2019年11月11日

ノーマル・ミニ・お椀

SHV39_5852今年最も席巻したカップ麺は、恐らく日清食品の「カップヌードル 味噌」だったのではないのでしょうか。
去年発売されたミニサイズ(右)が好評だったため、4月に満を持してビッグサイズになるノーマル版(左)を発売したものの、すぐに生産中止になるほど売れ、再販するまで約5ヶ月ほど掛かることになりました。
そうこうしていたら、今度は「お椀で食べるカップヌードル 味噌」(中央)が販売されることとなりました。ミニサイズが終売になったのかな・・・と思ったら、ミニサイズを残して新発売なのですから、抜け目がない。まぁ、ノーマルのカップヌードルだって、ノーマル・ミニ・お椀の3種類で構成されているのだから、普通なのか(ニヤニヤ)。
ちなみに、ノーマルの量は83g(うち麺60g)、ミニサイズの量は42g(うち麺30g)、お椀の量は3食入りで102g(うち麺84g)となっています。お椀は102g(うち麺84g)を3で割ると、34g(うち麺28g)となり、ミニサイズとほぼ同じになります。



じゃあ味はどうなのかというと、基本的な味は全く同じだと思います。合わせ味噌のコク深さとしょうががアクセントになった風味のよさがたまりません。
ただ、ミニサイズは、コク深さとしょうがのアクセントが強く感じられます。味わいは全く同じなのにね。しかし、ほぼ同じ量のお椀だとそこまで強くないんです。不思議。あ、注いだお湯の量云々の可能性は否めない(苦笑)。

そのスープに合わせる麺に関しては、縮れ麺というのは同じ。ただし、少し違う部分があるのかなと。ノーマルの麺をもっちりとしたら、ミニサイズはもっちもち、お椀がさらりというふうでしょう。
ノーマルの麺はスープとの絡みも程よく、丁度いい一体感になっています。
これがミニサイズになると、スープがものすごく絡んで、スープ以上に存在感を与えています。元々ミニサイズの販売された経緯が味噌汁代わりになるカップ麺だったので、こんな作りになったのでしょう。
その先祖返りのはずのお椀が、意外にも味噌汁代わりというふうでもなく、カップ麺のようにすするという面でもあっさりしすぎて物足りない感が。すすった時に引っ掛かりを感じないくらいするりと入っていくんですよ(苦笑)。そのため、スープもあっさりに感じられるほど。これまた不思議(爆)。


というわけで、味噌汁代わりならミニサイズ、ご飯としてならノーマル、小腹が空いたらお椀という位置付けになるのでしょう。まぁ、いずれも美味いから問題ないのですが(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2019年10月24日

異次元のカレーがカップラーメンに

SHV39_5820今回紹介するのは、日清食品の「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」です。
このオーベルジーヌというのは、東京・四谷と三田にあるカレー屋で、テイクアウト・宅配のみのお店です。名古屋に住む私には、正直馴染みのない店ですけど、芸能人御用達の店としてよく知られており、「笑っていいとも」など数多くの番組で紹介され、『King Of ロケ弁』と言って崇め奉られているとのことらしい。
・・・そこまで美味い店というのなら、東京にホテルとかで泊まる機会があれば、注文してみたいけど、最低1500円以上頼まないといけないとかねぇ。まぁ、カレー自体が1000円以上するそうですけど。

ちなみに日清食品には、カップヌードルでカレー味があるのですけど、このあたりの物とはどう違うんでしょうねぇ。



見た感じは、本当にドロッとした感じのカレーっぽい。カップヌードルのカレー味は、もっと黄色っぽい(ターメリックの)色合いでしたから。そして、味は一口食べた時には衝撃の甘さ玉ねぎを3日以上煮込んでいるからかもしれないですね。玉ねぎはあめ色にまでなると強烈な甘みが出ますから。
しばらくはその甘さを感じながら麺をすする感じになるのですけど、段々とスパイシーな辛味が迫ってくるんです。20種類のスパイスが辛味を引き出しているんですけど、その影響が出ているんでしょう。
一緒に入っているのが、ビーフ代わりの大豆肉とあめ色玉ねぎの残骸(苦笑)なので、貧弱といえば貧弱。それでもこの不可思議な味を出しているわけですから、このカレーの底深さは計り知れないです。カップヌードルのカレー味とは全く違うベクトルで作られていますよ。


最初は甘過ぎると思うくらい衝撃的な甘さを感じ、こなれてくると辛さが押し出される。こんな不思議なカレーはなかなか無いです。本物を頂きたくなりました。オススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2019年10月06日

日清の有名なカップ麺とのコラボおにぎり

SHV39_5782先日からローソンで販売している「どん兵衛(きつね)風おにぎり」(上)と「チキンラーメン風おにぎり」(下)。どちらも、日清食品の「どん兵衛」と「チキンラーメン」とコラボしたおにぎりになります。
過去に釜めしや五目めしを日清食品単独で販売したことがあるものの、コラボでおにぎりを展開するのは、恐らく初めてになるのではないのでしょうか。



味は、確かにあの味だわ。


「どん兵衛(きつね)風おにぎり」は、かつおだしの味が利いていて、そこにきざみ揚げ・ねぎ・かまぼこといったあの具材がかやくとして入っているのですから、麺じゃないところを除けば、まさしく「どん兵衛」ですわ。

「チキンラーメン風おにぎり」は、少々薄味ながらもあのチキンスープの味わいで、たまごそぼろとねぎが入っている、オーソドックスな具材。こちらも麺じゃないところを除けば、これは「チキンラーメン」でしょう。


どうせ、コラボ商品なんて・・・と思っているそこのあなた、この商品は結構再現度は高いです。味に関しては、ほぼ文句無いデキでしょう。いやはや美味い。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 10:28Comments(0)

2019年08月21日

味噌復活

長かった、実に長かった。


4月から販売休止状態になっていた日清食品の「カップヌードル 味噌」が8/26より販売再開になるとのことです。
この商品、4/1に発売したものの、あまりに売れ過ぎたために、販売休止になってしまったのです。発売日が発売日だったから、悪い冗談だろうと思っていたんですけど、ウソではなくてホントの話だったから驚いたものです(実際は発売日すぐではないものの、4月中の出来事だったはずだから)。

しかし、本当に待たされましたねぇ。このままフェードアウトするんじゃないのかといぶかしがったほどです。どちらにしても近々買えることになったので、近くのスーパーを覗いてみることにしようと思いますが、たいていまだ無いんだよね(ニヤニヤ)。


ちなみに、ミニサイズの味噌は、販売休止になっていなかった模様。実は、今回販売休止になった味噌とミニサイズの味噌は、若干味が違うとのことなので、早いうちに手に入れて紹介できればなぁと思うんですけど、どうなることやら。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2019年05月30日

味噌が販売休止中だというのに・・・

SHV39_5085辛い方で復活させるのか!?
そう言いたくなってしまう。日清食品から発売中の「カップヌードル 激辛味噌 ビッグ」。こちら、カップヌードルBIGとして味噌味が復活したとも取れますが、なぜか辛味を増して再登場販売休止になった怒りからか(ニヤニヤ)。

商品としては、豚骨ベースの辛味噌スープに別途の辛味オイルを入れて食べるスタイルです。



実は、そのままで食べても結構辛い刺すような辛味が舌に襲い掛かってくるんですよ・・・。そこに別途付いている辛味オイルを入れるとまぁ辛味が増す(泣)。辛さの5段階評価の5なのが納得できるわい。
そうなると、味噌の味ドコーとなるのは明白。特に最初のうちはそう。ただ、食べ慣れていくことで、徐々に味噌の風味を感じられるかな・・・とは思うものの、時既に遅しとなりかねない人も出てくるだろうなぁ。

辛さに関しては、それほど長引くものではないので、辛い物が苦手な人でなければ頂けることでしょう。ただ、美味しく頂けるのかは、辛さへの対応度合いでしょうね・・・。


ああ、味噌味早く復活しておくれ


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)

2019年02月25日

ラナ「これはワイの大好きなラザニアやでー!」

SHV39_4430もう、このフレーズを出すとおっさんホイホイになりかねませんな(ニヤニヤ)。
「宇宙船サジタリウス」という作品の中に出てくるラナというカエルの格好をした地球人の大好物が(奥さんの作った)ラザニアなんですね。まだ日本でラザニアなんて料理は小洒落(こじゃれ)たもので、知ってる人の方が少なかった。ちなみに、イタリア料理の扱いですが、ギリシャ料理と紹介されることも。
でもねラナおじいちゃん、今回のは、ラザニア『風』なんだよね。やっぱりまだボケちゃってるのかねぇ(ニヤニヤ)。<酷い言い方をしていますけど、実際作品の数十年後を描いた後日談では、ラナがボケてしまっており、シビップ(サボテン型の宇宙人。性別は女子)が介護するという衝撃の事実が描かれております。


長くなりましたが、今回紹介するのは、日清食品の「カップヌードルBIG ラザニア風 チーズミートソース味」です。



ラナ「・・・おお、これは!まろやかながらコクのあるチーズ、濃厚でコクのあるミートソース、甘酸っぱさの感じられるトマト、そしてラザニアに敷くパスタ、ホンマにこれはラザニアやで!」
・・・ああ、遂にラザニアと思い込んでしまったよ、ラナおじいちゃん。もう相当ボケちゃってるわ(汗)。<繰り返しますが、ラナおじいちゃん(以下略)。
ただ、ラナおじいちゃんの言ってる通り、濃厚な味わいと甘酸っぱいトマトの風味が、麺と絡むと実にベストマッチしていて、カップヌードルの中ではトップクラスの美味さだと思います。もうボケても仕方ないと思うわ(ニヤニヤ)。<クドいようですが、(以下略)。


宇宙船サジタリウス Blu-ray BOX (初回限定生産)
宇宙船サジタリウス Blu-ray BOX



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2019年02月15日

カップヌードルカレー味のカレーメシってどうなのよ?

SHV39_4417先日、日清食品から発売された「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」(左)。名前を見たらわかる通り、「日清カップヌードル」のカレーをフィーチャーしたものなんですね。
ただ、いつも売っている「日清カレーメシ」とどう違うのか。せっかくなので食べ比べてみようとなったのです。というわけで、今回は「日清カレーメシ ビーフ」(右)との食べ比べてみました



まずは、定番になっている「日清カレーメシ ビーフ」から。
こちらは、甘辛のコク深い味わい。甘さは玉ねぎから来ているんでしょうね。色もまさにカレーという色に仕上がっていて、隙の無いものになっています。改めて食べてみたけど、ここまで美味いとは・・・。

それを踏まえて、今回の新商品「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」をば。
・・・あ、これは食べた時点で「カップヌードル カレー」だわ(笑)。「日清カレーメシ ビーフ」とは全く違う味です。
色も「カップヌードル カレー」のあの色だし、少しスパイシーな感じの味わいもまさに「カップヌードル カレー」一緒に入っている具材、特にじゃがいもは、「カップヌードル カレー」に入っているものと同じじゃないかと。まるで「カップヌードル カレー」のスープにご飯を放り込んだだけなんじゃないかというくらい適・・・じゃなかった(苦笑)、よくできた味わいです。


どちらも素晴らしいなぁ。「日清カレーメシ カップヌードルカレー味」、できることなら限定とかじゃなくてレギュラーとして定着してくれないかなぁと思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2018年12月19日

辛さとコクのマリアージュ

SHV39_4264今回紹介するのは、日清食品の「日清焼そばU.F.O.大盛 ハラペーニョ香るホワイトチェダーチーズ味焼そば」です。何とも長い商品名ですなぁ・・・。
名前にある通り、青唐辛子のハラペーニョとホワイトチェダーチーズの入ったソースが入っております
日清焼そばの場合、某社(笑)と違い、辛いといってもそんなに引くような辛さではないので、期待はしていません。問題は、どんな味わいになるか、そこだけです。無難になる場合もあるので、はてさてどうなるのかなぁ・・・。



3分経って、湯切りして、食べた。うーん、無難と言われてもおかしくないなぁ(苦笑)。

具材は貧弱でキャベツと肉(チャーシューという薄切り肉)のみなので、満足感は少ない。ただ、一緒に入っていたソースがメインなので、仕方がないのかもしれない。そのメインとも言えるソースが、先述の青唐辛子のハラペーニョとホワイトチェダーチーズの入ったものです。
コイツがきちんとハラペーニョの辛味とチーズのコクを生み出しているんです。この味が無ければ、この商品は確実に崩壊しているわけで、やっぱりソースは偉大なりと感じてしまいます。
しかし、これを焼そばというのは少々苦しいのかもしれない。なぜなら、この味付けならスパゲティ(パスタ)で売った方が、特に女性にウケたのではないかと。量も大盛にせずに、一般的なU.F.O.のサイズにしてもいいのですよ。
ホントにスパゲティみたいなテイストだと思うので、女性の方、量が多いと思って敬遠しているのなら、一緒にいる女子と共にシェアしてでも食ってみるべし。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年12月18日

ファミチキ先輩プロデュース?

SHV39_4261今回紹介するのは、日清食品の「日清 どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」ファミリーマートでのみ販売されているコラボ商品です。
以前にも全部のせタイプの商品は展開されていましたが、今回のと違うのは、中に入っている具材。ファミリーマートでのみの販売ということで、同店で販売している「炭火焼きとり」をイメージした具材とタレ入りとのこと。

なお、量が多いのは相変わらずで、容器に入りきらずにパッケージの上にプラスチック蓋(紙製のパッケージがしてあるので、わかりにくくなっているが)でかぶせ、その中に具材が入っています



先程も触れたとおり、今回の商品は、「炭火焼きとり」をイメージした具材とタレが入っている点ですけど、そいつがなかなかのクセモノ。先入れかやくを上手いこと入れないと、後で掛けるタレで掛けられず、ただの味の付いていない鶏肉を食べることになってしまうんですわ(泣)。タレの味は、ファミリーマートのあのタレの味に近いと思います。甘辛で少し濃い目といったふうでしょうか。
で、つゆがタレの濃さに引っ張られてしまったのか、心なしかいつものつゆより薄く感じたんですね。関西風のだしともたぶん違うだろうと思うし、気のせいレベルなのかもしれない。ただ、先述のタレが混ざっても味の変化は感じられにくいです。


総じて、いつものどん兵衛よりも味が薄い、具材は多いがインパクトに少々欠けるかなと。「炭火焼きとり」は面白かったけど、食べにくさだけが目立ってもったいなかった。いっそのこと後のせファミチキができれば面白かったけど、美味しくはないわな(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2018年12月15日

3500!

SHV39_4202今回紹介するのは、日清食品の「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」
せっかくなので、数字に置き換えてみた。『ミーゴレン』で『3(ミー)5(ゴ)00(レン=零の連続)』・・・おわかりいただけただろうか(汗)。<こういうことをする時は、ネタが無いということなので、覚えておこう(ニヤニヤ)。

ミーゴレンとは、インドネシアの焼きそばの一種。インドネシア語で『揚げた麺』という意味ですが、実際は日本の焼きそばと同じく炒めて作るものだそうです。ケチャップマニスという調味料を使うのがポイントで、甘い味付けになるのだそうな。

今回の「日清焼そばU.F.O. ミーゴレン」は、フライドエシャロットが入っているのだそうで。



実のところ、フライドエシャロット以外、何にも具が入っていないんじゃないかと疑いたくなるほど具が無い(泣)。実際はニンジンなどの具が入っているようですけど、かやくとして入っていないでそのまま入っているので、わかんなくなっちゃったんでしょうね。
味は、確かに甘いケチャップマニスの味が強いですね。それでも辛さもあるあたりがエスニックこの甘辛さも絶妙なバランスになっています。


既に発売から半月経っているので、なかなか見掛けないと思います。お昼に食べるレベルなら、十分かなと思っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)

2018年12月04日

オンライン販売で完売だったあの商品が、いよいよ登場

SHV39_4230こちらは、日清食品から発売された「日清 カップヌードル謎肉丼」
「謎肉丼」そのものは、カップヌードルミュージアムでしか食べられなかった代物でしたけれども、オンラインショップで限定販売される形で「日清 カップヌードル謎肉丼」が発売されます。この商品は、発売開始すぐに完売。あまりの人気を得たため、今回一般販売に漕ぎ着けたのでしょう。

ちなみに、今回の商品とオンラインショップで売られた時の商品とは違うJANコードが設定されています。栄養素も若干異なっています。ゆえに、今回の商品はオンラインショップ版よりブラッシュアップされたと見ていいでしょうね。



まず、開けて驚くのは、大量の謎肉。表面を覆わんばかりに出てくる出てくる。なので、ひとすくいすると、ほぼ必ず謎肉が入るというふうになり、食べ応えは満点どころの騒ぎじゃないです(笑)。
味は、いつものカップヌードルにご飯を放り込んだ感じです。ただ、カップヌードルの汁の中に入れるのではなく、粉末スープの素を混ぜてご飯と一緒に炊く、炊き込みご飯のようなものなので、味の濃さは今回の商品の方が上でしょう。謎肉以外、他の具材は実質何もないですけど、十分に満足できるという謎仕様。少々スパイシーさもあり、あっという間に中のご飯が無くなります(苦笑)。


これは、カップヌードルが好きな人は食べてほしいですね。対して、普段カップヌードルを食べない人は賛否が分かれる商品になるのでしょう。ゆえに、ファンアイテム的なものなのかねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2018年11月16日

蒙古タンメンのアレを買ってきた

SHV39_4158先日、セブンイレブンで売っていた「蒙古タンメン中本 辛旨焼そば」を買ってきた。製造しているのは日清食品です。
中本で出されている辛いタンメンを焼そばにアレンジしたものです。一緒に辛味噌入りのマヨネーズが入っています。



この商品、液体ソースと粉末ソースも入っているんですけど、液体ソースはそんなに辛くないんです。舐めてみても掛けて食べてみてもわかるのですが、程よい辛さでこれは美味い
そこに粉末ソースを掛けると、コイツが辛さを増させているんだなと思わせるほど急激に辛くなります。ビックリするぐらい辛くなるけど、辛いもの好きの人なら、これでも美味しいと思います。
唯一残念なのは、マヨネーズ。味噌の味が混ざっているからなのか、あまり美味しいとは思わない。妙な味がするのよね。混ぜた後でも微妙に表現できない味が残っている。


結論、マヨネーズはいらない(苦笑)。辛いけど液体ソースと粉末ソースで頂こう。辛いのが苦手なら液体ソースだけでもいいけど、そもそも買ってはいけない(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2018年11月06日

今度はそばでやりおった!

SHV39_4048今回紹介するのは、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば」。以前紹介した「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」と同じような商品です(苦笑)。
今回の場合は、おあげと天ぷらは一緒で、牛肉だった部分が蒸し鶏に変わっていますこの蒸し鶏は、今までのそばには入っていなかった代物なので、牛肉に対するものとはいえ、味が大きく変わってしまわないか心配ではあります。



バカでかい容器に入ってはいるものの、中身は普段と変わらない量なので、構えず淡々と作って頂きます。

そば・天ぷら・おあげの味は、これまでと同じで、そばつゆは関東風のかつおだしと思われます。ここまでは普通で、関東圏の人達は何の新鮮味を感じないかと。
問題は、今回入っていた蒸し鶏。この蒸し鶏が思った以上に甘さが付いているんですよ。しかも人工的に付けたものではなく、蒸し鶏から感じられる自然な甘さそばつゆが濃い目できりっとしたものだから、逆に引き立つんでしょうね。おあげも甘いといえば甘い部類だけども、それを超える甘さがあると個人的に思いました。
いや、今まで入れなかったのは何でだろうと思ったけど、疑問はすぐに解決。関東風だから生きる味なのかもしれない。関西圏や北海道の仕様なら、ここまで感動するだろうかと。少なくとも関東圏の味付けで蒸し鶏をたっぷり入れた「とりそば」(「鴨南蛮」とかあるんだし)なんて作ればウケるかもしれない・・・とは思いましたけどね。

ちなみに、一部店舗では安売りに走っております(苦笑)。やはり二番煎じはアカンかったヤツか・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2018年10月27日

食戟のキーマ&進撃のバターチキンカリー

SHV39_4047今回紹介するのは、「カップヌードル インド風バターチキンカリー」(上)と「カップヌードル nano謎肉キーマカレー」(下)です。
上は、カップヌードル エスニックシリーズの一つで、インドのバターチキンカレーをモチーフにして作られたもの。下は、カップヌードルカレー45周年限定記念商品で、nano謎肉と呼ばれる小さな形成肉が入っています



まずは上から。
この商品、思った以上にまろやかカレーというとスパイシーな面を強調しがちになっていくのですが、この商品に関して言えば、それは無いんですね。むしろカレーは辛いというイメージでは無く、甘めのテイストになっていますそこにバターペーストを入れると、コクが深まってまた美味い。でも、無くても十分に美味いカレーなんですよ。

次は下のを頂きましょう。
こちらは、nano謎肉がメインになっているんですけど、見た感じ、商品名にもなっているキーマカレーのキーマなんだよね。だから味もひき肉の味(笑)。そしてこのカレーもスパイシーじゃないカレー。色々と香辛料を入れているのにね。でも辛くはないので、日本人向けのカレーとも言えます。


どちらもカレーとしてはよくできています。辛いカレーが好きという人には物足りないかもしれないですけど、私は好きですね。こんなカレーでもいいじゃない。特にバターチキンカリーは好きな味です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2018年09月23日

三代目謎肉祭

SHV39_3839今回紹介するのは、日清食品の「カップヌードル ビッグ 三代目謎肉祭」2016年から続く謎肉をたくさん盛ったカップヌードルです。
今年のカップヌードルは、三代目某さんを意識した(笑)ものになっていて・・・と思ったけど、そうじゃないらしい。
今回は3種類の謎肉(豚肉ベースの謎肉・鶏肉ベースの白い謎肉・唐辛子練り込みのチリ謎肉)が入っております。普通の謎肉が多めかな。



味は、3種類の謎肉が入っていると、思った以上に複雑な味になるそれぞれで食べていると、豚肉ベースの謎肉は濃いめのスパイシー目な味、鶏肉ベースの白い謎肉はあっさり目ながらも鶏の味を楽しめる、そして唐辛子練り込みのチリ謎肉は豚肉ベースの謎肉よりも辛さの面で勝っていて刺激的と個性が強いんですけど、一緒に食べると、それが程よく混ざっていい味になるんですね。あっさり目の謎肉でも辛さが加わっていいアクセントになってくれるし、濃いスパイシーな謎肉と辛さがメインのチリ謎肉の相性も悪くない

惜しむらくは、いつものカップヌードルだからゆえなのか、それとも作り方を間違えたのか、少しスープが薄く感じたのよね。謎肉の味に勝つには、やはりカップヌードル本体もそれなりの味にならないといけないのだと痛感。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)

2018年08月15日

キムたま!(ドンドンドン)キムたま!(ドンドンドン)キムたま!(ドンドンドン)キムたま!(ドンドン))

SHV39_3604先日買ってきた日清食品の「カップヌードル キムたま ビッグ」
「旨辛キムチ海鮮味」とあるように、キムチとあさりの利いた海鮮だしをベースにしているもので、豚骨や隠し味にチーズを入れてるんだって。



これがねぇ、美味さもさることながら、辛さもいいんだよね。
ホントに辛い。キムチの辛さとスープに入っている唐辛子の辛さが強烈で、中に入ってる玉子だけが甘く感じられる、すごくエッジの利いた味です。スープは唐辛子の辛さだけじゃなくて、ほのかに海鮮のまろやかさもあるので、辛さ一辺倒じゃないのもポイント。麺を食べるのが進む進む(笑)。

これも以前紹介した明星食品の「明星 極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば」と同じく、酒のつまみになるレベル。普通に食べても美味しいけど、酒飲みにも薦められるよ。
・・・え、温泉卵推奨?いらねぇや(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:46Comments(0)

2018年07月31日

カップヌードルのカレーに玉子って入ってたっけ?

SHV39_3548先日買ってきたのが、日清食品の「カップヌードル エッグカレー ビッグ」(写真左)
「カップヌードル カレー ビッグ」(写真右)よりも120%濃厚なカレースープにふわふわの玉子がいっぱい入っているそうな。



SHV39_35493分待って出来上がり。
かにふわふわの玉子がいっぱい入ってる(写真左)。しかし、普通のカレー(写真右)には、ふわふわの玉子が入っていない。そう、私がおかしいなと思ったのは、そこ。ふわふわの玉子って普段ノーマルのカップヌードルに入っているものじゃなかったのかね?そうなると、この商品の主旨が何なのかわからなくなってきた・・・



味はというと、濃厚と言われると、そんな感じはない。むしろ今回の商品の方がまろやかな感じがして、普通のカレーヌードルの方が濃い感じだぞ。それを狙っているのならいいが、まろやかになりますという部分だけしか当てはまらないのは、いかがなものか。
結論として、同じ土俵にするなら、今回のような玉子をたっぷり入れるような変化球を付けずに、いつもの具材で勝負すればいいじゃん、と。温泉卵を入れれば、さらに旨味アップ・・・とうたうなら、ますますそうすればいいってことよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2018年06月14日

謎肉は偉大なり

SHV39_3363先日新発売となった日清食品の「カップヌードル 珍種謎肉 スモーキーチリしょうゆ味」
唐辛子を練り込んだ謎肉が投入された珍種謎肉第1弾商品です。



見た感じはチリトマトのような赤い色をしたものなんですね。ただ、味に関しては付属の「スモーキーチリオイル」を入れなければ、あっさりしながらも少し辛いカップヌードルになります。恐らく一緒に入っている謎肉から染み出たものでしょう。
そこで「スモーキーチリオイル」を入れると、途端にスモーキーな味に早変わり燻された風味が麺にまとわりつきます。ただ、私自身は少し人工的な感じがしてしつこさも感じましたね。「生茶」の味わいを『ケミカルテイスト』と称して嫌がっていると言えば、察しが付くでしょう。そう考えると、謎肉は美味いけど、それ以外の味が邪魔をして、また食べたいと思わせなくなってしまうというふうですかね。


どうせなら、普通のしょうゆ味のカップヌードルに今回の謎肉を放り込んで食べてみたいんだよねぇ・・・。また別売りみたいな感じで展開してくれないかしら?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2018年06月05日

なぜかミニサイズでしか出ていない

SHV39_3284こちら、日清食品の「カップヌードル 味噌 ミニ」。名前の通り、味噌味のカップヌードルです。
しかし、何でミニサイズなんだろうと、公式サイトをポチっとしたところ、シニア向け商品ということと味噌汁代わりにという名目で作られたのだそうな。なら麺いらないじゃんとツッコみたくなるのですが、某有名メーカーのお味噌汁との差別化なんでしょうね、たぶん(ニヤニヤ)。



この商品4月に出ていたんですけど、なかなか売ってなくて、やっと最近になって店頭に出回るようになったのね・・・。


で、その味はというと、味噌の味が素晴らしく絶妙なんですね。麦・赤・白の3種類の味噌をブレンドしたそうですけど、甘みがあるのにコク深くもあり、味噌汁代わりというのも納得の味。まぁ、しょうがやニンニクというアクセントもあるので、味噌汁というより、ミソスープって感じなんですけどね(苦笑)。また、ミニサイズながらまぁまぁ具も入っており、手を抜いていません


これで108円(税込)ならオトク。実際スーパーで販売している場合、ワンコインでお釣りがくる設定になっている可能性もあるので、オトク感はさらに増してくることでしょう。
でも、できればコンセプトを捻じ曲げてでもノーマルサイズで食べてみたい。普通サイズでも売れるよ、これ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2018年04月30日

ぼくのかんがえたさいきょうのどんべえ

SHV39_3098とも言わんばかりに、これでもかこれでもかと放り込みやがった(汗)。
というわけで、今回紹介するのは、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」
定番の具材である、おあげ・天ぷら・牛肉が全て乗った、ある意味夢のような商品です。しかも、牛肉に関しては、最近幅を利かせている大豆ビーフではなく、本物の牛肉とのこと。その昔手塚アニメの「100万年地球の旅 バンダーブック」の中で、悪役の総統だったかが、「これは合成肉ではなく本物の肉だよ」と言ったあのワンシーンを見せられたかのようです(汗)。



じゃあ、それだけ盛り込んで美味しいんだろうな、と思いながら頂くと・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


値段の割に微妙だな・・・。
出汁の味が結構薄い。関西風のだしにしたんだろうけど、なぜかその関西風よりも薄い。思い切って関東風の味に振ってもよかったんじゃないの?
その影響で、一つ一つの味は美味いけど、バランスと決め手に欠ける有様で、牛肉に至っては、無いじゃんと言いたくなるくらいの少量。どうしてこうなった。<どん兵衛がバラバラじゃねえか!
結局のところ、一昔前の欲しい欲しい病に罹った時の巨人のような味わいになりましたとさ。とほほ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)