その傾向の商品が発売されました。
それが、「じゃぱん♥ぬーどるず」という商品(「じゃぱん♥ぬーどるずトリオ」で展開)「日清焼そば U.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」(左上)・「どん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」(右上)・「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」(下)の3種類です。
パッケージが結構クール。浮世絵に描かれた現代日本という和の伝統美とのコントラストが素晴らしい(ニヤニヤ)。



味もクールなのかな、それとも結構奇抜な領域になっているのかな・・・。とかいろいろ考えながら頂きました。


最初は、「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」から。抹茶を麺に練り込み、スープにも抹茶を入れたとのこと。
しかしながら、味は普通な感じだったなぁ。美味しくなかったら、これまた色々言えるんですけど、スープがクリーミーになっているかなという感じを抱いたくらいで、抹茶の味わいはそう感じられず、普通の仕上がりになっているわけですよ。もっと抹茶の風味を利かせてもいいのかもしれないですね。味のバランスがどうなるのかはわかりませんが(苦笑)。

2番目は、「日清焼そば U.F.O. 梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば」。梅こぶ茶の味わいを加えた塩焼そばになっているとのこと。
味わいに関しては、結構なインパクト。梅の味が結構来て、塩焼そばにマッチしているなぁ。昆布の風味はそれほど無かったのは残念ですが、梅こぶ茶そのものもあまり無かったような(爆)。
ただ、こうも思った。これ、焼そばの麺に梅茶漬け振り掛けたような味だよね(ギャハ)。永谷園の梅茶漬け買ってくるか(ニヤニヤ)。

最後は、「どん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん」。甘めの割下をベースにしたすき焼き風のつゆに牛肉のような食感と味わいが楽しめる大豆ビーフが具のメインになっています。
つゆが甘めなのは間違いない。そして濃いです。濃い味付けのカップ麺といえば、かつおだしの濃さが多いので、割下の濃さのようなのは中々ないんですよね。そして、大豆ビーフが本当に肉のような味わいになっております。この大豆ビーフは、しょうがを染み込ませているのかなと思しき味わいにもなっていますね。具材が貧弱だったのは残念ですけど、まぁ美味かった。


強烈なインパクトを残す感じの味ではなかったけど、また食べてみたいと思わせる味もありましたね(梅こぶ茶味は個人的にはよかった)。話題にはなったので、次はもっと冒険してもいいかな。


カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味 77g×20個
カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味(20個入り)



日清焼そばU.F.O.梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば 123g×12個
日清焼そばU.F.O.梅こぶ茶 梅こぶ茶の旨み広がる塩焼そば(12個入り)



日清のどん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん 99g×12個
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月12日

アメリカ一風堂で大人気の品がカップ麺に

SHV32_0267今回紹介するのは、セブンイレブンの「セブンプレミアム IPPUDO from New York クラムチャウダーヌードル」博多一風堂とセブンイレブンなどを展開するセブン&アイホールディングスとのコラボ商品で日清食品が製造したものです。
アメリカの一風堂で展開しているクラムチャウダーヌードルをカップ麺の形で日本に輸入したとも言えます。



味はどうなのかなと思ったんですが、まぁ美味い。クラムチャウダーの風味もそれなりにあるし、一緒にあったトリュフの風味もそれなりに。麺も太めなので食べ応えは十分。惜しむらくは具材がもう少しクラムチャウダーっぽさを出してくれればなぁと。貝類は欲しかったねぇ。


この商品は、セブンイレブン・イトーヨーカドー・オムニ7(通販サイト)で販売しています。恐らくイトーヨーカドーなら安売りで手に入るので、お試し感覚ならイトーヨーカドーでしょうね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月17日

【3日で休止に】謎肉祭【再開は10月下旬】

SHV32_0048カップヌードル45周年を記念して発売された「カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ」(以下「謎肉祭」)。この商品、あまりの売れ行きに在庫が底を尽き、十分な供給ができないということで一旦生産休止に追い込まれました。発売から3日ということで、文字通り「三日天下」みたくなったわけです(ニヤニヤ)。
なお、再開は10月下旬の予定とのこと。まだ売っているところは売っているので、粘り強く探すのがよろし、かと。


そんな「謎肉祭」、通常よりも10倍の量の謎肉(正式名称は味付豚ミンチ)が入っているとのこと。少量ですが、コロチャー(味付豚肉)も入っています肉がメインということで、今回の商品にはいつものカップヌードルなら入っている海老や玉子は入っておりません。ある意味潔い。



味に関しては、通常のカップヌードルと同じなので、どうのこうの言うほどではなく、普通に美味い、いつも通りの味とも。しかし謎肉が大量に入っているので、肉々しさが10倍以上に感じられました。そして、謎肉って結構濃い味付けになっていたのねと実感できるほど。
普段入っている海老や玉子が無いので、味が単調になるとか途中で飽きるとか言われているようですけど、お腹が空いている時なら、そこまで感じないでしょうし、私個人としては、一緒に入っているレッドベルペパーがいいアクセントになって、最後まで美味しく頂けました。このレッドベルペパーは、かじると思った以上に辛いんですよ(苦笑)。だが、それがいい(AA略)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

徹底比較!カレーメシ

日清食品が展開するカレーメシシリーズ。日清Chin(ニッチン)シリーズの一つとして展開され、後にダイスミンチが大きくなるという改良が加えられました。しかし、先日それまでのレンジ調理方式からカップ麺と同じ調理方式、つまりお湯を入れてしばし待つという方式に大幅転換したのです。それにより、味がどう変わったのかを今回検証してみます。


SHV32_0049左が今回から販売される「カレーメシ」、右が「カレーメシ2」。今回はビーフかれーらいすでの比較です。既にシーフードカレーが無かったので。

変わった点はいくつもあるけれど、見た目でわかる違いは、形「カレーメシ2」では角型なのに対し、「カレーメシ」ではカップ麺と同じコップ型になっています。
なお、「カレーメシ2」の容器はプラスチック製(カバーは紙製)、「カレーメシ」は紙製になっています。



味の話をする前に、新しくなった「カレーメシ」は、お湯を入れて5分待つのですが、出来上がった後すぐに頂けるというわけではなく、スプーンでかき混ぜてから頂くという方式になっています。というのも、中に固形ルゥが入っており、それをお湯でふやかすからなのではないかと推測。そのため、そのままではお湯の中に沈むおかゆみたいな見た目なので、混ぜることでお湯と馴染ませてから頂くというふうでないと、美味しくないどころの騒ぎではないでしょう(苦笑)。


というわけで、肝心の味はというと。
「カレーメシ」は「カレーメシ2」とは大きく味が変わっていました。恐らく中辛のテイストなんだと思うのですが、辛さはまるで別「カレーメシ2」の方がスパイシーです。対して「カレーメシ」の方は、辛さは抑え目でかつまろやかな風味になっています。でも何か少しクセがあるのよね・・・。

そして、最大の違いはアツアツであるか否か
「カレーメシ2」はレンジ調理のため、出来上がりは非常に熱い。あまりのアツアツぶりに猫舌の人はすぐに食べられないんじゃないかと心配になるくらい。対して「カレーメシ」はお湯での調理のため、少し冷めてくれるわけです。あまりよくはないのですが、最近では多いであろう電気ポット調理だと、少しぬるく感じるのかもしれません。ただ、普通のカップ麺ではそんなことはあまりないので、「カレーメシ」特有のものなのかもしれません。もしかすると保温性に難ありなのか。


個人的には「カレーメシ2」のようなシャープな味わいが好みなのですけど、熱さが気になる。逆に「カレーメシ」では少し甘く感じてしまいクセも少しあるけれども、食べやすさでは満点。できることなら、「カレーメシ」方式で「カレーメシ2」の味が食べたいと思うのでした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月19日

アメリカンなカップ麺であっても、味はアメリカンではない

SHV32_2545先日、イオンで開催されていたアメリカフェアで買ってきた「ニューヨーククラムチャウダーヌードル」
こちらは日清食品が製作したもので、イオン以外では同じイオン系列のダイエーやマックスバリュでも販売していたようです。



味はというと、スープに関してはクラムチャウダーというだけに、アサリなど貝類のだしが利いたコク深いものになっているのですが、徐々にトマトの風味も増してくるという後味も味わえます具材も思った以上に多く、量が多いこともあって食べ応えもあります。
惜しむらくは、麺の風味がもう少しスープに合えばなぁ・・・と思わされた点。スープや具材がこれほどまで美味しいのにもったいないなぁと。少し脂っこくなるかもしれないけれども、油で揚げた麺の方がよかったんじゃないのかいなぁとも感じましたね。


とはいえ、これが期間限定なのは惜しいです。しかもイオン系でしか買えないなんて。定番商品としてコンビニとかに置いておけば、売れると思うんだけどなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月09日

メキシコメキシコ!メキシコメキシコ!

SHL23_2247アミーゴ!<それ、ジミーちゃんことジミー大西さんのネタやんけ!


というわけで、今回紹介するのは、日清食品の「日清 BIGカップヌードル CHEESE メキシカンチリ」伝統的な風味とされるチリコンカルネ(チリコンカーン)味になっているそうです。普通チリコンカルネというのは、いんげん豆か金時豆を入れるそうなのですが、今回のものはひき肉とトマトの煮込み風というふうになっていて、豆類は入っていません。フリーズドライしにくいからなのかねぇ・・・。
ちなみに、チリカンコルネはテキサス発祥のアメリカ料理なんだって。メキシコじゃねーじゃん(苦笑)!<Amigos Para Siempre!www
・・・「ずっと友達」って体のいいこと言いやがって(泣)。



そんなことはさておき、味はというと、辛いのかなと思ったら、そんなに辛くなく、ピリ辛レベル辛いのが苦手な人でも許容範囲になるのではないかなと思われます。トマトの風味が利いていているせいか、むしろ酸味が利いているのかなと。もう少しトマトの風味が濃くてもいいけど、あまり濃すぎるとくどいかなとも思えるので、この位が丁度いいのかもしれませんね。


これは確かに美味い。先程も書いたように、辛いのが苦手な人でも許容範囲レベルだと思われるので、一度食べてみてもいいかも。あ、チーズの風味は思った以上にしないよ(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)TrackBack(0)

2016年01月20日

もう一方の方をやっと見掛けたので

SHL23_2152先日、偶然にコンビニで見つけた大黒食品工業の「トムヤムクンヌードル」(右)。エスニックスパイスの利いた本格的なヌードルということで、同じようにトムヤムクンをベースに商品化された日清食品の「日清カップヌードル トムヤムクンヌードル」(左)と食べ比べてみました。



実際食べ比べてわかったのは、大黒の方が少しエッジが利いていて、トムヤムクンの風味が強いのかなと。麺も日清のものと比べて若干細めなので、味のノリも悪くない。対して日清の方は味のバランスがいいなと思いましたね。それほどエッジを利かせていないので、香辛料や酸味の苦手な人にも美味しく頂けると思います。


恐らく、大黒の方は大きなスーパーに行けば、もっとたやすく見つかるかもしれません。今回はコンビニ(ミニストップ)で見つけたので、もしかするとイオン系のスーパーで探すと早いのかも。ちなみに、日清の方もイオン系のスーパー・コンビニで定期的に置かれている確率が高いです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2015年12月12日

イヤミ「おフランスの味ザンス」

と、絶賛したかはわかりません(爆)。まぁ、フランスと聞くとこうなるわい(ニヤニヤ)。


SHL23_2072こちら、日清食品の「French Noodle 海老のビスク味」
全国のイオン系のスーパーとイオン系のコンビニであるミニストップで販売しています。それゆえに、日清食品の公式サイトでは掲載されていません。



味は、エビの味が濃厚で、スープにコクがバッチリトマトの酸味も味わえますわ。
イオン系の商品なのにもかかわらず具も豊富でなかなかです。PB商品とも言えるようなものですが、ここまで作りこんでいるのは素晴らしいです。


ただ、買うならスーパーの方がコスパ的にオトクかも。なければミニストップで買いましょう的な感じです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月19日

また品薄商法になってしまいそう・・・

日清カップヌードル シンガポール風 ラクサ 81g 1ケース(12食入)
先日買って来た日清食品の「日清カップヌードル シンガポール風 ラクサ(クリックすると12個入りが購入できます)。
この商品は、シンガポール法人の日清食品が作成したもので、「カップヌードル トムヤムクンヌードル」に続くカップヌードルエスニックシリーズ第2弾でもあります。
このラクサという料理は、シンガポールをはじめ東南アジアではポピュラーな料理で、米粉を使った麺を使用し、味付けは唐辛子で辛くしたり、ライムで酸味を出したりとバリエーションは豊かです。



その味は、実に東南アジアらしいものに。
まず付属のスパイスを入れないで食べると、ココナッツミルクがベースの甘い味に。甘いとは言ってもしつこい甘さではなく、まろやかな甘みのある味。おやつで食べてもいいんじゃないかと思えるくらいまろやかな甘さで、すごく美味いです。
そこにスパイスを加えると、これは東南アジアの味だとわかるほどはっきりしたものに。香草系(パクチーなど)の風味が強いので、辛いというよりも香りの強い風味のものになっております。これはこれで美味しいと思いましたね。ただ、香りの強い系統が苦手な人には、ちょっと厳しいかもしれません。もし香草系の香りが苦手な人には、ココナッツミルクだけで頂くことをオススメします。

そんなこともあり、正直今度はココナッツミルクだけの味を楽しもうと思ったら、どこにもない(泣)。大きなスーパーならまだあるんでしょうけど、近所のスーパー・コンビニにはもうないんですよねぇ・・・。
過去「カップヌードル トムヤムクンヌードル」でやらかしてるだけに、できることなら安定して供給してほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:18Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月31日

辛いのか、辛いのか!?

SHL23_1819こちら、日清食品のとんがらし麺シリーズ
上が「日清のとんがらし麺BIG 激辛魚介豚骨」で、下が「日清のとんがらし麺BIG 激辛だしカレー」となっております。
どちらも唐辛子練り込み麺が使われており、「激辛魚介豚骨」では「超絶激辛パウダー」を、「激辛だしカレー」では「超絶激辛オイル」を使用しております。
どちらも辛さの度合いが5オーバー「激辛だしカレー」には767スコビルという数値が付いています。



さぞかし辛いことなんだろうと、少し構えておりました。ところが、その構えは透かしてしまったようです。


どちらも、最初パウダーやオイルを入れない時には、そんなに辛くない。特に「激辛魚介豚骨」の方は、豚骨だしが甘いと感じたほど。その代わりにコク深くなっているので、辛さを補っているとも感じられます。
そこで、パウダーやオイルを入れると、少し辛くなる、そしてその辛さがビリビリと強力になってくるのですが、最初からガツンと来る強烈な辛さというのは、鳴りを潜めてしまっているんですね。


まぁ、あまりガツンと来すぎると食べられなくなる恐れがあってそうしていないんでしょうけど、どうせ辛いものを・・・と思っているのですから、もっと最初から、下手したらむせるくらいの辛さでもいいのかもしれないそう思っている私はバカなんでしょうね(ギャハ)。


日清のとんがらし麺ビッグ 激辛魚介豚骨 106g×12個
日清のとんがらし麺BIG 激辛魚介豚骨 106g×12個



日清 とんがらし麺ビッグ 激辛だしカレー 105g×12個
日清のとんがらし麺BIG 激辛だしカレー 105g×12個



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月20日

どん兵衛・U.F.O.(購入)39(周年)記念 後編

日清 焼そばU.F.O. 39周年 132g×12個
前回の「日清のどん兵衛 きつねうどん 39周年特別限定品に続き、今回も日清食品から販売された「日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品」の紹介です(クリックすると12個入りが購入できます)。
こちらの商品も今年で販売39周年になることで作られたもので、付属のソースが普段よりも30%多く入れられたものになっています。



味は全く変わらないのですが、一番の違いはソースの絡み具合
これまではソースの量が少し少ないのかなと感じており、しっかりかき混ぜても麺と絡まない(白っぽい)部分が出てしまって、見た目もきれいじゃないし味もそこだけ染み込んでない状態なんですよね。
でも、今回ソースの量が130%になったことで、しっかりと麺に絡み、絡まない部分が全く出ないので、食べていてもソースの味をしっかりと堪能できます。
多すぎるとか濃すぎるとか散々な言われ様ですけど、私個人の意見としてはすごくありがたい量だと思っております。「ペヤングソース焼きそば」をよく食べるようになってから「U.F.O.」はとんと御無沙汰でしたけど、この量を継続するなら買ってもいい(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月19日

どん兵衛・U.F.O.(購入)39(周年)記念 前編

日清 どん兵衛 きつねうどん39周年 100g×12個
数週間前から売り始めた日清食品の「日清のどん兵衛 きつねうどん 39周年特別限定品」(写真のもの)と「日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品(どちらもクリックすると12個入りが購入できます)。こちらは同製品が1976年に発売(「U.F.O.」が5月、「どん兵衛」が8月)されたので、今年で39周年、来年が丁度40周年なんですね。ただ、今年に記念を据えたのは、39周年の39が英語の「サンキュー(Thank you)」に掛けてのものなんでしょう。

今回の「どん兵衛」は、パッケージにある通り、揚げが現在流通しているものと比べて130%の大きさになっている他、つゆが西日本仕様になっております。



味は西日本のだしになっているからか、全体的にあっさりとしていて優しい味わいになっています。このあたりは過去に何回か語られているので、詳細は割愛しますけれども、関東圏の濃い味(かつおだしメインのもの)が苦手な人には、この味はオススメだと思います。
ただ、関西だしの商品って関西圏での販売以外で手に入れるのは、東京の渋谷駅にあるアンテナショップか通販だけなのよね。個別で買う際には前者がかなり役立つのですけど、後者の場合は箱買いになってしまうのよねぇ。悪くはないけど融通が利かないのは不便なところなり・・・。

それはそうと、何と言っても揚げがデカいね(ニヤニヤ)。昔の揚げのデカさになったという人もいましたけど、昔ってこんなにデカかったっけ?そう言いたくなるくらい昔は大きかったわけで。今は相当小さいんだなぁ・・・。味は少々甘みが薄めになったものの、だしとのコントラストを味わうには十分な風味でございます。
・・・うん、やはり美味いわ。


日清 どん兵衛きつねうどん(西) 95g×12個
日清のどん兵衛 きつねうどん(西日本仕様) 95g×12個



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)TrackBack(0)

2015年06月12日

スペインバルの人気料理がカップ麺に

日清 カップヌードル アヒージョ ビッグ 96g×12個
今回紹介するのは、今週発売の新商品でもある日清食品の「カップヌードル BIG アヒージョです(クリックすると12個入りが購入できます)。
このアヒージョとはスペイン料理ないしはバスク料理の一つで、いわゆるオリーブオイル煮です。オリーブオイルの中ににんにくを一欠けほどスライスやみじん切りにして入れ、煮込むものです。アヒージョで主に煮込むものはエビ。それ以外には、マッシュルームなどのキノコ類、鶏肉があります。
ここ数年、スペインバル(スペイン料理を出すバー(居酒屋))が増えているので、馴染みの深い料理になっているのかもしれませんね。



こちら、オリーブオイルを使っているということなので、正直脂っこいのかなと思ったのですが、思ったほど脂っこくない。食べていても、あっさりとした・さっぱりとしたスープなので、しつこさはまるでなし。いいふうに捕らえれば、麺との相性はいいんです。
ところが、それ以上にパンチがあるのかというとそうでもない。にんにくの風味でもあればなと思ったのですが、こちらも思った以上にない。エビの旨味でまぁ美味いかなというふうなのが残念なところ。


もうひと味ほしい・・・そんな部分が垣間見え、ちょっと残念でした。何が合うんだろう?塩か、それとも醤油か?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月30日

そういえば、どん兵衛は焼うどんにもなっていたんだ

SHL23_1576随分前に買ってきたまま放ったらかしになっていた日清食品の「日清のどん兵衛焼うどん 和風たらこ味」(上)と「日清のどん兵衛焼うどん だし醤油味」(下)
どん兵衛の太麺はそのままに、付属のソースに絡みやすいように仕上げられているようです。

ちなみに、お昼に食べようとお湯を用意していたものの、お湯の量が足らずに1つ失敗状態にしてしまった(泣)。



まず和風たらこ味。
こちらは醤油だしの風味よりも後から一緒に掛けたたらことのりの風味が極めて強い。もうブワーっと攻め上がって来るんですよ、風味が。

対して、だし醤油はシンプルにだし醤油の風味が強く、かつお節はそれなり。恐らく前者のだし醤油とは味付けが違うのだと思うのですが、ここまでコントラストのきついものだとは思ってなかった・・・


どちらも美味しいので、無事に手に入れたなら両方味わってほしいと思います。1品の量はそう多くないと思うので、特に男性の場合は物足りないと思いますわ。具材も、どん兵衛の代名詞でもあるお揚げははいってないですしね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:05Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月29日

ベジータ!ベジータ!

中日ドラゴンズのドミニカントリオ「3D」の一人で、伊集院光さんご推薦の選手は、ナニータ(笑)。
青森で横領事件に加担して大騒ぎになったチリ出身の女性は、アニータ(爆)。


日清カップヌードル ベジータ キャベツ&ベーコン 1ケース(20食入)
とまぁ、「●●ータ」と名の付く人は、何かと騒がしくなるのが世の常のようです(ニヤニヤ)。


で、今回紹介するのは、ドラゴンボールに出てくるあの人物と同じ名を冠した、日清食品の「カップヌードル ベジータ ソテー風キャベツ&ベーコン味です(クリックすると20個入りが購入できます)。
この商品は、1日に必要な野菜の1/3を摂取(120g)できるという触れ込みで登場しております。中に入っている野菜は、キャベツ・玉ねぎ・じゃがいも・パプリカ(赤・黄)・チンゲン菜の計6種類となっています。味付けは塩味になっています。



その味はというと、野菜の風味はそんなに強くないのですが、真空調理されているのにもかかわらず新鮮味はあるように感じましたね。野菜は思った以上に美味しかったです。ベーコンが入っているので、肉の風味がアクセントとして生きているなと。
スープに関しては、少し薄いかなと思ったものの、野菜の風味を生かすなら仕方ないよねとも。個人的な意見としては、もう少し塩味が欲しいと思いました。あんまり濃すぎるのも考えものですけど。


もっと味が鋭ければ、定番として生きてきたのになぁ・・・。惜しいです。まぁ、酒飲んだ時の〆に使えるのかもしれない(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月25日

タイ日清のカップヌードル、もう一品買っていた(苦笑)

SHL23_1553先日、タイ日清の手掛けた「トムヤムクンヌードル」を紹介しましたけれども、今回はミニストップで買ってきた、もう一品のタイ日清プロデュースのカップヌードル「カップヌードル ミンスドポーク味」を紹介
・・・ええ、今回は小ネタです(ギャハ)。もうイオン系のスーパーでも売ってないんじゃないかなという品なので(ニヤニヤ)。

この商品も、マンチェスター・ユナイテッドの人気選手が勢揃い。ホントは香川選手目当てで契約したんじゃないかという話だそうですけど、アテが外れてしまったわね、少なくとも日本では。



このカップ麺の味、麺に関してはトムヤムクンの時の味と同じ。さらりとしたものになっております。
スープに関しても、少し薄いなと。ただ辛味はそれなりなんですね。小袋を入れて変わるレベルですわ。ただ、断じて言いたいのは、まずくはなく、美味いもう少し味を濃いめにすれば、日本でも十分定番商品として出していいレベルだと思います。


麺・具が少ないのは、ご愛嬌。おやつ感覚で食べるなら、小腹は十分に満たしてくれる・・・そんな位置付けでしょうか。またこういった企画はやってほしいですね。ただし美味いものに限る(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月09日

日×タイ トムヤムクンヌードル対決

SHL23_1523先日、ミニストップで「カップヌードル トムヤムクン味」(ミニストップ上では「タイカップ トムヤムクン味」)というものが売っていたので買ってきた(写真左)。

・・・そういえば、トムヤムクン味のカップヌードルと言えば、日本でも売っていたよなぁ。確かあまりに売れすぎて一時販売休止になったアレがありましたよね。そう、「カップヌードル トムヤムクンヌードル」(写真右)。春になって再び販売されるようになってきたので、どこかに無いかなと思って探した末に買ってきた。


まず商品比較。
左の「カップヌードル トムヤムクン味」は、タイの日清食品が作ったもので、写真では英語表記になっていますが、基本的にはタイ語の表記が全面に押し出され、さらに日清がコラボしているマンチェスター・ユナイテッドの選手達が彩っております
ちなみに、タイではイギリスのサッカー・プレミアリーグの視聴が盛んで、マンチェスター・ユナイテッドはよく知られたチームの一つでもあります。
で、商品の大きさで見れば、タイ日清の方が大きめ。ただし、中は結構スカスカです(爆)。あまつさえ取り出しにくいところに小袋が入っているし・・・。



味に関しては、タイ日清の方が少し薄い小袋を入れてない状態でも入れた後でも薄い(ただ、酸味と辛味が味わえるだけ、ちゃんとトムヤムクンの風味はするんだよね)。お湯の量を間違えたとかじゃないとは思うんですけど。で、小袋のヤツはそのままで舐めると少し辛いかなと思うくらい。何だ、タイの人達って極端に辛いの食べてるんじゃないんだ(笑)。
麺も細いので、何となくあっさりとというのかさらりとした感じ。クールっていう言葉がぴったりなのでしょうか。

そう考えると、日本のトムヤムクンヌードルの方が、ガツンと来る。意外だ(苦笑)。
麺ももちっとしてるし、スープも酸味と辛味、そしてレモングラスの風味がしっかりとしていて、これはトムヤムクンだとわかる。ビックリするくらいわかる。そう考えると、これをタイの人達が食べたらビックリするんだろうね。風味が強すぎるとかのたまいそう(苦笑)。


結論としては、どちらも美味いんだけど、濃い味に慣れてしまっている私には、タイ日清版は薄く感じました。タイ日清の方がしっかりとしていると思ったので、この結果は改めていますけれども、意外ですわ。ともすれば、日本人は濃いめの味付けが好きなのかもしれないですね。
薄いのが好きな人は、一度タイ日清版を探してみてはいかがでしょうか。


日清 カップヌードル トムヤムクンヌードル 75g×12個
日清 カップヌードル トムヤムクンヌードル 75g×12個



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月24日

辛いかに入りシーフード

日清カップヌードル チリクラブシーフードヌードル ビッグ 1ケース(12食入)
毎度おなじみカップヌードルの新商品、今回はカップヌードル BIG チリクラブシーフードヌードルでございます(クリックすると1ケース(12食入り)が購入できます)。
シンガポール料理のチリクラブからインスパイアされたもので、シーフードヌードルをベースにスクランブルエッグや赤唐辛子などが入ったものになっています。



辛い味というのはかねてから仕入れていたのですが、そんなに思ったほど辛くはないですね。カップヌードルでは珍しい別途入れる袋が付いていたのですけど、それを入れてもあまり辛くならない(ただし、そのまま舐めた場合はそれなりの辛さがある)。ちなみに、別途付いてくる袋を入れないと、シーフードヌードルがちょっと辛くなったかなと思わせるくらいのレベルな味になっています。え、かにの旨味?何それ、美味しいの(爆)?


変に期待すると肩透かしじゃないかと思える味。しかし普通のシーフードヌードルは飽きたなという時にはいい変化球になるのではないかと思っています。
ただ個人的にはシーフードヌードルに入っていたキャベツが欲しかったねぇ・・・。チリクラブには入ってないということで削除されてしまったんでしょうけど、食感から考えれば欲しかったなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月04日

マッサン?

違いまんがな(ニヤニヤ)。
確かに今NHKで「連続テレビ小説 マッサン」がやってるからって、そういうシャレで出してるわけじゃないだろうに。


【ケース】【12個入】日清 カップヌードル マッサマンカレー ビッグ
というわけで、今回紹介するのは、日清食品から発売されている「カップヌードル マッサマンカレー ビッグです(クリックすると12個入りが購入できます)。
タイ南部のカレーであるマッサマン(正式にはゲーン・マッサマン。マッサマンカレーと称することも。ちなみに、ゲーン・マッサマンとはタイ語でムスリムの汁物の意味)をベースに作られたもの。このマッサマンというのは、世界で最も美味しいカレーなのだそうな。
タイ南部というと、タイ王国の中でもイスラムの影響が強い地域。それゆえに自治権を求めて内紛が起きていた時期もあったそうな。

見た感じは、日本のカレーに近い気がするんですけど、味はいかに。



その味は、タイカレー特有の香辛料の風味はあまりなく、かつ辛味もあまりないふう。それでいて甘味や旨味といったコク深い風味も味わえますね。すごくいいハーモニーを奏でていると思います。

しかし、カレーの色といい味わいといい、どうも日本のそれに近いんですよね。日本人の舌に合わせたとも言えるわけですが、残念ながら本場の味(レトルトなどで日本のメーカーも作っているそうな)を知らないので、何とも詳細な評価を下せないわけです。けれども、食べてみればわかる。これは日本のカレーに近いわ。
ただ、世界で一番美味しいというのは伊達ではないですね。一度食べてみてほしい一品です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月17日

頑固あげがどん兵衛とコラボ

湖池屋 「頑固あげポテト どん兵衛の鴨だし味」61g X1箱(12袋入)
今回紹介するのは、湖池屋の「頑固あげポテト どん兵衛の鴨だし味ですクリックすると12個入りが購入できます)。
日清食品の「どん兵衛 鴨だしそば」とのコラボ商品になっています。ちなみに、今回写真を大きくしているのは、中くらいの写真だと少々小さいかなと思っただけのことで、特に大きな意図はありません(爆)。



味はというと、濃厚です。「どん兵衛 鴨だしそば」ってここまで濃厚な風味だったかなと思うくらいに濃厚です。早い話がそばつゆの風味がポテチに染み込んでるんじゃないのというくらいに濃いですね。もちろん、釜揚げによる堅揚げなので噛み応えは満点。バリボリと頂いちゃいましょう。


このポテチは塩味が美味いのですが、それに飽きたらこの味もオススメです。ただし期間限定なので、お早めに。


Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)